運用サポート(平日10:00~17:00) 06-6485-6485
コマースクリエイター無効コマースクリエイター有効コマースクリエイター運用中?

自動連携について

×

マニュアル閲覧上の注意

店舗の状態にあわせて、上のボタンからいずれかを選択してください。表示される項目が変更されます。

コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

上記のボタンは再選択できます。店舗の状態がわからない方はコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。

設定>クレジットカード(F-REGI)設定-決済処理設定-自動連携構築メニュー>送料・決済設定>クレジットカード(F-REGI)設定-自動連携を設定すると、futureshop管理画面の受注管理画面を操作時に、連携した決済システムでの「売上処理」「取消処理」を自動で行うことができます

すべての処理を行えるわけではありません。
処理は各決済システムで行われますので、必ず決済システムの管理画面をご確認ください。

目次

対応できる決済システムと決済システム管理画面

クレジットカード決済 F-REGI(F-REGI 加盟店システム)・Apple Pay(F-REGI)
F-REGI 加盟店システムについて詳しくは、決済オプション:F-REGI(エフレジ)をご覧ください。
F-REGI管理画面については、クレジットカード決済マニュアルApple Payマニュアルをご覧ください。

F-REGIのクレジットカード決済ご契約プランによっては、売上処理・取消処理時にトランザクション手数料が発生します。
クレジットカード決済(SBPS 決済管理ツール)
クレジットカード決済(SBPS)での自動連携については、自動連携(SBPS)についてをご覧ください。
SBPS 決済管理ツールについて詳しくは、SBペイメントサービス株式会社の資料をご覧ください。
Amazon Pay(Amazonセラーセントラル)
Amazonセラーセントラルについて詳しくは、アマゾンジャパン合同会社の資料をご覧ください。
楽天ペイ(オンライン決済)(管理画面 RCMS)
RCMSについて詳しくは、楽天株式会社の資料をご覧ください。

受注ステータス一覧

F-REGI受注、Amazon Pay受注の場合は、運用メニュー>受注管理>受注詳細-スタータスに以下のように表示されます。
ただし、楽天ペイでは表示されません。

F-REGI受注ステータス

ステータス 説明
承認済 承認処理に成功している取引(決済金額の利用枠を確保している状態)
承認失敗 承認処理に失敗した取引(限度額オーバーやその他の理由により承認処理に失敗した状態)
承認取消 承認済の取引に対して取消を行った取消(確保した利用枠を解放した状態)
売上済(未伝送) 店舗様にて売上処理を行いカード会社へデータ送信する予定の取引
売上失敗 売上処理に失敗した取引
売上済(伝送済) 店舗様にて売上処理を行いカード会社へデータ送信が完了した取引
売上取消(伝送済) 売上済の取引に対して売上取消を行いカード会社へマイナスデータの送信が完了した取引
売上取消(未伝送) 売上済の取引に対して売上取消を行いカード会社へマイナスデータを送信する予定の取引
有効性確認済み 予約受注から通常受注にステータスを変更する際、承認が失敗した取引
未オーソリ 予約受注の承認待ち取引

Amazon Pay受注ステータス

ステータス 説明
承認中 承認処理中の取引
承認済 承認処理に成功している取引
承認完了 請求を行った、または「承認済」から一定期間経過した取引
承認却下 承認処理に失敗した取引
キャンセル済 承認済の取引に対して取消が完了した取引
請求中 売上処理中の取引
請求済 店舗様にて売上処理を行い売上処理が完了した取引
請求完了 店舗様にて売上処理を行いデータ送信が完了した取引(Amazonセラーセントラルの処理が完了)
請求却下 売上処理に失敗した取引
返金中 売上済の取引に対して売上取消を行い返金中の取引
返金済 売上済の取引に対して売上取消を行い返金が完了した取引
返金却下 売上済の取引に対して売上取消を行い返金が失敗した取引
(Amazonのステータスが取得できませんでした) Amazonセラーセントラルとの連携に失敗した取引

