コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]

出荷データ一括登録

出荷データ一括登録

ヤマト運輸(B2)、佐川急便(e飛伝Ⅱ(※1)・e飛伝Ⅲ)、日本郵便(ゆうパックプリントR)から出力される、出荷済みデータCSVをfutureshopへ取り込む(アップロードする)ことにより、「送り状番号」「配達予定日」の登録ができます。

1.「e飛伝Ⅲ」から出力したe飛伝Ⅱ形式のCSVデータを含みます。

futureshopから出力された受注データ以外のCSVデータを取り込まれる場合は、各出荷サービスの仕様を参考に出荷データのCSVファイルを作成ください。

ゆうメールには未対応です。

店舗受取オプションご利用で、お客様(消費者)がご注文時に「店舗受け取り」を選択した受注データは、一括登録に必要なデータが不足しているなどの理由によりダウンロード/アップロードができません。(参照:店舗受取のはじめかた -設定編/店舗受取受注後にすべきこと

<アップロード手順>

  1. 「B2」「e飛伝Ⅱ」「e飛伝Ⅲ」「ゆうパックプリントR」からファイルの種類を選択。
  2. [ファイルを選択]ボタンを押下し、「B2」「e飛伝Ⅱ」「e飛伝Ⅲ」「ゆうパックプリントR」のいずれかから出力された出荷データCSVを選択
    ※各社の「出荷データのCSV」は、あらかじめローカルに保存しておいてください。
  3. 更新対象の受注データの発送ステータスを「発送済み」に更新するのチェックを選択。(※仕様について
  4. [アップロード]ボタンを押下。

「更新対象の受注データの発送ステータスを「発送済み」に更新する」チェックの仕様について

チェックした場合の自動処理や注意事項について、受注後にすべきこと-「更新対象の受注データの発送ステータスを「発送済み」に更新する」チェックについてを必ずご確認ください。

出荷CSVデータアップロード時の注意点

以下の点にご注意ください。

<共通>

  • CSVファイルの1行目にヘッダーがないと登録できません。
  • このCSVデータでは、「送り状番号」「到着予定」をのみを登録します。それ以外の項目については登録されません(無視します)。
  • すでに「送り状番号」「到着予定」が登録されている場合でも、アップロードしたCSVの「送り状番号」「到着予定」が空白の場合は、「空白で上書き」されます。
  • 発送のステータスが「発送済み」の出荷データの「送り状番号」「到着予定」は、アップロードされません。
    「未発送」もしくは「一部発送済み(1つの受注コードで、複数のお届け先がある場合は指定された受注の場合)」の出荷データのみをアップロードします。
  • 一度にアップロードできる出荷件数は、5000件までです。
  • 登録されている受注コードと合致しないデータをアップロードした場合、エラーにはならず、登録処理を続行します。
  • 改行コードはCR+LFで保存してください。改行コードにMac用(CR)が利用されている場合、一括登録できません。
  • 文字コードは、「Shift JIS」です。
    「e飛伝Ⅲ」の初期の文字コードは「UTF-8」ですので、「Shift JIS」に変換してアップロードしてください。

<e飛伝Ⅲの場合>

  • 「01:お問い合せ送り状No.」「19:お客様管理番号」「70:配達日」は必須項目です。項目名称の変更はできません。
  • 更新対象の受注データの発送ステータスを「発送済み」にチェックを入れた場合は、追加で「03:出荷日」が必須項目となります。

<e飛伝Ⅱの場合>

「e飛伝Ⅲ」から出力したe飛伝Ⅱ形式のCSVデータを含みます。

  • 「01:お問合せ送り状№/お問合せ送り状NO./お問い合せ送り状No.」「13:お客様管理ナンバー」「38:配達日」の項目名称の変更はできません。

<B2の場合>

  • 「01:お客様管理番号」「04:伝票番号」「06:お届け予定(指定)日」の項目名称の変更はできません。

<ゆうパックプリントRの場合>

  • 弊社にてご用意した「出力フィルタ」を用いて作成したCSVファイルをご利用ください。
    フィルタファイルはこちら
    (1行目のヘッダーは必須で、「お客様側管理番号」「お問い合わせ番号」「発送日」「配達希望日」となります。)

