セキュリティ対策ガイド
店舗様は、お客様の個人情報を守る社会的責務をお持ちです

ネットショップを運営されるということは、お客様にとって、ネット運営事業者ということになり、ネットショップつまりWebサイト運営に対する適切な知識をもった事業者ということになります。
futureshopでは、各種セキュリティ対策機能を設けております。店舗様がお客様の個人情報を守り、安全にネットショップを運営いただくために、各種セキュリティ対策をご理解いただき、適切にご使用いただけますようお願いします。

おことわり

futureshopでは各種セキュリティ対策を実施しておりますが、店舗様ご自身で実施していただかなくてはならない部分がございます。 こちらの資料にある設定をご確認の上、ご実施ください。

futureshopでECサイトを運用する際に気をつけるべきこと

管理アカウントの種類

futureshopを運用していただくにあたり、futureshop管理画面以外にも管理すべきアカウントがございますので、あわせて適正なご利用をお願いします。

futureshop管理画面
SaaS型EC構築プラットフォーム「futureshop」管理画面用の管理者アカウント
Webサーバ(FTPサーバ)
  • 「futureshop」システムにて構築する画面で利用するコンテンツ(商品画像・デザイン画像等)用のWebサーバ管理者アカウント
  • 「futureshop」システムにて構築する画面以外に制作するコンテンツ用のWebサーバおよびメール設定用の共用レンタルサーバ管理者アカウント
  • 「futureshop」システム外でWordPress等の外部CMSサービスを利用するためのレンタル(VPS)サーバ領域の管理者アカウント(オプション)
  • futureshop以外でご契約されている全てのサーバの管理者アカウント

futureshopの取り組み

2段階認証(多要素認証)

futureshop管理画面ログイン時に2段階認証を行います。
futureshop管理画面へのログイン時に、アカウント名とパスワード(1段階)の他に、あらかじめ管理者アカウントに登録されたメールアドレスへ送付される認証コードの入力(2段階)を必要とします。

認証コードは1回の認証にのみ有効で、一定時間が経過すると無効になります。
作業するブラウザや端末が違う場合、あるいは作業する場所が違う場合など、セキュリティ上、再確認が必要であるとシステムが判断した場合は認証画面が表示されます。
セキュリティをより強固なものとするため、管理画面にログインして作業する端末とは別の端末で認証メールを受信することをお薦めいたします。(PCでログインして作業する場合、認証メールはスマートフォンで受信)
管理者アカウントごとにメールアドレスが必要となります。同じ店舗で同じメールアドレスを重複して登録できません。

2段階認証は、futureshop管理画面で作業される方すべての管理者アカウントを対象としています。引き続き、多要素認証機能の追加を検討しています。