1. オンラインマニュアル
  2. 外部連携・フィード・API
  3. Google Analytics4への移行対応について
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
  • セキュリティ対策について
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • 画像登録
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
  • セキュリティ対策について
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • 画像登録
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
  • セキュリティ対策について
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • 画像登録
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
  • セキュリティ対策について
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • 画像登録
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル

Google Analytics4への移行対応について

Google Analytics4への対応は、それぞれ以下の方法にて可能です。

コマースクリエイター利用店舗

【A】拡張eコマース利用店舗の場合
拡張eコマース拡張eコマースをグローバルサイトタグ(gtag.js)で利用し、Google Analytics4プロパティの「接続」を行います。
設定タグの貼り替えなどは必要ありません。
「接続」手順については、グローバルサイトタグ(gtag.js)とGA4を「接続」するをご覧ください。
【B】拡張eコマース未利用(eコマースレポート(analytics.js)利用)の場合
測定タグにて、Google Analytics4プロパティタグを設定し測定を行います。
設定タグの貼り替えが必要です。
手順については、Google Analytics4タグをfutureshop管理画面に設定して測定するをご覧ください。

コマースクリエイター未利用店舗

任意測定タグにて、Google Analytics4プロパティタグを設定し測定を行います。
設定タグの貼り替えが必要です。

手順については、Google Analytics4タグをfutureshop管理画面に設定して測定するをご覧ください。

グローバルサイトタグ(gtag.js)とGA4を「接続」する

グローバルサイトタグ(gtag.js)を設置し測定している場合、GA4プロパティを「接続」することで、グローバルサイトタグからGA4へデータを連携できます。

コマースクリエイターをご利用の場合は、拡張eコマース機能をご利用の上で、こちらの手順を行うことで、拡張eコマースの数値をGoogle Analytics4に連携できます。Google Analytics4のeコマースレポート(収益化の概要・eコマース購入数)について、(一部を除き)ご確認いただけます。

「接続」手順については、以下をご参照ください。

新しいGoogle Analytics4プロパティを作成する

  1. 管理メニュー(左下の歯車アイコン)の「プロパティ」にある「GA4設定アシスタント」を押下します。
  2. 「新しいGoogle Analytics4プロパティを作成する」にある「はじめに」ボタンを押下します。

「Google Analytics4プロパティの設定アシスタント」の横に「未接続」と表示されています。ご確認ください。

新しいGoogle Analytics4プロパティを作成モーダル

  1. 「新しいGoogle Analytics4プロパティを作成モーダル」が開きます。
  2. 「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。」に必ずチェックを入れてください。
    チェックを入れられない場合は後ほど設定しますので、そのままお進みください。
  3. 「プロパティを作成」を押下します。

Google Analytics4プロパティの設定アシスタント

  1. 「Google Analytics4プロパティの設定アシスタント」が開きます。
  2. 接続済みのプロパティが表示されていれば、GA4での測定が開始されています。

「Google Analytics4プロパティの設定アシスタント」の横の表示が「未接続」から「接続済み」に切り替わっています。ご確認ください。

[手順2]にて「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。」を
チェックONにできなかった場合

既存のタグを使用してデータ収集できるようにするに従って設定してください。

レポートのリアルタイムを確認する

  1. 再読み込みすると、アナリティクスのアカウント切替(左上)でGA4のプロパティが選択可能になります。
  2. グローバルサイトタグのタグのまま、GA4のレポートでデータが収集されていることを確認できます。

上記で取得できない項目

コマースクリエイターご利用の場合、Google Analytics4に初期設定されているレポートの項目の内、取得できないのは以下となります。

なお「広告関連」および「アプリ内購入」については、記載しておりません。

Google Analyticsメニュー レポート名 項目
収益化 収益化の概要 アイテムリスト(閲覧回数・カートに追加以外)
プロモーション
eコマース購入数 表示後カートに追加された商品の割合
表示後購入された商品の割合

「データの保持期間」を設定する

詳しくは、Google Analytics4におけるデータの保持についてをご覧ください。

Google Analytics4タグをfutureshop管理画面に設定して測定する

eコマースレポート(ユニバーサルアナリティクス(analytics.js))をご利用の場合は、本手順に従い、GA4のeコマースを手動で設定します。

Google Analytics4プロパティを新規追加してください。

eコマースレポートは、Google Analytics4では利用できません。

Google Analytics画面

  1. Google Analytics画面左下の「管理」メニューを選択します。

すでに「GA4プロパティ」がある場合は、[手順5]futureshop管理画面へ設定に進んでください。

「プロパティ」を作成

「プロパティの設定」

  1. 「プロパティを作成」ボタンを押下します。
  2. 「プロパティを作成」します。
    • 任意のプロパティ名を入力します。
    • レポートのタイムゾーンで「日本」「(GMT+09:00)日本時間」を選択します。
    • 通貨で「日本円(JPY ¥)」を選択します。
  3. 「次へ」ボタンを押下します。

