MENU

Amazonログイン&ペイメント対応 Q&A

FutureShop2の「Amazonログイン&ペイメント対応」機能についてのQ&Aです。

Amazonログイン&ペイメントについて

会員登録について

Amazonログイン&ペイメントで利用できる機能

Amazonログインと会員機能

受注情報

会員情報

その他

Amazonログイン&ペイメントについて

Amazonログイン&ペイメント導入の受付窓口は?
FutureShop2ご利用店舗様の確認を行いますので、フューチャーショップにお申し込みください。
Amazon.co.jpに出店することになるの?
いいえ。FutureShop2で運営されている自社ECサイトでのご注文手続きに、お客様がAmazon.co.jpにご登録の情報を利用できるサービスです。Amazon.co.jpへの出店とは違います。
自社ECサイトの会員情報がAmazon.co.jpに登録されますか?
いいえ。お客様がAmazon.co.jpにご登録の情報を利用して、FutureShop2で運営されている自社ECサイトへ会員登録できるサービスです。登録された会員情報は、通常のFutureShop2会員登録同様、FutureShop2管理画面でのみ閲覧できます。
自社ECサイトの集客が増えますか?Amazon.co.jpが集客してくれるのですか?
いいえ。集客サービスではありません。Amazonログイン&ペイメントを導入しても、Amazon.co.jpから送客されるわけではありません。
しかし、Amazonログイン&ペイメントを導入されることで、個人情報入力やクレジットカード情報入力の手間が省けるため、自社ECサイトに来訪したお客様が、ご注文されたり、会員登録される率(コンバージョン率)が高まる効果は期待できます。
メニューに戻る

会員登録について

Amazon.co.jpアカウントに登録されている情報の内、何が利用できますか?
Amazon.co.jpアカウントにて自社ECサイトへ会員登録する場合、「氏名」「メールアドレス」が利用できます。また、ご注文手続きと同時に会員登録を行う場合は、お届け先情報(Amazon.co.jpのアドレス帳)とクレジットカード情報(Amazon.co.jpの支払い方法)が利用できます。
Amazon.co.jpアカウントに登録されている情報をどのように利用して「ご注文と同時に会員登録」するのですか?
Amazon.co.jpアカウントから「氏名」「メールアドレス」を、Amazon.co.jpの「お届け先情報(Amazon.co.jpのアドレス帳)」のうち、先頭に登録されているものから「郵便番号・都道府県・住所・電話番号」を取得して、そのご注文の「注文者情報」を設定します。(注文者情報は訂正できます。)「注文確定」した際に、ご注文に使用した注文者情報を、そのまま会員情報として登録します。
会員登録時の入力項目の内、Amazon.co.jpアカウント情報に含まれない項目はありますか?
はい。FutureShop2管理画面の会員登録時の入力項目(構築メニュー>入力項目設定>顧客登録項目設定)で「氏名・メールアドレス1・郵便番号・都道府県・住所1・住所2・電話番号1・メルマガ受信可否」以外の項目を「使用する」設定にされた場合は、Amazon.co.jpアカウント情報に含まれず、登録時に入力されない場合があります。
会員登録時の入力項目に不足がある場合、追加で入力していただくことはできますか?
はい。マイページの「登録内容変更」で追加入力していただけます。
または、会員登録後のご注文時に「会員登録内容に不足項目があります」というメッセージとともに「登録内容変更」画面が表示され、追加情報を入力していただくことになります。
ご注文手続き画面の会員登録チェックは、「選択状態(チェックされた状態)で初期表示」されますか?
はい。ご注文手続き画面の会員登録チェックは、初期表示で選択状態です。またFutureShop2管理画面で、「非選択状態で初期表示する」設定にもできます。
会員登録ポイントは付与されますか?
はい。 Amazonログイン&ペイメントを利用して登録された会員に、会員登録ポイントを付与できます。
ただし、Amazonログイン&ペイメントを利用して、ご注文手続きと同時に会員登録を行った場合、ご注文後に会員登録ポイントが付与されます。 そのため、会員登録ポイントをご利用いただけるのは、そのお客様の2回目以降のご注文で、会員登録ポイントが「有効」となった以降のご注文でご利用いただけます。
詳しくは、「Amazonログインと会員機能」「ポイント機能」をご覧ください。 ※上記「ポイント」はFutureShop2のポイント機能によって付与されたものを指します。「Amazonポイント」のことではありません。
メニューに戻る

