MENU

  • ショッピングカートはFutureShop2
  • お知らせ
  • フューチャーショップ、CRM/マーケティングオートメーションシステム「カスタマーリングス」との連携を強化。 ~LINEを活用した1to1のメッセージ配信をより効果的に~

お知らせ

プレスリリース 2017.10.31 フューチャーショップ、CRM/マーケティングオートメーションシステム「カスタマーリングス」との連携を強化。
~LINEを活用した1to1のメッセージ配信をより効果的に~

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
報道関係各位
プレスリリース 2017年10月31日
株式会社フューチャーショップ

フューチャーショップ、CRM/マーケティングオートメーションシステム「カスタマーリングス」との連携を強化。
~LINEを活用した1to1のメッセージ配信をより効果的に~

株式会社フューチャーショップ(以下、フューチャーショップ)が提供する、Eコマースプラットフォーム「FutureShop2」は、株式会社プラスアルファ・コンサルティング(以下、プラスアルファ・コンサルティング)が提供する、分析型CRM/マーケティングオートメーションシステム「カスタマーリングス」との連携機能を強化し、LINEを活用したCRM機能を拡充。10月31日より提供を開始いたしました。

これまでLINEを活用したCRMの一番の課題は、LINEビジネスコネクトによるメッセージ配信機能を提供するシステムが増加している一方、自社のLINE公式アカウント、あるいはLINE@アカウントのユーザと、自社会員のコネクト率(紐づけされるユーザ数)が上がらないことでした。LINEを活用した1to1のCRMを実現するためには、それぞれのシステムで自社EC会員にアカウント連携をしてもらう、といった手間が必要なため、配信可能な対象顧客数の増加が難しく、結果、効果的にLINEを活用したCRMについて各社頭を悩ませているのが現状でした。

今回実施した連携強化で、LINE@の認定開発パートナーであるFutureShop2がすでに実装しているLINEログインにより、FutureShop2をご利用中の店舗はLINEアカウントと自社EC会員のIDがコネクトされた状態でカスタマーリングスとの連携を実現します。また、FutureShop2ではアカウント連携時にインセンティブとしてポイント自動付与設定ができるため、連携の心理的なハードルを下げ、さらなる対象顧客数の増加が期待できます。

連携後は、カスタマーリングスが得意とする顧客情報や、購買実績を活かした顧客セグメントと組み合わせ、LINE上での1to1のCRMを効果的に実践できます。また、メール、郵送DM、SMS、アプリといった様々なメッセージチャネルと組み合わせた、顧客との接点強化を実現。チャネルを統合したCRM環境を構築でき、自社が提供可能な価値をより多くのお客様に、より効果的に届けることが可能です。

プラスアルファイメージ

本機能に関しては、2017年11月8日(水)~2017年11月10日(金)に幕張メッセで開催される「Web&デジタルマーケティングEXPO」のフューチャーショップのブース(9-17)内においてのミニセミナーにてご紹介いたします。

また、今回の連携に当たりカスタマーリングスを提供するプラスアルファ・コンサルティング様より、以下のようなコメントを頂戴しております。

 2012年9月の連係開始以降、多くのEC事業者様のご支援をご一緒してまいりました。当時は、【メール配信の効率化】がテーマでしたが、マーケティングオートメーションの普及により、メール配信に限らない【業務全体の効率化】であったり、スマートフォンの普及に伴う生活者のライフスタイルの変化に合わせた【顧客接点の強化/最適化】といったテーマの注目が高まっていると感じています。

こうした中で、LINEを活用したCRMの実践を開始されるのは自然の流れだと言えますが、実際はシステム面、運用面での課題が山積しており導入がなかなか進まない現状があります。特に、カスタマーリングスご利用企業様にとって大きな課題は、「自社の顧客IDとLINEのUserIDの紐づけ」のハードルが高いことで、配信対象者が増えないことにありました。

