運用サポート(平日10:00~17:00) 06-6485-6485
コマースクリエイター無効コマースクリエイター有効コマースクリエイター運用中?

レコメンド管理画面-設定-レコメンド

×

マニュアル閲覧上の注意

店舗の状態にあわせて、上のボタンからいずれかを選択してください。表示される項目が変更されます。

コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

上記のボタンは再選択できます。店舗の状態がわからない方はコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。

レコメンド

レコメンド表示の各種設定ができます。またレコメンドデータから除外するIPアドレスの設定ができます。

1.基本設定
レコメンドを表示するための基本設定です。
2.全体ルール
全商品に対して、必ず表示させたいレコメンド商品がある場合に使用します。
3.アイテム(商品)別ルール
特定のアイテム(商品)に表示するレコメンド商品を手動で設定できます。
4.表示タグ
選択した項目に合わせて、自動的に表示用のJavaScriptタグを生成します。

レコメンド商品として優先される順位(ルール)について

  1. レコメンド設定の「全体ルール」(ルール設定の全体設定)
  2. レコメンド設定の「アイテム(商品)別ルール」(商品個別に設定されたルール)
  3. ランキング設定の「全体ルール設定」(商品順位を任意に設定されたルール)
  4. レコメンド設定の「基本設定」の「レコメンド補てん設定」の「補てん用アイテム(商品)設定」で設定された商品

※レコメンドカテゴリが設定されている商品のレコメンド表示を行う場合には、同じレコメンドカテゴリの商品のみで、上記の優先順位(ルール)が適用されます。(レコメンドカテゴリは事前にレコメンドカテゴリ設定が必要です。)

  

基本設定

レコメンド最適化設定

なにもしない
レコメンド商品の上位より設定された商品数を表示します。設定はテンプレートに記述します。
前日から約1か月分のデータを使用するので、ある程度固定した商品をお客様に表示し続けられます。
上位10位からランダム表示
レコメンド商品の中から、ランダムで設定された商品数を表示します。(1日1回更新)設定はテンプレートに記述します。
これにより、毎日違ったデータをお客様にお見せすることができます。
※上記を選択している場合は「アイテム(商品)別ルール」を設定した場合でもランダムに表示されます。

レコメンド補てん設定

なにもしない
レコメンド補てんはせず、お客様の履歴データのみで商品を表示します。開店直後などは行動履歴データがあまりたまっていないため、レコメンド最大表示件数分に達しないことがあります。このような表示数不足を防止するには、以下の補てん設定(3パターン)をお試しください。
内容が似ているアイテム(商品)を補てん
以下のルールが適用されます。
  • アイテム(商品)名(商品名)を単語で分け、全体の10%以上のアイテム(商品)に共通している単語を除外した上で、対象商品と同じ単語の数が多いアイテム(商品)をランダムで表示します。
  • レコメンド最大表示件数分補てんができない場合は、「ランキングで補てん」で選択しているランキングにて補てんを行います。
  • 新規登録商品など、レコメンドサーバにデータが送信されていないアイテム(商品)が指定された場合は、全体のウィークリーレコメンドクリック数ランキングよりアイテム(商品)を自動で補てんします。
ランキングで補てん
レコメンド経由のランキングで補てんします。以下が選択できます。
  • デイリーランキング(レコメンド経由PV)
  • ウィークリーランキング(レコメンド経由PV)
  • マンスリーランキング(レコメンド経由PV)
補てん用アイテム(商品)を設定
補てんを行うアイテム(商品)を任意で設定ができます。
設定したアイテム(商品)は各アイテム(商品)ルール(全体/アイテム(商品)別/ランキング)の次に優先されるアイテム(商品)となります。
上図における赤枠内に、アイテム(商品)コード(商品URLコード)や商品名を入力し「追加」ボタンを押下します。
赤い「×」を押下すると削除できます。

IP除外設定

社内からのアクセスなどを除外したい場合は、IPアドレスを改行し登録してください。

リファラ除外URL設定

レコメンドタグにて[閲覧]パラメータを利用している場合のみ、指定したURLが除外されます。

(例)トップページに商品ページへリンクが設けられている場合などは、特定の商品ページへのアクセスが高くなる可能性があり、該当商品がレコメンド[閲覧]に表示されやすくなります。この場合、「リファラ除外URL設定」へトップページのURLを登録すると、トップページリンクからの遷移数(閲覧数)をレコメンド演算の対象外にできます。

