1. オンラインマニュアル
  2. 管理画面メニュー別ガイド
  3. [設定]メニュー
  4. プロモーション
  5. Facebook・Instagram設定
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
管理画面メニュー別ガイド
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
管理画面メニュー別ガイド
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
管理画面メニュー別ガイド
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
管理画面メニュー別ガイド
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル

Facebook・Instagram設定

設定>プロモーション>Facebook・Instagram設定

「以前からの管理画面」で設定されていた店舗様

以下の画面から移設しています。

Instagramショッピング(shopnow機能)・Facebook連携を利用するための設定をします。

Instagramショッピング(shopnow機能)・Facebook連携機能(Facebookピクセル(Metaピクセル)/コンバージョンAPI(CAPI)/カタログ機能)に対応しています。

設定項目

各連携機能について

Instagramショッピング

カタログ データフィードURL

Instagramショッピング(shopnow機能)・Facebook連携を利用するためのデータフィードURLを自動作成します。

Instagramショッピング(shopnow機能)・Facebookカタログ機能のご利用には、Instagramショッピング機能 (Facebookカタログ連携)のお申し込みが必要です。

システム>申し込み・登録情報変更にて[Instagramショッピング機能]を押下後、表示フォームよりお申込みください。

お申し込み後、Facebookカタログ設定に必要なデータフィードURLが本画面に表示されます。

Instagramショッピング(shopnow機能)のご利用手順

  1. Instagramアカウントをビジネスプロフィールに移行してください。
  2. Instagramアカウント(ビジネスプロフィール)を所有権のあるFacebookページと接続してください。
  3. ビジネスプロフィールをFacebookカタログにリンクしてください。リンク方法はInstagramアカウントを、自分が管理するFacebookページにリンクするにはどうすればよいですか。をご覧ください。
  4. カタログマネージャからカタログを作成し、フューチャーショップのカタログにリンクしてください。
    ※本設定について、カタログの設定手順にて詳細をご参照ください。
  5. アカウントにショッピング機能の利用を許可するかどうかの審査がありますので、審査プロセスの終了をお待ちください。
  6. アカウントが承認されるとInstagramからお知らせが届き、[設定]から製品のタグ付けをオンにすることができます。
  7. タグ付けについては、Instagram投稿に商品をタグ付けするをご覧ください。

カタログの設定手順

上記、「Instagramショッピング(shopnow機能)のご利用手順」の[手順4.Facebookカタログの設定]について詳しく解説します。

 

カタログマネージャにアクセスし、「カタログを作成」ボタンを押下します。

 

「Eコマース」を選択して「次へ」ボタンを押下します。

 

「カタログの設定を編集する」で「製品情報をアップロードする」を選択、「カタログに名前を付ける」に任意の名称を登録し「作成」ボタンを押下します。

 

「カタログが作成されました」と表示されたら、「カタログを見る」ボタンを押下します。

 

画面左のメニューから「データソース」を押下します。

 

「データフィード」を選択し、[次へ]を押下します。

 

「スプレッドシートまたはファイルをアップロードする準備はできていますか?」にて、「はい」を選択し、[次へ]を押下します。

 

[URLを使用]を押下します。

入力欄に設定>プロモーション>測定タグ一覧>Facebook・Instagram設定-Instagramショッピング-Facebookカタログ データフィードURLに表示されているURLを入力します。
を押下すると、値をクリップボードにコピーできます。

Instagramショッピング機能 (Facebookカタログ連携)へお申込み後、管理画面に表示されます。

「ログイン情報を保存(任意)」には何も入力しません。

 

以下のように設定し、[次へ]を押下します。

  • 「アップデートのスケジュールを計画」で「毎時」を選択します。
  • 「リピート」は「8時間ごと」を選択します。
  • 「開始時間」は「11:00」または「18:00」を設定します。

更新を1日4回にするなど、更新したいタイミングに合わせて適宜設定してください。

 

以下のように設定し、[次へ]を押下します。

  • 「データソースの名前を入力」に任意の名称を付けます。
  • 「デフォルト通貨」で「USD」から「JPY-日本円」に変更します。

 

[アップロード]を押下します。

 

以下のような画面が表示されます。

 

