ECで買われたのはどの商材?使われたのはどの決済?数字でよみ解くEコマース[2020年10月〜12月 futureshopサービスまとめ]

ECで買われたのはどの商材?使われたのはどの決済?数字でよみ解くEコマース 2020年10月〜12月 futureshopサービスまとめ

流通額は昨対比 152.51% と継続して大幅増加。中でも、在宅時間の充実を図るアイテムや生活必需品の他、外出にも気を使う状況のためか、イベント用スイーツを EC で購入する生活者も大きく増加しました。
また、新規利用も調査店舗で平均 172.53% 増加。EC 利用がますます拡大しています。

2020年10月〜12月運営状況

流通額
451億円(昨対比152.51%)

以下の業種が売上を大幅に伸ばしました。

(数字は昨対比)

在宅期間を充実させるアイテムが需要増

キッチン・
日用品雑貨・文具
キッチン・日用品雑貨・文具200.66%
インテリア・寝具・収納インテリア・寝具・収納183.42%
楽器・音楽機材楽器・音楽機材167.74%

イベント用のスイーツも EC での購入が増加

保存の利く重いものは EC で購入

スイーツスイーツ167.02%
水・ソフトドリンク水・ソフトドリンク161.12%

生活者の EC 利用状況

調査対象
2019年・2020年10月~12月の期間中、各月の注文件数が100件以上の店舗の中から500店舗を無作為に抽出し、各項目を調査しました。

前回の調査とは異なる店舗構成

EC注文件数

期間中の注文件数は昨対比157.32%となりました。
前回の調査と成長率は同程度(前回:166.15%)です。
継続して自社EC利用が増加しています。

EC注文件数月平均 157.32%
表.各月注文件数の昨対比推移,2020年10月,2020年11月,2020年12月,デバイス全体,174.30%,151.00%,146.66%,PC,159.49%,139.09%,134.77%,SP,189.37%,164.00%,157.99%

表.各月注文件数の昨対比推移

購入単価の変化

期間通してほぼ変更ありませんでした。
また、これまでの調査と同様、PCはスマートフォンより2割程度、購入単価が
高い結果となりました。

表.各月の購買単価の変化,2020年10月,2020年11月,2020年12月,PC経由購入単価,¥14,487,¥14,766,¥14,554,昨年同月比(PC),106.11%,106.96%,105.66%,スマートフォン経由購入単価,¥12,303,¥12,491,¥12,457,昨年同月比(SP),105.00%,105.29%,102.64%

表.各月の購買単価の変化

新規顧客利用状況(件数)

※期間中、新たに会員登録された顧客の利用を新規利用とみなしています。

・新規顧客利用の昨対比は期間平均172.53%。
・政府資料*では、2019年はBtoC 物販EC市場全体の2019年の伸び率は
8.09%(表内の表記と合わせると昨対比108.09%)と、大幅増です。
*「令和元年度 内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業
(電子商取引に関する市場調査)」(経済産業省)
・2020年10月の大きな変化は、昨年同月は消費税増税の影響から買い
控えが起こったためと推測します。

新規顧客利用172.53%

表,2020年10月,2020年11月,2020年12月,187.26%,168.74%,161.58%

決済手段の変化

変わらず現金利用が減少しています。
※「現金・その他」とは、代金引換や店頭払い、後払い、銀行振込やコンビニ払い
などの決済を指します。

グラフ1:各月決済手段の割合/件数(調査対象店舗全体)

グラフ1:各月決済手段の割合/件数(調査対象店舗全体)

3種類の決済手段を提供している店舗だけに限定したのが、下記のグラフです。(n=332)

2020年は現金から他の決済方法に移行。ID・QR決済と現金決済の利用率が逆転しました。

クレジットカードも含め、キャッシュレス化は着実に進行しています。

グラフ2:各月決済手段の割合/件数(3種類の決済手段提供店舗のみ n=332)

グラフ2:各月決済手段の割合/件数(3種類の決済手段提供店舗のみ n=332)

考察

業種

・在宅時間増加による、生活充実を目的としたアイテムの需要が増加。
・スイーツなど、記念日用のアイテムもECでの購入が増加。

決済方法

生活者が決済方法を「クレジットカード」「ID・QR決済」「現金」から選べる場合、「ID・QR決済」と「現金決済」の利用率が逆転。「クレジットカード」も含め、キャッシュレス化へ着実に推移。

調査の詳細な内容は、下記ページからご確認ください。

2019年は自社ECに何が起こった? 2500店舗分のデータから調査した「17の数字で振り返る 2019年自社EC」

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

通信業界からクラウド業界に飛び込み、サービス企画などでいろいろと揉まれた後台湾に1年滞在し、どこの国でも外見が溶けこめる特技を取得。 その後フューチャーショップに勤務し、紆余曲折ありながらデータ分析・プロモーション・広報などを担当。
B級グルメ食べ歩き好き。外れても笑い飛ばせるのが特技。