ECサイト構築をする4つの方法と、初心者でもわかるメリット・デメリット

ECサイト(電子商取引サイト)を構築する方法は主に4つあり、それぞれ

  • ASP
  • オープンソース
  • パッケージ
  • フルスクラッチ

と呼ばれています。
特徴もそれぞれに分かれていて、小規模サイト向きの構築方法や企業サイト向けの方法、一から自社で開発するのに適した方法など、さまざまです。
この記事では、ECサイトを構築する4つの方法の特徴やメリット・デメリット、構築方法の適切な選び方をご紹介します。

構成要素のメリットとデメリット

ECサイト構築方法の選び方

ECサイトを構築する4つの方法のうち、自社サイトに適したタイプを選ぶにはどのような点に着目すれば良いのでしょうか。構築方法を選ぶ際のポイントをお伝えします。

費用(初期費用、ランニングコスト)

費用は最も重要な要素のひとつです。ECサイトを構築する際に、初期費用がかかるのはもちろんですが、構築方法によっては月額料金や機能アップデートなどのランニングコストが大きくかかるタイプもあります。

カスタマイズの有無

ECサイトは、自社の事業内容に合わせてある程度カスタマイズ可能ですが、どこまでカスタマイズできるのかは方式によって異なります。また、カスタマイズする際は、自社に技術力の高いスタッフがいる場合、自社で機能を追加したほうが思い通りのサイトを構築できるでしょう。

サイトの管理方法と寿命

ECサイトは、完成したら終わりではありません。システムが古くなれば更新する必要があります。新しい機能を追加したり、事業内容の変化に合わせたりしながら変えていくことも大切です。
そのため、常に次の開発のための費用や時間といったリソースを準備しておく必要があります。EC業界の成長や変化のスピードは速いため、トレンドに合わせて最新の状態に対応し続けるには努力と手間が必要です。

個人サイトから企業サイトまで対応可能な「ASP」

ECサイトの構築方法で最も手軽なのが、「ASP」を使う方法です。特別なソフトや開発作業が必要なく、ECサイトを構築できます。

ASPの概要

ASPとは「アプリケーション・サービス・プロバイダ(Application Service Provider)」の略で、Webアプリケーションとして提供されるソフトウェアやサービス、その事業者を指します。
システムのソフトウェアはASP側で管理するので、ECサイト側は手間がかかりません。小規模~中規模のECサイトに向いていますが、大規模なECサイトでも対応可能なASPも存在します。

メリット

ASP側にサポート体制があるので、ノウハウのない会社でも導入しやすいでしょう。ECサイトの運営はブラウザベースで行うので、特別なアプリケーションは必要ありません。サーバーを立てる必要もないため、導入にかかる時間も短くて済み、低価格で気軽に始めることができます。
また、ASPはシステムの管理や機能のアップデートも定期的に行ってくれるので、常に最新の機能を活用でき、セキュリティ対策も万全です。

デメリット

ASPの種類にもよりますが、基本的にカスタマイズはできません。標準的な機能が実装されているため、独特な配送料や割引パターンなどに対応できないことがあります。
また、月額費用のほかに、売り上げに応じた手数料がかかるサービスもあります。売り上げが上がるにつれて費用負担が重くなる場合があるため、手数料の有無について確認しておきましょう。
セキュリティ対策はASP側で行ってくれますが、顧客情報もASP側が管理するため自社で管理ができません。ASPが提供する機能以上のことはできないので、自社システムとの連携可能なインターフェースが用意されているかの確認も必要になります。

インスタントEC

ASPの簡易版のようなサービスです。初期費用、月額料金、手数料などが無料で、手軽にオンライン上でショップを開設できます。
デザインは豊富ですが仕様や機能的には制限が多く、大規模なサイトには向いていません。ブランディングが必要のない商材の販売や、個人の販売サイトにおすすめです。
STORES.jpBASEなどのサービスが代表的です。

