定期購入・頒布会オプション

こちらのページでは、commerce creatorをご利用にならない場合のfutureshopの機能や料金を掲載しています。

SUBSCRIPTIONS リピーターを増やし、お客様との接触機会を増やす定期・頒布会オプション

定期的に商品をお届け。リピーター増加で売上を安定化

優良顧客化
優良顧客化とは
詳しくはこちら>

通常販売商品だけでなく、定期販売(同じ商品を定期販売)や頒布会販売(違う商品を定期販売)商品を設定。先の注文までお申し込みいただくことで、売上を安定化することができます。

頒布会ページ 表示例

お客様と定期的に接触できるEC戦略

雑誌にクーポン券を開催する。クーポン券を印刷し商品に同梱する。

定期的に商品をお届けするため、お客様の接触回数を増やすことができます。
例えば商品配送時に新規商品や売れ筋商品をご紹介する印刷物やクーポンを印刷したものを同梱するなどの施策を実行すれば、お客様は開梱時に自然と目にすることになります。こうした接触機会を活かすことで、さらなる売上につなげることが可能となります。
※定期・頒布会商品には、クーポン割引は利用できません

安定した売上やリピーターを促進する定期販売

同じ商品を決められた期間ごとにお届けする定期販売。「お買い忘れ」を防げますので、お客様もお店もうれしい販売方法です。
継続利用され、次の購入サイクルが予測しやすい商品、たとえばスキンケア・ベースメイクなどのコスメ、健康食品やサプリメント、詰め替えを使うヘアケアなど、または、定期的に需要が見込める商品、たとえばお米や調味料、コーヒー・紅茶・ミネラルウォーター等の食品・飲料などに適しています。
定期販売専用のショッピングカートですので、購入者がお届け日を指定し、申込いただけます。 リピーター促進としても、長期購入をお約束いただける定期販売は有効な販売方法です。

毎回同じ商品をお届けする定期販売

通常販売と定期販売の併売ページで、定期販売へ誘導

「定期購入お申込みのお客様ポイント10倍」のバナー制作例

たとえば、使用量の目安が分かるコスメ商材は、継続購入をおすすめするためにも通常販売と定期販売を併用する施策が有効です。
通常販売で効果を実感していただいた後は、「おトク」な価格設定の定期販売に誘導することで、長期利用をおすすめできます。

毎月違う商品をセレクトしてお届けできる頒布会販売

優良顧客化
優良顧客化とは
詳しくはこちら>

お店のこだわりでセレクトした商品を、毎月お届けする頒布会販売。
季節のお花をアレンジしてお届けしたり、季節ごとに旬の素材を使ったスイーツ、鍋の材料、お惣菜などの食品、お米またはワインや地酒をセレクトして毎月お届けしたり、アパレル・ファッション・雑貨などを色違い・柄違いで定期的にお届けするなど、お店のセンスで色々な商品を作ることができます。単品の販売ではなく、「セレクトされた」いくつかの商品を見ていただくことによって、お店が「商材のプロ」であるということを訴求でき、顧客からのロイヤルティ獲得、お店のファンである優良な顧客を育てることにつながります。

毎回違う商品をお届けする定期販売

「初回は特別価格」「最終回感謝価格」ができる初回・通常・最終回価格設定

「定期・頒布会販売では、通常回の販売価格と「初回」および「最終回」の販売価格を変更することができます。お客様の購入意欲を後押しする「初回限定価格」や、購入を継続していただくための「最終回感謝価格」を設定することができます。販売価格欄の上部にHTMLタグが使用できるコメント欄がありますので、特別価格をアピールできます。
「初回」や「最終回」の価格を抑えた場合に「1回あたり金額」を計算することで、単品購入よりお得であるというアピールができます。

初回特別価格+最終特別価格 表示例、10%割引+最終特典プレゼントつきの表示例

定期機能サイクル設定

定期サイクル設定で、定期商品の発送を柔軟に設定可能

定期商品のお届け回数やお届け間隔日数などは「定期サイクル」で設定していただけます。商品に設定された定期サイクル内で、購入者がお届け回数や頻度を選択できます。また、ショップ側で指定することもできます。
あらかじめ定期サイクルを作成し、定期販売を行いたい商品に設定することで定期販売コースを作成できます。設定できる項目の概要は、下記の表をご覧ください。