Amazonログイン&ペイメントで利用できる機能

「Amazonログイン&ペイメント対応機能」の利用を開始すると、注文画面はどうなりますか?
Amazon.co.jpに登録されている「お届け先情報」と「クレジットカード情報」が利用できる「ご注文手続き」画面が、自社ECサイトで利用できるようになります。 また、FutureShop2の通常のご注文フォームも利用いただけます。「通常のご注文フォーム」とは「Amazonログイン&ペイメント対応機能」ではない、FutureShop2に標準搭載の「お客様情報入力」「お届け先入力」「お支払い方法選択」「注文確認」画面のことです。 詳しくは、ショッピングカートをご覧ください。

FutureShop2のショッピングカートに「このサイトでお支払い」と「Amazonアカウントでお支払い」の2つのボタンが表示されます。
「このサイトでお支払い」ボタンは、FutureShop2の通常のご注文フォームに遷移します。FutureShop2の各種機能がご利用いただけます。
「Amazonアカウントでお支払い」ボタンは、「Amazonログイン&ペイメント対応」用の「ご注文手続き」画面に遷移します。どちらのボタンでも、自社ECサイト内でご注文が完了します。
Amazonログイン&ペイメントで利用出来る決済方法は何ですか?
Amazon.co.jpにご登録のクレジットカードのみご利用いただけます。
Amazonログイン&ペイメントで「代引き」は利用できますか?
いいえ。現在のところ、Amazonログイン&ペイメントの機能として提供されていないため、利用できません。 「代引き」をご利用される場合は、通常のご注文フォームをご利用いただくことになります。
Amazonログインで、通常のご注文フォームを利用できますか?
はい。クレジットカード以外の決済をご利用いただく場合は、Amazonログインした上で通常のご注文フォームをご利用いただくことで、代引きや銀行振込など、自社ECサイトで利用設定されている各種決済をご利用いただけます。
Amazonログイン&ペイメントで予約販売商品を注文できますか?
いいえ。 「Amazonログイン&ペイメント対応」では予約販売機能はご利用いただけません。 通常のご注文フォームでご注文いただくことになります。
Amazonログイン&ペイメントで定期販売・頒布会販売できますか?
いいえ。「Amazonログイン&ペイメント対応」では定期・頒布会販売機能はご利用いただけません。
Amazonログインした上で、通常の「定期販売・頒布会販売カート」をご利用いただけます。
Amazonログイン&ペイメントを利用した注文で、複数お届け先機能は使えますか?
いいえ。「Amazonログイン&ペイメント対応」では複数お届け先機能はご利用いただけません。
Amazonログインした上で、通常のご注文フォームで複数お届け先機能をご利用いただけます。
Amazonログイン&ペイメントを利用した注文で、ポイントやクーポンは利用できますか?
はい。ポイント(購入ポイント付与・ポイント値引き)、クーポン(値引き・割引き・送料無料)に対応しています。
ただし、Amazonログイン&ペイメントを利用して「注文と同時に会員登録する」場合は、注文完了直後に会員となりますので、クーポンが利用でき、購入ポイントが付与されるのは、2回目以降のご注文時になります。
また、会員登録ポイントは「有効」となった以降のご注文でご利用いただけます。
詳しくは、「Amazonログインと会員機能」「ポイント機能」「クーポン発行機能」をご覧ください。 ※上記「ポイント」はFutureShop2のポイント機能によって付与されたものを指します。「Amazonポイント」のことではありません。また「クーポン」はFutureShop2のクーポン発行機能によって付与されたものを指します。
Amazonログイン&ペイメントを利用した注文の場合、配送はどうなりますか?
Amazonログイン&ペイメント対応は、会員登録とご注文に関する機能です。配送サービスではありません。
通常どおりの配送を行ってください。FutureShop2で通常のお支払い方法(Amazonログイン&ペイメントではない場合)と同じ配送・送料設定が適用されます。
例えば、一定のご購入金額以上で送料無料にしていただくこともできます。
お客様は、Amazonログイン&ペイメントを利用した注文時に、新しいお届け先を追加できますか?
はい。ご注文手続き画面にて、お届け先を追加することができます。ご注文手続き画面に表示される、Amazon.co.jpにご登録の「お届け先」情報部分から「新規追加」ができます。(Amazon.co.jpに追加登録されます。なお、Amazonログイン&ペイメントの「お届け先」情報を、会員の「アドレス帳」に追加することはできません。)
Amazonログイン&ペイメントで利用するご注文手続き画面に、自社ECサイトにあわせたデザインができますか?
はい。FutureShop2で稼働するショッピングカートや通常のご注文フォームと同様、ヘッダエリア/フッタエリア/左右メニューエリアや、上部下部コメントパターンやオリジナルCSSなどの、各種デザイン機能をご利用いただけます。HTMLタグが利用できるコメント欄もご用意しています。
メニューに戻る

