キャンセル
検索
導入前のご相談 06-6485-5330
運用サポート:06-6485-6485 平日9:30~18:00(土日祝除く)
コマースクリエイター無効コマースクリエイター有効コマースクリエイター運用中?

リカバリー設定:リカバリーメール

×

マニュアル閲覧上の注意

店舗の状態にあわせて、上のボタンからいずれかを選択してください。表示される項目が変更されます。

コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

上記のボタンは再選択できます。店舗の状態がわからない方はコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。

リカバリー設定:リカバリーメール

グローバルメニューの「リカバリー設定」より、リカバリーメールの設定を行うことができます。
※現在、カートリカバリー管理画面の動作保証環境は最新版のChromeのみになりますので、Chromeで作業をしてください。(別ブラウザで作業をされた場合、メール設定や保存ができませんので、ご注意ください。)

目次

メール基本設定

リカバリーメールの共通設定を行います。差出人情報・購読解除完了URLは必ず設定してください。
この情報はリカバリーメール設定画面からも変更できます。

リカバリー広告を利用中の場合
リカバリー広告を利用中の場合
リカバリーメールのみの場合
リカバリーメールのみの場合

差出人情報

差出人情報の登録ボタンを押下し、「差出人名」「差出人アドレス」「返信先アドレス」を記載して、保存ボタンを押下します。

全リカバリーメールに共通の設定です。

差出人氏名(必須)
メールの差出人を入力してください。
差出人アドレス(必須)
配信元として表示されるメールアドレスを入力してください
返信先アドレス
受け取ったメールを返信した際、差出人とは異なるメールアドレスを宛先に指定したい場合は入力してください
入力内容はサンプルです。各ECサイトに合わせて、情報を記入ください。

購読解除完了URL

カートリカバリーの配信停止方法は2種類あります。「1.配信停止リンクを用いた配信停止」「2.会員のメールマガジン受信可否を利用する方法」です。
「2.会員のメールマガジン受信可否を利用する方法」についてはこちらをご覧ください。
こちらは「1.配信停止リンクを用いた配信停止」を行う際に必要な設定です。

配信停止リンクを用いた配信停止

クリックすると配信対象から除外した上で、設定したリンク先に遷移します。リンク先ページは用意されておりませんので、リカバリーメール停止完了ページを別途ご用意いただくか、トップページなどを指定してください。

こちらの方法は、通常のメールマガジン受信可否とは関連のない、カートリカバリー専用の解除方法となります。(通常のメールマガジン停止完了画面はご利用いただけません。)
また、配信対象除外された場合、再び配信対象にする方法はありません。

購読解除完了URLの登録ボタンを押下し、購読解除後に遷移したいURLを記載し、保存ボタンを押下します。
「購読解除完了URL」は購読解除後に遷移させたいURLを記入ください。

入力内容はサンプルです。購読解除後に遷移させたいURLを記入ください。

HTML本文の初期テンプレート

テンプレートにあらかじめ記載されている[ unsubscribe ]という置換文字が、配信停止(購読解除)URLになります。

購読解除完了URLが登録されていれば、<a>タグのHREF属性の値にドメインを記載する必要はありません。

テキスト本文の初期テンプレート

テンプレートにあらかじめ記載されている[ unsubscribe ]という置換文字が、配信停止(購読解除)URLになります。

購読解除完了URLが登録されていれば、ドメインを記載する必要はありません。

配信を停止する時間帯

「メール基本設定」を押下し、配信を停止する時間帯の登録ボタンを押下してください。
メール配信を除外したい時間帯を設定できます。設定した時間はメール配信が停止されます。

配信を除外したい時刻を選択してください。選択すると「配信を停止する時間帯:AM 0 : 00-AM 7 : 00」など、配信が除外される時間帯が表示されますので、確認して「保存」を押下してください。

PM10:00~AM7:00までを配信停止時間帯に指定

配信を停止する時間帯に該当したリカバリーメールについて

  1. 配信停止時間帯に該当したリカバリーメールは、配信停止時間帯終了後、順次配信されます。
  2. 継続する時間帯のリカバリーメールについても、設定された配信タイミングに沿って順次配信されます。