【ヤマト運輸】
「B2」から出力される出荷データCSV仕様とfutureshopへ取り込む際の仕様

まずはじめに、出荷CSVデータアップロード時の注意点についてを必ずご覧ください。

B2から出力される出荷CSVデータの7項目以降の項目は、無視します。

B2から出力されたデータを取り込む際は、CSVファイルは開かずそのままご登録ください。

伝票番号は半角数字のみ使用可です。

<凡例>
「登録項目」欄「〇」:必須項目
「登録項目」欄「●」:更新対象の受注データの発送ステータスを「発送済み」に更新する場合に登録

NO 項目名称(カラム名) B2形式
最大文字数
登録項目 futureshop側「項目名」(仕様)
01 お客様管理番号
※項目名称変更不可
20文字 受注コード(12桁) 届け先明細No(2桁)

この「お客様管理ナンバー」を元に、futureshop側の受注データと照合し、「未発送」ステータスの送り先が1つ以上ある受注コードに対して、出荷CSVに存在するお客様番号(お届け先)に対して「04:伝票番号」「06:お届け予定(指定)日」のデータのアップロード(データ更新)を行います。
例)お届け先1の場合 →10000032737001(上12桁が受注コード、下2桁が届け先明細No)


複数お届け機能をご利用いただいている場合、 「お届け先2」以降は、届け先明細Noは「02,03...」となります。

04 伝票番号
※項目名称変更不可
12文字 送り状番号※半角数字のみ使用可
05 出荷予定日 10文字 システム日付(ダウンロード時のみ)
06 お届け予定(指定)日
※項目名称変更不可
10文字 到着予定 → 登録形式:YYYY/MM/DD
例)2010/11/25

B2仕様のサンプルファイルをダウンロード(ZIP形式)

【佐川急便】
「e飛伝Ⅲ」から出力される出荷データCSV仕様とfutureshopへ取り込む際の仕様

まずはじめに、出荷CSVデータアップロード時の注意点についてを必ずご覧ください。

「e飛伝Ⅲ」の初期の文字コードは「UTF-8」ですので、「Shift JIS」に変換してアップロードしてください。

<凡例>
「登録項目」欄「〇」:必須項目
「登録項目」欄「●」:更新対象の受注データの発送ステータスを「発送済み」に更新する場合に登録

NO 項目名称(カラム名) e飛伝形式
最大文字数
登録項目 futureshop側「項目名」(仕様)
01 お問い合せ送り状No.
※項目名称変更不可
12 (半角) 送り状番号
 
03 出荷日 10 ("半角数字"/""スラッシュ") 登録形式:YYYY/MM/DD or YYYYMMDD(例 : 2021/02/01 or 20210201)
 
19 お客様管理番号
※項目名称変更不可
16 (半角) 受注No+"-"+お届け先明細No(1〜20)
例)お届け先1の場合
100000327370-1(上12桁が受注コード、下1桁が届け先明細No)

この「お客様管理番号」を元に、futureshop側の受注データと照合し、「未発送」ステータスの送り先が1つ以上ある受注コードに対して、出荷CSVに存在するお客様番号(お届け先)のデータ更新を行います。

複数お届け機能をご利用いただいている場合、 「お届け先2」以降は、届け先明細Noは「2,3...」となります。

 
70 配達日
※項目名称変更不可
10 ("半角数字""/""スラッシュ" ) お届け希望日
登録形式:YYYY/MM/DD or YYYYMMDD 例)2021/02/01 or 20210201
※お届け希望日は更新されます。(空白の場合は空白となります。)

e飛伝Ⅲ仕様のサンプルファイルをダウンロード(ZIP形式)

