ファッションECの課題をテクノロジーで解決!オムニチャネル、サイズ問題、LINE活用などの最先端4社集結【前編】

株式会社バニッシュ・スタンダード、ECサイト構築プラットフォームを提供しているフューチャーショップの登壇者

ファッションECにおける課題解決の方法を学ぶセミナー「買いたくなる!ファッションEC最前線 テクノロジーで、コミュニケーションを設計しよう」を東京と大阪で開催しました。

セミナーに登壇したのは、
ファッションECのサイズ問題を解決する株式会社メイキップ
LINEメッセージの個別配信ツールを手掛ける株式会社ファナティック
販売スタッフによるコーディネート投稿ツールを提供している株式会社バニッシュ・スタンダード
ECサイト構築プラットフォームを提供しているフューチャーショップの4社。

買いたくなる!ファッションEC最前線セミナー内容
【 第1部 】
「買いたい!」と思わせるファッションECサイトに過大投資は必要ない!(株式会社フューチャーショップ)

【 第2部 】
ECのサイズ不安解消でCVR向上!そして「ささげ」もAIの時代へ(株式会社メイキップ)

【 第3部 】
ファッションECとの相性抜群!メルマガを凌ぐ圧倒的成果が出せるLINEの個別配信! (株式会社ファナティック)

【 第4部 】
スタッフコーディネートからはじまるデジタルコミュニケーションが、ファッションECの新しい時代を拓く (株式会社バニッシュ・スタンダード)

といった、4部構成の実践的なノウハウが満載だったセミナーを、前後編にわけてレポートいたします。

前編の今回は、【第2部】までをお届けいたします。

ファッションECセミナーの東京会場の様子

東京会場には約130人が参加。当初の募集定員は100人だったが、応募が殺到したため募集枠を追加した

第1部 「買いたい!」と思わせるファッションECサイトに過大投資は必要ない!

セミナーの第1部では、株式会社フューチャーショップの安原が講師として登壇。ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」の事例を踏まえ、売り上げを伸ばしているファッションECサイトが取り組んでいる施策を紹介しました。

安原の登壇、1カット

株式会社フューチャーショップ 執行役員 セールス・マーケティング部統括マネージャー 安原貴之(やすはら・たかゆき)
商品企画・アライアンス・マーケティング・プロモーションなどを担当するセールス・マーケティング部の責任者。受託開発を行う企業に新卒で入社し、上海現地法人立ち上げのため6年間上海に駐在。帰国後、フューチャーショップにジョインしEコマースの世界へ。

売れているファッションECサイトが実施している施策とは?

「futureshop」で現在稼働している約2500店舗のうち、およそ3割の約750店舗がアパレル・ファッション系のショップさまです。

売り上げを伸ばしているショップさまが取り組んでいる施策の1つが「SNSの活用」

ファッション業界ではInstagramを活用している企業が多く、Instagramの投稿からECサイトへリンクを貼れる「ショッピング機能」を活用して売り上げを伸ばす企業さまも増えています。

インフルエンサーを上手く起用し、「ショッピング機能」で数千万円を売り上げた事例もあります。
(株式会社フューチャーショップ・安原)

近年はInstagramのブランド公式アカウントを活用するだけでなく、店舗の販売スタッフが個人アカウントにコーディネートを投稿して自社ECに集客する動きも活発化。

また、ECサイトなどにUGC(ユーザーが投稿したコンテンツ)を活用する取り組みも見られます。

▼ futureshop Instagramショッピング機能 (Facebookカタログ連携)

LINE活用

コミュニケーションアプリ「LINE」をプロモーションやCRMに活用する店舗さまも増えてきました。

特に注目の動きは、自社ECの会員IDとLINE IDを紐付けて、会員情報や購買データをLINEのメッセージ配信に活用する取り組み。
顧客ごとにメッセージの内容やコンテンツを変えることで、開封率やコンバージョン率の向上を図るショップさまも増えています。

▼ futureshop LINE連携オプション

店舗とECの顧客統合

消費者は実店舗とECをシームレスに行き来しながら買い物をするのが当たり前になりました。
こうした時代には、実店舗とECの顧客情報を統合し、オムニチャネル化を図ることが欠かせません。