未入金(売上処理前)の場合の自動連携

入金処理

futureshop管理画面にて、以下のいずれかの方法で「入金処理」を行うと、決済システムの「売上処理」が同時で実行されます。
ただし、決済システムのステータス(取引情報)「承認済」の場合に限ります。

決済システムでの「売上処理」が成功すれば、入金状況が「入金済み」になります。

何らかの理由で「売上処理」に失敗した場合は「未入金」のままですので、決済システム管理画面で状況を確認してください。
なお、決済システムですでに「売上済」、または「承認取消済」の場合はエラーになります。

受注詳細画面での「受注ごとの入金」

運用メニュー>受注管理>受注詳細-入金状況にて「入金日」を入力し、[更新]ボタンを押下します。

未入金一覧画面での「一括入金」

運用メニュー>受注管理>受注一覧・管理(通常処理中/未入金)にて、該当の「決済種別」にチェックをして[検索する]ボタンを押下します。
表示された受注一覧から該当の注文にチェックをし、[注文を入金済みにする]ボタンを押下します。

futureshop管理画面の「請求金額」が、「売上処理」金額になります。
各決済システムの下限・上限金額を超えた場合は処理できません。
Amazon Payでは、注文から30日を超えた場合、売上請求処理できません。

売上金額変更後に入金処理をする場合

商品金額、送料、手数料に関する金額変更は、運用メニュー>受注管理>受注詳細>商品・送料・手数料編集にて行ないます。

ポイントやクーポン利用などの値引き金額変更は、運用メニュー>受注管理>受注詳細>決済・ポイント利用額編集にて行ないます。

その後、入金処理を行うと、決済システムの「売上処理」が同時で実行されます。

※futureshop管理画面で金額の変更を行った時点では、決済システム上での金額は変更されません(自動連携されません)。
入金処理を行った時点で金額変更も自動連携されます。

決済システム側で金額変更を行った場合

ステータスが「承認済み」の受注であった場合、futureshop側のステータスは「承認取消」となり、入金処理を行なっても決済システムに連携されません。(楽天ペイの場合は一部自動連携が可能な場合があります。)

決済システムの管理画面側で、売上請求処理をしてください。

金額変更処理の際、承認失敗になったときの対応方法

金額変更時点で、該当のクレジットカードが利用できない状況(利用枠不足等のカード会社判断)であると、エラーとなります。
この場合、お客様(消費者)とご相談のうえ、下記いずれかの対応をご検討ください。

  • 変更前の金額にて売上処理を行い、差額分の金額を別の方法で返金もしくは請求を行う。
  • 変更前の承認済(未入金)取引の取消処理を行い、カード決済以外の方法で変更後の金額請求を行う。

決済不要にする(売上金額が0円となった場合)

運用メニュー>受注管理>受注詳細>決済・ポイント利用額編集で割引・値引金額を変更した場合などに、売上金額が0円となった場合の処理方法です。

運用メニュー>受注管理>受注詳細>決済・ポイント利用額編集画面を開きます。

「内容編集-決済方法」で「決済不要」を選択し、「(各決済システム名)の取引情報を取り消す」にチェックしてください。
決済システムの取引情報を取消しできます。

futureshop管理画面の受注詳細-スタータス表示から決済システムのステータスが非表示となります。

取り消されたデータは元に戻せません。

注文を取り消す・返品処理をする・未回収処理をする・保留にする・データを削除する

運用メニュー>受注管理>受注詳細-スタータスにて「ステータス」を変更し、「F-REGIの取引情報を取り消す」「Amazonの取引情報を取り消す」「楽天ペイの取引情報を取り消す」「Apple Payの取引情報を取り消す」にチェックして、ボタンを押下します。
決済システムの取引情報を取消(承認取消)できます。

futureshop管理画面の受注詳細-スタータス表示も変更されます。(上図は「返品処理をする」を選択した場合の表示)