設定項目 概要
申込コース

下記の3つから1つ選んで設定していただけます。コースを選んだ後は、()内から設定することができます。ショップ様が指定することも、購入者が複数の選択肢から1つ選択していただくことも可能です。

  • お届け月コース(3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月)
  • お届け回数コース(3回、6回、12回、24回)
  • 期限無コース
お届けサイクル

まずは、お届け月の間隔(1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月)を設定していただきます。下記の2つからサイクルを1つ選んで設定していただけます。
お届け月の間隔やサイクルは()内から選択することができます。ショップ様が指定することも、購入者が複数の選択肢から1つ選択していただくことも可能です。

  • 購入者によるサイクル指定(日付指定、曜日指定、サイクル(お届け間隔日数))
  • 店舗によるサイクル固定(日付指定、曜日指定)

申込コースイメージ

店舗さま側でコース選択が可能 お客さま側でのコース/回数選択が可能 「期限あり・お届け月コース」「期限あり・お届け回数コース」「期限なしコース」

お届けサイクルイメージ

店舗さま側でサイクルの設定が可能,お客さま側でサイクル指定が可能,「毎月一日(日付指定)」「毎月第一土曜(曜日指定)」「15日おき(サイクル指定)」

「2ヶ月または3ヶ月に1回」など、月をまたいだお届けサイクルが設定できます

「日付指定」または「曜日指定」の場合、「2ヶ月」または「3ヶ月」に1回お届けするという設定が可能になりました。「紙おむつ」や「ひげ剃り」「電動歯ブラシの替えブラシ」など、まとめ買いし、ストックできる商品にもご利用いただけます。
※下記の場合は、お届け先サイクルを「2ヶ月」または「3ヶ月」に設定できません。

  • 申込コースに「お届け月コース」を設定している場合
  • お届けサイクルが「購入者によるサイクル指定」で、かつ、「月2回指定可」にする場合
  • 申込コースが「お届け回数コース」で、お届けサイクルに「購入者によるお届け間隔日数を指定(サイクル指定)」する場合

複数種類の定期商品が同時に申し込み可能になりました

これまでの定期販売機能では、1種類の定期商品のお申し込みしかできませんでしたが、複数種類の定期商品を同時に申し込めるようになりました。「定期商品のみの組み合わせ」かつ、「同じ定期機能サイクル設定の組み合わせ」の場合、購入者は同時にお申し込みいただけます。
※また、カート内商品が下記の場合、同時にお申し込みできません。

  • 「通常商品」と「定期商品」または「頒布会商品」
  • 「定期商品」と「頒布会商品」

「通常商品」と「定期・頒布会商品」の場合は、カート画面をそれぞれ切り替え、決済を完了していただく必要があります。

定期サイクル設定は、複数作成できます

定期サイクルは複数作成可能。それぞれに名前や概要を設定できます。設定した内容は、購入者向けに商品ページに表示されます。配送頻度別にコースを複数作成し、購入者のご希望を伺うなど、商品販売戦略の幅が広がります。

会員マイページから次回お届け希望日をスキップできます

これまでショップ様の管理画面しか操作できなかった、次回お届け希望日のスキップが会員専用のマイページから、操作できるようになりました。従来どおり、マイページから購入者が操作できないようにする設定も可能です。

  • 次回お届けのお休み(スキップ)
  • 上記スキップの解除(スキップ解除)

購入者によるマイページ経由での操作は、受注確定日の前日まで操作いただけます。また、購入者によりスキップ・スキップ解除された際には、管理画面に操作ログが残り、かつ、購入者と管理者にメールにて通知されます。

頒布会機能サイクル設定

お届け商品・回数設定(頒布会)

頒布会販売では、「お届け商品・回数設定」でお届け商品を最低3商品、最大12商品まで設定できます。

サイクル設定(頒布会)

頒布会販売では、お届けサイクルを「購入者によるサイクル指定」「店舗によるサイクル固定」のいずれかを選択いただけます。
その後、「日付指定」もしくは「曜日指定」の設定を行うことができます。

定期購入・頒布会オプション注意事項

  • 定期購入・頒布会販売では、購入ポイントは付与されますが、ポイント値引きは利用できません
  • 定期購入・頒布会販売では、クーポンは利用できません
  • 定期商品、頒布会商品はバンドル販売の対象にすることはできません
  • 定期購入・頒布会販売では、予約販売できません
  • 定期購入・頒布会販売では、予定在庫機能をご利用できません

