Google 掲載とは?Google が無料の商品掲載新機能を公開!概要と対応方法を解説!

Googleni
無料で商品掲載が可能になる新機能をリリース!

自社ECサイトを運営する中で、最も重要なことの一つが、Google やFacebook等の大手プラットフォーマーの最新の機能を把握し、使いこなすことで、集客を効率的に行っていくことです。

難易度の高い自社EC集客だからこそ、各プラットフォーマーの思想と方向性を理解した上で、提供される機能を最大限活用し、効率的にユーザー獲得につなげていくことが重要になります。

各プラットフォーマーは、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的にECの普及が進む中、EC事業者向けの支援施策を拡充しています。
特に中小企業向けの支援拡大に注力していて、Facebookは「Facebookショップ」の公開等を行っています。

そのような中、2020年10月16日より、 Google から公開されたのが、検索結果に表示されるショッピング タブに無料で商品を掲載できる「Google ショッピング タブの無料リスティング」です。

「Google ショッピング タブの無料リスティング」での商品掲載には、「Google 掲載」への対応が必要となります。
今回は、この「Google 掲載」の概要や利用方法、おすすめの Google 活用法についてお伝えいたします!

Google の新機能「Google 掲載」とは?

Google 掲載(英名 : Surfaces across Google )は、
Google 検索、Google 画像検索、Google ショッピングタブなどの Google サービス上に、販売している商品を無料で掲載することができるようになるプログラムです。
※有料でのGoogle ショッピング広告の掲載枠も引き続き存在します。

2020年10月時点では、Google 検索結果のうち、「ショッピング」タブにおいて、無料の商品掲載枠が追加されるようになりました。

多くの事業者様は、自社サイトを、Google Search Console (グーグルサーチコンソール)を通じて、検索結果上で無料で表示できるように設定されているかと思いますが、同様に、商品も検索結果上に表示ができるようになります。

従来のショッピングタブと今後のショッピングタブの比較画像

従来、Google 検索結果に商品を掲載するためには、有料のGoogle ショッピング広告を使用する必要がありました。

一方で、消費者がオンラインで商品を検索することはますます一般的になり、多くのニーズがGoogle 上で検索されるようになっています。

Google としては、Google 上で商品を探す多くのユーザーと、商品提供者がマッチングする機会を増やすことを常に考えており、Google ショッピング広告は、数年以内に一部無料で提供されるようになると発表していました。

しかし、2020年の新型コロナウイルスの流行によって、大きな変化が発生しました。実店舗での販売は制約され、全世界でECの需要が急拡大しました。
また、資金繰りが悪化し、広告を出稿したくてもできない中小の事業者が全世界で増加しました。

そのため、Google は、この「Google 掲載」のプログラムを、2020年のタイミングでリリースするに至ったと考えられます。

Googleショッピング広告は不要になるのか?

「Google掲載」の登場によって気になるのが、既存の「Google ショッピング広告」が今後どうなるのか?という点です。

結論としては、「Google ショッピング広告はなくならず、むしろ戦略的な活用がより重要になる」と考えられます。

例えば、Google 検索結果の「すべて」のタブに商品を掲載することは、Google ショッピング広告でしか行なえません。
「ショッピング」タブでも、無料枠より優先して広告が表示される状態となります。

そのため、どのような形でGoogle 上に商品を掲載するのかは、自分たちの予算規模等によって選択することができるようになり、その選択について店舗様で、適宜判断する必要が発生すると考えられます。

「Google 掲載」の始め方

では、どのようにして始めることができるのでしょうか?
必要な作業は、下記4つになります。

  1. Google Merchant Centerのアカウントを開設する
  2. Google Site Verificationタグを設置して、Google Merchant CenterでECサイトを認証する
  3. Googleが求める商品データ(データフィード)をGoogle Merchant Centerに送信し、審査を行う
  4. Google Merchant Center上で、「Google 掲載」のプログラムを有効にし、審査を通過させる

通常のSEO対策と異なるのは、ただサイトを運営していても、Google 上に商品は掲載されず、Google Merchant Centerの管理が必須となることです。
店舗様にとっては、さらに管理する場所が増えて大変になってきます。

このGoogle Merchant Centerの管理方法として、下記3つがあります。

Google Merchant Centerの管理では

  • 定期的に商品データの更新を行わなければいけない
  • 商品の審査状況を確認し、必要な商品データの修正を行わなければいけない

上記のことから、とても難易度が高いものでもあるので、ご自身が現実的に対応できる範囲を見極めて、管理方法を選ぶ必要があります。

「Google 掲載」の利用においてEC Boosterの「フリープラン」活用がおすすめな理由

無料で行える施策であるだけに、まさに「やらない理由がない」取り組みの一つになっていくかと思います。
一方で、Google Merchant Centerの開設、管理など、店舗様の工数はさらに増えていく一方。

そこでおすすめなのが、EC Boosterの「フリープラン」の活用です。
EC Boosterの「フリープラン」は、下記3つの機能があります。

完全無料のEC Boosterフリープランのご紹介

かんたん出稿・自動運用機能

最短5分の初期設定で、お使いのECサイトから自動出稿。運用の手間もかかりません。

出稿ステータス通知機能

商品掲載時の不承認をお知らせ、併せて解決方法もガイドし機会損失を最小化できます。

商品データ改善アドバイス機能

※順次提供予定
EC Boosterの改善ノウハウやAI による分析に基づき、お客様に最適な商品データ改善方法をアドバイスします

EC Boosterは既に広告運用で多くのfutureshopの店舗様のサポート実績を持ち、Google における商品活用の第一人者です。

この機会にぜひ、EC Boosterで「Google 掲載」を始めてみましょう!

Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」とは?

「EC Booster」は、「Google 掲載」での無料の商品掲載や、Google ショッピング広告の運用を自動で行う自社EC集客サービスです。

futureshopとシステム連携することで、Google の検索結果画面に画像付きで自社商品を訴求することが可能となります。
さらに、商品出稿ステータスの自動通知や改善アドバイス機能により、EC事業者様の商品データ改善や売上拡大に貢献します。
futureshopでのご利用事例も多数ありますので、ぜひご活用ください。


EC Booster 導入 Googleショッピング広告の成功事例インタビューはこちらから

脱「なんとなく」Googleショッピング広告!ECモール受賞企業、伊藤久右衛門が実現した集客施策の最適化と働き方の変化

2019-05-23
【futureshop×EC Booster事例】顧客ニーズを商品開発に活用!老舗寝装品メーカーの取組ご紹介

顧客ニーズを商品開発に活用!老舗寝装品メーカーの取組をご紹介 【futureshop×EC Booster事例】

2019-10-24

Google ショッピング広告について詳しく知りたい方はこちらから

徹底解説!自社ECをサポートし成長に伴走する!EC Boosterを通じたGoogle ショッピング広告活用

2019-10-02

▼ EC Boosterサービスサイト

自社EC立ち上げ&運用にお役立ち 無料ダウンロード資料あります!

17の数字で振り返る2019年自社EC・完全版
(2020年4月15日公開)

2019年自社ECについてのトレンドがわかるpdfをダウンロードしていただけます。

業種別のモバイル化率、決済種別の推移など、自社EC運営に役立つ、さらに踏み込んだ内容をご確認いただけます。ご活用ください。
17の数字で振り返る2019年自社EC 完全版(PDF)

ABOUTこの記事をかいた人

中の人

自らもEC業界を学びつつ、みな様のお役に立てれば!と 日々奮闘する中の人です。
記事のご感想をtwitterやFBのコメントでいただけると飛んで喜びます!