ECモールのメリットとは?競合との差別化を図り出店を成功させるコツ

いつ、どこにいても買い物ができることで近年利用者が増大し、実店舗でも導入が定着しつつあるECサイト。中でも、注目を集めているのがECモールです。実店舗を立ち上げることに比べ簡単に出店できることから、参加する企業やブランドが増加しています。

ECサイトを一から制作してリリースするのは時間と手間がかかりますが、ECモールならすぐに出店してネット販売を始められます。

今回は、ECモールの種類やECモールならではのメリット、競合サイトと差別化を図り出店を成功させるコツなどについてご紹介します。

ECモールのメリットとは?

そもそもECモールとは?

ECモールとは、Web上のショッピングモールのことで、ひとつのサイト内に複数のネットショップが集まっている大型店舗型のECサイトです。ネット上の百貨店をイメージするとわかりやすいでしょう。

自社で持つ独立したECサイトは、ブランドイメージに合わせてデザインやカスタマイズが自由にできます。しかし、オープンソースやASPを利用せず一からサイトを構築する必要があるため、プログラミングなど専門的な知識が必要です。
ECモールの場合は、サイトを構築するベースの部分がプラットフォーム側から提供されるため、一からサイトを構築したり、ドメインを取得したりする必要がありません。

また、独立したECサイトはオリジナル店舗のため、最初のうちは認知度が低く、集客に苦戦しがちですが、ECモールはすでに多くのユーザーが利用しています。そのため、出店時からすぐに集客が可能です。
ただし、ECモールに出店する場合は、テナント料や決済手数料などが発生しますので、条件についてはあらかじめ確認しておくようにしましょう。

ECモールの種類

ECモールは、大きく2つの種類に分けられます。代表的なECモールである「Amazon」と「楽天市場」を例に、それぞれの特徴とメリットをご紹介します。

テナント型

テナント型は、数多くのECサイトが並んで出店しているタイプのECモールで、実際のショッピングモールの形態に似ています。具体的な例としては、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などがテナント型に当てはまります。
比較的自由にデザインのカスタマイズができる点が特徴で、店舗ごとに独自性を出せるというメリットがあります。しかし、サイトのデザインや商品を登録する手間がかかるため、出店までに時間がかかるケースもあります。

マーケットプレイス型

マーケットプレイス型は、ECモール上に商品のデータのみを掲載するタイプです。出店というよりも「出品」というイメージに近く、「Amazon」はマーケットプレイス型の代表的なECモールです。
実際の商品データはECモール側が管理しており、ECサイト運用の負担が少ないというメリットがあります。また、プロモーションもECモールが請け負ってくれるため、初期費用として広告費をかけずにネットショップを始めることができます。

ECモールに出店するメリット

自社でECサイトを運営している企業も、ECモールに数多く出店しています。ECモールへの出店はどのようなメリットがあるのでしょうか。

集客力が高い

ECモールのメリットのひとつが、集客力の高さです。大手ECモールでは、数千万人単位のアクティブユーザーを抱えており、ECモール自体に圧倒的な集客力があります。そのため、出店してすぐに集客が見込めるという点は、新規出店者にとって大きな魅力でしょう。

また、ECサイトは実際に手にとって商品を確認できないため、購入してもらうためにはユーザーから信頼を得る必要があります。
大手ECモールならば、ユーザーからの信頼性も高いため、その中で出店しているECサイトも信頼してもらいやすくなります。ECサイトの立ち上げからユーザーに商品を購入してもらうまでの信頼性獲得には大きな労力がかかるため、これを割愛できるのはとても有利です。

大型ECモールではサポートがある

大型ECモールの場合、出店者はさまざまなサポートを受けられます。例えば、サポートによってサイト管理の負担が減少するため運用が楽になり、担当者は商品の確保だけに集中できます。
特にECモールには競合サイトが多く、他社との差別化に注力する必要があるため、こうしたサポートは不可欠といえるでしょう。ネットショップの運営が初めての人でも、安心して出店できます。

実店舗がなくても出店できる

実店舗を持っていなくても、EC店舗を出店できます。そのため、企業だけでなく、個人でもECモールに出店可能です。
ただし、ECモールによっては、出店基準で「本業として商品を取り扱っていること」を証明する必要があるため、あらかじめ出店の条件を確認しておきましょう。

ECモールでの出店を成功させるコツ

ECモールには集客力はありますが、ECモールへの出店数も多いため、その中で成果を上げるのは簡単ではありません。ECモールでの出店を成功させるためのポイントを押さえておきましょう。

他店と差別化を図る

まずは、他店との差別化を図ることが重要です。一般ユーザーにとって、ECモールの名称は覚えていても、その中にある店舗名はあまり印象に残らないものです。例えば、Amazonで買い物をしても、顧客は「Amazonで買い物をした」としか思わないでしょう。

リピート購入を促すためには、自社ECのほうが他店との差別化を図りやすいため向いています。どのように店舗の印象を残すか、リピーターを獲得するにはどうすれば良いかを考えながら運営する必要があります。

商品の品揃えを充実させる

ECモールのメリットは、商品のジャンルが幅広く、種類が豊富なことです。そのため、店舗内で商品が充実していれば、複数商品をまとめて購入してもらえる可能性があります。
また、商品数が多いと、レコメンド機能などで関連商品が表示されやすいというメリットもあるため、品揃えの充実を意識してみましょう。

目玉商品を設けて、店舗への集客を増やす

商品の品揃えという点においては、目玉商品を設けて、店舗への集客を増やすという方法も効果的です。ただし、注意点として企業やブランドの限定商品などは、ECモールでの販売には向いていません。このような商品は、自社のECサイトやWebサイトで販売したほうが、価値が高められるということを覚えておきましょう。

ECサイトの管理を一元化する

複数のECサイトを運営している場合は、管理を一元化しましょう。ECモール間や自社ECサイトなど複数のサイトを運用していると、発注や発送、在庫管理などの業務がそれぞれに発生するため、管理工数が増大してしまいます。
一元管理システムを導入することで複数のECサイトを一元管理でき、運営の手間が軽減されるでしょう。まとめて管理ができれば、多くのECサイトを同時に運営できるため、販売機会が広がり、収益の増加も期待できます。

ユーザーとの適切なコミュニケーションが収益拡大の鍵

ECモールだけでなく、自社のECサイトにも言えることですが、お店のファンをどれだけ獲得できるかが成功の鍵といえます。
そのためには、ユーザーと適切なタイミングでコミュニケーションを取っていく必要があります。

例えば、購入直後にアフターフォローを行ったり、ユーザーの購入履歴から興味関心のありそうな商品をレコメンドしたり、何度も購入している商品の定期購入をすすめるなどのアクションは、顧客を育てる上で重要な施策です。
ユーザーにとって価値ある情報を適切なタイミングで提供することで、サイトに対するエンゲージメントも高まり、リピーターとなってくれるのです。

ECモールの中には、マーケティングツールを提供してくれるところもあるので、自社に合ったECモールを選んで収益の拡大につなげましょう。