運用サポート(平日10:00~17:00) 06-6485-6485
コマースクリエイター無効コマースクリエイター有効コマースクリエイター運用中説明を表示 ▼

店舗

×

マニュアル閲覧上の注意

店舗の状態にあわせて、上のボタンからいずれかを選択してください。表示される項目が変更されます。

コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

上記のボタンは再選択できます。店舗の状態がわからない方はコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。

設定項目

生年月日指定

指定した西暦がユーザーが生年月日を入力するページ(会員登録ページなど)の初期値として表示されます。 PC・モバイル・スマートフォンページで共通の設定です。

※生年月日は顧客登録項目設定で「生年月日」を使用する(必須)・使用するを指定している場合に有効になります。

都道府県設定

都道府県の「その他を選択肢に含める」のチェックを有効にすると顧客登録項目設定画面内の都道府県のプルダウンリストに「その他」と表示されます。 チェックを無効にすると顧客登録項目設定画面内の都道府県のプルダウンリストに「その他」が出力されないようになります。 PC・モバイル・スマートフォンページで共通の設定です。

※バージョンアップ直後は「その他を選択肢に含める」チェックが有効 になっています。

セキュリティ設定 X-Frame-Options出力設定

「クリックジャッキング」と呼ばれる攻撃手法のための対策用設定になります。
futureshopのHTTPレスポンスヘッダに出力するX-FRAME-OPTIONSの値を設定できます。
X-FRAME-OPTIONSの値によって、(futureshopシステムによる)自動生成ページをフレーム内に呼び出すことができるドメインを許可するかどうかを設定することができます。 (Microsoft Edge、Firefox、Google Chromeなどの最新版ブラウザがこの設定に対応しております。)

自動生成ページをフレーム内に呼び出しされない場合は、上から三番目のSAMEORIGINを選択ください。(推奨)

フレーム内に自動生成ページを呼び出ししているかどうか、不明な場合は一番上の「HTTPレスポンスヘッダにX-Frame-Optionsを出力しない」を選択してください。(「出力しない」設定の場合、呼び出ししている自動生成ページが表示されます。)

外部連携接続許可ドメイン

トップページ・ランディングページ等、futureshop自動生成ページ以外の静的ページで、置換文字を使って会員情報を表示したい場合に、表示を許可するドメインを登録します。 futureshopにてご利用の独自ドメイン内の静的ページでのみ、表示可能です。
「店舗のドメイン」と「SSLドメイン」をご登録ください。

会員情報表示機能の詳細は、構築メニュー>会員情報表示>会員情報表示をご覧ください。

Webスキミング防止設定

セキュリティ対策のために大変重要な設定になります。設定には注意事項や手順があります。
まずはじめに、以下を必ずご確認ください。

※「コマースクリエイターへ移行中(有効化)」店舗様は、構築中の[コマースクリエイター画面]用もご確認ください。

※2021.03.02以降に新規申込みの店舗様につきましては、あらかじめチェックがONになっております。変更しないでください。

「script・iframeタグ削除機能を有効にする」にチェックすると、対象画面上の、futureshopシステムおよび一部の許可されたドメイン以外からの外部読み込み<script>タグ、<iframe>タグの記述を削除します。
ECサイトセキュリティ向上のため、チェック(利用)を強く推奨します。

<script>タグ記述を削除することで、対象画面での外部スクリプト(JavaScriptファイル)の読み込みが無効になります。
<iframe>タグ記述も同様です。

本設定により、外部サーバに配置したJavaScriptファイルを対象とした攻撃による、不正アクセスやファイル改ざん被害の防止対策を行えます。
(すべての攻撃手法を防止できるわけではありません。)

本機能をご利用の場合でも一部の許可されたドメインからの読み込みとインラインスクリプトの場合はご利用いただけます。

ただし、2021.4.26にWebスキミング防止対策機能を追加リリース後には、インラインスクリプト内であっても、許可されたドメイン以外の外部JavaScriptファイル・iframe外部読み込みは、対象画面上では削除対象となります
2021.4.13以降、プレビューにて事前確認いただけるようになっております。

