キャンセル
検索
導入前のご相談(平日9:30~18:00) 06-6485-5330
運用サポート:06-6485-6485 (平日10:00~17:30)

お知らせ

ニュース 2019.03.19
消費税率10%への引き上げ・軽減税率の導入にシステム対応いたします

ここで説明するfutureshopシリーズとは、futureshop(commerce creatorのご利用有無に限らず、すべてのfutureshopを指します)、futureshop omni-channel、また、futureshop overseasです。

いつもfutureshopシリーズをご利用いただき、ありがとうございます。

今年、2019年10月1日から実施される消費税率10%への引き上げや軽減税率の導入について、futureshopシリーズも9月実施予定のバージョンアップにて対応いたしますので、安心してご利用ください。

SaaS型プラットフォームの特性を活かし、ショップ様で新たに機能追加開発する必要なく、バージョンアップ後に商品への税率設定を行うだけで対応が完了します。また、futureshop、futureshop omni-channelでは消費税率10%への移行補助機能も開発を進めています。

消費税の軽減税率制度の説明は、国税庁内にある下記ページをご確認ください。

消費税の軽減税率制度について

軽減税率制度実施を受け、フューチャーショップでは下記の対応を行います。今回のバージョンアップにより、2023年10月まで予定されている消費税関連への対応はすべて完了いたします。(2019年3月15日時点の情報に基づきます)

  • futureshop、futureshop omni-channelで標準税率対象商品・軽減税率対象商品の同時購入時に正しく消費税計算が行えます。
  • futureshop overseasでは、現在販売されている商品状況を確認し、ショップ全体で標準税率か軽減税率を選び、設定することができます。
  • 消費税の税額計算の方法を変更します。具体的には、税率ごと取引総額からの「割戻し計算」に対応します。
  • futureshop、futureshop omni-channelでは、納品書出力を適格請求書等保存方式に対応します。これは、2019年10月1日〜2023年9月30日の「帳簿及び請求書等の記載と保存」にも対応しています。そのため、軽減税率の対象品目の売上げや仕入れ(経費)がある事業者様は、仕入税額控除の要件を満たします。

また、2023年10月1日に導入される「適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)の導入」にも対応しています。2021年10月1日から「適格請求書発行事業者の登録申請」が始まりますので、税務署に申請のうえ取得した登録番号を納品書に記載できます。

futureshopシリーズの軽減税率対応に関する次回のお知らせは、5月を目処に行います。

futureshop説明会

説明会の内容や、開催日程については詳細ページでご案内しております。「説明会のご案内」ボタンからご確認ください。
場所や日程が合わない場合は、SkypeやGoogleハングアウトにて個別にご相談いただけます。


直近の開催日程

東京
2019年05月14日 14:00~16:00
東京
2019年05月28日 14:00~16:00
大阪
2019年05月14日 14:00~16:00
大阪
2019年05月21日 14:00~16:00

お問い合わせ先

導入前のご質問から、運用中のサポートまで、フューチャーショップにお任せください。ご相談はいつでも無料です!

導入前のご相談はこちら

06-6485-5330 平日9:30~18:00

運用中のサポートはこちら

06-6485-6485 平日10:00~17:30

メールフォームはこちら