今回の連係は、この「IDの紐づけ問題」をLINEの認定開発パートナーでもありノウハウも豊富なフューチャーショップ様のお力をお借りする形で解消し、これまでのメール中心の顧客育成シナリオから、あらゆるチャネルを駆使したシナリオへと高度化することが可能となり、EC事業者様のCRM(顧客関係構築)をより効果的に実践出来るものと考えております。

株式会社プラスアルファ・コンサルティング
執行役員 カスタマーリングス事業部 副事業部長 山崎 雄司様

関連情報

●FutureShop2のLINE連携オプション
https://www.future-shop.jp/function/customer/lineofficialwebapp.html

●Web&デジタルマーケティングEXPO 秋 ブース内セミナースケジュール
https://www.future-shop.jp/news/2017/10/27.html

Eコマースプラットフォーム【FutureShop2】について

フューチャーショップが提供するFutureShop2(https://www.future-shop.jp/)シリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するEコマースプラットフォームです。 国内向け「FutureShop2」はロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有しています。オムニチャネル対応には実店舗とECの顧客統合を行い、さらにきめ細やかなデジタルマーケティングを目的とした、O2Oを実践するポイント統合、実店舗在庫表示機能も備えた「FutureShop2X」がご利用いただけます。 越境EC・インバウンド対応時には同じオペレーションの「FutureShop2 OVERSEAS」をご利用頂けます。 また、プラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れています。"売上を創るEコマースプラットフォーム"を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、EC事業者の「やりたいこと」にとことん、応えます。

【カスタマーリングス】について

「カスタマーリングス」は、インターネットを通じてソフトを貸出すクラウドサービス形式で提供し月額9.8万円(税別。初期費別途)から利用できます。 企業ごとに異なる顧客データの各種レイアウトにも柔軟に対応でき、また専門性を要しない操作性を実現することで、従来のCRMシステムなどの導入で頻繁に見られる、システム設計やカスタマイズなどの導入負荷を大幅に軽減しています。 この柔軟なデータ連携機能を生かし、各種マーケティングツールとの連携を強化することで、マーケティング部門の現場だけで短期間で導入・運用が可能なマーケティングプラットフォームとして、今後も通販企業を中心に1年間で100社の導入を目指していきます。

フューチャーショップ 会社概要

社名 株式会社フューチャーショップ Future Shop Co.,Ltd.
所在地 〒530-0011大阪市北区大深町4番20号グランフロント大阪 タワーA 24階
資本金 1億円
代表者 代表取締役 星野 裕子
従業員 47名(2017年8月現在)
設立 2010年3月 (株式会社フューチャースピリッツより分社)
事業内容 電子商取引(Eコマース)支援サービスの提供、EC構築・運営ASP「FutureShop2」企画・運営・開発
コーポレート
サイトURL
https://www.future-shop.jp/corporate/
サービス
サイトURL
https://www.future-shop.jp/

関連リリース

●LINE ビジネスコネクトを活用した1to1メッセージ配信機能の提供を開始 ~LINEをCRMのインフラとして活用し、顧客接点の大幅強化を実現~(プラスアルファ・コンサルティング)
http://www.pa-consul.co.jp/cr/information.php?id=296

●フューチャーショップがLINEの「Official Web App」と連携。ECサイトの会員に、クーポンやメッセージをLINEにてセグメント配信できるオプションサービスをリリース。(フューチャーショップ)
※機能名は当時のプレスリリース時点の物を記載しています。現在は「LINE連携オプション」という機能名です。
https://www.future-shop.jp/news/2016/08/22.html

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社フューチャーショップ
担当 野間
本社 〒530-0011 大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 タワーA 24階
TEL 06-6485-5200 / FAX:06-6485-5500
e-mail

本サービスに関するお問い合わせ先

株式会社フューチャーショップ
担当 フューチャーショップサポート
本社 〒530-0011 大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 タワーA 24階
TEL 06-6485-6485
©2014 FutureShop All Rights reserved.