ウィズコロナ時代、ECはどう利用される?数字でよみ解くEコマース[2020年7月〜9月 futureshopサービスまとめ]

ウィズコロナ時代、ECはどう利用される?数字でよみ解くEコマース 2020年7月〜9月 futureshopサービスまとめ

コロナ禍による緊急事態宣言は解除され、外出の機会が増えても、ECの利用は依然として拡大、習慣化していると読み取ります。今後、在宅期間が増加していくにつれ、ECが販売の場だけではなく、継続的なコミュニケーションの場としての役割が拡大すると考えられます。

2020年7月〜9月運営状況

流通額
382億円(昨対比140.57%)
店舗数
2700店舗突破

以下の業種が売上を大幅に伸ばしました。

(数字は昨年同期間比)

変わらず生活必需品・日用品は大幅増

生活必需品、日用品

キッズ・ベビー・
マタニティ
キッズ・ベビー・マタニティ199.32%
水・ソフトドリンク水・ソフトドリンク195.84%
食品食品185.06%

外出、着飾って人と会う機会も増加?

車用品・バイク用品車用品・バイク用品308.90%
バッグ・小物・ブランド雑貨バッグ・小物・ブランド雑貨195.45%

生活者の EC 利用状況

調査対象
2019年・2020年7月~9月の期間中、各月の注文件数が100件以上の店舗の中から500店舗を無作為に抽出し、各項目を調査。

前回の調査とは異なる店舗構成

EC注文件数

期間中の注文件数は昨対比166.15%。
9月の落ち込みは昨年同月の消費税増税前の駆け込み需要による影響と推測。
4月~6月よりは成長率は低いが、昨年と比較すると大幅増。

参考値:BtoC 物販EC市場全体の2019年昨対比は金額ベースで108.09%
※経済産業省の令和2年7月に公開した「電子商取引に関する市場調査」から

EC注文件数月平均 166.15%
表.各月注文件数の昨対比推移,2020年7月,2020年8月,2020年9月,デバイス全体,176.44%,171.96%,150.05%,スマートフォン経由,152.97%,146.22%,132.70%,PC経由,197.88%,190.60%,165.55%

表.各月注文件数の昨対比推移

購入単価の変化

9月は購入単価が上昇しているものの、昨年同月比は落ち込みを見せている。
→消費税増税では、駆け込み需要によるまとめ買いが発生したと推測。

表.各月注文件数の昨対比推移,2020年7月,2020年8月,2020年9月,PC経由購入単価,¥13,789,¥13,386,¥14,311,昨年同月比(PC),99.07%,97.08%,96.71%,SP経由購入単価,¥11,418,¥11,286,¥11,871,昨年同月比(SP),101.24%,97.65%,95.37%

表.各月注文件数の昨対比推移

新規顧客利用状況

※期間中、新たに会員登録された顧客の利用を新規利用とみなしています。
・緊急事態宣言解除後も、各月の新規顧客利用が昨対比2倍。
・EC利用の裾野拡大、そして習慣化のきざしを見せている。

新規顧客利用2倍
表.新規顧客利用増加率(昨年同月比),2020年7月,2020年8月,2020年9月,202.88%,202.88%,211.13%

表.新規顧客利用増加率(昨年同月比)

決済手段の変化

・現金利用の割合が減少。
・キャッシュレス・消費者還元事業が終了後もキャッシュレス決済が利用増加。

グラフ.各月決済手段の内訳

グラフ.各月決済手段の内訳

※現金・その他とは、代金引換や店頭払い、後払い、銀行振込やコンビニ払いなどの決済を指します。

考察

ECでの商品購入傾向が変化

・継続して生活必需品が購入される一方、外出する機会の増加を示唆。
・「小物・ブランド雑貨」の流通額の増加から、外出時の身だしなみに気を使う姿が読み取れる。緊急事態宣言解除後は外出だけではなく、人と会う機会の創出や増加が推測される。

EC利用の定着化

・実店舗再開が進む中、新規顧客利用が200%超を継続
・コロナ禍によって拡大したEC利用は定着化しつつある
・今後自社ECは販売の場だけではなく、継続的なコミュニケーションの場として、役割が拡大すると予想

調査の詳細な内容は、下記ページからご確認ください。
期間中トピックス
PayPay(オンライン決済)が利用可能に
https://www.future-shop.jp/function/construction/paypay.html

物流プラットフォームサービス「Fulfillment by zozo」と連携開始
https://www.future-shop.jp/function/store/fbzoption.html

visumo for social curator for futureshopが利用可能に
https://www.future-shop.jp/tieup/visumosocialcurator.html

commerce creatorでも楽天ペイ(オンライン決済)が利用開始に
https://www.future-shop.jp/function/construction/checkoutrakuten.html

関連調査
コロナ禍でどうなった?数字でよみ解くEコマース 〜futureshop 2020年4月〜6月利用状況まとめ〜
2019年は自社ECに何が起こった? 2500店舗分のデータから調査した「17の数字で振り返る 2019年自社EC」

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

通信業界からクラウド業界に飛び込み、サービス企画などでいろいろと揉まれた後台湾に1年滞在し、どこの国でも外見が溶けこめる特技を取得。 その後フューチャーショップに勤務し、紆余曲折ありながらデータ分析・プロモーション・広報などを担当。
B級グルメ食べ歩き好き。外れても笑い飛ばせるのが特技。