以下の画面が表示され、完了です。

画面左のメニューにある「データソース」を押下し、データソースとして表示されていることを確認します。

カタログによる連携項目について

連携されるfutureshop管理画面項目
商品URLコード id 運用>商品管理>商品新規登録・商品基本情報編集-商品URLコード
商品名 title

以下の入力内容が順に出力されます。


70byte以上は削除

商品URL link 商品詳細画面のURL(メイン商品グループのURL)
価格 price <通常商品の場合>
運用>商品管理>商品新規登録・商品基本情報編集-商品基本情報編集[商品価格]-販売価格

<予約状態の商品の場合>
運用>商品管理(商品登録)>商品情報(予約)-予約販売価格
※未登録の場合は、販売価格

<定期商品の場合>
運用>商品管理(商品登録)>商品情報(定期・頒布会設定)-販売価格(通常回)

上記価格に、消費税の設定を考慮して出力します。

JANコード gtin 運用>商品管理>商品新規登録・商品基本情報編集-JANコード

バリエーションごとのJANコードは出力しません。

商品説明 description

以下の入力内容が順に出力されます。


500文字以降は削除

商品画像URL(ヘッダ) image_link 「商品サムネイル画像に指定する」が選択された画像
在庫状況 availability 「予約在庫有」の場合:preorder
「通常在庫有」の場合:in stock
「在庫無」の場合:out of stock

在庫管理をしていない場合、「在庫無(out of stock)」は出力されません。

予約在庫数にかかわらず購入可能の設定の場合、予約在庫切れでも「予約在庫(preorder)」となります。

状態 condition 運用>商品管理(商品登録)>商品情報(Googleデータフィード設定)-状態

未登録の場合は、設定>プロモーション>Google商品フィード設定-状態

ブランド brand 運用>商品管理(商品登録)>商品情報(Googleデータフィード設定)-ブランド

未登録の場合は、設定>プロモーション>Google商品フィード設定-[商品ID]ブランド

上記いずれも未登録の場合は、連携しません。

製造番号 mpn 運用>商品管理(商品登録)>商品情報(Googleデータフィード設定)-製品番号

未登録の場合は、連携しません。

「状態」「ブランド」「製造番号」のうち、1項目は連携必須です、いずれかを登録してください。(不承認となります。)

コンバージョンAPI設定

Facebook上での広告や宣伝の効果を測定できるFacebookピクセル(Metaピクセル)は、昨今、ブラウザ各社で強化されているトラッキング規制により、「お客様の情報や購入した際の受注情報」を正確に把握することができなくなる傾向にあります。

本機能を利用すると、futureshopサーバーからFacebook広告サーバーに直接情報を送信することができ、トラッキング規制を受けず、より確実な効果測定が可能となります。

コンバージョンAPIの設定や利用の流れについては、コンバージョンAPIご利用方法をご覧ください。

[参照]FacebookコンバージョンAPI(CAPI)とは:コンバージョンAPIについてをご覧ください。

Facebookピクセル(Metaピクセル)と設定方法について

Facebookピクセル(Metaピクセル)については、Facebookピクセル(Metaピクセル)についてをご覧ください。

Facebookピクセル(Metaピクセル)の利用方法は、設定>プロモーション>測定タグ設定(Facebookピクセル(Metaピクセル))をご覧ください。

トラッキングは、Facebookピクセル(Metaピクセル)とコンバージョンAPIの双方から送信されますが、測定タグにて「Facebook Pixel イベントID({% facebook_pixel.event_id %})」を利用し、イベントIDを送信することで、重複カウントを防ぎます。

「個人情報の取り扱いについて」ページへの「個人情報の利用」に関する追記について

コンバージョンAPIを利用される場合、より関連度の高い広告配信を実現するために、お客様(消費者)の情報がFacebook(Meta社)に送信され、「オーディエンス」情報として利用されます。

連携情報や連携方法について、コンバージョンAPIご利用方法-「個人情報の取り扱いについて」ページへの追記についてをご覧いただき、個人情報の利用について同意を取得されたい場合は、「個人情報の取り扱いについて」のページに追記の上、個人情報の取扱いについての「同意チェックボックス表示設定」機能をご利用いただくなど、ご検討ください。

利用設定

ピクセルID

「利用設定」がチェックONの場合は
スペースは使用できません。

「ピクセルID」の取得方法は、コンバージョンAPIご利用方法をご覧の上、手順に沿って取得してください。

アクセストークン

「利用設定」がチェックONの場合は
スペース・改行は使用できません。

「アクセストークン」の取得方法は、コンバージョンAPIご利用方法をご覧の上、手順に沿って取得してください。