1. オンラインマニュアル
  2. 管理画面メニュー別ガイド
  3. [システム]メニュー
  4. 管理者設定
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
管理画面メニュー別ガイド
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
管理画面メニュー別ガイド
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
管理画面メニュー別ガイド
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル
コマースクリエイターでのショップ開店がはじめての方はこちら ショップ開店ガイド
決済機能について
外部連携・フィード・API
一括登録・一括取得
管理画面メニュー別ガイド
オプション
  • フューチャーカートリカバリー
  • futureサジェストリンク
  • futureRecommend2
その他
コマースクリエイター構築リファレンス
  • はじめてのコマースクリエイター
  • コマースクリエイターへの移行
<ご契約状況管理画面の使い方>
  • 契約管理ポータル

管理者設定

システム>管理者一覧>管理者設定

管理者一覧より、[管理者を追加する]ボタン、または該当の管理者アカウントの、もしくはを押下して遷移します。

管理者アカウントの新規登録、変更、削除を行ないます。

店舗管理者(スーパーユーザー)設定にチェックされている管理者、もしくは初期アカウント利用者(ID:1の管理者)のみご利用いただけます。

ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)は、「アカウント名」と「氏名」のみ本画面にて変更可能です。
パスワード・メールアドレスを変更する場合は、ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)のパスワードやメールアドレスを変更する方法をご覧ください。

初期アカウント利用者(ID:1の管理者)・店舗管理者(スーパーユーザー)とは

設定項目

管理者情報

アカウント名

アカウント名を入力してください。文字数:半角英数4~10字

セキュリティの観点より、必ずアカウントごとに利用者が特定できる名称を登録してください。

<アカウント利用者が特定できる名称を設定する理由>

futureshopでは、アカウントごとに操作ログを確認できる機能 があります。
不正利用やのっとりによる操作があった場合など、操作ログを追うことができます。
利用者が特定できない管理者アカウント名(例えば operator1、user1など)に設定していると、原因特定が困難になります。

氏名

管理者の名前を入力してください。文字数:40字

パスワード

管理者一覧画面にて、ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)には表示されません。
変更方法については、ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)のパスワードやメールアドレスを変更する方法をご覧ください。

  • パスワードには、半角英字と半角数字、および半角記号が使用できます。
  • 8文字以上20文字以内で設定してください。8~20字
  • 英字、数字、記号のうち2種類以上を含めてください。
  • 「店舗KEY」や「アカウント名」を含むパスワードは設定できません。大文字小文字は区別しません。

辞書などに掲載されていない複雑な文字列での登録を推奨します。

登録済みの管理者情報を「変更」する場合(管理者一覧画面にてを押下し遷移した場合)は、パスワード入力は必須ではありません。
入力するとパスワードが変わりますのでご注意ください。

使用できる記号一覧

! # $ % & ' ( ) * +
, - . / : ; < = > ?
@ [ ] ^ _ ` { | } ~

メールアドレス

管理者一覧画面にて、ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)には表示されません。
変更方法については、ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)のパスワードやメールアドレスを変更する方法をご覧ください。

各アカウントごとに固有のアドレスを登録してください。「半角英数字」「%」「-」「.」「/」「@」「+」「_」:200字
1つのアドレスを複数のアカウントに登録することはできません。

変更すると、次回ログイン時に、必ず2段階認証を求められます。

【注意事項】メールアドレス登録間違いについて

ログイン時の「管理画面ログイン2段階認証機能」および「ログイン画面からのパスワード再設定機能」では、ご登録アドレスに、認証コードが送信されます。
メールメールアドレスが誤っていると認証コードを受信できず、「管理画面にログインできない」「管理者パスワードを再設定できない」となりますので十分ご注意ください。

万が一登録を誤った場合の対処方法など、詳しくは以下をご覧ください。

利用可能画面・権限設定

管理者一覧画面にて、ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)には表示されません。
初期管理者としてすべての画面と機能を利用可能です。変更はできません。

管理者が利用できる機能をfutureshop管理画面単位で設定できます。

※コマースクリエイターのご利用状況(有効化/運用中)により、表示項目は異なります。
※ご利用のオプションにより、表示項目は異なります。

おすすめの設定(※新規登録時のみ)

