ECサイトをASPで構築する際のメリットと注意点とは?導入から運用まで

ECサイトを構築する方法はいくつかあります。ゼロから手掛けるスクラッチ開発やオープンソースの利用、大手ECモールへの出品、そしてASPで構築する方法です。
ASPでECサイトを構築する方法は、仕様が合っていれば初期費用が抑えられ、操作も手軽で運用コストを下げることができます。

今回は、ECサイトを構築する際にASPを利用するメリットや、事前にチェックするべき注意点、基本的なASPの概要についてご紹介します。

ASPとは?

ASP(Application Service Provider)とは、ネットワークを通じてアプリケーションを提供する事業者やサービスを指します。
従来のソフトウェアは、コンピュータやサーバにインストールして使用していましたが、ASPではインターネットを介してサービス提供者(ASP事業者)のサーバにアクセスし、そのサービスを利用します。

ASP形態のサービスは販売管理、会計管理、財務管理などさまざまで、ECサイトだけに特化したサービスではありません。業務に必要な機能のみを選んで利用できるという点がASPの特徴です。
その中でもECサイト向けASPは、カート機能や決済、配送などのEC業務を行う上で最低限の機能が初期設定で備わっているため、ECサイトを開設したいタイミングですぐに始めることができます。
ソフトウェアのカスタマイズや、サーバ手配といったほかの構築方法なら必要となる準備作業も不要です。

ECサイト向けのASPは、価格やサービスの内容によって機能が異なります。
そのため、導入前に自社ECを立ち上げる目的をよく考えましょう。必要に応じて社内の担当者に相談したり、サービスの説明会に参加したりしてASPへの理解を深め、自社に合ったASPを選定することが大切です。

導入時におけるASPのメリット

ASPは、ほかのECサイトの構築方法に比べて、サービスの導入時にメリットがあります。ここでは、主なメリットを2つ説明します。

初期費用が安い

ASPの場合は一般的に、カート機能や決済といったECサイトの根幹部分をカスタマイズできるのはASP事業者だけであり、個別のユーザーが変更を加えることはできません。そのため、カスタマイズやスクラッチのような時間とコストがかかる個別開発が発生せず、大幅に初期費用を削減できます。
導入後は、利用料金として月額のランニングコストがかかりますが、金額は比較的リーズナブルに抑えることが可能です。

短期間で導入が可能

ASPは導入のために特別な開発を行う必要がありません。実装された機能だけを利用するサービス形態のため導入に時間がかからず、サーバの選定やソフトウェアのインストール、インフラ環境の整備といった、本来ECサイトを構築する上で必要な作業も不要です。
利用申し込み後、数日もしくは即日でアカウントが発行されます。すぐに商品登録や商品の販売を開始できて、短期間での導入が可能です。

ASP契約前に知っておきたい注意点

メリットがある一方で、ASPによるECサイトの運営にもデメリットがあります。ASP契約前に知っておきたい注意点をチェックしておきましょう。

個別のカスタマイズは不可

ASPは独自の拡張性がないため、それぞれの企業やアカウントに合わせた個別のカスタマイズができません。あらかじめ用意された機能しか利用できないと聞くと、使い勝手が悪いように思いがちですが、実際は多くの企業やサービス形態の要望に対応できるように、機能が柔軟に作られていることがほとんどです。そのため、詳細なカスタマイズはできませんが、特殊な仕様や機能が必要でない限り、目的に合わせた運用が可能です。
また、目的の仕様に合わないと感じても、ASPのサポートと連携することで解決できる可能性があります。導入前だけでなく、導入後も機能操作や運用面で問題や疑問点が発生することが考えられるため、サポートの有無を事前に確認しておきましょう。

外部システムとの連携が難しい

ASPは通常、外部システムとの連携機能は考慮されていません。ECサイトと企業の基幹システムや物流システムを連携したい場合、ASPは不向きです。ASP事業者に依頼することで、連携できるようになる場合もありますが、基本的にASPは、自身のサービスで完結するように作られているため、複数のシステムを連携する場合には、パッケージ型やスクラッチ型で個別の開発を行う必要があります。

運用の手間がかからないASPの魅力

ASPのメリットは初期費用の安さや導入期間の短さだけではありません。実際のECサイト運用時に手間がかからないこともASPを利用する大きなメリットです。

運用保守や機能改善が不要

例えば、スクラッチ開発でECサイトをゼロから構築した場合、システムの運用保守や機能改善時には、自社で行うか他社に依頼するかを問わず、新たにコストが発生します。
しかし、ASPなら、システムの運用保守や機能改善はASP事業者側で行います。サービス利用者が操作しなくても自動でバージョンアップされるため、システムを使用するときにはいつでも最新の機能が利用できます。

セキュリティ対策が不要

自社でサーバを構築して、EC系のオープンソースやスクラッチで開発した場合には、運用を続けている限り、常にセキュリティ対策を行う必要があります。万が一、ソフトウェアの脆弱性が発見されれば、該当のソフトウェアをアップデートしなければなりません。更新前には、アップデートしてもほかのソフトウェアと互換性があるのか、サイト自体が問題なく稼働するのかなどをチェックする必要があり、またソフトウェアのアップデートは障害発生の危険性も伴います。
一方、ASPの場合にはセキュリティ対策もASP事業者側で行います。そのため自社が対応する必要がなく、自社スタッフは本来注力するべき売り上げに直結するEC業務だけに集中できます。

ASPを選ぶ前には、ASP提供各社のセキュリティ対応状況を知っておくことが必要です。特にECサイトにおける個人情報の流出は大手企業サイトでも発生しており、問題を起こしてしまえば会社の信頼を大きく下げてしまいます。だからこそ、常時SSL対応やトークン決済などに対応しているか、ASPのセキュリティ対策や過去の障害情報、その対応状況を確認の上、しっかりとセキュリティ対策を行っているASPサービスを選定するようにしましょう。

初めてのECサイト構築は、安くて便利なASPがおすすめ

ASPを活用してECサイトを構築する場合には、仕様を事前に洗い出してから、仕様に合ったサービスを選定しましょう。
少しでも不明瞭な点があれば、サポートに問い合わせるとともに、サポートのレスポンスの質も確認しておくことが大切です。ASP事業者の中には、セキュリティ対策まで行ってくれるところがあります。その点についても事前にチェックして、セキュリティ対策が不十分なASPを選定してしまうことのないように注意しましょう。

ASPを活用したECサイトの構築は最も手軽で、導入コストや運用コストも安く抑えることができます。中には、商品登録点数や機能の制限はあるものの、無料で使えるサービスもあります。ECサイトを初めて構築するという場合は、まずASPで試してみると良いでしょう。

フューチャーショップでは、ショッピングカートASPとfutureshopの違いをまとめたコンテンツを作成しています。こちらもどうぞ、ご参考願います。