MENU

CMSサーバー(VPS)オプション

ブランドサイトとEコマースサイトを独自ドメインで

店舗独自のドメインで、CMSを導入。
ブランドを訴求するコンテンツをショップドメインに表示できる
CMSサーバー(VPS)オプション。

ショップの独自ドメインのトップページを、WordPress等のCMSで管理できます。もちろん、ショップブログなどもショップの独自ドメイン配下に構築できます。
WordPress等のCMSが動作するVPSをご利用いただけるため、例えば店舗ブログ、コーディネート、レシピブログ、原材料や製造過程の紹介記事、ご質問ページなど、いくつでも構築できます。

VPSとは?

1台のサーバーを複数ユーザーで共有するのはレンタルサーバーと同じですが、VPSサーバーでは、ユーザー1人ひとりが仮想的に1台のサーバーとして専有することができます。これにより、レンタルサーバーよりも自由度が高く、他ユーザーの利用状況の影響を受けにくいという特長があります。

コンテンツマーケティングを実践できる

コンテンツマーケティング
コーディネイト集やレシピブログなどを運営できる

ブランドの魅力を伝える「ブランドサイト」。
商品ページでブランドの魅力を伝えるのはもちろんのこと、ブランドコンセプト、店舗や広報担当者が発信するブログ、季節ごとの新商品情報など、ブランドイメージを伝えるコンテンツをお客様に届けることが大切です。
アパレルならコーディネートや新商品を掲載した「LOOKBOOK」、食品ならレシピなど、商材・商品別に様々なコンテンツが考えられます。
商品の使用方法だけでなく「原材料へのこだわり」や「製造過程」を紹介し、メーカーとしての「モノづくり哲学」を伝えるなど、コンテンツを提供することで、お客様にもっとブランドを好きになっていただくことができます。

トップページの編集ができる

EコマースサイトのトップページなどFutureShop2で管理しないページを編集するシステムとして、WordPress等のCMSを導入していただけます。
トップページの編集はドメイン直下プランにて可能です。

HTML編集ソフトでの作成⇒FTPアップロード
という手順でしたが、
CMS管理画面から作成・編集することが可能です
FutureShop2と同一ドメインでブログ設置が可能!

ブログをEコマースサイトの独自ドメイン配下で運用できて、SEOにも有効

SEO上のメリットも

他社のブログサービスを利用して「ショップブログ」や「店長ブログ」などを運用している場合に比べ、Eコマースサイトの独自ドメイン配下で運用した場合、ナビゲーションやメニューなどの導線をEコマースサイトと統一できたり、デザインイメージをブランド独自のものにできるなどのメリットがあります。独自ドメイン配下のページの検索エンジン検索結果数(インデクス数)が増えるというSEO上のメリットもあります。

ブログは、特定ディレクトリ配下・ドメイン直下のどちらのプランでも運用いただけます。

画像ファイルの追加保存領域として利用できる

「CMSサーバー(VPS)オプション」は、CMSが動作するサーバーをご利用いただくオプションとなりますので、商品説明などに利用する画像ファイルや、デザイン画像の保存用サーバーとしてもご利用いただけます。
※データーベース(MySQL MariaDB5.5)のご利用も可能です。

画像サイズを気にせず簡単FTPアップロード!

導入事例

オプション料金

新プラン提供を記念し、来年2018年3月31日まで初期費用無料キャンペーンを行います。「Movable Type・WordPress 利用オプション」を現在ご利用中で、乗り換えられる方も、新規に契約をご検討の方も対象に含まれます。

初期費用無料キャンペーン【2018年3月31日まで】 初期費用【無料】

表示価格は全て税抜価格です。別途消費税がかかります。

  特定ディレクトリ配下 ドメイン直下
初期費用 5,000円
※2018年3月31日までお申し込みの方は無料
月額費用 3,800円
容量 30GB
データ初期化 5,000円/回
バックアップからの復元 10,000円/回
ディレクトリ追加 1,000円/回
ディレクトリ変更
データベース MySQL MariaDB5.5
ご利用可能な
プログラム言語・サービス
PHP7.1 Perl5.16
  • ※「CMSサーバー(VPS)オプション」は、プランLight300もご利用いただけます。
  • ※オプション機能は、管理画面からお申込みいただけます
  • ※バックアップからの復元は最大7世代まで復元可能となります。
  • ※「CMSサーバー(VPS)オプション」はWordPress等のCMSが動作するサーバーをご利用いただけるサービスです。
  • ※FutureShop2で運営されるEコマースサイト用ドメイン下のディレクトリに展開できます。
  • ※WordPress等のCMSのインストールやアップデート(アップグレード)はお客様の作業となります。
©2014 FutureShop All Rights reserved.