各決済方法の「(各決済システム名)の取引情報を取り消す」チェックボックスは、ステータスが「通常処理」の場合に表示されます。
その他のステータスが表示されている場合は、プルダウンより「通常処理に戻す」を選択し、[更新]ボタンを押下してください。

取り消した「取引情報」は元に戻せません。
確実に「クレジットカード」「Amazon Pay」「楽天ペイ」「Apple Pay」での請求を行わない場合のみチェックしてください。

商品代金を取り消し、送料のみを徴収するような場合の対応方法

取り消した「取引情報」は元に戻せませんので、「注文を取り消す」ではなく、受注詳細>商品・送料・手数料編集より金額の変更を行った後、入金処理を行ってください。

決済方法を変更する

決済方法を変更する場合の処理方法です。

運用メニュー>受注管理>受注詳細>決済・ポイント利用額編集画面を開きます。

「内容編集-決済方法」で変更後の決済方法を選択し、「(各決済システム名)の取引情報を取り消す」にチェックしてください。
決済システムの取引情報を取消しできます。

「クレジットカード」「楽天ペイ」「Amazon Pay」「Apple Pay」から「その他の決済方法」に変更した場合は、元に戻すことが出来ません。

入金済み(売上処理後)の場合

売上金額変更

futureshop管理画面での金額変更は、自動連携されません。決済システム管理画面で処理を行ってください。
決済システム管理画面での変更後の金額も、futureshop管理画面には反映されませんのでご注意ください。

金額変更処理の際、承認失敗になったときの対応方法

金額変更時点で、該当のクレジットカードが利用できない状況(利用枠不足等のカード会社判断)であると、エラーとなります。
この場合、お客様(消費者)とご相談のうえ、下記いずれかの対応をご検討ください。

  • 変更前の売上済(入金済)取引の取消処理を行い、再度お客様に購入手続きを行っていただく。
  • 変更前の承認済(未入金)取引の取消処理を行い、カード決済以外の方法で変更後の金額請求を行う。

注文を取り消す・返品処理をする・未回収処理をする・保留にする・データを削除する

運用メニュー>受注管理>受注詳細-スタータスにて「ステータス」を変更し、「(各決済システム名)の取引情報を取り消す」にチェックして、[更新]ボタンを押下します。
決済システムの取引情報を取消(売上取消)できます。

futureshop管理画面の受注詳細-スタータス表示も変更されます。(上図はAmazon Payにて「返品処理をする」を選択した場合の表示)

各決済方法の「(各決済システム名)の取引情報を取り消す」チェックボックスは、ステータスが「通常処理」の場合に表示されます。
その他のステータスが表示されている場合は、プルダウンより「通常処理に戻す」を選択し、[更新]ボタンを押下してください。

取り消した「取引情報」は元に戻せません。
売上金額は全額返金となります。

入金日取消

運用メニュー>受注管理>受注詳細-入金状況が「入金済」の場合に、「入金日取消」にチェックをつけて[更新]ボタンを押下すると、futureshop管理画面上での入金日を取り消しできますが、決済システムへの自動連携は行われず、返金も行なわれません。
返金が必要な場合は、注文を取り消す・返品処理をする・未回収処理をする・保留にする・データを削除するを行うか、各決済システム管理画面で処理を行ってください。

項目表示について

各項目は以前からのECサイト用・コマースクリエイター用・共通の3種類があります。コマースクリエイター有効(切替前)は両方の項目が表示されます。

以前からのECサイト用項目で、コマースクリエイターでは使用しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

コマースクリエイター専用ECサイト用の項目です。以前からのECサイトには影響しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

上記以外は共通で使用する項目です。(何も表示されません。)

×

店舗の状態にあわせて、下のボタンからいずれかを選択してください。

コマースクリエイター無効 コマースクリエイター有効 コマースクリエイター運用中
コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

再度選択できますので、店舗の状態がわからない方はいったん「有効」をお選びください。
詳しくはコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。