リカバリーメールを「30分後」のみ設定し、AM0:00~AM7:00までを配信を停止する時間帯に指定した場合

PM11:50にカートイン(かつ注文なし)の場合は、以下の時間にリカバリーメールが配信されます。

AM7:00に「30分後」のリカバリーメール(上記1)

リカバリーメールを「1時間後」「3時間後」に設定し、AM0:00~AM7:00までを配信を停止する時間帯に指定した場合

PM11:50にカートイン(かつ注文なし)の場合は、以下の時間にリカバリーメールが配信されます。

AM7:00に「1時間後」のリカバリーメール(上記1)
AM9:00に「3時間後」のリカバリーメール(上記2)

クリック計測対象ドメイン

「メール基本設定」を押下し、クリック計測対象ドメインの登録ボタンを押下してください。
リカバリー商品以外に設置したリンクについて、リカバリーレポートの計測対象にできます。(ご登録がない場合は、リカバリー商品部分のみ計測します。) 編集ボタンを押下して設定します。

クリック計測対象ドメイン欄に、計測対象にしたいURLのドメイン名を入力して「保存」を押下してください。
サブドメインを指定して登録できます。サブドメインを利用する場合は、サブドメインを登録してください。
パラメータを付けたURLでも計測できます。

(例)リンク先URL:http://example.com/samplepage.html → 入力するドメイン名:example.com

「+」ボタンを押下すると、計測対象ドメインを追加できます。登録は10件までできます。
「ー」ボタンを押下すると、計測対象ドメインを削除できます。入力できたら「保存」を押下してください。

クリック計測対象ドメインとは

リカバリーメールについて、初期状態でリカバリーレポートの計測対象となっているのは、リカバリー商品のボタン部分に記載されたリンクのみです。

ですが、リカバリーメールには、リカバリー商品以外にも、ECサイトなどへのリンクを設置できます。
そこでクリック計測対象ドメインを登録すれば(リカバリー商品以外のリンクについて)計測対象とし、リカバリーレポートに加算できます。
計測される数字は、リテンション数・リカバリー数と、リカバリーメール効果のクリック件数・コンバージョン件数です。

ドメイン名を登録すれば、リカバリーメールに記載したリンク先がクリック計測の対象になります。(URLが登録済みドメインの場合に計測できます。)
HTMLメールでは、<a>タグのHREF属性に設定されているURLのみ計測できます。テキストメールでは、記載されているURLすべてが対象となります。
リンク先ページに、カートリカバリーのデータ収集タグが設置されていない場合も計測できます。

なお、カートリカバリーの配信停止URLについては、計測対象となりません。

ドメイン名入力の注意

  • ワイルドカードは利用できません。(例 「*.example.com」)
  • 正規表現は利用できません。(例 「(www|sub).example.com」など)
  • sub1.example.com と登録した場合、sub2.example.com は計測対象になりません。
  • example.com と登録した場合、example.com のみが計測対象となります。sub1.example.comは計測対象となりません。
  • example.com と登録し、かつ sub1.example.com と登録した場合、example.com と sub1.example.comの両方で計測が可能となります。
  • sub1.example.com と登録した場合、かつリンク設定が http://example.com だった場合、sub1.example.com のみの計測となります。http://example.com は計測されません。

測定の詳細

リカバリーメールに記載されたリンクをクリックするとクリック件数・リテンション数が計測されます。その後、カートリカバリーを導入しているサイト(データ収集タグが設置されているページ)を表示した後、注文された場合に、コンバージョン数、リカバリー数が計測されます。

リカバリーメールに記載されたリンクのURLが、ECサイトと全く別のサイトであった場合でも測定できます。
例えば、ドメイン名の違うECサイトと企業サイトがある場合、企業サイトに遷移した後に、企業サイトからECサイトに遷移した場合に計測できます。
また、リカバリーメール内にFacebookなどSNSの記載がある場合、そのドメインを設定すれば、SNSサイトへ遷移した後、ECサイトに遷移した場合にも計測できます。

