MENU

楽天設定

基本設定

利用設定

楽天ペイ(オンライン決済)を利用開始する場合に、「設定する」を選択して、画面下部の「登録する」ボタンを押下してください。
「設定する」にすると、構築メニュー>送料・決済設定>決済方法設定>楽天ペイ(オンライン決済)設定も「使用設定:設定する」に更新されます。

「店舗閉店時」のみ設定を変更できます。店舗を閉店してから設定してください。

楽天ペイ(オンライン決済)連携設定

楽天ペイ(オンライン決済)管理画面(RCMS)に記載された情報を登録します。

サービスID

RCMSの「マーチャント情報管理」欄にある「マーチャント情報」から、「RCMSメインメニュー>マーチャント情報」画面を表示します。記載されている「サービスID」を転記してください。

アクセスキー

RCMSの「マーチャント情報管理」欄にある「アクセスキー発行」から、アクセスキーを確認し、転記してください。

RCMS マーチャント情報設定項目

楽天ペイのご利用前に、RCMSへの設定が必要な項目です。こちらの項目は、楽天株式会社によりあらかじめRCMSに設定されています。
もし、設定されていない場合は、以下をご覧いただき設定してください。

RCMSメインメニュー「マーチャント情報管理」欄にある「マーチャント情報」から「RCMSメインメニュー>マーチャント情報」画面を表示します。
マーチャント情報「変更する」ボタンを押下して、「マーチャント情報設定」画面にある、「注文通知受取API(URL)」「エラーメール送信先(Email)」の欄にそれぞれ転記して、「設定を反映する」ボタンを押下してください。
詳しくは楽天ペイ(オンライン決済)管理画面(RCMS)使用上の注意をご覧ください。

注文通知受取API(URL)

楽天ペイ管理画面に設定されていない場合、こちらに表示されたURLを転記してください。

エラーメール送信先(Email)

楽天ペイ管理画面に設定されていない場合、こちらに表示されたメールアドレスを転記してください。

お支払い画面「お買い物内容」に表示する商品名

楽天ペイのお支払い画面「お買い物内容」には、実際に購入した商品ではなく、こちらに登録した商品名が表示されます。 購入した商品数に関わらず、一つにまとめて表示されます。金額は、注文確認画面・ご注文手続き画面に表示される「総合計」金額(割引・値引き適用後、送料・税込)となります。

お支払いボタンHTMLタグ

PC

スマートフォンサイトの「注文確認画面」に表示する「楽天 お支払い」ボタンを選択します。「ボタン色」「サイズ」を選択できます。実際に表示されるボタンを「プレビュー」で確認できます。

スマートフォン

スマートフォンサイトの「注文確認画面」に表示する「楽天 お支払い」ボタンを選択します。「ボタン色」を選択できます。「サイズ」は固定です。実際に表示されるボタンを「プレビュー」で確認できます。

※構築メニュー>デザイン設定>デザイン設定画面にある「プレビュー(プレビューモード)」での確認はできません。

ポイントパーツについて

ポイントパーツは楽天株式会社より提供されています。
ポイントパーツをECサイトに掲載すると、お客様(消費者)が楽天にログインしている場合に、楽天スーパーポイントの総保有ポイント数が表示されます。

ポイントパーツは、楽天ペイ(オンライン決済)をご利用の場合に掲載していただけます。

ポイントパーツの記述

ポイントパーツは4サイズ提供されています。いずれか選んで、記載ください。

<!-- 110×80 -->
<script src="https://point.widget.rakuten.co.jp/openid/parts?checkout=c110x80b1v2"></script>
<!-- 300×73 -->
<script src="https://point.widget.rakuten.co.jp/openid/parts?checkout=c300x73c1v2"></script>
<!-- 320×73 -->
<script src="https://point.widget.rakuten.co.jp/openid/parts?checkout=c320x73c1v2"></script>
<!-- 400×80 -->
<script src="https://point.widget.rakuten.co.jp/openid/parts?checkout=c400x80c1v2"></script>
            

