MENU

2015年8月27日・バージョンアップ情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショッピングカートASP、FutureShop2のバージョンアップ情報です。

2015.08.19 2015年8月27日・バージョンアップ情報

バージョンアップ項目【機能追加・仕様改善・変更】

機能追加
01. 他社ID連携・決済オプション
 (Amazonログイン & ペイメント利用)


機能概要

新機能「他社ID連携・決済オプション(Amazonログイン & ペイメント利用)」をご利用いただくために必要な各種設定が追加されます。


対象管理画面ページ

  • 構築メニュー>送料・決済設定>決済方法設定
  • 構築メニュー>メール設定>任意受注連絡メール1および任意受注連絡メール2
  • 構築メニュー>デザイン設定>ボタン設定
  • 構築メニュー>ページ設定>Amazon設定
  • 構築メニュー>ページ設定>各ページ設定>カートタブ
  • 構築メニュー>その他
  • 運用メニュー>受注管理>受注検索
  • 運用メニュー>受注管理>受注データ取得項目設定>FutureShop2形式設定
  • 運用メニュー>会員管理>会員検索
  • 運用メニュー>会員管理>会員一括登録・取得
  • モバイル>スマートフォン設定>デザイン設定>ボタン設定
  • モバイル>スマートフォン設定>各ページ設定>カートタブ

主な機能

機能.1:「Amazon設定」の追加

構築メニュー>ページ設定に「Amazon設定」が追加されます。
設定画面にあるAmazonの各種ID情報を登録し、「設定する」に☑チェックを入れることでサイト上に【Amazon】ボタンが表示されます。
Amazon API情報は『アマゾンジャパン合同会社』との契約完了後に発行される、Amazonペイメント管理画面(セラーセントラル)より
取得可能です。

「設定する」に☑チェックを入れる前でも、【プレビュー】ボタンから「Amazonログイン & ペイメント」の機能をプレビューできます。

◆ 詳しくはWebマニュアルをご参照ください。
▼Amazon設定
http://www.future-shop.jp/manual/build/page/ConfigAmazonEdit.html
▼Amazonログイン & ペイメント IDの確認方法
http://www.future-shop.jp/manual/build/page/amazon_id.html
  • 本設定画面は、FutureShop2での「Amazonログイン & ペイメント」オプション機能が有効になってから利用可能です。
  • 「設定する」チェックを更新する際は、 店舗を閉店状態にしていただく必要がございます。

機能.2:決済方法設定に「Amazonペイメント」項目追加

構築メニュー>送料・決済設定>決済方法設定に「Amazonペイメント」が追加されます。

  • ○ 決済表示名、お客様(消費者)がお支払い方法を選択されるページに表示するAmazonペイメントに関する説明
  • ○ Amazonペイメント利用時の注文確認・サンクスメールに挿入するコメント
  • ○ 最小購入金額・最大購入金額設定
  • ○ Amazonペイメントを選択できない条件の場合に表示するメッセージ
  • などの各種設定が可能です。

◆ 詳しくはWebマニュアルをご参照ください。
▼Amazonペイメント設定
http://www.future-shop.jp/manual/build/postage-settle/SettleAmazonPaymentsEdit.html
  • 本設定画面は、FutureShop2での「Amazonログイン & ペイメント」オプション機能が有効になってから利用可能です。

機能.3:任意受注連絡メールに「Amazonペイメント」項目追加

構築メニュー>メール設定>メール設定一覧>任意受注連絡メール1および任意受注連絡メール2の[ 支払方法 ]タブに
Amazonペイメント」が追加されます。
以下の置換文字が利用できます。

支払方法$SETTLE_NAME$
AmazonリファレンスID$SETTLE_AMAZON_ORDER_REFERENCE_ID$

  • 本設定画面は、FutureShop2での「Amazonログイン & ペイメント」オプション機能が有効になってから利用可能です。
  • AmazonリファレンスIDとは、Amazonペイメント管理画面(セラーセントラル)で発行されるご注文番号です。
  • バージョンアップ完了直後は[$SETTLE_NAME$]のみ指定されています。
    [$SETTLE_AMAZON_ORDER_REFERENCE_ID$]の置換文字は、設定されておりませんので必要に応じて、
    管理画面設定よりご変更ください。