ライセンス費用不要の「オープンソース」

オープンソースのECシステムは、自由度は高いですが、構築に手間がかかります。ある程度技術力があって費用をかけたくない場合に向いています。

オープンソースの概要

オープンソースソフトウェアは、無料でソースコードが公開されています。誰でも無償で使用、複製、改変、再配布できます。カスタマイズも自由で、プラグインで新しい機能を追加することも可能です。
サイトの構築からバグ対応、セキュリティ対策、新しいバージョンへの更新などは基本的に自社内で行います。そのため知識やスキルのあるスタッフが必要です。
Cサイトを構築する代表的なオープンソースソフトには、EC-CUBEやZen Cartなどがあります。

メリット

オープンソースソフトウェアは、プラグインが豊富に揃っています。サーバーは自社で立てる必要がありますが、ある程度プログラミングでカスタマイズができます。誰でも無料で利用でき、コストがあまりかかりません。

デメリット

自由にカスタマイズできるのは魅力的ですが、カスタマイズにこだわればこだわるほど開発に時間と費用がかかります。気付いたときには、意外とコストが発生していたということもありますので注意が必要です。
オープンソースソフトの場合、導入から運営管理はすべて自社で行うので、高い技術力のあるスタッフが必要です。
特に、ソースコードが公開されているということは、セキュリティホールも公開されているのと同じことなので、セキュリティ対策は万全にする必要があります。日常的な運営管理、バージョンチェック、バグ対応、セキュリティ対策など、すべてを自社で行いますが、オープンソースソフトはライセンスフリーのため、ソースに不具合などがあっても自己責任で解決しなければなりません。

機能カスタマイズが可能な「パッケージ」

企業のECサイトなど、比較的規模が大きいサイトは、「パッケージソフト」で構築するのが良いでしょう。コストはかかりますが、サポート体制があり安定しています。

パッケージの概要

企業が販売しているECサイト構築用のパッケージソフトを使う方法です。運営管理やメンテナンスも販売元に委託できるため、技術力は要求されません。安定したサイト運営が必要な大規模ECサイトに向いています。

メリット

パッケージソフトは、提供元の企業にサポート体制が整っており、導入から運営管理までサポートを受けられます。システムの運営管理やセキュリティ対策は販売元に委託できるので、専門的な知識や高い技術力は不要です。
ある程度、機能の追加開発をすることもでき、自社の既存システムなどほかのシステムとの連携や機能の追加なども可能です。

デメリット

パッケージソフトの導入には、ライセンス料金、カスタマイズ料金、インフラやサーバーなどの環境整備といった数千万円規模の初期費用がかかります。さらに毎月の保守費用のほかに、機能追加やバージョンアップのたびに数十万円~百万円の費用負担が必要です。
また、パッケージや販売元の選定、カスタマイズの仕様、環境の設計、カスタマイズおよびテストなどさまざまな準備が必要なので、導入までに時間がかかります。

大規模ECサイトに最適な「フルスクラッチ」

フルスクラッチは、ECサイトのシステムを一から作成する、最も大掛かりな方法です。企業の大規模サイトに向いています。

フルスクラッチの概要

フルスクラッチでは、既存のソフトウェアやサービスを利用せず、最初からプログラミングをしてECサイトを構築します。パッケージなどの既存のものを利用しないため、一切制約がなく自由にシステムを構築できます。
画面設計から決済、セキュリティ対策、ほかのシステムとの連携など大掛かりな開発を行い、長い時間と多くの費用がかかります。資金のある大手サイト向けの方法です。

メリット

思い通りのECサイトを作れます。カスタマイズではなく専用の設計なので、仕様のすべてを満たしたシステムを自由に作成できます。

デメリット

自社で開発して運用管理も行うので、多くの知識と高い技術力が求められます。
また、導入時にはシステム開発やインフラに大きな費用が必要です。使っているうちにシステムが陳腐化するので更新やリプレースを行いますが、そのときにも高額の費用がかかりやすく、設定から公開までには長い時間がかかることも予想されます。

ECサイト構築方法の主流はASP

近年、ECサイトの構築方法として主流なのは、ASPです。小規模サイト向けから中規模サイトでも使える高機能なタイプまでそろっています。
また、オープンソースやパッケージでECサイトを構築していた企業でも、ASPで構築するケースが増えています。EC業界の速さに対応するため、常に新機能が使えるASPにメリットを感じる企業が増えているためです。

これからECサイトを構築するのであれば、まずはASPなどの手軽な方法から検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら、いいね!で応援お願いします!

構成要素のメリットとデメリット