クリック計測対象ドメイン:example.comexample.jp
ECサイトのURL:http://example.com/
リカバリーメールに記載されたリンクのURL:http://example.jp/

ユーザーがクリック(クリックが計測される)

http://example.jp/が表示される

ユーザーが http://example.jp/に記載されたECサイトへのリンク(http://example.com/)をクリック

ECサイトのドメイン:http://example.com/shop/

注文される(リカバリーが計測される)

メール配信除外商品

「メール基本設定」を押下し、クリック計測対象ドメインの登録ボタンを押下してください。リカバリーメールの配信対象から除外する商品を登録できます。

メール配信除外商品の登録

表示された説明をご確認ください。

CSVフォーマットダウンロード
アップロード用のCSVフォーマットがダウンロードできます。
CSVインポート
CSVファイルを編集した後、インポートできます。

CSVファイルの文字コードはUTF-8またはShift-JISに対応しています。

CSVファイルの項目

id
商品id:必須。半角英数記号200文字。
name
商品名:任意。半角英数記号またはマルチバイト文字で1,000文字。
メール配信除外商品一覧表示用で、メールには反映されません。
page
商品ページURL:任意。半角英数記号またはマルチバイト文字で1,000文字。
メール配信除外商品一覧表示用で、メールには反映されません。

※マルチバイト文字項目については、半角全角を判別せず、1文字としてカウントいたします

メール配信対象から除外する商品をCSVファイルでインポートしてください。
CSVファイルの形式は、[CSVフォーマットダウンロード]からご確認ください。

  • CSVファイルの1行目に項目名を記載したヘッダー行(id, name, page)を含めてください。
  • 1ファイルに1万件を超える場合は複数のファイルに分割してください。
  • 商品IDが既に登録されている場合は、商品名、商品ページURLが上書き更新されます。
  • 商品IDはカートページに記載したタグに指定した商品IDを登録ください。
  • 特に商品IDの先頭が「0(ゼロ)」で始まる場合には、CSVファイル作成時に欠落しないようにご注意ください。
  • 商品名などにカンマ(,)が含まれる場合は、ダブルコーテーション(")で括ってください。

CSVインポート

編集したCSVファイルを選択し、開くを押下してください。

メール配信除外商品

インポートするCSVデータが表示されます。確認して問題なければ「保存」ボタンを押下して下さい。

商品データが登録されると、メール配信除外商品の件数が表示されます。
「一覧」ボタンを押下すると、除外登録した商品が表示されます。

メール配信除外の削除

一覧にて、メール配信除外対象となっている商品を削除できます。

すべて削除
メール配信除外対象となっている商品をすべて削除できます。
全て削除する場合は、各商品データの左端にあるチェックは外してください。
個別削除
一覧より削除したい商品の左端にあるチェックをつけて、左下の削除ボタンを押下してください。チェックした件数が「削除」ボタンに表示されます。

ご注意

  • 特定商品を除外できるのはメールのみです。
    広告から除外する場合は、「広告基本設定」から登録してください。
  • CSV内の項目は「id」が必須となっており、収集している商品情報とidで紐付が行われます。商品idはショッピングカートに設置するタグの内「商品情報置換文字 ($ITEM_INFO$)」の「id」に指定した値となります。詳しくはフューチャーショップサポートまでお問い合わせください。

カート放棄商品のメール除外について

カート放棄された際に、メール配信除外商品であれば、リカバリーメール配信対象から除外します。カート放棄後にメール配信除外商品に登録された場合は、除外されません。

すべての項目を設定した場合

メール基本設定を押下すると、以下のように設定されている内容をご確認いただけます。

メール配信(配信設定)