フューチャーショップはオムニチャネルに対応したプラットフォーム「futureshop omni-channel」を提供しており、
実店舗とECの顧客統合/ポイントシステムの統合/購買情報の統合/在庫の統合 などをサポートしています。

▼ futureshop 実店舗在庫表示機能

▼ futureshop omni-channel

ECサイトの要素をパーツ化する「commerce creator」

昨年9月にはECサイトのページの要素をパーツ化し、パーツを組み合わせることでHTMLを生成する「commerce creator」の提供も開始しました。

「commerce creator」によってサイト構築の自由度が高まるほか、ページの要素をパーツ化することで外部ツールとの柔軟な連携も実現しています。

外部機能をレイアウトに配置し、簡単に実装することが可能です。このあと登壇されるメイキップさんの「unisize」や、バニッシュ・スタンダードさんの「STAFF START」などとも連携済みです。
短期間で実装できるほか、開発費用も大幅に抑えることができます。

今後も外部ツールと積極的に連携することで、ショップさまが最新のテクノロジーを活用しやすい環境を提供していきます
(株式会社フューチャーショップ・安原)

▼ commerce creator詳細はこちらから

第2部 ECのサイズ不安解消でCVR向上!そして「ささげ」もAIの時代へ

第2部に登壇したのは、ファッションECにおける「サイズ問題」の解決に取り組んでいる株式会社メイキップ柄本真吾社長。

同社はユーザーの体のサイズに合った商品をECサイトでレコメンドするツール「unisize(ユニサイズ)」を提供しています。

柄本社長は「unisize」の導入事例を踏まえ、サイズ問題を解決する方法を解説しました。

柄本さんご登壇の様子

株式会社 メイキップ 代表取締役 柄本真吾(つかもと・しんご)氏
1981年生まれ、静岡県三島市出身。筑波大学在学中はラグビー部に所属。2003年、株式会社セプテーニへ入社し、新規事業の立ち上げを数多く経験。2007年に株式会社ドリコムへ転職、広告本部長を歴任した。2015年に株式会社メイキップを設立。ラガーマン時代、自分に合うサイズの服を選ぶことに苦労した経験からアイディアを思いつき、洋服購入時に適したサイズを推奨するレコメンドシステム「unisize」をリリース。2018年12月にSASAGE.AIをリリースした。

身体を計測せず、最適なサイズを推測する「unisize」の仕組みとは?

「unisize」は、ユーザーが自分の身体のサイズを計測することなく、サイズの合った商品を探せるのが特徴。

ユーザーが普段着用している洋服のブランド名とサイズ(S/M/Lなど)、身長、体重、年齢、身体の特徴をアンケート形式で選択すると、「unisize」のAIがユーザーに合った洋服のサイズを推測します。

主要なファッションブランドのサイズデータを独自のアルゴリズムで構築、蓄積しているため、ユーザーが普段着ている洋服のブランドとサイズが分かれば、ユーザーの体型を推測できる仕組みです。

弊社は2,000種類以上のファッションブランドのサイズデータを収集し、データベースを構築しています。
そのため、ユーザーが普段着ている洋服のブランドと、SMLなどのサイズが分かれば、ユーザーの身体のサイズを推測できます。
(株式会社メイキップ 柄本さん)”

AIが写真からサイズを計測

「unisize」はユーザー身体の実寸を計測してサイズ情報を登録することも可能です。
このほか、ネットショップでの購入履歴からユーザーの最適なサイズを推測するほか、2019年10月にはAIが写真から身体のサイズを計測する新機能も追加しました。

ユーザーが自分の身体を正面と横から撮影すると、AIが写真から身体のサイズを自動的に計測します。
(株式会社メイキップ 柄本さん)

現在、約90のアパレルECサイトが「unisize」を導入。そのうち約20サイトが「futureshop」のショップさまです。

「unisize」を導入したことで、購入率の向上返品率の低下リピート率の向上といった成果につながった事例も紹介しました。

「unisize」を使って商品を購入したユーザーと、利用せずに購入したユーザーのリピート率を比較すると、「unisize」を使ったユーザーの方がリピート率は高い傾向にあります。
サイズ感に満足したユーザーは、その後も継続して購入すると考えられます。
(株式会社メイキップ 柄本さん)