ポイントパーツは、構築メニュー>ページ設定>コメントパターン設定や、構築メニュー>デザイン設定>レイアウト編集-ヘッダエリアに表示させるHTMLタグなど、HTMLタグ(SCRIPTタグ)が記述できるコメント欄に記載ください。

構築メニュー>送料・決済設定>楽天ペイ(オンライン決済)設定-お客様(消費者)がお支払い方法を選択されるページに表示する楽天ペイ(オンライン決済)に関する説明欄は、SCRIPTタグが記載できないため、ポイントパーツは記載できません。

ポイントパーツの表示例

楽天スーパーポイント保有数が表示された状態

お客様(消費者)が楽天市場にてログアウトしている状態

楽天ペイが有効でないECサイトに記載した場合

ポイントパーツは楽天株式会社のシステムです。ポイントパーツについて詳しくは楽天株式会社へお問い合わせください。

楽天ペイ(オンライン決済)チャージバック補償について

1. チャージバックとは?
カード会員(本来のカード保有者)が不正取引などを理由に、カード利用代金の支払いに同意しない場合、「クレジットカード会社が加盟店(店舗様)に対するカード売上代金の支払いを留保・拒絶する」あるいは「クレジット会社が加盟店(店舗様)に対し、同売上代金の請求を取り消すように求める」ことをチャージバックと呼びます。チャージバックが発生すると、店舗様の売上請求が取り消されるため、入金された売上代金は返金しなくてはなりません。
2. 楽天ペイ(オンライン決済)の補償制度を教えてください。
楽天ペイ(オンライン決済)のご注文で第三者によるクレジットカード不正利用によりチャージバックが発生した場合に店舗様が被った損失額を補償する制度であり、楽天ペイ(オンライン決済)導入店舗様に無料で提供されます。補償額の上限金額は月額500,000円(税込)までとなり、超過分は補償対象外となります。
3. 楽天ペイ(オンライン決済)の補償サービスに加入するために費用がかかりますか?
加盟店様に、本サービス加入のための費用はかかりません。楽天ペイ(オンライン決済)にて提供されるサービスメニューの1つであり、無償でご利用頂けます。
4. ECサイトで取り扱う商品による制限や加入条件はありますか?
楽天ペイ(オンライン決済)導入店舗、全ての加盟店様が対象となります。
楽天ペイ(オンライン決済)にて提供されるサービスメニューの一つであるため、特段の加入手続きも不要です。
5. 楽天ペイ(オンライン決済)を導入したが、いつから補償を受けられますか?
本サービスは「楽天ペイ(オンライン決済)の売上確定処理日」が2017年11月1日以降の注文が対象となります。
6. 自社ECサイトの楽天ペイ(オンライン決済)以外で発生したチャージバックも補償対象となりますか?
楽天ペイ(オンライン決済)以外の取引で発生したチャージバックは補償対象とはなりません。
7. どのようなチャージバックが補償となりますか?具体的な補償を教えてください。
日本国内の楽天ペイ(オンライン決済)における注文でのチャージバック、且つ、クレジットカード不正利用によるチャージバックが補償対象となります。
※「楽天ペイ(オンライン決済)加盟店利用規約のチャージバック補償に関する特約の第5条(除外事項)」に、本サービスの補償対象外の事由についての記載がございますので、ご確認ください。
8. 補償の対象を具体的におしえてください。
補償対象となるのは、チャージバックが発生した注文の「クレジットカード決済金額」となります。「クレジット決済金額」の中には、通常「商品代金」「消費税」「送料」が含まれており、まとめて決済されますので、「消費税」「送料」も補償対象となります。
※キャンセル処理をした注文は、補償対象外となります。
9. もっと詳しい情報はどこにありますか?
楽天ペイ(オンライン決済)のページをご確認ください。

楽天ペイ(オンライン決済)チャージバック補償について詳しくは楽天株式会社へお問い合わせください。

関連項目

©2014 FutureShop All Rights reserved.