機能.4:[PC]【Amazonでアカウントでお支払い】【このサイトでお支払い】ボタン追加

構築メニュー>デザイン設定>ボタン設定に【このサイトでお支払い】ボタンが追加されます。

Amazon設定を有効にすることで、ショッピングカート画面に【Amazonでアカウントでお支払い】ボタンと 並列して
【このサイトでお支払い】ボタンが表示されるようになります。
【このサイトでお支払い】ボタンを オリジナルボタンに変更いただく際は、本設定画面より変更可能です。

デフォルトで登録されている【このサイトでお支払い】ボタンの画像サイズは「296px*60pxです。

◆ 詳しくはWebマニュアルをご参照ください。
▼「Amazonログイン & ペイメント」画面デザインについて
http://www.future-shop.jp/manual/build/page/amazonCheckoutDesign.html
  • 本設定画面は、FutureShop2での「Amazonログイン & ペイメント」オプション機能が有効になってから利用可能です。

機能.5:[スマートフォン]【Amazonでアカウントでお支払い】【このサイトでお支払い】ボタン追加

モバイル>スマートフォン設定>デザイン設定>ボタン設定に【このサイトでお支払い】ボタンが追加されます。

Amazon設定を有効にすることで、ショッピングカート画面に【Amazonでアカウントでお支払い】ボタンと並列して
【このサイトでお支払い】ボタンが表示されるようになります。
【このサイトでお支払い】ボタンをオリジナルボタンに変更いただく際は、本設定画面より変更可能です。

  • 本機能は、「モバイル & スマートフォンショップ」オプションご契約時に有効です。

機能.6:[PC]「ご注文手続き(Amazon)」ページを追加

構築メニュー>ページ設定>各ページ設定>[カート]タブに「ご注文手続き(Amazon)」が追加されます。

[ページタイトルの登録] [JavaScriptの利用指定] [コメントパターン上部/下部の出力設定]が可能です。


  • バージョンアップ完了後は、[JavaScript][コメントパターン上部/下部]ともに「設定しない」状態になっています。
    必要に応じて、管理画面設定よりご変更ください。

機能.7:[スマートフォン]「ご注文手続き(Amazon)」ページを追加

モバイル>スマートフォン設定>各ページ設定>[カート]タブに下記項目が追加されます。

  • ご注文手続き(Amazon)
  • お客様情報の変更(Amazon)
  • 配送方法の変更(Amazon)
  • 包装方法の変更(Amazon)
  • ポイントの変更(Amazon)

[ページタイトルの登録] [ヘッダコメント/フッタコメントの指定] [コメントパターン上部/下部の出力設定]が可能です。

  • バージョンアップ完了後は、[ヘッダコメント/フッタコメントの指定]は「利用しない」。
    [コメントパターン上部/下部]は「設定しない」状態になっています。必要に応じて、管理画面設定よりご変更ください。
  • 本機能は、「モバイル & スマートフォンショップ」オプションご契約時に有効です。

機能.8:Amazonご注文手続きページURLを追加

構築メニュー>その他のURL一覧にAmazonご注文手続きページ関連のURLが追加されます。


SSLドメインとは?

構築メニュー>その他 にて、ログインページ等の「https」から始まるURLの頭の部分です。

例えば「https://c03.future-shop.jp/fs/testshop/Login.htm」 と表示されていた場合、
SSLドメインは「c03.future-shop.jp」 となります。

ご注意ください

ショッピングカートのURLは、従来と同じURL(http://ご利用ドメイン/fs/ご利用店舗KEY/ShoppingCart.html)ですが、
下記の2画面が新たに追加され、新たなURLが割り振られています。
 ■画面新設箇所
 1)【Amazonアカウントでお支払い】ボタンをクリックした後のご注文手続き画面
 2)「Amazonログイン & ペイメント」を利用した際のご注文完了画面

