「フューチャーショップ編集部」の記事

後払い決済のメリットと注意点 NEW EC売上アップ

ECに後払い決済を導入するメリットとは?利用率や注文処理の流れ、導入の注意点も解説

ECにおける重要な決済手段の1つである「後払い決済」。ECサイトに後払い決済を導入するとカゴ落ちの抑制が期待できるため、コンバージョン率アップを目的として後払い決済の導入を検討しているEC事業者さまもいらっしゃるのではな…

食品ECセミナー_リライズコンサルティング吉田様登壇食品EC成功事例

食品ECで月商300万円突破の“最短ロードマップ”!支援実績700社超のリライズコンサルティングが解説

「やった方がいいこと」の情報があふれ、施策の優先順位が分かりにくいネットショップ運営の仕事。「ECの売り上げを伸ばすために、いま何をすれば良いか迷っている」というEC事業者さまの悩みもよく聞きます。 そこで株式会社フュー…

日本における2027年のライブコマース市場規模を予測ライブコマース・EC動画

日本のライブコマース市場規模は5年後どうなる?海外市場を参考に2027年のポテンシャルを推定

ライブ配信を行いながら商品をリアルタイムで販売する「ライブコマース(Live Commerce)」。商品を販売する目的はもちろんのこと、顧客との交流や新しいファンを獲得する場としてライブコマースを活用するEC事業者さまも…

D2Cの定義、ビジネスモデル、施策の解説コラムECニュース

D2Cとは?そのビジネスモデルからメリット・デメリット、成功に向けたマーケティング施策例まで

小売りやECの業界で「D2C(ディー・ツー・シー)」のビジネスモデルが盛り上がっています。ECに携わっている方であれば、ほとんどの方がD2Cという言葉を耳にしたことはあるでしょう。しかし、D2Cの意味やビジネスモデルにつ…

アパレルEC市場の動向解説・施策紹介・コラムアパレルEC成功事例

アパレルECを強化するには?市場規模から課題点、売上アップ施策まで解説【2022年最新ノウハウ】

2021年に2兆4000億円規模まで拡大したアパレルEC市場。近年はアパレル企業が実店舗とECを融合させ、オムニチャネルに取り組むことで顧客体験(CX)の向上を図る動きも活発化しています。 アパレルECを強化するために必…

ChannelCorporation 韓国アパレル企業調査のコラムECマーケティング

韓国アパレル48社の販促戦略やマーケコストのベンチマークレポート【ダウンロード資料あり】

​​ EC化率が日本よりも高く、成熟しつつあると言われる韓国のEC市場。競争環境が激しいマーケットで多くのファンを集めている韓国企業の取り組みを知ることは、日本のEC事業者さまにとっても、EC運営の参考になるかもしれませ…

TikTok for Business セミナーレポートECセミナーレポート

TikTokでECの集客アップを狙う!動画広告「TikTok for Business」の活用法とは?【セミナーレポート】

幅広い世代へ利用者数を急速に拡大している「TikTok」。日経トレンディ「2021年ヒット商品ベスト30」で “TikTok売れ”という言葉が第1位に選ばれるなど、今や動画投稿プラットフォームの枠を超え、消費者の購買行動…

越境EC

円安基調の今こそ越境EC。自社ECサイトですぐに実現できる「ウェブインバウンド」対策をはじめよう

コロナ禍で訪日旅行客が激減し、海外の消費者に商品を販売する方法として「越境EC」の重要性がかつてないほど高まっています。  しかし、外国語対応や海外配送の難しさなどを理由に、越境ECに取り組むことをためらっている企業さま…

ライブコマース・EC動画

【2022年保存版】ライブコマースとは?ライブ配信の始め方やコツ、メリットや成功事例を紹介

Eコマースの新しい販売方法として注目を集めている「ライブコマース」。アパレルやコスメ、家具・インテリア、食品など幅広いカテゴリーでその活用が広がり始めました。実店舗への集客や、ユーザーとのつながり強化、そしてECサイトの…

アジア向け越境ECセミナー_メイン画像越境EC

越境ECを始める 3つの方法と最新トレンドを解説!初期投資ゼロ、運用を変えない海外販売実現方法から、本格的な方法までご紹介【セミナーレポート】

コロナ禍でインバウンド消費が激減し、海外向けの販売チャネルとして越境ECへの関心があらためて高まっています。一方で、越境ECに取り組みたくても「何から始めれば良いか分からない」「莫大な投資がかかりそう」「言語の対応や海外…