カゴ落ち後に配信するリカバリーメールの内容を設定できます。

上記の「1.メール配信(配信設定)」をクリック後、送信するメール本文を作成できます。配信時間ごとにメール本文を作成します。

1.配信設定のON/OFF
ONにすると配信が開始されます。(ONにした時点で対象者がいる場合はメールが配信されます)
※差出人情報・購読解除設定がされていない場合は、ダイアログが表示されます。コチラをご確認ください。
2.テスト配信
作成したメールのテスト配信を行えます。
テスト配信前に、タグを設置してください。(参考:タグ設定について
またテスト配信前に、いったん会員ログインした上で、カートに5種類の商品を追加してください。
※差出人情報・購読解除設定がされていない場合は、ダイアログが表示されます。コチラをご確認ください。
3.保存(必須)
作成したテンプレートを保存できます。配信前に保存してください。
4.件名(必須)
配信するメールの件名を入力してください。
5.テンプレート
現在のメール文面を破棄し、初期テンプレートを適用します。
6.インポート
HTMLファイルをUTF-8(BOM無し)形式でインポートして利用することができます。
7.エクスポート
作成したHTMLファイルをUTF-8(BOM無し)形式でエクスポートすることができます。設定したメールを他の配信時間で配信したい場合に利用することができます。
8.プレビュー
管理画面で簡易な表示確認ができます。あくまで簡易な確認ですので、テスト配信して実際のメールアプリなどでの表示をご確認ください。
HTML本文/テキスト本文切替
文面を編集する画面を切り替えます。HTMLメールの文面を編集する場合には「HTML本文」を、テキストメールの文面を編集する場合は「テキスト本文」を押下してください。
9.メール基本設定
リカバリーメールの共通設定を行います。差出人情報・購読解除完了URL・配信を停止する時間帯・クリック計測対象ドメインを設定できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

配信設定をONにする

配信設定をONにすると、リカバリーメールが配信開始されます。メール内容を確認し、テスト配信を行ってメールの表示を確認した上で配信を開始してください。

テストメール配信または配信設定をONにする前に、タグの設置を行ってください。(参考:タグ設定について

ONを押下すると、メッセージが表示されます。「保存&開始」を押下すると、配信が始まります。

配信設定をONにした際の対象者について

対象者の範囲は、配信設定をONにした時点(※)から「設定時間」だけ前の時点から、「24時間前」までのカート離脱です。対象は測定タグ設置以降のカート放棄となります。
※実際には、設定ONにした直後の配信処理時点で計算しますので、タイムラグがございます。

例えば、11月15日(火)15:00に「3時間」後設定をONにした場合、リカバリーメールの配信対象は「3時間+24時間」となり、配信対象は11月14日(月)12:00~11月15日(火)12:00 に発生したカート放棄となります。

「配信設定のON/OFF」にてONにした際、またはテスト送信した際にダイアログが表示された場合

「配信設定のON/OFF」にてONにして保存をされた際、差出人情報・購読解除設定がされていない場合は、ダイアログが表示されます。

以下の項目を入力して、「初回登録&次へ」を押下してください。

差出人氏名(必須)
メールの差出人を入力してください。
差出人アドレス(必須)
配信元として表示されるメールアドレスを入力してください
返信先アドレス
受け取ったメールを返信した際、差出人とは異なるメールアドレスを宛先に指定したい場合は入力してください
購読解除完了URL(必須)
リカバリーメールに記載された購読解除リンクを押下したのちに遷移させたいURLを入力してください。詳しくはこちらをご覧ください。

HTMLメール

カートリカバリーで設定・配信するHTMLメールはレスポンシブHTMLメールとなります。メール文面の設定はリカバリー設定画面から配信したい時間を選択して行います。

「HTML本文/テキスト本文切替」表示が「HTML本文」となっている状態で編集します。

メールテンプレート作成については、下記の2パターンがあります。

  1. カートリカバリー内の初期テンプレートを元に作成する。(推奨)
  2. メルマガのHTMLをインポート後、インポートしたメール内にカゴ落ちした商品の差し込みを行う。

カートリカバリー内の初期テンプレートを元に作成する。(推奨)

メール設定画面に初期テンプレートが表示されます。初期テンプレートを元に「メール作成エディタ」を利用して、リカバリーメールを作成できます。
カーソルを合わせていただくとセクションを追加していただけます。

