オンライン説明会2:パーツで出来ること

パーツで出来る自由なデザイン

commerce creator(コマースクリエイター)は、「パーツ」単位で管理ができ、それぞれのパーツが独立して存在しているので、デザインカンプ案で描いた思い通りのECサイトデザインを実現していただけます。さらには更新時の効率も高まりますので、業務のスピードアップにもお役立ていただけます。

パーツ:イメージどおりのデザインを。レイアウトの自由度を高める

パーツの表示条件:訪問者や商品属性に合わせて変化。

修正が大変だった商品情報エリア。その管理方法を効率化。

フリーエリアの共通部分は、修正1回で全ページ更新完了。

フリーエリアの「共通要素」は、パーツ化で試行錯誤をしやすく。

補足:フリーエリアの共通要素「独自コメント」の作成について

ご案内
※すでにコマースクリエイターのアカウントをお持ちの方への動画です。
まだアカウントをお持ちでない方は、次の動画にお進みください。

「独自コメント」をパーツとして作成する方法について。

補足:「独自コメント」をフリーパーツとして作る場合の活用イメージ

ご案内
※すでにコマースクリエイターのアカウントをお持ちの方への動画です。
まだアカウントをお持ちでない方は、次の動画にお進みください。

「独自コメントパーツ」を用意せず、置換文字でフリーパーツとして「独自コメント」を作成できるようにしている意味と活用イメージについて。

現状のショップから、ひとまず商品情報を移行させる場合

画像ホスティングの画像一括登録がカンタンに。通常画像も5枚に!

中間まとめ:パーツで出来ること・パーツにする意味合い

続きはこちら