Amazonログインと会員機能

Amazonログインで、ポイントやクーポン、マイページなどの自社ECサイトの会員機能を利用するにはどうしたらいいですか?
大まかには以下の3つの方法があります。
  1. Amazonログイン&ペイメントを利用して、Amazonログインした後に、ご注文と同時に会員登録していただく
  2. Amazonログインした上で、自社ECサイトの会員登録をしていただく
  3. 自社ECサイトにログインした上で、ご注文時にAmazonログインしていただく
これらの方法を行うと、自社ECサイトの会員情報にAmazonアカウントを連携した状態(Amazon連携済み会員)になります。Amazon連携済み会員ならば、AmazonログインだけでFutureShop2にログインした状態となり、会員機能を利用できます。
※上記「ポイント」はFutureShop2のポイント機能によって付与されたものを指します。「Amazonポイント」のことではありません。また「クーポン」はFutureShop2のクーポン発行機能によって付与されたものを指します。詳しくは、「ポイント機能」「クーポン発行機能」をご覧ください。
自社ECサイトに既にご登録いただいている会員に、Amazonログイン&ペイメントをご利用いただくことはできますか?
はい。次の2つの方法があります。
まず、自社ECサイトに登録したメールアドレスとパスワードで会員ログインした状態で、ショッピングカートにて「Amazonアカウントでお支払い」を選ぶ方法があります。
または、会員ログインしていない状態で、ショッピングカートにて「Amazonアカウントでお支払い」を選んだ後に、Amazonアカウントでログインし、その後、自社ECサイトに登録したメールアドレスとパスワードでログインしていただく方法があります。

「Amazonアカウント」と「既に登録している自社ECサイト」の両方にログインしていただければ、Amazonにご登録のお届け先情報とクレジットカード情報をご利用し、かつ、それまでに付与されたポイントやクーポンを利用してご注文いただくことができます。
なお、1度Amazonアカウントと自社ECサイトの両方にログインすれば、次回からはAmazonアカウントのみでログインでき、Amazonログイン&ペイメントをご利用いただけます。
※上記「ポイント」はFutureShop2のポイント機能によって付与されたものを指します。「Amazonポイント」のことではありません。また「クーポン」はFutureShop2のクーポン発行機能によって付与されたものを指します。詳しくは、「ポイント機能」「クーポン発行機能」をご覧ください。
自社ECサイトでの会員登録時に、Amazonログイン&ペイメントをご利用いただくことはできますか?
はい。Amazonアカウントの氏名とEメールアドレスを利用して会員登録していただけます。
Amazonログインで、マイページの利用やクーポンの取得はできますか?
はい。 「Amazonアカウントでログインする」ボタンから、Amazonアカウントで自社ECサイトにログインできます。マイページの各機能をご利用いただけますし、クーポン情報一覧から、クーポンを取得することもできます。
※上記「クーポン」はFutureShop2のクーポン発行機能によって付与されたものを指します。詳しくは、「クーポン発行機能」をご覧ください。
Amazonログイン&ペイメントで会員登録せずにご注文いただくことはできますか?
はい。会員登録せずに購入できます。
Amazonログイン&ペイメントでのご購入時に、会員登録を促すことはできますか?
はい。ご注文手続き画面の会員登録チェックボックス近くにHTMLタグも使用できる「会員登録説明コメント」「メールマガジン購読説明コメント」欄がありますので、会員登録のメリット・メールマガジン購読メリットを訴求できます。
また「購入するには会員登録が必要」にする設定も可能です。
自社ECサイトで、Amazonログイン&ペイメント対応機能を解約または「利用しない」設定にした場合、会員はログインできますか?
いいえ。Amazonログインができなくなりますので、自社ECサイトのログインフォームを利用していただくことになります。 会員が過去一度もパスワードを登録したことがない場合(Amazonログイン&ペイメントを利用して会員登録した場合)は、パスワードを発行する必要があります。 パスワードは「パスワードをお忘れの場合」画面より発行手続きができます。
メニューに戻る