詳しくは、Webスキミング防止対策 ‐JavaScriptを利用している場合/Webスキミング防止対策 ‐iframeタグを利用している場合をご覧ください。

対象画面

※商品ページ、商品カテゴリページ、トップページなどでは、そのまま利用できます。
※ご注文完了・お申込完了・会員登録完了・メルマガ申込完了などは対象外となります。

カテゴリ 画面名 サンプルURL 備考
注文手続き関連 お客様情報入力~ご注文確認(通常販売) お客様情報入力:/GuestEntry.html
お届け先指定(届け先単数):/DeliveryEdit.html
お届け先指定(届け先複数):/DeliveryMultiEdit.html
お届け先詳細指定(届け先複数):/DeliveryDetailEdit.html
お支払い方法選択:/SettleEdit.html
ご注文確認:/OrderConfirm.html
お客様情報入力~お申込確認(定期・頒布会) お客様情報入力:/FixedPeriodGuestEntry.html
お届け先指定:/FixedPeriodDeliveryEdit.html
お届け日指定:/FixedPeriodDeliveryCycleEdit.html
お支払い方法選択:/FixedPeriodSettleEdit.html
お申込確認:/FixedPeriodOrderConfirm.html
定期・頒布会申込利用店舗様のみ
ご注文手続き(Amazon Pay)※変更画面含む ご注文手続き:/Checkout.html

※以下、スマートフォンのみ
お客様情報の変更:/CheckoutBuyer.html
配送方法の変更:/CheckoutDelivery.html
包装方法の変更:/CheckoutWrapping.html
ポイントの変更:/CheckoutPoints.html
他社ID決済オプション(Amazon Pay)利用店舗様のみ
会員登録関連 会員登録 /MemberEntryEdit.html
会員登録確認 /MemberEntryConfirm.html
パスワード関連 パスワードをお忘れの場合 /PasswordReminderEdit.html
パスワードをお忘れの方 /PasswordReminder.html?id={固有の文字列}
※パスワードのお問い合わせメールに記載
マイページ関連 ログイン
(マイページログイン・お気に入りログイン・ショッピングカートログイン・LINEログイン・クーポンログイン・レビューログイン・購入後ログイン(Apple Pay))
/Login.html LINEログイン:LINE連携オプション利用店舗様のみ
クーポンログイン:クーポン発行機能利用店舗様のみ
購入後ログイン(Apple Pay):Apple Payオプション利用店舗様のみ
注文履歴詳細(マイページ) /OrderDetailForward.html?acceptNo=受注コード
定期・頒布会購入履歴詳細(マイページ) /FixedPeriodHistoryList.html 定期・頒布会申込利用店舗様のみ
会員登録詳細(マイページ) /EntryDetail.html
登録内容変更(マイページ) /EntryEdit.html
登録内容変更確認(マイページ) /EntryEditConfirm.html
登録解除確認(マイページ) /EntryCancelConfirm.html
パスワード変更(マイページ) /PasswordEdit.html
アドレス帳(マイページ) /AddressList.html
アドレス帳新規登録(マイページ) /AddressEntry.html
アドレス帳の変更(マイページ) /AddressEdit.html
アドレス帳の削除(マイページ) /AddressDelete.html
ポイントおまとめ(マイページ) /MemberMergeEntry.html futureshop omni-channel利用店舗様のみ

<連携システムでのJavaScript利用について>

対象画面(個人情報・クレジットカード情報・パスワードなどの重要情報が入力または表示される画面)では、連携システム(広告・トラッキング・MAなど)のJavaScriptについても、同様に削除されます。
任意測定タグ設定(以前からの管理画面)/測定タグ設定(コマースクリエイター)の共通設定に記載されている場合も、出力されません。
※商品ページ、商品カテゴリページ、トップページなどでは、そのまま利用できます。

<測定タグについて>

Google Analyticsなど、主な測定タグの影響をまとめています。測定タグの確認についてにてご確認ください。

項目表示について

各項目は以前からのECサイト用・コマースクリエイター用・共通の3種類があります。コマースクリエイター有効(切替前)は両方の項目が表示されます。

以前からのECサイト用項目で、コマースクリエイターでは使用しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

コマースクリエイター専用ECサイト用の項目です。以前からのECサイトには影響しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

上記以外は共通で使用する項目です。(何も表示されません。)

×

店舗の状態にあわせて、下のボタンからいずれかを選択してください。

コマースクリエイター無効 コマースクリエイター有効 コマースクリエイター運用中
コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

再度選択できますので、店舗の状態がわからない方はいったん「有効」をお選びください。
詳しくはコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。