初期テンプレートの利用方法

最上段にロゴ画像、最下段に「会社名」「住所」「連絡先」「サイトURL」「コピーライト」が記載されていますので、自社の内容に変更してください。

初期テンプレートの推奨受信環境

初期テンプレートによるリカバリーメール配信の推奨受信環境は以下となります。

  • Gmail(Android・iOS・Chrome [Windows 7/Windows 10] )
  • Yahoo!メール(Android・iOS・Chrome [Windows 7/Windows 10] )
  • メール App(iOS ※標準メーラー)
  • Outlook 2010 (Windows 7)
  • Outlook 2016 (Windows 10)
  • メールアプリ(Windows 10)
  • Windows Live Mail 2012(Windows 7)
  • Thunderbird (Windows 7)

※メールアプリのバージョンは最新版となります。
※リカバリーメールの編集方法よっては、上記環境でも正しく表示できない可能性があります。

HTMLエディタで追加できる内容(セクション追加)について

セクション追加できる内容は以下の通りです。

罫線
グレーの水平線です。
スペース
空白。任意の内容を記載できます。
1カラム
画像、見出し、本文、ボタンのセットです。
2カラム
横2段組みになった画像、見出し、本文、ボタンのセットです。
3カラム
横3段組みになった画像、見出し、本文、ボタンのセットです。
4カラム
横4段組みになった画像、見出し、本文、ボタンのセットです。
メッセージ
見出し、本文、ボタンのセットです。
左イメージ
画像が左に、残りが右に配置されたセットです。
右イメージ
画像が右に、残りが右に配置されたセットです。
リスト
画像が左に、残りが右に配置されたセットです。
ゴミ箱
セクションの右上に表示され、押下するとそのセクションを削除できます。
  • 画像(大)のサイズは横280×縦200ピクセルです。
  • 画像(小)のサイズは横130×縦100ピクセルです。
  • ボタンはボタン形状のリンクです。

編集領域について

画像、見出し、本文、ボタン、空白をクリックすると、画面下に編集領域が表示されます。 編集領域には、直接HTMLタグが記載されていて、任意に編集できます。

編集した結果によっては、メールが正しく表示されない場合があります。
テスト配信機能を利用し、メールが正しく表示されるように記載してください。

カゴ落ちした商品情報が表示される[リカバリー商品]について

リカバリー商品は初期テンプレートに予め記載されています。

[リカバリー商品]について

リカバリー商品の情報は動的な部分(ユーザーごとに異なる部分)となります。
リカバリーメールには最大5つまでの商品がランダムに表示されます。1~5つの見え方は緑の枠の上矢印、下矢印でご確認いただけます。
※例えば「¥」を「円」に修正したい場合は、「1商品放棄者用」~「5商品放棄者用」まで、全てを修正していただく必要があります。

また、リカバリーメールのカゴ落ち商品の情報は設置するタグについてにある「ショッピングカートページ」に設置したタグより取得した情報が表示されます。

[リカバリー商品]の「ボタンカラーの変更」

ボタンの色を変更する場合は[ボタンカラー]をクリックすると、ボタンの色を指定、またはクリックして色を選択していただくことができます。
※選択した色は「1商品放棄者用」~「5商品放棄者用」まで、全てに適用されます。

[リカバリー商品]を追加する方法

削除した場合などは、以下の方法でリカバリー商品記載部分を追加してください。

  • 青い点線で囲まれた枠の上を選択すると表示される[コンテンツ追加]をクリックします。
  • リカバリー商品をクリックします。

メルマガのHTMLをインポート後、インポートしたメール内にカゴ落ちした商品の差し込みを行う

普段運用しているHTMLメールがある場合は、そちらをインポートしていただき、その後、カゴ落ちした商品を追加することができます。

初期テンプレートを元にHTMLファイルを編集する方法

メール設定画面に表示される初期テンプレートをエクスポートし、エクスポートされたHTMLファイルを編集して、再度インポートする方法も可能です。 編集時には注意点(セクションの定義)をご確認ください。初期テンプレートをエクスポートする方法は、リカバリーメール設定をご覧ください。

手順

  1. カゴ落ち商品情報の内容が入っていない状態でHTMLファイル(UTF-8(BOM無し))を作成
  2. HTMLファイルをインポート
  3. 「メール作成エディタ」からカゴ落ち商品の差し込みを設定
  4. 保存をクリック
  5. テスト配信にて動的なレイアウト(カゴ落ち商品部分)を確認