受注情報

FutureShop2受注データはどのようになりますか?
FutureShop2管理画面の「受注管理」で、通常の受注同様に処理できます。決済種別でAmazonペイメントが利用された注文を検索できます。(決済表示名は管理画面より変更できます。)
FuureShop2管理画面の「受注管理」で、決済方法を変更することはできますか?
はい。変更いただけます。ただし、一度変更したら、再びAmazonペイメントに戻すことはできません。
売上の管理は、F-REGI管理画面から行えますか?
いいえ。 Amazonログイン&ペイメントは、F-REGIオプションとは別のサービスです。 Amazonログイン&ペイメントの売上は、F-REGIとは別の管理になります。
注文後の売上処理はどの画面で行えばいいですか?
注文後の売上処理などは、「Amazonセラーセントラル」にて行っていただけます。詳しくはAmazonジャパンとの利用開始手続き時にご確認ください。また、「自動連携機能」をご利用いただければ、FutureShop2管理画面から「売上請求処理」「取消処理」を行えるようになります。(※なお、注文から30日を超えた場合、FutureShop2管理画面から売上請求処理は行えません。)
「Amazonセラーセントラル」で売上請求処理が完了したら、FutureShop2管理画面の受注管理でも自動的に「入金済み」になりますか?
はい。「通知機能」がございますので、Amazonセラーセントラルから入金状況をFutureShop2管理画面へ反映できます。(設定が必要です。)
FutureShop2管理画面から「Amazonセラーセントラル」の売上請求処理や取消処理はできますか?
はい。「自動連携機能」をご利用ください。「Amazonセラーセントラル」とFutureShop2管理画面を自動連携させ、「売上請求処理」「取消処理」を行えます。(※なお、注文から30日を超えた場合、FutureShop2管理画面から売上請求処理は行えません。)
受注管理システムを利用している場合、Amazonログイン&ペイメントを利用した受注データも取り込めますか?
受注情報のデータ形式は同じで、決済種別がAmazonペイメントとなっています。(任意の名称に変更可能です。)
決済種別によって、データ取込が制限されるかどうかなどは、ご利用の受注管理システム提供会社にお問い合わせください。
メニューに戻る

会員情報

Amazonログイン&ペイメントを利用して登録された会員を検索できますか?
はい。FutureShop2管理画面の「会員検索」で、Amazonログインしている会員(Amazon連携済み会員)を検索できます。

また、会員検索結果画面よりダウンロードできる「会員データ出力ファイル」にて「AmazonID連携日時」を出力できます。 「AmazonID連携日時」は会員がAmazonログインを利用して注文または会員登録した日時になります。 「登録日時」と「AmazonID連携日時」が同じ日時であれば、「Amazonログイン&ペイメントを利用して会員登録した会員」ということになります。
Amazonログイン&ペイメントを利用した会員のみにメールマガジンを送付したり、クーポンを付与したりできますか?
はい。 会員検索からAmazonログインしている会員(Amazon連携済み会員)を検索し、「メールマガジン配信用ファイル」をダウンロードすれば、「CSVファイルを利用してメールマガジン発行」機能でメールマガジンを送付できますし、「クーポン付与CSVデータ登録」機能を利用することで特定会員クーポンを付与できます。(「メールマガジン配信用ファイル」は「クーポン付与CSVデータ登録」にそのまま使用できます。)
※上記「クーポン」はFutureShop2のクーポン発行機能によって付与されたものを指します。詳しくは、「クーポン発行機能」をご覧ください。
メニューに戻る

その他

モバイル(ガラケー・携帯電話)サイトでも「Amazonログイン&ペイメント」を利用できますか?
いいえ。PCサイト、スマートフォンサイトでのご利用となります。
FutureShop2Xを利用して運営している店舗でも「Amazonログイン&ペイメント」を利用できますか?
はい。ご利用いただけます。
FutureShop2 OVERSEASを利用して運営している店舗でも「Amazonログイン&ペイメント」を利用できますか?
いいえ。現在のところ、「FutureShop2 OVERSEAS」ではご利用いただけません。
FutureShop2を個人名義で契約しているのですが、Amazonログイン&ペイメントに申込はできますか?
Amazonジャパンに問合せをしたところ、個人名義ではご利用いただけないとのことです。
「Amazon.co.jp」ではなく「Amazon.com」のアカウントで利用できますか?
いいえ。現在のところ、「Amazon.co.jp」のみになります。
Amazon.co.jpの以外のアカウントでは、ご注文手続き画面でエラーとなり「申し訳ございません、AmazonペイメントではAmazon.co.jpアカウントのみご利用可能です。」と表示されます。
メニューに戻る
©2014 FutureShop All Rights reserved.