MENU

レコメンド2設定

基本設定

PCサイトのレコメンド設定となります。スマートフォンサイトはモバイルメニュー>ページ設定>レコメンド2設定にて設定してください。

出力設定

行動履歴収集タグを出力するにチェックすると、商品詳細ページにレコメンド行動履歴収集タグ(アイテムデータ取集タグ)を出力します。
レコメンド対象としない商品は運用メニュー>商品管理>商品情報(レコメンド2)-基本設定-出力設定で「この商品をレコメンド商品とする」「行動履歴収集タグを出力する」のチェックを外してください。

レコメンドタグHTML

HTMLタグのサンプルを表示します。コピーして使用できます。(一部修正が必要なもののあります。)
カスタマイズして使用します。

レコメンド表示タグのカスタマイズの際の注意点

  1. レコメンドの表示タグで利用できる「パラメーター」は異なります。
  2. 表記する各パラメーターは「,(カンマ)」で改行しますが、最終行のパラメーターの最後の「,」は、必要ありません。
  3. テンプレート名が間違っている場合、レコメンドは表示されません。

詳しくは、タグのカスタマイズをご覧ください。

商品詳細ページレコメンド設定

表示設定

レコメンド商品を表示するにチェックすると、出力タグ設定の内容を商品詳細ページへ出力します。

出力タグ設定

レコメンドを表示したい場所へ「レコメンドタグHTMLタグ」を入力してください。
商品ページ上部コメントの上下、商品ページ下部コメントの上下、商品ページ上おすすめ商品の上下に表示できます。

置換文字 $RECOMMEND_CATEGORY$(レコメンドのカテゴリ名)が使用できます。置換文字「$RECOMMEND_CATEGORY$(レコメンドのカテゴリ名)」の値は、商品のメイングループのレコメンドカテゴリです。運用メニュー>商品管理>商品グループ管理(新規登録・編集)-商品グループ登録-レコメンドカテゴリで変更できます。

カートページレコメンド設定

表示設定

レコメンド商品を表示するにチェックすると、出力タグ設定の内容をショッピングカートページへ出力します。

出力タグ設定

「レコメンドタグHTMLタグ」を入力してください。カートページおすすめ商品の上に表示できます。
置換文字 $CART_GOODS_URL$(カートに入った商品の商品URLコード)が使用できます。

カテゴリレコメンド設定

カテゴリ設定

以下にカテゴリを登録し、運用メニュー>商品管理>商品グループ管理(新規登録・編集)-グループ基本情報-レコメンドカテゴリで、商品グループごとにレコメンドカテゴリの設定を行ってください。設定できるカテゴリは「20カテゴリ(種類)」です。

登録済みのカテゴリを空白にして登録した場合、運用メニュー>商品管理>商品グループ管理(新規登録・編集)-グループ基本情報-レコメンドカテゴリに設定されているレコメンドカテゴリの設定も空白になります。

タグのカスタマイズ

レコメンドタグのカスタマイズ

レコメンドタグは、レコメンドエンジン(FutureRecommend2)に収集された『閲覧された商品のデータ』『購入された商品のデータ』を元に、レコメンド商品(提案商品)を表示します。

<script type="text/javascript"><!--
try{
_rcmdjp._displayRecommend({
type:'pv',  // レコメンド種別
filter:'category', // カテゴリレコメンド※
template:'fs_recommend'  // テンプレート種類
});}catch(err){}
//--></script>

※レコメンドカテゴリが設定されていないメイングループに所属する商品は表示されません。カテゴリレコメンドを利用しない場合は、「filter:'category',」を削除してください

_rcmdjp._displayRecommend の際に利用できるパラーメーターとその値
使用できるパラメーター 指定可能な値
type pv:PV数ベース
cv:コンバージョン数ベース(購入データがない場合表示されません)
filter filter:'category',
表示された商品のカテゴリの「カテゴリレコメンド」を表示します
template テンプレート種類
※FutureRecommend2管理画面(レコメンド管理画面)
「基本設定>テンプレート設定」で設定されたテンプレート名

閲覧履歴タグのカスタマイズ

閲覧履歴タグは、お客様が「閲覧」された商品を「閲覧」されたパソコンにcookieで保持し、「今までにチェックした商品」などの見出しをつけて表示します。

<script type="text/javascript"><!--
try{
_rcmdjp._displayHistory({
template:'fs_history' // テンプレート種類
});
}catch(err){}
//--></script>
_rcmdjp._displayHistory の際に利用できるパラーメーターとその値
使用できるパラメーター 指定可能な値
template テンプレート種類
※FutureRecommend2管理画面(レコメンド管理画面)
「基本設定>テンプレート設定」で設定されたテンプレート名

ランキングタグのカスタマイズ

レコメンドタグは、レコメンドエンジン(FutureRecommend2)に収集された『閲覧された商品のデータ』『レコメンド商品をクリックされた商品データ』『購入された商品のデータ』からランキングデータを生成し「商品のランキング」を表示します。

<script type="text/javascript"><!--
try{
_rcmdjp._displayRanking({
type:'pv',  // ランキング種別
span:'day',  // 期間
category:$RECOMMEND_CATEGORY$,  // カテゴリランキング※
template:'fs_ranking_vertical' // テンプレート種類
});
}catch(err){}
//--></script>

※レコメンドカテゴリが設定されていないメイングループに所属する商品の場合、ランキング表示がされません。カテゴリレコメンドを利用しない場合は、「category:$RECOMMEND_CATEGORY$,」を削除してください

_rcmdjp._displayRanking の際に利用できるパラーメーターとその値
使用できるパラメーター 指定可能な値
type pv:PV数ベース
rpv:レコメンド経由PVベース(レコメンドをクリックした数)
cv:コンバージョン数ベース(購入データがない場合表示されません)
span day:デイリーランキング → 前日のランキング
week:ウイークリーランキング → 前日から7日間のランキング
month:マンスリーランキング → 前日から一ヶ月間のランキング
category カテゴリ名
(カテゴリごとのランキングを使用しない場合は削除してください)
$RECOMMEND_CATEGORY$:カテゴリに置き換え
template テンプレート種類
※FutureRecommend2管理画面(レコメンド管理画面)
「基本設定>テンプレート設定」で設定されたテンプレート名

カートレコメンドタグのカスタマイズ

<script type="text/javascript"><!--
try{
_rcmdjp._displayRecommend({
type:'cv', // レコメンド種別
code:$CART_GOODS_URL$// 商品URLコード(変更不可)
filter:'category',  // カテゴリレコメンド
template:'fs_cart'  // テンプレート種類
});
}catch(err){}
//--></script>
            

ショッピングカートページに「カートレコメンドタグ」を貼り付ける場合、必ず code:$CART_GOODS_URL$, が必要になります。

※カテゴリレコメンドを利用しない場合は、「filter:'category',」を削除してください。レコメンドカテゴリが設定されていないメイングループに所属する商品は表示されません。

_rcmdjp._displayRecommend の際に利用できるパラーメーターとその値
使用できるパラメーター 指定可能な値
type pv:PV数ベース
cv:コンバージョン数ベース(購入データがない場合表示されません)
filter filter:'category',
ショッピングカートに投入された商品の「カテゴリレコメンド」を表示します
category カテゴリ名
カテゴリごとのランキングを使用しない場合は削除してください。
template テンプレート種類
※FutureRecommend2管理画面(レコメンド管理画面)
「基本設定>テンプレート設定」で設定されたテンプレート名
©2014 FutureShop All Rights reserved.