アパレルEC成功事例

ECと実店舗のポイントを統合、さらに店舗受取も本格化。オンセブンデイズが目指すネットとリアルの相乗効果【OMO成功事例】

「2022年2月にECと実店舗の顧客データを統合し、ポイントも共通化しました。そして4月からは、店頭受取サービスの注文処理をシステムによって自動化しています」 こう話すのは、愛知県を中心に雑貨小売店「ON SEVEN D…

ECマーケティング

費用対効果の見直しはCVR改善から。成功ECサイトがやっているWEB接客最適化とは?

EC担当者の皆さんなら一度は考えたことがある「CVRが上がれば全部解決できるのにな…」。そう、費用対効果は結局CVRが上がれば良くなるんです。集客効率も上がるし、リターンが増えるからキャンペーンも打ちやすくなって、どんど…

食品EC成功事例

【LTV-Lab for futureshop】CRMの成功事例 リピート売上1.2倍!珍味でリピート率・回転率も伸ばした“伍魚福”様

全国各地の伝統的な酒の肴や、世界の高級珍味などを販売している株式会社伍魚福さま(本社兵庫県)。SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」をご利用いただいている同社は、自社ECサイトのCRMを強化する…

ozie(オジエ)柳田社長アパレルEC成功事例

ECのチャット接客効果とは?ツール導入で問い合わせ改善・CVR向上の事例

EC業界で今、オンライン接客の手段として「チャット」に注目が集まっています。メールや電話よりも問い合わせのハードルが下がり、会話形式でのコミュニケーションによってきめ細かい接客が実現するためです。チャットを活用して購入前…

EC関連法

ECに新たな表示ルール。特商法改正の影響と対応方法とは?(2022年6月施行・特定商取引法・預託法の改正)

特定商取引法が改正され、インターネット通販の新しい表示ルールが2022年6月1日に導入されます。ECサイトなどの申し込み確定の直前画面に詳細な注文内容を表示する義務が追加されるほか、契約申し込みの手順などについて消費者を…

EC成功事例インタビュー

ECリニューアル事例 売上激減からV字回復!課題の整理、解決に向けた手順とポイント

新型コロナウイルスの感染拡大によって、大打撃を受けたウェディング業界。結婚式で使う席札や招待状など、ウェディングアイテムの製造と販売を手がけている株式会社ファルベ(本社広島県)も、2020年春の緊急事態宣言で売り上げが激…

店舗受取サービスの国内事例と導入メリットオムニチャネル・OMO

BOPISとは?小売業で広がる店舗受取サービスの実現方法、国内事例と導入時のメリットを事業者・利用者に分けて紹介

小売りやEC業界で注目されている「BOPIS」。用語の意味や導入メリット、日本における事例などを解説します。 BOPISとは? BOPISとは、ECサイトやアプリなどオンラインで購入した商品を、実店舗で受け取ることを意味…

スマホECの利用率と機能5選ECニュース

【2022年最新版】ECでのスマホ利用率はこんなに増えている!そのデータと売上アップに必要な機能5選

スマホECの売り上げを伸ばすには、デバイスの特性を踏まえた機能やユーザーインターフェースが必要です。ECサイトのスマホ最適化が重要である理由を踏まえ、スマホECサイトの構築やリニューアルに着手する前に知っておいていただき…

EC関連法

デジタルプラットフォームを規制する新法、ECモール出店者への影響とは?【EC関連法の解説】

EC事業者さまに影響する法律の動向について、一般社団法人ECネットワーク理事の沢田登志子さまに寄稿していただく本連載。第4回のテーマは、2021年5月に公布された「取引デジタルプラットフォームを利用する消費者の保護に関す…

古着屋JAM セミナーレポートオムニチャネル・OMO

店舗とECで急成長!「古着屋JAM」が取り組むオムニチャネルの裏側に迫る【セミナーレポート】

実店舗とECが連動したオムニチャネルに取り組むことで、コロナ禍でも成長しているアパレル企業があります。海外古着の専門店「古着屋JAM」などを展開している株式会社JAM TRADING(本社大阪府)です。 2021年に直営…