手順1. カゴ落ち商品情報の内容が入っていない状態でHTMLファイル(UTF-8(BOM無し))を作成

普段運用しているHTMLメールがある場合はそちらをご用意ください。 尚、HTMLはUTF-8(BOM無し)で保存をしてください。

手順2. HTMLファイルをインポート

※メールの設定につきましては「リカバリーメール設定」をご確認ください。

「HTMLメール」の[インポート]をクリックし、ご用意いただいたHTMLメールをドラッグ&ドロップしてください。

手順3. 「メール作成エディタ」からカゴ落ち商品(リカバリー商品)の差し込みを設定

インポートしたメールの内容を選択すると、青い点線で囲まれた枠が表示されます。
[コンテンツ追加]をクリック後、[リカバリー商品]をクリックしてください。(詳しくは「リカバリーメール設定:[リカバリー商品]について」をご確認ください)
※セクションの定義とは、「幅を持った、一番外側のタグ」になります。 セクションの定義の詳細、青い点線の枠が表示されない場合は下記「※HTMLメールをインポート後、コンテンツ追加ができない場合をご確認ください。

手順4. 保存をクリック

画面右上の[保存]をクリックして、保存します。
※[保存]をクリックせずに、ページを移動した場合は保存されません。ご注意ください。
※エラーが出た場合はリカバリーメール設定をご確認ください。

 

手順5. テスト配信にて動的なレイアウト(カゴ落ち商品部分)を確認

画面右上にある[テスト配信]をクリックしてください。 テスト配信をしたいメールアドレスを入力後、[テスト配信]をクリックしてください。

テスト配信は5通届きます

テスト配信されるメールは、1商品掲載の場合から5商品掲載の場合まで、5通送信されます。

※HTMLメールをインポート後、「コンテンツ追加」ができない場合

「カゴ落ち商品情報の内容」を設定する、または「メール作成エディタ」から「コンテンツ」を追加していただく為には、セクションと判定されるtableタグが、一つ以上必要です。
セクションの定義とは、「幅を持った、一番外側のtableタグ」になります。

セクションの定義(以下を満たすもの)

  • tableタグであること
  • tableタグは、bodyと同じ幅でないこと
  • tableタグから各ノード(要素)を辿っていき、最初に該当すること

エディタ上では、青い点線で囲まれた領域がセクションに該当します。したがって、その直後に「コンテンツ追加」が可能となります。 では、セクション内で使用されている他のタグはと言いますと、セクションを構成する要素の一つということになります。 そのため、それらの下には「コンテンツ追加」は不可となります。

追加できるコンテンツ領域 = 新規セクションです。 現状、セクションのネスト(入れ子構造)はできないため、以上の仕様となっております。

尚、centerタグやdivタグなど、table以外のタグがセクション間に使用されても、セクションとは判別されません。 エディタ上でも青い点線で囲まれないので、それらの下にも「コンテンツ追加」は不可となります。

テキストメール

「HTML本文/テキスト本文切替」表示が「テキスト本文」となっている状態で編集します。

テキストメールにはエクスポート/インポート機能はありません。
フューチャーカートリカバリー管理画面でテキスト本文を編集してください。

初期テンプレートの適用について

「このメールはHTMLメールが表示できるメールアプリでご覧ください。」と表示されている場合、「テンプレート適用」ボタンを押下すると、初期テンプレートに変更できます。

初期テンプレートの利用方法

テキストメール編集画面では、直接青い点線内を選択して編集してください。

以下の項目を必ず編集してください。不要ならば削除してください。

  1. 購読解除URL
  2. 会社名
  3. 住所
  4. 連絡先
  5. サイトURL
  6. コピーライト

[リカバリー商品]について

HTML本文同様、リカバリーメールには最大5つまでの商品がランダムに表示されます。1~5つの見え方は緑の枠の上矢印、下矢印でご確認いただけます。
※例えば「¥」を「円」に修正したい場合は、「1商品放棄者用」~「5商品放棄者用」まで、全てを修正していただく必要があります。

