運用サポート(平日10:00~17:00) 06-6485-6485
コマースクリエイター無効コマースクリエイター有効コマースクリエイター運用中?

GoogleAnalytics連携について

×

マニュアル閲覧上の注意

店舗の状態にあわせて、上のボタンからいずれかを選択してください。表示される項目が変更されます。

コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

上記のボタンは再選択できます。店舗の状態がわからない方はコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。

GoogleAnalyticsを利用した「レコメンドの効果」の確認

「セッション」「ページビュー」「滞在時間」などのアクセス解析の結果を「レコメンド経由」「レコメンド非経由」に分け効果を確認できます。

まずは「レコメンド経由」のアクセスを表示するための設定を行います。

「セグメントを追加」をクリックします。

「+新しいセグメント」をクリックします。

以下の手順に沿って各項目を設定してください。

  1. 「セグメント名」を記入してください。任意に設定してください。(例:レコメンド経由)
  2. 「条件」をクリックします。
  3. 詳細条件をそれぞれ設定します。
    ブルダウンメニューより「イベントアクション」を、条件は「完全一致」を選択、値に「click」と入力してください。
  4. 「AND」をクリックし、ディメンションを追加します。
  5. 詳細条件をそれぞれ設定します。
    ブルダウンメニューより「イベントカテゴリ」を、条件は「完全一致」を選択、値に「rcmdjp」と入力してください。
  6. 「保存」をクリックし、保存します。

次に「レコメンド非経由」のアクセスを表示するための設定を行います。

「セグメントを追加」をクリックします。

「+新しいセグメント」をクリックします。

以下の手順に沿って各項目を設定してください。

  1. 「セグメント名」を記入してください。任意に設定してください。(例:レコメンド非経由)
  2. 「条件」をクリックします。
  3. フィルタの条件を「除外する」に変更します。
  4. 詳細条件をそれぞれ設定します。
    ブルダウンメニューより「イベントアクション」を、条件は「完全一致」を選択、値に「click」と入力してください。
  5. 「OR」をクリックし、ディメンションを追加します。
  6. 詳細条件をそれぞれ設定します。
    ブルダウンメニューより「イベントカテゴリ」を、条件は「完全一致」を選択、値に「rcmdjp」と入力してください。
  7. 「保存」をクリックし、保存します。

下図のように「レコメンド経由」と「レコメンド非経由」の解析結果を並べて表示ができます。

デザインパターン(テンプレート)の「ABテスト」について

お客様(セッション)ごとに、デザインを切り替えコンバージョン率やクリック率を比べることができます。設定されたデザインパターン(テンプレート)の表示割合は自動的に等分に振り分けられます。例えば「2つのテンプレート」を設定した場合は50%ずつ、「3つのテンプレート」を設定した場合は、33%(1/3)ずつ振り分けられて表示されます。

なおABテストの結果は、GoogleAnalyticsの「詳細セグメント」より効果を確認できます。

「ABテスト」の設定方法

futureRecommend2管理画面より「ABテスト」用のテンプレートを準備します.

各種レコメンド表示タグの[templete:テンプレートの種類]に、下記のように「テンプレート名」を並べて記述します。
例えば「fs_ABtest-A」と「fs_ABtest-B」の2テンプレートでテストする場合、以下の(例)の通り記述しますと、自動的に50%ずつの割合で各デザインが表示されます。
※出力タグの記述方法と設置場所については、出力タグについておよびレコメンド2表示方法(以前からのユーザー画面)設定>レコメンド2設定をご覧ください。

template:['テンプレート名','テンプレート名','テンプレート名','テンプレート名'] 
(例)template:['fs_ABtest-A','fs_ABtest-B'] 

ABテスト比較例

  • 在庫数の表示と非表示
  • 商品画像の表示位置を変更する
  • 見出しを変更する
  • 背景色のあり/なしにする
※ページ内のレコメンド表示位置を変更して検証する際には、同時ABテストはできませんので期間を区切りテストを行ってください。

GoogleAnalyticsでの「ABテスト」結果確認方法

「セッション」「ページビュー」「滞在時間」などのアクセス解析の結果をデザインパターン(テンプレート)ごとに比較し、効果を確認できます。

「セグメントを追加」をクリックします。

「+新しいセグメント」をクリックします。

以下の手順に沿って各項目を設定してください。

  1. 「セグメント名」を記入してください。テンプレート名など、分かりやすい名前をつけてください。(例:templeteA)
  2. 「条件」をクリックします。
  3. 詳細条件をそれぞれ設定します。
    ブルダウンメニューより「イベントアクション」を、条件は「完全一致」を選択、値に「click」と入力してください。
  4. 「AND」をクリックし、ディメンションを追加します。
  5. 詳細条件をそれぞれ設定します。
    ブルダウンメニューより「イベントカテゴリ」を、条件は「完全一致」を選択、値に「rcmdjp」と入力してください。
  6. 「AND」をクリックし、ディメンションを追加します。
  7. 詳細条件をそれぞれ設定します。
    ブルダウンメニューより「イベントラベル」を、条件は「完全一致」を選択、値に「テンプレート名(設定したテンプレート名を正しく記入してください)」を入力してください。
  8. 「保存」をクリックし、保存します。

以上までの設定を「ABテスト」中のテンプレート全てに行い、セグメント化してください。

下図のようにテンプレート毎の解析結果を並べて表示できます。

項目表示について

各項目は以前からのECサイト用・コマースクリエイター用・共通の3種類があります。コマースクリエイター有効(切替前)は両方の項目が表示されます。

以前からのECサイト用項目で、コマースクリエイターでは使用しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

コマースクリエイター専用ECサイト用の項目です。以前からのECサイトには影響しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

上記以外は共通で使用する項目です。(何も表示されません。)

×

店舗の状態にあわせて、下のボタンからいずれかを選択してください。

コマースクリエイター無効 コマースクリエイター有効 コマースクリエイター運用中
コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

再度選択できますので、店舗の状態がわからない方はいったん「有効」をお選びください。
詳しくはコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。