GoogleAnalyticsなどのアクセス解析ツールを活用することで「Amazonログイン & ペイメント」経由または
「このサイトでお支払い」経由の購入数やカゴ落ちの状況など、アクセス解析を行うことが可能です。

また、「Google設定」「任意アフィリエイト設定」 「任意測定タグ設定」等、
すでに設定されている各測定タグ・コンバージョンタグは、「Amazonログイン & ペイメント」注文完了画面にも
「このサイトでお支払い」注文完了画面と同じタグがHTML内に出力されます。


◆ 「Amazonログイン & ペイメント」ご利用時の画面遷移と各URL、GoogleAnalyticsの設定について
詳しくはWebマニュアルをご覧ください。
▼Amazonログイン&ペイメント GoogleAnalytics設定上の注意
http://www.future-shop.jp/manual/build/page/amazon_googleanalytics.html
▼「Amazonログイン & ペイメント」各画面の遷移と解説(PC画面)
http://www.future-shop.jp/manual/build/page/loginandpaymentsScreenDialog.html
▼「Amazonログイン & ペイメント」各画面の遷移と解説(スマートフォン画面)
http://www.future-shop.jp/manual/build/page/loginandpaymentsScreenDialogSmp.html


機能.9:決済種別に「Amazonペイメント」項目追加

運用メニュー>受注管理>受注検索の決済種別に「Amazonペイメント」が追加されます



機能.10:受注データ取得項目設定に「AmazonリファレンスID」項目追加

運用メニュー>受注管理>受注データ取得項目設定>FutureShop2形式設定に「AmazonリファレンスID」が追加されます

受注データCSVのダウンロード

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

AmazonリファレンスID」の追加位置は、最終列(『会員ステージ名』の右)になります。
  • 「AmazonリファレンスID」とは、Amazonペイメント管理画面(セラーセントラル)で発行されるご注文番号です。
  • バージョンアップ完了直後は、出力されないようになっています。必要に応じて、管理画面設定よりご変更ください。

機能.11:「Amazonログイン & ペイメント」を利用した会員の絞込み

運用メニュー>会員管理>会員検索の検索条件に「Amazon連携」が追加されます。

「Amazonログイン & ペイメント」を利用して会員登録されたお客様が絞り込めます。


運用メニュー>会員管理>会員一括登録・取得からダウンロードできる、会員登録用CSVファイルに『AmazonID連携日時』の列を追加します。

本項目に日時が記載されている会員様は、『Amazonログイン& ペイメントを利用して会員登録されたお客様』、
もしくは『既存会員様でAmazonログインを利用したことのあるお客様』となります。

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

AmazonID連携日時』の追加位置は『最終注文日』と『最終更新日』の間になります。


本機能のご利用可能プランと料金

「Amazonログイン & ペイメント」のご利用には、FutureShop2のオプション機能申込のほか、
別途『アマゾンジャパン合同会社』とのご契約が必要です。

「Amazonログイン& ペイメント対応」オプション料金
【初期費用】無料
【月額費用】3,000円(税抜) ※2015年12月末までは月額費用無料です。


「Amazonログイン & ペイメント」のよくあるご質問

FutureShop2の「Amazonログイン& ペイメント対応」機能についてのよくあるご質問は、こちらよりご覧いただけます。

▼「Amazonログイン & ペイメント」対応 Q & A
http://www.future-shop.jp/function/construction/loginandpaymentsqa.html


