実店舗のような「接客」をネットショップで実現する機能とは?

今回は、futureshopの機能に関する「意外な活用方法」をご紹介させていただきます。

ECサイトは、実店舗のような「接客」の実現が、
なかなか難しい部分がありますが、もし実店舗のような
「機転の利く接客」が少しでも実現できたらいかがでしょうか?

例えば、Amazonを見ていると出てくる「これを見ている人は、これも見ています」というオススメ商品の表示がありますが、
今、見ている「1商品」に対するオススメと、今まで見ていた「3商品」に対するオススメでは、
お客様は、どちらを喜ばれるでしょうか?
どちらが、よりそのお客様の「趣味・志向」に近い「オススメ」となるでしょうか?

実店舗の店員による接客のように、「このお客様は、コレと、コレと、アレを見ていた。
じゃあ、このあたりの商品も好きなんじゃないだろうか?」と機転の利く接客ができたら、お店に来ていただいたお客様に、
もっと喜んでいただけるのではないでしょうか?

「機転の利く接客」がfutureshopの機能で実現できます!

今、ショップ内で商品を見ているお客様が、

1:自分が「今見ている商品」と、

2:「その前に見ていた商品」と、

3:「その前の、前に見ていた商品」の

「直近3つの商品情報」をもとに、そのお客様の「趣味・志向」に合わせたレコメンドを表示する
これが【パーソナライズレコメンド】の機能です。
futureshop 「レコメンド機能」

「購入直後」を意識できていますか?

この「パーソナライズレコメンド」は、「閲覧」した商品だけではなく、
「購入」した商品も、その「直近3つ」の内の1つになります。

ということは、、、
【パーソナライズレコメンド】には、
「意外な使いドコロ」があります。


それは「購入直後!」です。

レコメンド商品の表示といえば、「商品詳細ページの下部」に表示して、回遊率を高めたり、「カート画面の下部」に表示して、ついで買いを促したり、
ということをしますが、

「購入直後」に関して、何かアプローチをされていますでしょうか?

「購入直後」とは、つまり、、、「注文完了ページ」です。

ある商品を選んで、購入しようと思い、購入手続きを進み、ようやく購入手続きが完了!
すると、購入完了した「注文完了ページ」に、

1:あなたが「今、買った商品」と、
2&3:あなたが「さっきまで見ていた2商品」の
「3商品の情報」をもとにした
「オススメ商品」が表示されています。

それはおそらく、あなたの「趣味・志向」に近い、あなたが好むであろう商品が並んでいます。
もしかすると、その中には、まだあなたが見ていなかった商品があるかもしれません。

お買い物が完了したその後、すぐにどこかに「離脱」されてしまうのではなく、

お買い物が完了した、もっとも「熱の高い状態」の時に、さらに「もう一度、お店の中を見て回ってもらう」のはいかがでしょうか?

もしかすると、「あれ、こんな商品もあったの!」と追加注文が入るかもしれません。

もしかすると、「迷ってたけど、やっぱりコレも買おう!」と追加注文が入るかもしれません。

もしかすると、「今は買わないけど、また後で見よう」と、スマホのブラウザページを1枚、残したままにしてくれるかもしれません。

それは「再訪問」の大きなきっかけとなります。

————————————————–

貴社の「注文完了ページ」は、テキストだけの味気ないページになっていないでしょうか?

実はfutureshopは「注文完了ページ」のカスタマイズができます。

(構築メニュー>ページ設定>購入画面>注文完了ページ)

「注文完了ページ」に関しては、カスタマイズしておくことで、ショップの最後の印象と、その後のユーザーの行動がまったく変わります。
ぜひ上記のような「注文完了ページ」の活用を工夫してみてください!
おもしろい変化が生まれるかもしれません。

ネットショップと接客