トップページのドメインが、wwwと、wwwなしの両方がある場合「*」を使い記述します。
(例)http://www.future-shop.jp/  http://future-shop.jp/ → http://*future-shop.jp/

全体ルール

レコメンド表示時に必ず表示したいアイテム(商品)を任意に設定できます。設定したアイテム(商品)は、全てのレコメンド[閲覧][購入]に表示されます。

アイテム(商品)コード(商品URLコード)や商品名を入力し、「追加」を押下します。
設定されたアイテム(商品)を削除するには赤色の「×」を押下します。

アイテム(商品)別ルール

特定のアイテム(商品)に表示されるレコメンドを手動で設定します。

1.アイテム(商品)設定を追加
ルール設定したいアイテム(商品)を検索し追加します。アイテム(商品)コード(商品URLコード)や商品名を入力し、「アイテム(商品)設定を追加」ボタンを押下します。追加されたアイテム(商品)は【2】の赤色の「×」を押下すると削除できます。
3.表示アイテム(商品)を追加
レコメンドとして表示させたいアイテム(商品)を検索し追加します。アイテム(商品)コード(商品URLコード)や商品名を入力し、「表示アイテム(商品)を追加」ボタンを押下します。追加されたアイテム(商品)は【4】の赤色の「×」を押下すると削除できます。
※ルール設定をかける対象アイテム(商品)の表示
対象アイテム(商品)ごとに追加されます。なお、ルール設定ができるアイテム(商品)の登録数に制限はありませんが、表示できるのは最大10アイテム(商品)です。

アイテム(商品)コード(商品URLコード)入力の注意点

  • 空のアイテム(商品)コードは入力できません。
  • 存在しないアイテム(商品)コードは入力できません。
  • アイテム(商品)コードが重複すると、重複時にエラーメッセージが表示され入力できません。
  • 削除されたアイテム(商品)は入力できますが、適用(レコメンド表示)されません。
  • 在庫切れ(なし)のアイテム(商品)は入力できますが、適用(レコメンド表示)されません。
  • アイテム(商品)名(name)のないアイテム(商品)は適用(レコメンド表示)されません。

表示タグ

表示させたいレコメンドの項目を選択すると、自動的に表示用タグを生成します。

【推奨】タグの利用には各種注意事項がございます。また自動的に商品URLコード(code)が置き換わる、便利な置換文字もご用意していますので、出力タグについてに記載されたサンプルタグを元にカスタマイズされることをおすすめします。

種類
PV:閲覧ベース
CV:コンバージョンベース(購入データがない場合表示されません)
アイテム(商品)コード
アイテム(商品)コードを指定することで、特定商品のレコメンドタグが生成できます。
アイテム(商品)コード(商品URLコード)を直接指定したい場合はチェックを入れ、アイテム(商品)コード(商品URLコード)を入力してください。
【推奨】置換文字を利用してアイテム(商品)コード(商品URLコード)を商品ページごとに呼び出すと大変便利です。置換文字とタグの記述方法については出力タグについてをご覧ください。
テンプレート
「設定>テンプレート」にて作成したテンプレートの選択が可能です。詳しくは設定(テンプレート/テンプレートタグ)をご覧ください。
フィルタ
レコメンド表示されるアイテム(商品)にフィルタをかけられます。
指定なし :全アイテム(商品)が対象になります。
category:表示された商品と同一レコメンドカテゴリに属するのアイテム(商品)のみ対象になります。

※あらかじめレコメンドカテゴリの設定が必要ですので、レコメンドカテゴリ設定をご覧ください。未設定の場合は「指定しない」を必ず選択してください。
「表示タグを生成」ボタン
「表示タグを生成」ボタンを押下すると、選択された項目に応じて、表示用のタグが自動生成されます。

項目表示について

各項目は以前からのECサイト用・コマースクリエイター用・共通の3種類があります。コマースクリエイター有効(切替前)は両方の項目が表示されます。

以前からのECサイト用項目で、コマースクリエイターでは使用しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

コマースクリエイター専用ECサイト用の項目です。以前からのECサイトには影響しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

上記以外は共通で使用する項目です。(何も表示されません。)

×

店舗の状態にあわせて、下のボタンからいずれかを選択してください。

コマースクリエイター無効 コマースクリエイター有効 コマースクリエイター運用中
コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

再度選択できますので、店舗の状態がわからない方はいったん「有効」をお選びください。
詳しくはコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。