以下の選択肢から1つ選択し、[まとめてチェックする]を押下すると、モーダルが表示されます。

モーダル上の[まとめてチャックする]を押下すると、選択した役割に従っておすすめな項目に自動的にチェックが付きます。
チェックを確認し、手動で追加、削除可能です。

選択肢と選択後のチェックON項目

RPAとは、受注管理システム・在庫管理システム・商品管理システム等、管理画面へのログイン処理を伴う連携システムのことです。
ご利用の際には、以下もご参照ください。

設定項目(※新規登録時・変更時に共通)

必要な画面のみチェックをしてください。必ず1つ以上は登録してください。

セキュリティの観点から、利用する必要がある機能のみチェックをつけて登録してください。
個人情報を閲覧できる画面には、「個人情報閲覧可」が表示されています。

※チェックを変更した管理者は、再ログインをしてください。再ログイン後、変更後のメニュー表示となります。

よくある質問

運用メニュー[受注管理(一般管理)]と[受注管理(売上管理)]の違い

  • [受注管理(一般管理)]にチェック:受注管理メニュ―内のすべてのメニューにアクセスできます。
  • [受注管理(売上管理)]にチェック:受注管理メニュ―内の「売上管理」のみにアクセスできます。

店舗管理者(スーパーユーザー)設定

管理者一覧画面にて、ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)には表示されません。

チェックすると、ECサイトの全権限を付与することになります。
ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)のみが、他のアカウントの利用設定のチェックON/OFFを切り替えられます。
他の管理者は、自身の設定も含め、変更できません。

初期アカウント利用者(ID:1の管理者)・店舗管理者(スーパーユーザー)とは

チェックをOFFにすると、「管理者一覧」「管理者設定」ご利用不可となります。

「管理者設定」の利用設定については、【重要】管理者アカウントの種類と役割(権限)についてをご覧ください。

セキュリティ設定

管理者一覧画面にて、ID:1の初期アカウント利用者(ID:1の管理者)には表示されません(チェックONにできません)。

2段階認証一時無効設定

チェックを外すと、管理画面ログイン2段階認証機能が有効になります。

基本的には、チェックを外してご登録ください。
管理画面へのログインは認証コードを利用した2段階認証となり、アカウントのご登録メールアドレスに届く認証コードの取得が必須となります。

ロボットなど管理画面へのログイン処理を伴う連携システムをご利用の際には、例外的に本チェックをONにし、自動ログイン可能なアカウントを作ることができます。
ただし、利用機能を制限した場合に限ります。

自動ログインが可能(チェックON可)となる設定については、管理画面ログイン2段階認証機能-ロボット(自動ログイン)が必要なアカウントを作りたいをご覧ください。

CSRF対策一時無効設定

セキュリティ強化機能(CSRF対策)を無効にする設定です。
フューチャーショップから特に指示があった場合を除き、チェックを外してご登録ください。

チェックされる場合の注意事項

CSRFとは、クロスサイトリクエストフォージェリと呼ばれる攻撃方法を指します。
CSRF攻撃とは、Webアプリケーションの重要な処理をユーザーの意図に反して実行させる攻撃方法です。
futureshop管理画面には、こちらの攻撃への対策が備わっておりますが、一部の自動操作を行う目的をもった連携システムの動作を行うため、CSRF対策機能を無効にせざるを得ない場合があります。

フューチャーショップへご相談いただき、特に指示があった場合のみ、セキュリティ強化機能を無効にする危険性をご了承いただいた上で設定してください。

[管理者を削除する]ボタン

利用可能画面・権限設定で「システム-管理者設定」にチェックされている管理者が、変更画面を表示した場合のみ表示されます。
追加(新規登録)画面では表示されません。

押下すると、削除確認のモーダルが表示されます。

「上記を確認しました。」にチェックし、[削除する]を押下すると削除されます。元に戻せませんので再度登録してください。

以下は、削除できません。([削除する]ボタンを押下できません。)
・お申込時に登録されている管理者(初期管理者(ID:1の管理者))
・ログインしている自身の管理者についても削除できません。

ご注意事項

1つの管理者アカウントを複数人でご利用はしないでください

セキュリティの観点より、必ずご利用者1人に対して、1アカウントをご準備ください

外注先の制作会社様やEC支援事業者様の作業用アカウントについても、作業される方それぞれに管理者アカウントを発行してください。
futureshopでは、管理者ごとに操作可能な管理画面を指定することができますので、利用者ごとに最適なアカウント設定を行った上でお渡しください。

さらに詳しくは、1つの管理者アカウントを複数人でご利用はしないでくださいをご覧ください。