キャンセル
検索
導入前のご相談 06-6485-5330
運用サポート:06-6485-6485 平日9:30~18:00(土日祝除く)

futureCartRecovery
カゴ落ちリカバリー広告オプション

リカバリーメールではアプローチできない、約70%の「カゴ落ち新規顧客」にもアプローチ!!「カゴ落ちユーザー」に特化したパーソナライズDSP広告 リカバリーメールではアプローチできない、約70%の「カゴ落ち新規顧客」にもアプローチ!!「カゴ落ちユーザー」に特化したパーソナライズDSP広告

futurecartrecoveryロゴ
カゴ落ちリカバリー広告オプション

「カゴ落ちユーザー」の約70%は新規顧客です! 離脱ユーザーをリカバリーメールのみで勧誘できても連絡先がわかる約30%のお客様にしかだせません。カートリカバリー広告オプションはかご落ちした新規のお客様にもアプローチできます。

カゴ落ちリカバリー広告での効果とは?

圧倒的なコストパフォーマンス

ご利用店舗様の実績例

リカバリー広告配信による効果

※リカバリーメール未配信で、通常のDSP広告配信をした場合との比較

CPA 1/4以下の効率
CPA 1/4以下の効率
CVR 42倍アップ
CVR 42倍アップ

リカバリーメール×リカバリー広告
ハイブリッド配信による効果

※リカバリーメールのみ配信した場合との比較

クリック数 2.1倍アップ
クリック数 2.1倍アップ
CV数 1.7倍アップ
CV数 1.7倍アップ
カートリカバリー率
1.6倍アップ
カートリカバリー率1.6倍アップ

カゴ落ちリカバリー広告オプションとは

商品をカートに入れたまま離脱したユーザーにのみ、離脱直前にカートに入れていた商品の広告を表示します。
カゴ落ちリカバリー広告オプションは、ITP※の影響を受けないトラッキング方法を利用しています。
配信対象となるユーザーがSafari11.0以降のブラウザを利用していても、広告配信が可能です。

商品をカートにいれたまま購入画面を離脱 かご年下商品情報を元に広告を自動的に生成し表示するします。

※ITP(Intelligent Tracking Prevention)とは、iPhone・iPadのOS(iOS 11以降)およびMacに搭載されたWebブラウザ「Safari 11」に追加された、第三者のCookieによるトラッキングを一部制限しプライバシー保護を行う機能で、Web広告の効果測定に影響を及ぼす可能性があります。

カゴ落ちリカバリー広告オプションの特徴

futureCartRecoveryご利用店舗様なら

新たなタグの埋め込みや、設定は不要!

初回のお手続き完了後、
1週間程度で『すぐに』はじめられます。

新たなタグの埋め込みや、設定は不要

カートリカバリ―専用バナーを、自動生成!

商品ごと、サイズごとにバナーを作成する必要がないので、
運用の手間はほとんどありません。

新たなタグの埋め込みや、設定は不要

※ ロゴは店舗様からご提供いただいた、店舗様独自のものが表示されます。

※ バナーやボタンなどのカラー・レイアウトなどはテンプレート化されているため編集・修正できませんのであらかじめご了承ください。 バナーデザインサンプルは こちらから確認できます。

連携可能なDSPサービス

国内最大規模の出稿媒体数を持つ『Logicad』と連携。

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社のロゴ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社
www.logicad.com

国内最大規模の配信ログ、オーディエンスデータを高速かつ安定的に処理することが可能なシステムインフラを備え、
独自のアルゴリズムを用い、RTBにも対応したソネット・メディア・ネットワークス株式会社の広告配信最適化プラットフォームです。

リカバリー広告専用の管理画面で、レポートも確認できる!