「Amazonログイン & ペイメント」のご利用における、その他の注意事項

  • 「通常のご注文フォーム」では、Amazonペイメントはご利用いただけません。
  • PCサイト・スマートフォンサイトでご利用いただけます。モバイル(携帯電話・ガラケー)サイトではご利用いただけません。
  • Amazonペイメント専用の「ご注文手続き」画面では、予約販売商品、定期・頒布会販売商品はご注文いただけません。
    予約販売は「通常のご注文フォーム」、定期・頒布会商品は「定期・頒布会商品専用ショッピングカート」でご注文いただけます。
    (「定期・頒布会商品専用ショッピングカート」は「Amazonアカウントでログイン」に対応していません。)
  • Amazonペイメント専用の「ご注文手続き」画面では、お届け先を一ヶ所のみ指定できます。
    (複数お届け先機能に対応していません。)
    「通常のご注文フォーム」では複数のお届け先を指定してご注文いただけます。
    (複数お届け先機能は、構築メニュー>ページ設定>購入画面の「お届け先に関する設定-複数お届け機能の設定」で設定できます。)
  • Amazonペイメント専用の「ご注文手続き」画面では、Amazon.co.jpにご登録のお客様の情報を利用してご購入いただけます。
    お客様の情報は、Amazon.co.jpのアカウント情報および、Amazon.co.jpにご登録のアドレス帳から自動的に取得されます。
  • お客様が「Amazonログイン & ペイメント」を利用して会員登録せずにご購入される場合、そのまま「注文を確定」できるため、
    Amazon.co.jpから取得されない項目(氏名・メールアドレス・郵便番号・都道府県・住所・電話番号以外)は、
    構築メニュー>入力項目設定>顧客登録項目設定の「非会員用入力項目」で「使用する(必須)」にしたとしても、
    ご入力いただけません。
    ◎会員登録された場合は、次回以降、会員ログインしてご注文される際に追加情報入力画面が表示され、追加入力していただけます。
  • Light300プランでは本オプションサービスはご利用いただけません。
  • 予約販売、定期・頒布会販売にはご利用いただけません。

◆ 詳細についてはWebマニュアルをご覧ください。
▼「Amazonログイン & ペイメント」対応機能
http://www.future-shop.jp/manual/build/page/loginandpayments.html


「Amazonログイン & ペイメント」をすでにお申込いただいている店舗様へ

すでに、FutureShop2にオプション機能をお申込みいただいており、『アマゾンジャパン合同会社』とのご契約手続きがお済みの店舗様へは、
9月1日以降、フューチャーショップサポートより「Amazonログイン & ペイメント」オプション設定完了のご連絡を差し上げます。

オプション設定完了のご連絡まで今しばらくお待ちください。



「Amazonログイン & ペイメント」をまだお申込いただいていない店舗様へ

FutureShop2管理画面のオプション申込ページより、お申込みいただけます。

構築メニュー>管理者設定の「お申込バナー」をクリックし、専用フォームからお申し込みください。

◆ お申込みいただきましたら、手続き方法をご案内いたします。
【お手続き】
『アマゾンジャパン合同会社』による、利用開始の手続きを行います。
※状況によっては、ご希望に添いかねる場合がございます。
【利用開始】
FutureShop2で構築したECサイトで、ご利用いただけます。


▲ページのトップへ戻る

仕様変更
「Amazonログイン & ペイメント」リリースによる仕様変更

変更.1:CSVファイルについて

対象管理画面ページ

  • 運用メニュー>会員管理>会員一括登録・取得
  • 運用メニュー>受注管理>受注データ取得項目設定>FutureShop2形式設定
■会員データCSV(member日付.csv)

運用メニュー>会員管理>会員一括登録・取得より、会員データCSV(member日付.csv)に『AmazonID連携日時』の列を追加します。

表示位置は『最終注文日』と『最終更新日』の間になります。

■FutureShop2形式の受注CSV(fs2日付.csv)

運用メニュー>受注管理>受注データ取得項目設定>FutureShop2形式設定より、FutureShop2形式の受注CSV(fs2日付.csv)に
AmazonリファレンスID』の列を追加します。

表示位置はCSVの最終列(『会員ステージ名』の右)になります。
  • 「AmazonリファレンスID」とは、Amazonペイメント管理画面(セラーセントラル)で発行されるご注文番号です。
  • バージョンアップ完了直後は、出力されないようになっています。必要に応じて、管理画面設定よりご変更ください。