テキスト本文内のURL表示について

テキスト本文中のURL(測定対象)については、すべて以下のような形式となります。

http://gt1.jp/ac/p/XXXXXXX/XXXXXXXX?pos=0&ref=http%3A%2F%2Fexample.com%2F

「&ref=」以降に遷移先のURLがエンコードされて記載されます。
クリック測定対象ドメインに含めるには「クリック計測対象ドメイン」設定を行ってください。

テキストメールが配信されるメールアドレス

ドメインが以下に該当するメールアドレスはテキストメールのみが配信されます。

@docomo.ne.jp、@mopera.net、@dwmail.jp
@au.com、@ezweb.ne.jp、@biz.ezweb.ne.jp、@augps.ezweb.ne.jp、@sky.tkc.ne.jp、@sky.tkk.ne.jp、@sky.tu-ka.ne.jp、@ido.ne.jp
@uqmobile.jp
@softbank.ne.jp※、@disney.ne.jp、
@vodafone.ne.jp、@d.vodafone.ne.jp、@h.vodafone.ne.jp、@t.vodafone.ne.jp、@c.vodafone.ne.jp、@r.vodafone.ne.jp、
@k.vodafone.ne.jp、@n.vodafone.ne.jp、@s.vodafone.ne.jp、@q.vodafone.ne.jp、
@jp-c.ne.jp、@jp-d.ne.jp、@jp-h.ne.jp、@jp-k.ne.jp、@jp-n.ne.jp、@jp-q.ne.jp、@jp-r.ne.jp、@jp-s.ne.jp、@jp-t.ne.jp
@y-mobile.ne.jp、@ymobile1.ne.jp、@ymobile.ne.jp、
@pdx.ne.jp、@wcm.ne.jp、@willcom.com、@emnet.ne.jp、@emobile-s.ne.jp、@emobile.ne.jp

※ただし、@i.softbank.jpはマルチパート形式での配信となります。

テキストメール使用上のご注意

テキストメールでは開封率が測定できません。テキストメールのみが配信された場合、マルチパート配信(HTML本文とテキスト本文を一通のメールで送信)でテキスト本文のみが閲覧された場合は、開封が計測できません。

削除ボタン

削除ボタンを押下するとHTMLメール、テキストメールの両方のデータを削除できます。 削除すると、元に戻すことはできません。 テンプレートを初期状態に戻したい場合は、「テンプレート適用」ボタンを押下してください。

配信停止方法について

カートリカバリーの配信停止方法は2種類あります。「1.配信停止リンクを用いた配信停止」「2.会員のメールマガジン受信可否を利用する方法」です。
「1.配信停止リンクを用いた配信停止」についてはこちらをご覧ください。

2.会員のメールマガジン受信可否を利用する方法

カートリカバリーはリカバリーメール配信対象会員のメールマガジン受信可否が否の場合は、メールを送信しません。 リカバリーメール配信停止ではなく、メールマガジン受信可否設定を変更していただければ、リカバリーメールおよびメールマガジンの両方を配信停止できます。
マイページまたはメールマガジン停止申込画面(MailMagazineEntry.html)にリンクを設定してください。この場合は、完了画面を作成する必要はありません。

会員のメールマガジン受信可否を利用する場合、次回のカート投入時からリカバリーメールが配信されなくなります。すでに配信シナリオが開始している(受信可否設定を否にする前にカート投入された)リカバリーメールについては、停止されませんのでご注意ください。

テスト配信について

カートリカバリーのタグを設置する前
テスト配信すると、リカバリーメールのリカバリー商品部分はダミーとなります。
タグの設置後にテスト配信を行う場合
タグの設置後、実際にカートに商品が入ると、リカバリーメールのリカバリー商品に、実際の商品から5商品が選択されて送信されます。
テスト送信の場合、カートに投入したブラウザにかかわらず直近5商品が選択されます。
店舗構築時など開店前に、実際の商品をテストメールで送信したい場合は、カートに(商品URLが違う)商品を5つ入れてください。
※商品URLが同じでバリエーションが違う商品は、ショッピングカートではそれぞれ表示されますが、カートリカバリーでは商品URLごとに1商品とカウントします。