専用の管理画面から、リカバリー広告の効果をレポートで確認できます。出稿媒体や入札金額は、DSPが自動で最適化してくれるので、運用の手間はほとんどかかりません。 広告の予算は、フューチャーショップサポート経由で変更いただくことが可能です。

さらに 通常のDSP広告とはここがちがう。

通常のDSP広告

成約後も
不要な広告に追いかけられる

制約後も不要な広告に追いかかけられる

一般的なDSP広告は、出稿媒体ごとにコンバージョンを管理しているので、他媒体や自然検索からコンバージョンしてしまうと、引き続き広告が表示されてしまいます。 無駄なコストがかかることに加え、いつまでも不要な広告で、ユーザーを追いかけることになるので、不快感を与えかねません。

カゴ落ちリカバリー広告

成約後は、全媒体で
該当商品の広告がSTOP!

成約後は、全媒体で該当商品の広告がSTOP!

「カゴ落ち」システムと連携しているため、「カゴ落ちユーザー」一人一人のコンバージョンを検知することが可能です。 他媒体や自然検索などでコンバージョンした場合でも、該当商品は全媒体にて出稿停止となります。無駄なコストはかかりません。 また、不要な広告にいつまでも追いかけられる不快感をユーザーに与えませんので、ブランドイメージを傷つけることもありません。 (※閲覧デバイスとCVデバイスが異なる場合はこの限りではありません。よくある質問をご覧ください。

カゴ落ちリカバリー広告オプションのはじめかた

お申込み後、必要種類と初回ヒアリングシートにご回答いただくだけ。

DSP広告が初めてでもご安心ください。初回シミュレーションもご用意しております!

  • 1
    お申込み

    ※ お申込み後、弊社サポートから初回ヒアリングシートをメールにてお送りいたします。

    店舗作業

  • 2
    初回ヒアリングシート
    必要書類のご提出

    初回ヒアリングシートをご返却ください。
    ご希望の方には、ご予算・目標KPI・出稿期間に基づいた、初回シミュレーションをご提供します。

    店舗作業

  • 3
    アカウント準備
    初回登録作業

    弊社作業

  • 4
    アカウント発行
    管理画面お渡し

    ※ 管理画面運用マニュアル付き

    弊社作業

  • 5
    設定内容のご確認

    店舗作業

  • 6
    配信開始

    確認後、「開始」ボタンを押すだけで、開始されます。

    店舗作業

料金プラン

※ 表示価格は税抜価格です。別途消費税がかかります。

カゴ落ちリカバリー広告オプション利用料金
【初期費用】 なし
【月額費用】 システム利用料3,000円+広告実費

※ 本オプションは月契約となります。

※ システム利用料、広告実費はアカウント発行月から発生し、翌月のご請求となります。

※ 広告運用会社へ、運用を委託する場合は別途費用がかかります。

※ 広告出稿の一時停止時、あるいは広告インプレッションがない(広告実費0円)の場合は、月額費用3,000円のみとなります。

お申込み方法

『カゴ落ちリカバリー広告』オプションはfutureshop管理画面からお申込みいただけます。

※ 『カゴ落ちリカバリー広告』オプションのみのご利用はできません。『futureCartRecovery』と併せてご利用をお願いいたします。

※ ご利用には、futureshop・futureshop omni-channelのご契約が必要になります。

※ 本オプションは月契約となります。

よくある質問

  • 広告はどのようなデバイスでも表示されますか?

    はい。対象デバイスとして、PC/スマートフォン/タブレットとなっております。
  • 課金体系はクリック課金ですか、インプレッション課金ですか?

    インプレッション課金になります。
  • DSP広告が表示されるユーザーの条件を教えてください。

    会員・非会員にかかわらず、すべての「カゴ落ちユーザー」が広告配信対象となります。(※「カゴ落ち」の判定条件は、リカバリーメール配信時と同様。)ただし、DSP広告はcookie 単位(ブラウザ単位)でユーザーを認識しているため、例えば、スマートフォンでカゴ落ちしたユーザーに対して、PCでDSP広告を表示させることはできません。逆も同様です。
  • リカバリーメールが配信される会員(ログイン中会員/アドレス取得可能会員)に関してのみDSP広告を配信しない、という設定はできますか?