【佐川急便】
「e飛伝Ⅱ」から出力される出荷データCSV仕様とfutureshopへ取り込む際の仕様

まずはじめに、出荷CSVデータアップロード時の注意点についてを必ずご覧ください。

「e飛伝Ⅲ」から出力したe飛伝Ⅱ形式のCSVデータを含みます。

「e飛伝Ⅱ」から出力される出荷CSVデータの39項目以降の項目は、無視します。

「e飛伝Ⅱ」から出力されたデータを取り込む際は、CSVファイルは開かずそのままご登録ください。

<凡例>
「登録項目」欄「〇」:必須項目
「登録項目」欄「●」:更新対象の受注データの発送ステータスを「発送済み」に更新する場合に登録

NO 項目名称(カラム名) e飛伝形式
最大文字数
登録項目 futureshop側「項目名」(仕様)
01 お問合せ送り状№(「No.」は機種依存文字)
お問合せ送り状NO.
お問い合せ送り状No.
※表記はいずれでも可
※項目名称変更不可
12文字
(半角)
送り状番号
02 出荷日時 14文字
(半角)
yyyyMMddHHmmss(時刻は24時間表記 例 : 20161231235959)
yyyyMMdd(例 : 20161231)
yyyy/MM/dd(例 : 2016/12/31
 
13 お客様管理ナンバー
※項目名称変更不可
16文字
(半角)
受注コード(12桁)-届け先明細No(1桁)

この「お客様管理ナンバー」を元に、futureshop側の受注データと照合し、「未発送」ステータスの送り先が1つ以上ある受注コードに対して、出荷CSVに存在するお客様番号(お届け先)に対して「01」「38」のデータのアップロード(データ更新)を行います。
例)お届け先1の場合 →100000327370-1(上12桁が受注コード、下1桁が届け先明細No)


複数お届け機能をご利用いただいている場合、 「お届け先2」以降は、届け先明細Noは「2,3...」となります。

 
38 配達日
※項目名称変更不可
8文字
(半角)
到着予定
登録形式:YYYYMMDD 例)20101125

e飛伝Ⅱの形式でデータを作成される場合は、 「YYYYMMDD」の形式でデータ作成を行って下さい。


e飛伝Ⅱのデータの場合「20101125」のように「YYYYMMDD」で出力されたデータをfutureshop側で自動的に「YYYY/MM/DD」に変更し登録(更新)します。

e飛伝Ⅱ仕様のサンプルファイルをダウンロード(ZIP形式)

【日本郵便】
「ゆうパックプリントR」から出力される出荷データCSV仕様とfutureshopへ取り込む際の仕様

まずはじめに、出荷CSVデータアップロード時の注意点についてを必ずご覧ください。

「ゆうパックプリントR」からファイルを出力するには、フィルタ設定が必要です。
フィルタファイルは弊社サービスサイトからダウンロードできます。
フィルタファイルはこちら(ファイルを開かずゆうパックプリントに取り込んでください。)
使用方法はこちらをご覧ください。ゆうパックプリントRのフィルタ設定について

「ゆうパックプリントRから出力されたデータを取り込む際は、CSVファイルは開かずそのままご登録ください。

<凡例>
「登録項目」欄「〇」:必須項目
「登録項目」欄「●」:更新対象の受注データの発送ステータスを「発送済み」に更新する場合に登録

NO 項目名称(カラム名) ゆうパックR形式
最大文字数
登録項目 futureshop側「項目名」(仕様)
01 お客様側管理番号
※項目名称変更不可
20文字 受注コード(12桁) 届け先明細No(2桁)

この「お客様側管理番号」を元に、futureshop側の受注データと照合し、「未発送」ステータスの送り先が1つ以上ある受注コードに対して、「02:お問い合わせ番号」「03:発送日」「04:配達希望日」のデータ更新を行います。
例)お届け先1の場合 →10000032737001(上12桁が受注コード、下2桁が届け先明細No)


複数お届け機能をご利用いただいている場合、 「お届け先2」以降は、届け先明細Noは「02,03...」となります。

02 お問い合わせ番号
※項目名称変更不可
12文字 送り状番号

半角数字のみ使用可

03 発送日
※項目名称変更不可
8文字 商品発送日
登録形式:YYYYMMDD ※半角数字のみ使用可 例)20101125
04 配達希望日
※項目名称変更不可
12文字 到着予定
登録形式:YYYYMMDD ※半角数字のみ使用可 例)20101125

関連情報

設定や運用のコツ【虎の巻】