スマホ対応がSEOに影響。モバイルフレンドリーかチェックするツール

先日、こんな記事が話題になっていました。
Google、「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定。
4/21から導入 | 海外SEO情報ブログ

「スマホ対応」しているかどうかが、SEOの検索ランキング要因として4月21日から導入予定、と。

影響範囲は「スマートフォンユーザー(モバイル検索)」で、PCの検索には影響しない、と下記の記事でGoogle社員が質問に応えてくれています。
「スマホ対応」アルゴリズム更新の疑問にGoogle社員が答えた | 海外SEO情報ブログ

原文(英語)はこちら。英語が得意な方はどうぞ。

Official Google Webmaster Central Blog: Finding more mobile-friendly search results

モバイルフレンドリーか、チェックするツール

「スマホ対応」している状態を、「モバイルフレンドリー」と呼んでいるようで、
「モバイルフレンドリー」になっているかどうかをチェックするツールも、Googleが用意してくれています。
モバイルフレンドリーテスト

問題がある場合は、具体的にどういう問題があって、どう改善すると良いかが表示されます。

モバイルフレンドリー優先にする理由

 
「なんで、モバイルフレンドリーじゃないといけないの?」

という疑問に対しては、Googleのほうで、こんなページも用意してくれていました。

ウェブサイトをモバイル フレンドリーにする理由 –
ウェブマスター向けモバイルガイド

モバイルオプションで対応できます

 
ちなみに、futureshopでは「モバイルオプション※現:モバイル対応(レスポンシブ・アダプティブ)」を利用することで、スマートフォンに最適化されます。

もちろん「モバイルフレンドリー」チェックでも、問題なしの表示でした。

カスタマイズの自由度も高いので、いろいろと作りこみもできます。

どんなショップができあがるのか?に関しては、実際にスマホで「導入事例」の店舗様を見ていただくのがいいかもしれません。

いろいろなショップを見ていくと「ここまで出来るのか~」と驚くようなショップも見つかるかと思いますよ~。

ABOUTこの記事をかいた人

稲​生​ ​ 達​哉

ECのためのアカデミー「futureshop ACADEMY」の企画および講師を務める。 Web制作会社でディレクターとしてキャリアを積んだ後、2012年にフューチャーショップにジョイン。カスタマーリレーションチームに4年所属し、futureshopユーザー2400店舗のECサイト相談を毎日対応。その後、よりユーザーに近い対面での支援強化に伴い、カスタマーサクセスチーム発足と同時に「futureshop ACADEMY」の起ち上げ、カリキュラム作成、コンテンツ作成を行う。EC業界7年目。 futureshopのECサイト担当者のためのメディア「E-Commerce Magazine」のライターも兼任。