「ビジネスの概要」

  1. 設問に従って選択します。
  2. 「作成」ボタンを押下します。

「データストリーム」を設定

データの収集をするためのデータストリームを設定する画面が開きます。

  1. 「ウェブ」を選択します。
  2. 「ウェブストリーム」を設定します。
    • ウェブサイトのURLを入力します。
    • 任意のストリーム名(ウェブサイトの名称)を入力します。
  3. 「ストリームを作成」ボタンを押下します。

「ウェブストリームの詳細」を設定

タグの取得

  1. 「新しいページ上のタグを追加する」タブにて、「グローバルサイトタグ(gtag.js)」を選択します。
  2. [コピー]ボタンを押下し、futureshop管理画面の入力欄に貼り付けします。
    [手順5]にて利用しますので、メモ帳などに貼り付け、ローカルに保存してください。

「タグ付けの詳細設定」にて除外する参照リストを設定

  1. 「追加の設定」欄の「タグ付けの詳細設定」を選択します。
  2. 「除外する参照のリスト」を押下します。
  3. 「除外する参照のリスト」画面が開くので、除外する参照のリストに、条件を追加します。
    除外する対象については、【虎の巻】Google Analyticsの参照元(referral)に、決済関連のドメインが表示されてしまいます。よりご利用のサービスをご参照の上、設定してください。
  4. [保存]ボタン(右上)を押下します。

futureshop管理画面へ設定

eコマースレポートのすべての項目には対応しておりませんが、注文数・金額、注文商品など主な数値は測定できます。

設定画面:構築>プロモーション管理>任意測定タグ設定設定>プロモーション>測定タグ設定

構築>プロモーション管理>任意測定タグ一覧から[任意測定タグ 新規登録]ボタンを押下してください。

設定>プロモーション>測定タグ一覧から[測定タグ 新規登録]ボタンを押下してください。

設定方法については、任意測定タグ設定(Google Analytics 4)測定タグ設定(Google Analytics4(拡張eコマース未利用の場合))をご覧ください。

「データの保持期間」を設定する

詳しくは、Google Analytics4におけるデータの保持についてをご覧ください。

Google Analytics4におけるデータの保持について

Google Analytics4では、ユーザーデータとイベントデータの保持期間が初期値「2ヵ月」に設定されています。

過去のデータとの比較などが必要な場合は、以下の手順を参考に設定を変更してください。

「個人情報保護」などに留意しつつ、店舗様の運用に応じて変更してください。

[参考]「ユーザーデータとイベントデータ」の定義と「データ保持」について

保持されるデータは、Cookie やユーザー ID、広告 IDに関連付けられたユーザー単位およびイベント単位のデータを指します。

詳しくは、アナリティクスヘルプ - データの保持をご参照ください。

「管理」メニューを開く

左下のメニュー「管理」を押下して、「管理」メニューを開きます。

「テータ保持」画面を開く

右側のメニューの「データ設定」を押下し、詳細メニューを表示します。

詳細メニュー内の「データ保持」を押下し、画面を表示します。

「テータ保持」期間と「ユーザーデータのリセット」を設定する

「イベントデータの保持」のプルダウンメニューより「14ヵ月」を設定します。

「新しいアクティビティのユーザーデータのリセット」がONになっていることを確認します。
ONであると、特定のユーザーからの新しいイベントが発生するたびにユーザー識別子の保持期間がリセットされ、データが保持され続けます。
※ 詳しくは、アナリティクスヘルプ - データの保持「新しいアクティビティのたびにリセットする」をご参照ください。

保存して完了する

最後に[保存]ボタンを押下し、完了です。

既存のタグを使用してデータ収集できるようにする

グローバルサイトタグ(gtag.js)とGA4を「接続」する-[手順2]「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。」にチェックを入れられなかった場合、次のように設定してください。

「GA4 プロパティを確認」画面にて、「タグ設定」画面を開く

  1. 管理>GA設定アシスタントを開きます。
  2. [GA4プロパティを確認]を押下します。
  3. 「収集」欄の[タグの設定]を押下します。「データストリーム」画面が開きます。

「データストリーム詳細」画面を開く

既に作られている該当のストリームを押下します。

「データストリーム詳細」画面より「測定ID」を取得する

「タグの設定手順」欄の「既存のページ上のタグを使用する」タグを押下します。

表示された手順の[4]の測定IDをコピーしておきます。

「トラッキングコード」画面を開く

再度、[管理]を押下して、「トラッキング情報」メニューから[トラッキングコード]を押下します。

接続する「測定ID」を入力する

ウェブサイトのトラッキング情報が表示されます。

  1. 「接続済みのサイトタグ」を押下します。
  2. 「接続するタグのIDを入力します。」欄に、[手順]でコピーした「測定ID」を貼り付けます。
    ニックネームは任意です。
  3. [接続]を押下します。

「レポートのリアルタイムを確認する」の手順に戻る

レポートのリアルタイムを確認するの手順に戻り、引き続き設定を続けてください。