ECサイトでWordPressを活用!メリット・デメリットとおすすめサービス

無料で使えるCMS(コンテンツ管理システム)として世界的に有名なWordPress。
ブログプラットフォームとして知られていますが、ECサイトにも使用できます。
コンテンツ管理に特化したソフトウェアのため、自社でメディア型ECサイトを展開していきたいと考えている人は、WordPressの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

今回は、ECサイトでWordPressを活用する方法やメリット・デメリット、おすすめのサービスなどについてご紹介します。

ECサイトでWordPressを活用!

こんな人におすすめ!ECサイトでのWordPress活用法

WordPressとは、世界中で圧倒的なシェアを誇るCMSです。オープンソースソフトウェアのため、誰でも自由に利用できます。2003年に公開されてから、数多くのWebサイトに利用されており、ECサイトにも用いられています。

WordPressはコンテンツを管理することに特化していて、テンプレートが豊富で使いやすく工夫されています。
WordPressを活用すれば個人のブログから商業用のWebサイトまで、幅広い分野のサイト制作が可能です。

ECサイトで店舗独自の情報を発信したい、ブログでおすすめ商品を紹介したいなど、ユーザーのためのお役立ちコンテンツを増やしていきたいと考えている人には、WordPressの活用がおすすめです。
こだわりや独自情報を載せたコンテンツをユーザーに提供することは、結果としてターゲットに合った顧客の集客につながったり、ECサイトのファンを作ったりすることにもつながります。

また、HTMLやCSS、PHPなどの開発知識がある人が自社にいる場合は、WordPressの利点を活かすことができます。
しかし、WordPressで自由にカスタマイズできるようになるには時間がかかります。
新商品の掲載や商品情報のアップデートといった更新作業が多いECサイトでは、ある程度の開発知識がある担当者がいなければスムーズな運営は難しいでしょう。

ECサイトでWordPressを利用するメリット

大手企業のWebサイトなどにも利用されているWordPress。ここではECサイトでWordPressを利用するメリットについてご紹介します。

無料で使える

WordPressは基本的に無料で利用できるので、コストを抑えることが可能です。ただし、WordPress自体は無料ですが、ドメイン取得やレンタルサーバなどには費用がかかるという点に注意しましょう。

使い方が簡単

WordPressはインストールするだけで、ブラウザ上から管理が可能です。プラグインのインストールを行うだけで、ショッピングカート機能や問い合わせフォームといった機能の拡張ができます。
また、WordPressは利用者が多いため、関連書籍も数多く販売されており、基本的な使い方や用語の説明などの情報はWeb上に豊富に掲載されています。作業中にわからないことが出てきた場合も、インターネットで検索すれば解決方法を見つけやすいでしょう。

ECサイトをメディア化しやすい

WordPressは、コンテンツ管理に特化したシステムです。そのため、テキストや画像などを簡単に管理でき、自社独自のコンテンツ作成や更新作業の簡易化が可能です。修正などが必要になった際も、管理画面上からすぐに対応できます。
また、ECサイトと同じドメイン配下で利用できるサービスもあります。ただし、WordPressの機能ではなくカートシステム側のサービス内容なので、カートシステム(ECサイト)と同じドメインでWordPressを使えるサービスを選びましょう。

導入前に知っておきたいWordPressのデメリット

WordPressのメリットをご紹介しましたが、自社でサイト構築や運営を行う中で、思わぬ問題が生じることもあります。ECサイトでWordPressを活用する前に、デメリットについても理解しておきましょう。

自社で一から構築するため、手間がかかる

WordPressで本格的なECサイトを構築するためには、PHPやCSSなどの専門知識が必要です。プラグインなどのバージョンアップも自分たちで定期的に行い、セキュリティを強化することを目的としたSSLの導入も、自社で設定しなければなりません。
そのため、社内にプログラミングに詳しい人がいなかったり、担当者が初めてWordPressを操作したりする場合には、完成までに手間がかかってしまいます。

セキュリティ対策が重要

WordPressでECサイトを構築する場合、外部の攻撃や漏えい対策も自社で行います。
WordPressは世界中で広く知られていて利用者も多いですが、オープンソースであるため第三者から攻撃される危険性は比較的高めです。なかでも、サイトの改ざんやクレジットカード情報の漏えいなど、顧客情報の流出には特に気をつける必要があります。

WordPressが使えないサーバがある

WordPressはPHPというプログラム言語と、MySQLというデータベースで動作します。そのため、PHPとMySQLが利用できないサーバであれば、WordPressは使えません。また、PHPとMySQLのバージョンも決まっているため、導入には注意が必要です。

ECサイトの売上アップにつながる機能はない

WordPressはECサイトの便利な機能を取り入れるのが難しいというデメリットもあります。WordPressには拡張機能が多数あるため、プラグインで導入すれば簡単にWordPressをECサイトにすることができます。

しかし、WordPressでECサイトを構築するのはあまりおすすめではありません。ECサイト専用のソフトウェアではないため最低限の実装のみしかできず、売り上げをアップするための便利なサポート機能などもないからです。使い勝手が良いとはいえないでしょう。
手軽さという観点では、ASPでも簡単にECサイトの構築が可能です。

ECサイトにおすすめのWordPressテーマ

ECサイトは取り扱う商品はもちろん、見せ方やイメージも集客に大きな影響を与えます。ECサイトのデザインに役立つ、WordPressのテーマをご紹介します。

WordPressのテーマとは?

WordPressのテーマとは、レイアウトのテンプレートを指します。
テーマはサイトの着せ替えのような役割を持ち、Webサイトやブログを作るときにデザインの基となります。WordPressのテーマには有料と無料のものがあり、カスタマイズ機能も充実しています。

ECサイトのデザインの重要性

ECサイトで大切なのは、商品の見やすさや写真の載せ方です。一目見てECサイトの特色がわかり、商品を探しやすいデザインである必要があります。
しかし、一からサイトデザインを考えたり、レイアウトを組んだりするのは大変なので、WordPressの豊富なテーマを活用します。独自性を出して競合サイトに勝つためには、自社のブランドイメージに合った適切なテーマの設定が欠かせません。

WordPressとECサイトは上手に使い分けるのがコツ

WordPressにはECサイトに必要な最低限の機能しかないため、構築はASPやパッケージなどECサイト構築のためのサービスを利用したほうが良いでしょう。
しかし、WordPressは手軽に利用できるだけでなく、豊富なカスタマイズ機能やテーマなどからターゲット層に合ったWebサイトを作ることはできます。

WordPressのメリットを活かしてコンテンツマーケティングによって集客をしつつ、ECサイトに誘導してCVRを上げる、といった両方をうまく使い分けた活用方法を検討してみてはいかがでしょうか。

futureshopでは、自社ECサイトの独自ドメイン配下にCMSを設置できるオプションをご利用いただけます。