    現状では設定できません(すべてのカートインユーザが広告配信対象となります)
  • カゴ落ち時にPCで閲覧していましたが、コンバージョンはスマートフォンで行いました。
    この場合、該当商品の広告は全媒体でとまりますか?

    いいえ、とまりません。カゴ落ち時に利用していたデバイスと異なるデバイスを利用してコンバージョンされた場合は、前者のデバイスでは引き続き広告が配信されてしまいます。上記の例ですと、PCでは引き続き表示されます。
  • カートに入った商品がコンバージョンに至らず、新たな商品も追加されない場合、
    初回の商品はいつまで広告として表示されますか?

    初期設定では30日間表示されます。期間変更は可能ですので、ご希望の期間をフューチャーショップサポートへお伝えください。
  • 複数商品カート内に入った状態で離脱した場合、広告に表示される商品の優先順位はありますか?

    ランダムにて出稿されます。表示の優先順位や予算配分などを設定することはできません。
  • コンバージョンした際に、該当商品の広告が全媒体で停止とありますが、どれくらいのタイムラグがありますか?

    コンバージョンした直後に停止処理がおこなわれますので、リアルタイムで広告が停止されます。
  • 出稿媒体は選べますか?

    DSPの仕組み上、出稿媒体をコントロールすることはできません。
    配信したくないサイトを指定していただくかたちで、配信先から除外することは可能です。
    弊社サポートまでご連絡ください。
  • 主な出稿媒体を教えてください。

    都度出稿媒体が変動している場合もありますので、最新情報についてはDSPサービスに確認する必要があります。一旦、弊社サポートまでご連絡ください。
  • DSP広告バナーはカラーやレイアウトを修正・変更できますか?

    いいえ、できません。バナーカラーやボタンカラー、その他レイアウトはすべてテンプレート化されています。ロゴと商品画像が店舗様独自のものにさし変わるのみとなります。店舗様のデザインレギュレーションに合わない場合などは、本オプションご利用のご判断をお願いいたします。
  • 初回ヒアリングシートにはどのようなことを回答すればよろしいですか?

    主な項目は下記になります。

    [必須項目]

    • ・会社名
    • ・サイト名
    • ・サイトURL
    • ・コンバージョンURL
    • ・ロゴ提供(300×40/130×90/デザイン元データ)
    • ・トラッキングID
    • ・月額想定予算(予算の消化をお約束するものではありません)
    • ・想定出稿期間
    • ・掲載開始希望日

    ※Logicadを既にご利用の場合は、ご登録メールアドレスがfutureCartRecoveryアカウントと同一かどうかご確認ください。
    同一の場合はご利用できませんので、別のメールアドレスをご提示ください。そちらを「カゴ落ち」リカバリー広告オプションのアカウントとして利用します。

    [任意項目]

    • ・効果測定パラメータ
    • ・シミュレーション希望の有無
    • ・目標KPI

    ※ シミュレーション希望の場合、より現実的な結果をお返しするため、目標KPIはできる限りご記入ください。

  • 申込みからどれくらいの期間で開始できますか?

    初回ヒアリングをさせていただいてから、おおよそ1週間程度です。他社様のお申込みの状況、また初回シミュレーション利用時にはこの限りではありませんのでご注意ください。
  • 【重要】初回ヒアリングシートで回答する、「月額想定予算」が、毎月の「請求額」になるのですか?

    「いいえ、「月額想定予算」は広告出稿のための予算であり、設定した値を上限にリカバリー広告の表示を行います。そのため、実際の広告に利用された費用を示す「広告実費」や実際に請求される「請求額」とは異なります。

    毎月の「請求額」は、下記の考え方で算出されます。
    「請求額」=「広告実費」+「システム利用料:3,000円」

    例:「月額想定予算」を100,000円に設定し、「広告実費」が98,000円だった場合の請求額

    上記の場合、請求額は101,000円+消費税となります。

    【ご注意いただきたいこと】

    「月額想定予算」: 予算消化をお約束するものではございません。
    「広告実費」: 広告インプレッションのタイミングによっては「月額想定予算」を多少上回る可能性がございます。

  • DSP広告の成果をレポートで確認できますか?

