1. オンラインマニュアル
  2. 外部連携・フィード・API
  3. Google Search Consoleにサイトを登録する方法
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
管理画面メニュー別ガイド
オプション
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • [契約管理ポータル]

Google Search Consoleにサイトを登録する方法

コマースクリエイターでGoogle Search Console(サーチコンソール)にサイトの登録を行う場合、以下の方法となります。
Google Search Console 所有権の確認は、ECサイトにアクセスして確認を行う方式となりますので、ECサイトにドメインが設定されていることが前提となります。

【方法1】Google Analyticsの設定を先に行う

Google Analyticsがすでに設定されており、かつ、Google Analyticsで管理者に設定されているGoogleアカウントと、Google Search Consoleを設定しようとしているGoogleアカウントが共通ならば、所有権が自動的に確認されます

なお、Google Analyticsのトラッキングタグは設定>プロモーション>Google Analytics設定Google Analytics設定(コマースクリエイター)にて設定できます。

上記を全て設定後、Google Search Consoleにてプロパティ(サイト)を追加を選択し、サイトURLを追加します。

【方法2】Googleサーチコンソールから行う

Googleサーチコンソールにアクセスします。

Googleサーチコンソールにアクセスし、[今すぐ開始]を押下します。

Googleアカウントでのログインが必要です。

[プロパティを追加]を押下します。

登録状況により画面に表示される内容が多少異なります。

「プロパティタイプの選択」画面が表示されます。

「ドメイン」「URLプレフィックス」のいずれかを選択します。

<「ドメイン」が推奨される場合>

futureshopで契約しているドメインを他サイトで使っていない場合は、「ドメイン」を選択してください。

手順としては、[A]「ドメイン」を選択します。へお進みください。

<「URLプレフィックス」が推奨される場合>

サブドメインを利用して他サイトを運営している場合や、ECサイトとブログを分けて確認したい場合などは、 「URL プレフィックス」を選択してください。

手順としては、[B]「URL プレフィックス」を選択します。へお進みください。


[A]「ドメイン」を選択します。

  1. 「ドメイン」側の入力欄に、ドメインもしくはサブドメインを入力し、[続行]を押下します。
  2. プロパティの確認が行われます。
  3. 完了すると、「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」モーダルが表示されます。
    「(3)以下の TXT レコードを……」に表示されているレコードをコピーしてDNS設定に貼り付けます。

    <futureshopでDNSを管理している店舗様>
    「futureshop管理画面>運用>サポート」の「お問い合わせフォーム」より、レコード情報の追加をご依頼ください。

    <futureshopでDNSを管理していない店舗様>
    DNS管理者にご依頼ください。
  4. Google Search Consoleにて[確認]を押下します。
    後ほど確認するには、[後で確認]を押下します。
  5. 〈補足〉(4)にて[後で確認]を押下し、後日確認するには、サーチコンソールの「プロパティの検索」より該当のプロパティを選択すると自動的に確認が開始されます。
  6. GoogleがECサイトに設置されたHTMLタグを検知すると、サイトの所有権が確認できます。

[B]「URL プレフィックス」を選択します。

いくつか方法がございますが、ここでは2つご紹介します。

[B-1]HTMLファイルで認証する

  1. 「URL プレフィックス」側の「URL」入力欄にURL(https://から)を入力し、[続行]を押下します。
  2. プロパティの確認が行われます。
  3. 完了すると、「所有権の確認」モーダルが表示されます。
    「HTMLファイル」欄に表示されている「1. ファイルをダウンロード」部分の「↓ファイル名(googleから始まるファイル)」ボタン押下します。
  4. HTMLファイルがダウンロードされます。
  5. 「アイテム一覧」もしくは「FTPサーバ経由」いずれかの方法で、ファイルをアップロードします。

    <アイテム一覧を利用>
    コマースクリエイター>アイテム一覧からアップロードします。
    ファイル名は変更せず、「/top」配下にアップロードします。
    つまりパスは必ず「/top/google*****************.html」となるようにします。

    <FTPサーバ経由>
    FTPサーバ経由からでもアップロードできます。「/itembox/item/top/」配下にアップロードしてください。
    FTPサーバ経由でのアイテムアップロードについての詳細はFTPサーバから商品画像・商品グループ画像・アイテムをアップロードをご覧ください。
  6. Google Search Consoleにて[確認]を押下します。
  7. GoogleがECサイトに設置されたHTMLタグを検知すると、サイトの所有権が確認できます。

[B-2]HTMLタグで認証する

  1. 「URL プレフィックス」側の「URL」入力欄にURL(https://から)を入力し、[続行]を押下します。
  2. プロパティの確認が行われます。
  3. 「所有権の確認」モーダルが表示されます。
  4. その他の確認方法にある「HTMLタグ」を選択します。
  5. 設置するHTMLタグ(METAタグ)が表示されます。表示されたHTMLタグをコピーします。
  6. コマースクリエイターにて、コピーしたメタタグがECサイトに表示されるように設定します。

    <6-1>メタタグをフリーパーツに記載します。
    コマースクリエイター>パーツ一覧にて左下のパーツを追加するボタンから「フリーパーツを追加する」を選択してください。
    コマースクリエイター>フリーパーツ追加にて任意のパーツ名、置換文字を入力し、表示内容に「Google Search Console」にてコピーしたHTMLタグを貼り付けます。
    貼り付けたら保存ボタンを押下してください。

    <6-2>メタタグを記載したフリーパーツを配置するパネルパーツを準備します。
    コマースクリエイター>パーツ一覧にて全レイアウトのHEADタグ内に配置されているパネルパーツを検索します。
    HEADタグ内に共通配置されているパネルパーツは、ご利用のテーマによって以下のいずれかが配置されています。
    ※いずれも配置されていない場合は、コマースクリエイター>テーマ>レイアウト一覧にて、各レイアウトに配置していただく必要があります。
    テーマ パーツ名 パーツ種類
    スタートアップテーマ(レスポンシブ/スマートフォン) headタグ共通(スマートフォン) パネルパーツ
    スタートアップテーマ(PC/タブレット) headタグ共通(PC) パネルパーツ
    スケルトンテーマ headタグ共通(スケルトン) パネルパーツ
    <6-3>パーツを配置します。
    コマースクリエイター>パネルパーツ変更にて画面右側のパーツ検索で先ほど作成したフリーパーツを検索します。
    パーツ配置エリアへ移動ボタンを押下するか、パーツをドラッグ&ドロップして、画面左側のパーツ配置エリアにパーツを配置します。
    右下の保存するボタンを押下して、パネルパーツを保存します。
  7. Google Search Consoleにて[確認]を押下します。
  8. GoogleがECサイトに設置されたHTMLタグを検知すると、サイトの所有権が確認できます。