運用サポート(平日10:00~17:30) 06-6485-6485
コマースクリエイター無効コマースクリエイター有効コマースクリエイター運用中?

消費税変更の手順(futureshop, futureshop omni-channel)

×

マニュアル閲覧上の注意

店舗の状態にあわせて、上のボタンからいずれかを選択してください。表示される項目が変更されます。

コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

上記のボタンは再選択できます。店舗の状態がわからない方はコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。

目次

商品消費税変更(外税設定店舗の場合)

商品消費税変更方法

外税設定店舗とは

構築メニュー>送料・決済設定>消費税設定で「加算する」を選択し、運用メニュー>商品管理>商品新規登録・商品基本情報編集-商品基本情報編集-商品価格で「下記すべて税込価格を設定する」にチェックしていない店舗の変更方法です。
なお、運用メニュー>商品管理>商品新規登録・商品基本情報編集-商品基本情報編集-商品価格で「下記すべて税込価格を設定する」にチェックしている商品(内税設定商品)がある場合は、商品消費税変更(内税設定店舗の場合)をご覧ください。

外税設定店舗の商品消費税変更方法

外税設定の場合、変更方法は以下となります。

  1. バージョンアップ直後、全商品の税率設定を標準税率にしています。
  2. 軽減税率対象商品の税率設定を「軽減税率」に変更してください。
  3. 消費税設定にて、標準税率を10%に変更してください。
    変更後の消費税率から商品の消費税率が計算されます。

送料・手数料・割引金額などは税込金額での登録となっていますので、別途設定変更してください。

商品価格の変更と税率設定

バージョンアップ後、全商品を標準税率にしています。軽減税率対象商品の税率設定を変更してください。
商品の消費税率変更方法は以下の3通りございます。

商品価格の税率設定

商品管理>商品検索結果一覧での変更

運用メニュー>商品管理>商品検索で「税率設定」などで検索し、運用メニュー>商品管理>商品検索結果一覧で税率設定を変更できます。「軽減税率」欄にチェックして「更新」ボタンを押下すれば、税率設定が変更できます。

商品管理>商品基本情報編集での変更

運用メニュー>商品管理>商品新規登録・商品基本情報編集-商品基本情報編集-商品価格の「税率設定」にて変更できます。標準税率・軽減税率のいずれか選択してください。

商品一括登録ファイル(CSV形式)での変更

商品データ一括登録項目設定で「税率設定」を変更

運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録項目設定-商品または運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録項目設定-価格にて「税率設定」にチェックを追加してください。「商品一括登録用ファイル」あるいは「価格登録用ファイル」で「税率設定」を変更できます。

商品データ一括登録

運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録にて「商品一括登録用ファイル」あるいは「価格登録用ファイル」を使用して、税率設定を変更してください。

なお、運用メニュー>商品管理>商品データ一括取得にて現状の設定が反映された「商品一括登録用ファイル」あるいは「価格登録用ファイル」をダウンロードできます。バージョンアップ後、全商品を標準税率にしています。軽減税率対象の商品の税率設定を変更してください。

オプション価格の税率設定

オプション価格についても、税率設定が必須です。バージョンアップ後、全オプション価格の税率設定を標準税率にしています。軽減税率対象のオプション価格の税率設定を変更してください。

商品管理>オプション価格設定での変更

運用メニュー>商品管理>商品情報(オプション価格設定)-オプション価格基本情報-税率設定の「税率設定」にて変更できます。標準税率・軽減税率のいずれか選択してください。

オプション価格(基本)登録用ファイル(CSV形式)での変更

運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録項目設定-オプション価格(基本)にて「税率設定」にチェックを追加してください。
その後、運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録にて「オプション価格(基本)登録用ファイル」を使用して、税率設定を変更してください。

なお、運用メニュー>商品管理>商品データ一括取得にて現状の設定が反映された「オプション価格(基本)登録用ファイル」をダウンロードできます。バージョンアップ後、全オプション価格を標準税率にしています。軽減税率対象のオプション価格の税率設定を変更してください。

消費税設定の変更

消費税率変更予約設定

構築メニュー>送料・決済設定>消費税設定にて、標準税率を10%に変更する日時を入力して「予約する」を押下してください。
すぐ変更される場合でも予約設定にて変更してください。

商品の「税率設定」に従って、消費税が加算されます。予約実行前に軽減税率対象の商品およびオプション価格の税率設定を変更してください。

消費税率(消費税率変更処理実行後)