    はいできます。ご利用のDSPサービスの管理画面で閲覧できます。 futureCartRecoveryの管理画面では、下記図の赤枠部分の数字が、リカバリーメールとリカバリー広告合算の数字となります。

    レポートの画像

    【重要】カゴ落ちリカバリー広告オプションをご利用の場合は、リカバリーメールのみのリカバリー効果が閲覧できなくなりますのであらかじめご了承ください。詳しくは、下記のマニュアルをご参照ください。

  • DSPサービスの管理画面のマニュアルはありますか?

    はい、ございます。お渡しいたします。通常のDSP広告運用とは異なり、いくつか注意点がございますので必ずご確認ください。
  • 配信除外したい商品の設定はできますか?

    可能です。futureCartRecovery管理画面より、CSVでアップロードいただけます。 一時的に配信除外していた商品で、配信を再開したい場合、同じくfutureCartRecovery管理画面内で除外設定を解除することができます。 なお法的に出稿禁止とされている商品につきましては、出稿媒体側でも監視制御をしておりますので、利用規約をご確認ください。 また、配信除外は、広告にのみ適用され、リカバリーメールには適用されませんのでご注意ください。
  • 広告出稿の停止や開始はいつでもできますか?

    はい、可能です。フューチャーショップサポートにご連絡いただくことで、出稿停止・開始が可能です。ただし、停止時にもシステム利用料として月額3,000円(税抜)は発生いたしますのでご注意ください。
  • 初回ヒアリングで申告した予算を変更することはできますか?

    はい、可能です。futureshopサポートまでご希望予算額/KPI(CPAやROAS)/適用期間(開始日など)をご連絡ください。
  • 広告運用は自社でも可能でしょうか?

    はい、可能です。ただし、DSPがほぼ自動で出稿調整を行いますので特別な運用操作はほとんど不要です。
  • 運用サポートはしていただけるのですか?

    初回のシミュレーションをはじめ、予算のアドバイスなど、ご質問ベースにてご対応させていただきます。
    ただし、実際に管理画面を操作するなどの運用代理は、弊社ではお受けしておりませんのであらかじめご了承ください。
  • futureCartRecoveryを解約した場合、カゴ落ちリカバリー広告オプションのみ引き続き利用できますか?

    いいえ、できません。セットでお使いいただくことが前提のオプションですので、解約となります。
    futureCartRecoveryの解約月の月末までに、DSPサービスの管理画面にて広告配信停止をしていただく必要がございます。こちらは解約時に詳しくお伝えさせていただきます。
  • カゴ落ちリカバリー広告オプションのみを解約したいですが可能ですか?

    可能です。解約希望月の20日までに解約申請書をお送りください。翌月月初の2営業日以内に、DSPサービス側にてアカウント停止処理が行われます。
    【ご注意】弊社への連絡忘れ、遅れや解約月の末日以降に、お客様が新たに管理画面を操作したことなどにより広告が配信されてしまった場合には、所定の月額費用をご請求させていただきますので、あらかじめご了承ください。

futureshop説明会

説明会の内容や、開催日程については詳細ページでご案内しております。「説明会のご案内」ボタンからご確認ください。
場所や日程が合わない場合は、SkypeやGoogleハングアウトにて個別にご相談いただけます。


直近の開催日程

東京
2018年10月30日 14:00~16:00
東京
2018年11月06日 14:00~16:00
東京
2018年11月15日 14:00~16:00
東京
2018年11月28日 14:00~16:00
大阪
2018年10月23日 14:00~16:00
大阪
2018年11月06日 14:00~16:00
大阪
2018年11月14日 14:00~16:00
大阪
2018年11月21日 14:00~16:00

お問い合わせ先

導入前のご質問から、運用中のサポートまで、フューチャーショップにお任せください。ご相談はいつでも無料です!

導入前のご相談はこちら

06-6485-5330 9:30~18:00(土日祝除く)

運用中のサポートはこちら

06-6485-6485 9:30~18:00(土日祝除く)

メールフォームはこちら