MENU

トークン決済機能の概要(クレジットカード決済)

決済オプション「F-REGI」のクレジットカード決済を
トークン決済に移行します(バージョンアップのお知らせ)

「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」に対応します

2016年12月9日に公布され、2018年6月8日までに施行が予定される「割賦販売法の一部を改正する法律案(改正割賦販売法)」で、クレジットカード加盟店に対して、クレジットカード情報の保護が義務付けられます。
(割賦販売法の一部を改正する法律案の詳細につきましては、経済産業省のWebサイトをご覧ください。)

「割賦販売法の一部を改正する法律案(改正割賦販売法)」の施行に向け、クレジット取引セキュリティ対策協議会(事務局:日本クレジット協会)から「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」が公表されました。

「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」では、加盟店などにおけるセキュリティ対策が義務化されています。
具体的には、加盟店は「PCI DSS 準拠」または「カード情報の非保持化」のどちらかに対応する必要があります。(PCI DSSについては、こちらをご覧ください。)

「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」に挙げられている「非保持化」の定義は、『「カード情報」を「保存」「処理」「通過」しないこと』とされています。FutureShop2のクレジット決済は、クレジットカード番号をシステムに「保存」または「処理」しないことについては、決済オプション「F-REGI」を利用することにより、すでに対応していました。

「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」に従い、カード番号の「非保持化」定義のうち「通過」しないことに対応するため、決済オプション「F-REGI」のクレジットカード決済を「カード情報非通過型」のトークン決済に移行いたします。

カード情報非通過型のトークン決済とは

FutureShop2では「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」に従い「非通過型」であるトークン決済へ移行します。これによってFutureShop2そして決済オプション「F-REGI」のクレジットカード決済をご利用のECサイトは、クレジットカード番号の非保持化に対応できます。

これまでの仕組み

画面遷移時に一時的にクレジットカード情報をFutureShop2システムに保持しておりました。

トークン決済の仕組み

トークン決済では、クレジットカード番号がFutureShop2システムを通過しません。

  1. ECサイトのお支払い方法選択時にクレジットカード番号を入力しますが、クレジットカード番号は直接F-REGIに送信します。
  2. F-REGIから返却された別の文字列(トークン)を用いて決済処理を行います。
    決済情報に使用するカード番号は別の文字列(トークン)に置き換えられており、第三者が悪用することはできません。
  3. 通常どおり、決済が完了します。
    なお受注情報(FutureShop2管理画面)・決済情報(F-REGI管理画面)はこれまで通り処理できます。

株式会社エフレジ(決済オプション「F-REGI」)はPCI DSSに完全準拠

なお、決済代行会社(PSP)である株式会社エフレジは、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」求められているPCI DSSに完全準拠しています。詳しくは株式会社エフレジのWebサイトをご覧ください。

対応時期は2018年3月7日のバージョンアップ

トークン決済に移行することで、FutureShop2はカード番号の「非保持化」に対応いたします。
トークン決済への移行は、2018年3月7日のバージョンアップとなります。

対象サービス:FutureShop2・FutureShop2X・FutureShop2 OVERSEAS

ユーザー画面が一部変更されます

トークン決済への移行に伴い、お支払い方法選択画面にて、一部動作が変更されます。ご利用ガイドコンテンツをご用意されている場合や、デザインを変更されている場合など、適宜ご対応お願いします。

ユーザー画面の変更(PC)

※画面は開発中のため、予告なく変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

お支払い方法選択画面

お支払い方法選択にて「クレジットカード」を選択し、クレジットカード情報を入力するか、クレジットカードを選択(クレジットカード番号保持機能ご利用時)します。
クレジットカード情報はFutureShop2システムを通過せず、直接F-REGIへ送信されます。

(クレジットカード番号保持機能をご利用いただいており)クレジットカード番号登録がされている場合は、登録済みのクレジットカード番号を選択できます。なお、クレジットカード番号保持機能では、クレジットカード番号はF-REGIで保持されています。

登録済みカードを使用しない場合は、「新しいクレジットカードで決済する」を選択すると、クレジットカード番号を入力できます。
クレジットカード番号はFutureShop2システムを通過せず、直接F-REGIへ送信されます。

※クレジットカード番号保持機能のご利用には、決済オプション F-REGI「クレジットカード決済」および「カード登録型サービス」にお申し込みいただく必要がございます。株式会社エフレジとのご契約が必要となります。

トークン取得後

F-REGIへ送信しトークンを取得すると、クレジットカード情報は消去されます。
トークン取得済みのクレジットカードを判別するために、クレジットカード番号の一部が表示されます。

注文確認画面からお支払い方法選択画面へ遷移した場合や、クレジットカード番号の入力後に、クーポンの「利用」ボタンを押下した際などにも、トークンは取得されます。

注文確認画面

注文確定ボタンを押下します。

注文完了

トークン決済が完了した後、注文完了画面が表示されます。

ユーザー画面の変更(スマートフォン)

※画面は開発中のため、予告なく変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

お支払い方法選択画面

お支払い方法選択にて「クレジットカード」を選択し、クレジットカード情報を入力するか、クレジットカードを選択(クレジットカード番号保持機能ご利用時)します。
クレジットカード情報はFutureShop2システムを通過せず、直接F-REGIへ送信されます。

(クレジットカード番号保持機能をご利用いただいており)クレジットカード番号登録がされている場合は、登録済みのクレジットカード番号を選択できます。なお、クレジットカード番号保持機能では、クレジットカード番号はF-REGIで保持されています。

登録済みカードを使用しない場合は、「新しいクレジットカードで決済する」を選択すると、クレジットカード番号を入力できます。
クレジットカード番号はFutureShop2システムを通過せず、直接F-REGIへ送信されます。

※クレジットカード番号保持機能のご利用には、決済オプション F-REGI「クレジットカード決済」および「カード登録型サービス」にお申し込みいただく必要がございます。株式会社エフレジとのご契約が必要となります。

トークン取得後

F-REGIへ送信しトークンを取得すると、クレジットカード情報は消去されます。
トークン取得済みのクレジットカードを判別するために、クレジットカード番号の一部が表示されます。

注文確認画面からお支払い方法選択画面へ遷移した場合や、クレジットカード番号の入力後に、クーポンの「利用」ボタンを押下した際などにも、トークンは取得されます。

注文確認画面

注文確定ボタンを押下します。

注文完了

トークン決済が完了した後、注文完了画面が表示されます。

PCI DSSについて

PCI DSSとは

PCI DSS は、カード情報を扱う全ての事業者に対して国際ブランドが定めたデータセキュリティの国際基準。安全なネットワークの構築やカード会員データの保護など、12 の要件に基づいて約 400 の要求事項から構成されており、「準拠」とは、このうち該当する要求事項に全て対応できていることをいう。
(クレジット取引セキュリティ対策協議会「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」より抜粋)

PCI DSSについて詳しくは日本カード情報セキュリティ協議会へお問い合わせください。

関連情報

関連する機能

構築メニュー>送料・決済設定>クレジットカード(F-REGI)
クレジットカード決済の設定です。
構築メニュー>送料・決済設定>クレジットカード保持設定
クレジットカード番号保持機能の設定です。
©2014 FutureShop All Rights reserved.