標準税率、軽減税率の入力欄がそれぞれ表示されます。

商品消費税変更(内税設定店舗の場合)

商品消費税変更方法

内税設定店舗とは

構築メニュー>送料・決済設定>消費税設定で「加算しない」を選択している店舗が該当します。
また、外税設定店舗でも構築メニュー>送料・決済設定>消費税設定で「加算する」を選択し、運用メニュー>商品管理>商品新規登録・商品基本情報編集-商品基本情報編集-商品価格で「下記すべて税込価格を設定する」にチェックしている商品が該当します。

内税設定店舗の商品消費税変更方法

内税設定の場合、変更方法は以下となります。

  1. バージョンアップ直後、全商品の税率設定を標準税率にしています。
  2. 軽減税率対象商品の税率設定を「軽減税率」に変更し、かつ新税率に対応した商品価格に変更してください。
  3. 消費税設定にて、標準税率を10%に変更してください。

送料・手数料・割引金額なども税込金額での登録となっています。別途設定変更してください。

商品価格の変更と税率設定

消費税設定で消費税を加算しない設定にする場合でも、納品書・注文票や受注データで「標準税率対象金額および消費税額等」「軽減税率対象金額および消費税額等」の計算を正しく行うために、商品の消費税率設定が必要となります。

バージョンアップ後、全商品を標準税率にしています。軽減税率対象商品の税率設定を変更してください。
商品の消費税率変更方法は以下の3通りございます。

商品管理>商品検索結果一覧での変更

運用メニュー>商品管理>商品検索で「税率設定」などで検索し、運用メニュー>商品管理>商品検索結果一覧で税率設定を変更できます。「軽減税率」欄にチェックして「更新」ボタンを押下すれば、税率設定が変更できます。

商品管理>商品基本情報編集での変更

運用メニュー>商品管理>商品新規登録・商品基本情報編集-商品基本情報編集-商品価格の「税率設定」にて変更できます。標準税率・軽減税率のいずれか選択してください。

販売価格の変更

新税率に対応した販売価格に変更してください。

商品一括登録ファイル(CSV形式)での変更

商品データ一括登録項目設定で「税率設定」を変更

運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録項目設定-商品または運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録項目設定-価格にて「税率設定」にチェックを追加してください。これで「商品一括登録用ファイル」あるいは「価格登録用ファイル」で「税率設定」を変更できます。

商品データ一括登録

運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録にて「商品一括登録用ファイル」あるいは「価格登録用ファイル」を使用して、新税率に対応した「販売価格」および「税率設定」を変更してください。

なお、運用メニュー>商品管理>商品データ一括取得にて現状の設定が反映された「商品一括登録用ファイル」あるいは「価格登録用ファイル」をダウンロードできます。バージョンアップ後、全商品を標準税率にしています。軽減税率対象の商品の税率設定を変更してください。

オプション価格の税率設定

オプション価格についても、税率設定が必須です。バージョンアップ後、全オプション価格を標準税率にしています。軽減税率対象のオプション価格の税率設定を変更してください。

商品管理>オプション価格設定での変更

運用メニュー>商品管理>商品情報(オプション価格設定)-オプション価格基本情報-税率設定の「税率設定」にて変更できます。標準税率・軽減税率のいずれか選択してください。

オプション価格の「価格設定」について、新税率に対応した価格に変更してください。

オプション価格(基本)登録用ファイル(CSV形式)での変更

運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録項目設定-オプション価格(基本)にて「税率設定」にチェックを追加してください。
その後、運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録にて「オプション価格(基本)登録用ファイル」を使用して、税率設定を変更してください。

運用メニュー>商品管理>商品データ一括登録にて「オプション価格(選択肢)登録」を使用して、「価格【選択肢・価格設定】」または「価格【価格設定】」を新税率に対応した価格に変更してください。

なお、運用メニュー>商品管理>商品データ一括取得にて現状の設定が反映された「オプション価格(基本)登録用ファイル」「オプション価格(選択肢)登録」をダウンロードできます。バージョンアップ後、全オプション価格を標準税率にしています。軽減税率対象のオプション価格の税率設定を変更してください。

商品消費税自動更新(商品価格・オプション価格の計算による一括変更)

上記の方法とは別に、運用メニュー>商品管理>商品消費税自動更新にて、税込で設定している商品価格(会員価格を含む)を割戻による計算で8%から10%(標準税率)へ再計算し、一括変更できます

