カゴ落ち率を改善するシンプルな方法

前回の記事では、Amazonサイトの画面構成から、カゴ落ちさせないための工夫を分析しましたが、

今回は、具体的に独自ドメインの自社ECサイトで、カゴ落ちさせないための工夫を、どのように反映するのか?という例を見て頂ければと思います。

独自ドメイン本店と、モール出店との違い

楽天やYahoo!ショッピング、Amazon等に出店されている場合は、商品をショッピングカートに入れた後の画面に関しては、各モールごとに全店舗共通の画面レイアウトで進んでいくので「差別化」のポイントにはなりませんが、

独自ドメイン本店(公式サイト)の場合は、ショッピングカートに入れてから購入完了までの「カートページ群」の画面レイアウトも、各店舗で工夫を加えていけるので、「差別化」のポイントとなります。

今回お伝えする改善のポイントは、
購入することを決めたお客様には、「購入に集中!」モードに入っていただく! 気が散るものは見せない!

という視点でのレイアウト改善例です。(具体的な設定方法は、記事末尾に記載)
まずは、改善前の画面レイアウトを見ていった後で、改善後の「カゴ落ち率を改善する画面レイアウト」を見ていきます。

まずは、工夫をしていない場合から

商品詳細ページ

この商品が気に入ったので「カートに入れる」をクリックすると、

改善前:ショッピングカート画面

トップページ・商品一覧ページ・商品詳細ページの画面で出ている「ヘッダー・サイドメニュー・フッター」が、
カート画面・購入手続き画面でも、「出たまま」になっています。

改善前:ご購入手続き画面

もう購入を決めて「購入手続きに進む」とクリックしたのに、まだ他のメニューが出ていて、寄り道ができてしまう状況です。

改善前:会員登録画面(会員登録後に購入をクリックした後の画面)

会員登録の入力に集中していただきたい所ですが、他メニューも目に入ってしまう状況です。

それでは、工夫がなされた改善後の画面レイアウトを見ていきましょう!

改善後!カゴ落ち率を改善する画面レイアウトへ

商品詳細ページ

同じように、「カートに入れる」をクリックして、ショッピングカート画面に移っていくと、

ショッピングカート画面

ヘッダー内のメニューは最小限になり、店舗ロゴ(看板)だけの簡素なヘッダーになりました。

サイドメニューは取り払われ、カートの下部には「ついで買い」のアップセルを促す商品群が表示されています。

ご購入手続き画面

「購入手続きに進む」をクリックすると、、
もう、ここからは「購入に集中!」モード。

ついで買いを促す商品も無くなり、ログインするか、会員登録をして購入をするか、会員登録をせずに購入をするか、その3つの選択肢しかありません。

迷わせない。余計なものは見せない。

会員登録画面(会員登録後に購入をクリックした後の画面)

「会員登録後に購入」をクリックすると、会員登録画面になり、

不要なメニューは一切無し!「入力に集中!」という画面構成になっています。

エラーによる離脱は、もったいない。。

さらに、この登録フォーム入力画面で重要なことは、「入力エラーによる離脱」を防ぐことです。
入力項目を埋めて、「登録確定」をクリックすると、大量のエラー。。


1度ならまだしも、2度出ると、「もう、いいや。。」とページを閉じてしまう、という経験が私自身もあります。

ここまで来て、買う気があるのに去られてしまうというのは、非常にもったいない!

フォーム入力のエラーを、リアルタイムでサポート!

ここで登場するのが「フォーム入力アシスト機能(標準機能)」。

下記のように、エラーがリアルタイムで表示されます

入力内容のエラーがあると、リアルタイムにエラー表示が出て、すぐに気づいていただくことができます。

これにより、リアルタイムにエラーを修正しながら、「登録確定」をクリックすれば、登録完了!となり、エラーによる入力ストレスを大幅に軽減し、離脱率を改善することができます。

必須項目の枠と、エラー項目の枠が、色付きでひと目でわかる

入力された情報に応じて、エラーの文言が切り換わる

郵便番号を途中まで入れると、住所の候補が表示されます

入力が面倒なスマホにも対応。

画面レイアウトを切り替えて、カゴ落ち率を改善!

今回お伝えした、ショッピングカート画面以降は、「ヘッダーを簡素に、サイドメニュー・フッターは無し」にするという画面レイアウトを切り替える方法は、
futureshopのデザイン設定にて、複数のレイアウトを作成して、切り替える設定をしておくことで実現ができます。

画面パターンは、最大51パターンまで登録できるので、アパレルブランドの店舗様では、ブランド毎にメニューの内容や雰囲気を変えることで、実店舗での各コーナー毎の演出をするようなイメージで展開されていることもあります。

具体的な設定方法について

すでにfutureshopをご利用の店舗様は、上記でお伝えした画面レイアウト切り替えができますので、「虎の巻」をご参照の上、ぜひお試しください。

具体的な設定方法がわからない場合は、お気軽にサポートまでご連絡ください!
サポートメールアドレス support●future-shop.jp
(●を@に変更してください)
サポートダイヤル 06-6485-6485(平日9:30~18:00)

次の記事↓