クレジットカードの有効期限切れ対策

定期購入・頒布会にてクレジットカード決済オプションを利用される場合は、 決済サービス側でクレジットカードの有効期限切れや番号変更の対応業務を効率化する「洗替処理」を行っているため、定期販売継続中に購入者のクレジットカードの有効期限切れなどを事前に防ぎます。

また、会員マイページより、会員がクレジットカード番号を変更することもできます。変更時、会員と(店舗)管理者にクレジットカード番号変更完了メールを自動送信することができます。

※ 洗替処理は全てのカードに対して完全な更新がされるものではありません。洗替処理が成功したカードでも、カードの利用状況によって承認処理に失敗するケースがありますので、予めご了承ください。

定期販売・頒布会販売を盛り上げる販売方法

定期・頒布会商品に「クーポンコード」を同梱。通常販売商品の拡販につなげる

クーポンURLのQRコードが発行される

何度も商品配送がある定期・頒布会を活かして、お客様が必ず目にする「商品の梱包」に、印刷したクーポンを同梱しておきます。futureshopのクーポン機能では、クーポン取得にクーポンコードが必要な「シークレットクーポン」を発行できます。さらに、クーポンの取得用QRコードが出力されます。商品に同梱するチラシにクーポン取得用QRコードとクーポンコードを印刷しておけば、定期・頒布会商品ご購入者だけの「特典」となります。クーポンによる割引があることで、通常商品の拡販につなげることができます。
※定期・頒布会商品には、クーポン割引は利用できません

新商品や人気で入荷が少ない商品を優先的に定期・頒布会販売

確実にとどけてもらうメリット

あらかじめお申込みをいただく販売形式ですので、これから入荷する新商品や、人気で入荷量が少ない商品などを定期・頒布会販売することもできます。お客様にとっては確実に届けてもらえるメリットがあり、店舗にとっては仕入れ数を予め計算できるメリットがあります。
たとえば、旬の高級食材をセレクトしたり、とれたての果物を毎月お届けする頒布会などにご利用いただけます。

初回を「サンプル商品」にした定期購入商品をご用意する

初回サンプル品お届け

初回価格設定機能を利用して、定期販売の「初回」に、価格を抑えたり量を少なくしたサンプル商品をお届けします。2回目以降のお届けは通常の商品をお届けします。初回のサンプル商品を受け取られたお客様から、キャンセルというご連絡があった場合は、途中で「申込取消」ができます。

定期・頒布会だけのメリットをつける。ポイント付与率アップ、送料無料、商品の増量

通常販売商品との差を付け定期・頒布会だけのメリットに

定期・頒布会をもりあげるために、通常販売商品との差をつける方法があります。例えば、単品販売と別に商品を登録することで、購入ポイントの付与率に差をつけられます。また、定期・頒布会販売だけは送料無料としたり、商品そのものを増量するという方法も考えられます。

定期購入・頒布会機能

お届けの「スキップ」や「申込停止」、お届けサイクル、
単価・数量等の変更
定期・頒布会申込用の管理画面で、お届け回を指定しての「お届けスキップ」や、「申込停止(キャンセル)」ができます。(受注確定前であれば、「スキップの解除」や「申込復活」ができます。)また、お届けサイクル、お届けする商品の「単価・数量・付与ポイント数・送料」等、申込データの編集ができます。
定期・頒布会申込受付メール 定期購入・頒布会申込時に、お客様へお申込内容を自動で返信します。
定期・頒布会商品マーク 定期・頒布会商品は、商品一覧や商品詳細ページに「定期販売」「頒布会販売」マークが表示されます。マーク画像は店舗独自の画像に変更できます。
通常販売併売時在庫 通常商品(1回きりの購入商品)を、定期購入することもできる商品として設定した場合、在庫を一括で管理できます。
定期・頒布会機能の基本設定 初回のお届け日までの日数、受注データの作成をお届け日の何日前にするかを設定できます。
会員による次回お届け希望日の
「スキップ」・「スキップの解除」
次回のお届け希望日を会員のマイページからスキップ、もしくはスキップしたお届け希望日を解除することが可能です。操作可否をショップ側で設定できます。会員は、受注確定日の前日まで操作可能です。
定期申込データ一括更新 定期商品は商品情報を変更可能です。管理画面から条件を絞り込み検索し、更新していただけます。