実行前に商品およびオプション価格の「税率設定」を変更してください。「税率設定」をもとに標準税率商品のみを一括変更します。
「税率設定」をもとに計算しますので、その商品がたとえ軽減税率対象商品だったとしても「標準税率」に設定されている場合、10%(標準税率)として計算されます。

割戻計算・新税率計算それぞれの端数計算方法を指定し、画面に表示されているすべての確認事項を確認しチェックした後、処理を実行してください。

消費税設定の変更

消費税設定で消費税を加算しない設定にしていても、納品書・注文票や受注データで「標準税率対象金額および消費税額等」「軽減税率対象金額および消費税額等」の計算を正しく行うために、消費税率設定が必要となります。

消費税率変更予約設定

構築メニュー>送料・決済設定>消費税設定にて、標準税率を10%に変更する日時を入力して「予約する」を押下してください。
すぐ変更される場合でも予約設定にて変更してください。

消費税率(消費税率変更処理実行後)

標準税率、軽減税率の入力欄がそれぞれ表示されます。

送料・手数料・割引金額などの設定

外税設定店舗内税設定店舗にかかわらず、必要な設定となります。適宜、新税率に対応した金額に変更してください。

送料の変更

宅配便送料
税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>送料設定から変更してください。
クール便送料
税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>クール便設定から変更してください。
高額購入(送料)割引
税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>高額購入割引から変更してください。
メール便送料
税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>配送サービス設定(宅配便/メール便等)から変更してください。

包装手数料の変更

ギフト包装やのしを有料で設定されている場合、包装代金は税込金額で登録しますので、構築メニュー>入力項目設定>包装設定から変更してください。

決済手数料・決済利用可能金額の変更

代金引換
代金引換手数料や利用可能金額は税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>代金引換から変更してください。
コンビニ支払(F-REGI)
コンビニ支払手数料や利用可能金額は税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>コンビニ支払(F-REGI)から変更してください。
クレジットカード(F-REGI)
利用可能金額は税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>クレジットカード(F-REGI)から変更してください。
NP後払い
手数料や利用可能金額は税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>NP後払いから変更してください。
Amazon Pay
利用可能金額は税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>Amazon Pay設定から変更してください。
楽天ペイ(オンライン決済)
利用可能金額は税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>楽天ペイ(オンライン決済)設定から変更してください。
Apple Pay
利用可能金額は税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>Apple Pay設定から変更してください。

その他、オリコWebクレジット・楽天銀行(リアルタイム自動引落)(F-REGI)・Mobile Edy(F-REGI)・Cyber Edy(F-REGI)をご利用の場合、同様に変更してください。また、銀行振込や郵便振込の説明文で手数料を記載されている場合は、必要に応じて変更してください。

バンドル販売の税率設定

バンドル販売をご利用の場合、バンドル販売時の税率設定が必要です。バンドル販売のうち「定額値引」または「定額固定」を選択した場合にバンドル販売額を決定するために必要となります。運用メニュー>商品管理>バンドル販売基本情報から変更してください。

割引設定

購入金額による割引設定
購入金額による割引(まとめ買い割引)をご利用の場合、割引対象金額は税込金額で登録しますので、構築メニュー>送料・決済設定>割引設定から変更してください。
購入ポイントの付与制限額
ポイント付与が可能となる商品購入金額(ポイント付与購入金額制限値)は税込金額で登録しますので、運用メニュー>ポイント管理>ポイント基本設定から変更してください。
クーポンの利用条件(金額条件)
クーポンの利用条件で「金額条件」を設定した場合は税込金額で登録しますので、必要に応じてクーポンを再発行してください。
コマースクリエイターをご利用の店舗は運用メニュー>クーポン管理(CC)>クーポン発行(コマースクリエイター)を、それ以外の場合は運用メニュー>クーポン管理>クーポン発行をご覧ください。

定期・頒布会販売申込データの変更

定期・頒布会申込データの商品消費税率

すでに定期・頒布会申込されている商品の消費税率設定を更新できます。先に軽減税率対象商品の税率設定を変更してください。

申込情報の変更

定期・頒布会申込詳細

「申込」ごとに適用する消費税率を変更できます。運用メニュー>受注管理>定期・頒布会申込詳細-消費税設定にて「変更後の消費税率」を入力して更新ボタンを押下してください。次回の受注データから新税率が適用されます。