テスト配信は5通届きます

テスト配信されるメールは、1商品掲載の場合から5商品掲載の場合まで、5通送信されます。

商品情報やリンク先URLに問題がある場合、エラーとなりテストメールが配信されません。メールテンプレートの記述の内、リカバリー商品部分が正しく記述されていない、あるいはタグが正しく設置されていない可能性がありますので、ご確認ください。

なお、リカバリーメールの配信設定がONになっていれば、実際のユーザー(消費者)と同様に、会員ログインしてカートに商品を投入すると、リカバリーメールが送信されますので、実際にどのようにリカバリーメールが送信されているか、ご確認いただけます。

GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーンについて

リカバリーメールのテンプレートを編集すれば、GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーン用のパラメータを付与できます。

GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーン機能を利用すれば、リカバリーメールの効果をGoogleAnalyticsのキャンペーンとして測定できます。GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーンについては、アナリティクス ヘルプGoogleAnalyticsのカスタムキャンペーンをご覧ください。

設定方法

アナリティクス ヘルプをご覧の上、GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーン用のパラメータを設定してください。
具体的なパラメータについては、GoogleAnalyticsのレポートに表示したい内容に合わせて設定してください。

管理画面のメール設定で編集します。GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーン用のパラメータを設定するメールを選択してください。
なお、HTMLメールをエクスポートして編集し、再びインポートする方法もございます。

HTML本文のリカバリー商品部分「商品を確認する」ボタンを押下してください。

画面下に表示されたリンク部分に、GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーン用のパラメータを付与します。

変更前
<a href="[ item1.page ]"
 target="_blank" style="font-family:Arial; color:#ffffff; text-decoration:none; font-weight:bold;
 letter-spacing:1px;">商品を確認する</a>
		

変更後
<a href="[ item1.page ]?utm_source=CartRecovery&utm_campaign=RecoveryMail"
 target="_blank" style="font-family:Arial; color:#ffffff; text-decoration:none; font-weight:bold;
 letter-spacing:1px;">商品を確認する</a>
		

1商品放棄者用から5商品放棄者用まで、すべての商品部分を編集してください。

テキスト本文を編集します。
テキスト本文のリカバリー商品部分に、GoogleAnalyticsのカスタムキャンペーン用のパラメータを付与します。
リカバリー商品が記述されていない場合は、「テンプレート適用」ボタンを押下すると、リカバリー商品が記載された初期テンプレートを適用できます。

変更前
[ item1.page ]
		

変更後
[ item1.page ]?utm_source=CartRecovery&utm_campaign=RecoveryMail
		

1商品放棄者用から5商品放棄者用まで、すべての商品部分を編集してください。

パラメータを付与できたら、メールを保存してください。

フューチャーカートリカバリー

項目表示について

各項目は以前からのECサイト用・コマースクリエイター用・共通の3種類があります。コマースクリエイター有効(切替前)は両方の項目が表示されます。

以前からのECサイト用項目で、コマースクリエイターでは使用しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

コマースクリエイター専用ECサイト用の項目です。以前からのECサイトには影響しません。(右側にこちらの色の点線が表示されます。)

上記以外は共通で使用する項目です。(何も表示されません。)

×

店舗の状態にあわせて、下のボタンからいずれかを選択してください。

コマースクリエイター無効 コマースクリエイター有効 コマースクリエイター運用中
コマースクリエイター無効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(コマースクリエイターをご利用でない場合)はこちらを選択してください。
コマースクリエイター有効
以前からの管理画面で構築し、以前からのECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用しながら、コマースクリエイター管理画面が使用できる場合はこちらを選択してください。
コマースクリエイター運用中(切替後)
コマースクリエイター管理画面で構築し、コマースクリエイター専用ECサイト(ユーザー画面)で店舗を構築・運用されている場合(以前からのユーザー画面をご利用でない場合)はこちらを選択してください。

再度選択できますので、店舗の状態がわからない方はいったん「有効」をお選びください。
詳しくはコマースクリエイターご利用状況の確認方法についてをご覧ください。