「ささげ」を自動化する「SASAGE.AI」

メイキップさんは、「ささげ」業務を効率化するサービス「SASAGE.AI(ササゲエーアイ)」も手掛けています。
柄本さんは「SASAGE.AI」を通じてアパレルECには欠かすことが出来ない「ささげ業務」を効率化する方法を解説しました。

「SASAGE.AI」とは、専用のドットシートの上に商品を平置きして撮影した写真から、商品の肩幅や着丈といったサイズを自動的に計測するだけでなく、モデルが商品を着用しているバーチャル画像を自動生成するサービスです。
さらに、AIが画像を分析し、商品の特徴を踏まえて100~200文字の商品説明文を自動的に作成します。

平置きやトルソーで撮影した写真を送っていただければ、モデルが商品を着用した画像と商品説明文を、中3日ほどで納品します。

費用は1件あたり平均約1,000円から。納期も費用も一般的なささげの半分以下です。
(株式会社メイキップ 柄本さん)

「SASAGE.AI」について説明

「SASAGE.AI」について説明する柄本さん

原稿作成は現時点では完全に自動化しているわけではなく、AIが作成した原稿を人間が校正しているとのこと。
ただ、文章生成技術の進化によって、「2~3年後には完全自動化を目指したい」(柄本さん)と意気込みを語りました。

そして、柄本さんはメイキップの今後の展望を次のように話し、降段しました。

弊社が目指しているのは、人類の身体情報と洋服情報を蓄積し、サイズで困らない世界を実現すること。

将来的には、お客さまがオンラインで洋服を選ぶ際に、お客さま自身が洋服を着てランウェイを歩いているバーチャル動画を流すなど、革新的な技術を実現したいです。
(株式会社メイキップ 柄本さん)

コーヒー&クグロフで休憩

今回のセミナーは3時間の長丁場ということもあり、コーヒーとドーナツをご用意し、休憩時間に参加者の皆さんに召し上がっていただきました。

コーヒーブレイク

参加者の皆さんにコーヒーを提供する弊社星野(写真中央)

コーヒーブレイク:クグロフと一緒に

ホシフルーツ様のfutureshopロゴ入りクグロフ

◇◇◇◇◇

前編はここで終了です。
驚くべきテクノロジーの進化で、徐々にECの悩みどころも解消される勢い。大変楽しみですね。

後編はこちらから

【 第3部 】 
ファッションECとの相性抜群!メルマガを凌ぐ圧倒的成果が出せるLINEの個別配信! (株式会社ファナティック)
【 第4部 】 
スタッフコーディネートからはじまるデジタルコミュニケーションが、ファッションECの新しい時代を拓く (株式会社バニッシュ・スタンダード)

ファッションECセミナーレポート後編

ファッションECの課題をテクノロジーで解決!LINE個別配信の活用・スタッフコーデから始まるオムニチャネル【後編】

2019-12-24

その他のセミナーレポートはこちらにまとまっています!▼

※記事の内容はセミナー開催時の2019年10月時点での情報となります。最新の情報は各サービスサイトをご確認ください。

■ 様々な切り口で自社EC運営に役立つセミナーをお届け中!今後の予定はこちら

自社EC立ち上げ&運用にお役立ち 無料ダウンロード資料あります!

17の数字で振り返る2019年自社EC・完全版
(2020年4月15日公開)

2019年自社ECについてのトレンドがわかるpdfをダウンロードしていただけます。

業種別のモバイル化率、決済種別の推移など、自社EC運営に役立つ、さらに踏み込んだ内容をご確認いただけます。ご活用ください。
17の数字で振り返る2019年自社EC 完全版(PDF)

ABOUTこの記事をかいた人

中の人

自らもEC業界を学びつつ、みな様のお役に立てれば!と 日々奮闘する中の人です。
記事のご感想をtwitterやFBのコメントでいただけると飛んで喜びます!