また、運用メニュー>受注管理>定期・頒布会申込詳細-お届け詳細情報にて、送料・クール便手数料・決済手数料・付与ポイントを一括変更できます。

定期・頒布会 申込商品・送料・手数料編集

申込済みの各商品の商品価格・オプション価格それぞれの「税率設定」および「価格」を変更できます。

定期・頒布会申込データ一括更新

定期販売の申込情報から、「申込抽出条件」に合致する商品を抽出し、「更新内容抽出条件」に合致する商品の内容に一括更新します。この機能を利用すれば、商品価格・税率設定を一括変更できます。

運用メニュー>受注管理>定期・頒布会申込データ一括更新確認から商品番号、バリエーション枝番号、項目選択肢(選択肢)を指定して実行してください。

定期申込 商品消費税自動更新

定期・頒布会申込データの税率設定、および申込情報にある商品の消費税率を一括で変更できます。商品情報に登録されている税率設定を反映する形で申込情報を変更します。
税率設定のみを自動更新対象とする機能となります。

  • 定期・頒布会申込データの消費税率を標準税率10%・軽減税率8%に変更します。
  • 税込価格が設定されている商品は、8%分を割り戻し計算したのち、標準税率10%を適用した金額に変更します。
  • 税抜価格が設定されている商品は、商品情報の税率設定を適用し、金額を変更します。

運用メニュー>受注管理>定期申込 商品消費税自動更新から処理を実行していただけます。
一度処理を行うと、処理前の状態に戻せませんので、画面に記載された注意事項をご確認の上、実行してください。

定期・頒布会申込データ項目追加

運用メニュー>受注管理>受注一覧・管理(定期・頒布会申込)からダウンロードできる定期・頒布会申込データに「標準税率」「軽減税率」「消費税区分(商品)」「消費税区分(オプション価格1)」~「消費税区分(オプション価格20)」が追加されます。

納品書と受注データの対応

納品書・注文票の設定

納品書・注文票・初回受注情報に消準税率/軽減税率対象金額および消費税額、軽減税率対象商品を示すマークなどを出力できます。運用メニュー>受注管理>納品書・注文票設定から追加してください。

消費税内訳表示の値引き計算設定

納品書などに表示する消費税の内訳の計算方式を選択してください。値引きがある注文について、値引額を「標準税率/軽減税率対象金額の比率から案分する」か、または「標準税率適用商品から優先して計算する」のいずれか選択できます。

詳しくは、税率ごとの対象金額と内消費税等の計算についてをご覧ください。

受注データダウンロード出力項目の設定

「futureshop形式」の受注データに標準税率/軽減税率対象金額および消費税額、軽減税率対象商品を示すマークなどを出力できます。運用メニュー>受注管理>受注データ取得項目設定から追加してください。

任意受注連絡メールの設定

標準税率/軽減税率対象金額および消費税額、軽減税率対象商品を示すマークなどの置換文字が追加されています。任意受注連絡メールに記載したい場合は、構築メニュー>メール設定>任意受注連絡メール 受注連絡メール(基本)および構築メニュー>メール設定>任意受注連絡メール 受注商品をご覧ください。

受注の消費税率変更

受注の税率設定

受注の税率設定は個別に変更できます。必要に応じて変更してください。

受注詳細

運用メニュー>受注管理>受注詳細で、受注に適用されている消費税率(標準税率・軽減税率)を確認できます。

決済・ポイント利用額編集

運用メニュー>受注管理>受注詳細(決済・ポイント利用額編集)-消費税設定にて、受注に適用される消費税率を変更できます。外税設定の商品価格については、変更された消費税率で消費税額を再計算できます。

商品・送料・手数料編集

運用メニュー>受注管理>受注詳細(商品・送料・手数料編集)にて、商品およびオプション価格それぞれの「税率設定」を変更でき、変更された消費税率で「標準税率対象金額および消費税額等・軽減税率対象金額および消費税額等」を再計算できます。

項目表示について

各項目は以前からのECサイト用・コマースクリエイター用・共通の3種類があります。コマースクリエイター有効(切替前)は両方の項目が表示されます。

以前からのECサイト用項目で、コマースクリエイターでは使用しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

コマースクリエイター専用ECサイト用の項目です。以前からのECサイトには影響しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

上記以外は共通で使用する項目です。(何も表示されません。)

×

店舗の状態にあわせて、下のボタンからいずれかを選択してください。

コマースクリエイター無効 コマースクリエイター有効 コマースクリエイター運用中
コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

再度選択できますので、店舗の状態がわからない方はいったん「有効」をお選びください。
詳しくはコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。