変更.2:自動配信メールについて

■ご注文確認メール/サンクスメール
Amazonペイメントを利用、かつ、非会員購入の場合、下記項目の値が空白になります。
○ メールマガジンの購読
○ HTMLメール受信可否
○ モバイルメルマガ受信可否
  • 会員購入、または他決済購入(Amazonペイメント以外)の場合は、従来通りご購入時のメルマガ受信可否が挿入されます。
■任意受注連絡メール
Amazonペイメントを利用、かつ、非会員購入の場合、下記項目の値が空白になります。
メルマガ受信可否$APPLY_MAILMAGAZINE_PERMISSION$
HTMLメール受信可否$APPLY_HTML_MAILMAGAZINE_PERMISSION$
モバイルメール受信可否$APPLY_MOBILE_MAILMAGAZINE_PERMISSION$
  • 会員購入、または他決済購入(Amazonペイメント以外)の場合は、従来通りご購入時のメルマガ受信可否が挿入されます。

変更.3:一部機能の設定変更時における仕様変更について

今回のバージョンアップより、一部機能において「店舗閉店」中のみ変更可能な仕様に変更いたします。
該当機能を有効/無効に変更される場合は、店舗閉店後、設定変更を行っていただきますようお願いいたします。
仕様変更となる該当機能は下記よりご覧ください。

送料・決済設定>配送サービス設定>配送サービス設定(メール便)
①「使用設定」の"使用する"チェックボックスのOn/Off
②「使用設定(定期・頒布会)」の"使用する"チェックボックスのOn/Off
送料・決済設定>割引設定
①「利用設定」の"設定する"チェックボックスのOn/Off
構築メニュー>入力項目設定>会員機能に関する設定
①「会員制機能を利用する」の"利用する"チェックボックスのOn/Off
②「会員登録の強制・非強制」のラジオボタンの指定変更
③「会員登録方法」のラジオボタンの指定変更
構築メニュー>入力項目設定>お届け日時の設定
①「お届け日時の設定の使用について」の"利用する"チェックボックスのOn/Off
②「お届け希望日の設定」の"お届け希望日を指定できるようにする設定"チェックボックスのOn/Off
③「お届け時間帯の設定」の"お届け希望時間帯を指定できるよう設定する"チェックボックスのOn/Off
④「詳細指定事項欄の設置」の"お届けについての詳細指定事項欄を設置する。"チェックボックスのOn/Off
構築メニュー>入力項目設定>包装設定
①「包装の使用について」の"利用する"チェックボックスのOn/Off
運用メニュー>ポイント管理>基本設定
①「基本設定」の"ポイントを利用する"チェックボックスのOn/Off
②「ポイント利用制限」の"ポイント利用単位"の数値変更
③「ポイント利用制限」の"一部ポイント利用制限"の"「一部ポイントを利用する」を選択可能にする"チェックボックスのOn/Off
 本設定項目はポイント管理機能オプションご利用時のみ表示されます。
運用メニュー>クーポン管理>基本設定
①「利用設定」の"利用する"チェックボックスのOn/Off
 本設定項目はクーポン発行機能オプションご利用時のみ表示されます。
※Amazon、Amazon.co.jp、Amazonログイン&ペイメント及びそれらのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
▲ページのトップへ戻る

機能追加
02. APIで実店舗の在庫表示が可能になります

機能概要

外部からAPI連携を行うことで、各商品(バリエーション別)における実店舗の在庫表示を行えるようになります。
有料オプションとなります。料金については、フューチャーショップサポートまでお問い合わせください。

対象管理画面ページ

  • 構築メニュー>実店舗設定>店舗(よく行くお店)一覧
    ※従来の管理画面からメニューの位置が変更になります。(従来:構築メニュー>店舗公開情報>店舗(よく行くお店)一覧)
  • 構築メニュー>実店舗設定>新規登録
  • 構築メニュー>実店舗設定>実店舗基本設定
  • 構築メニュー>実店舗設定>実店舗在庫一覧
  • 構築メニュー>ページ設定>各ページ設定>実店舗在庫
  • 構築メニュー>デザイン設定>レイアウト指定
  • モバイル>スマートフォン設定>ページ設定>各ページ設定>実店舗在庫

主な機能

機能.1:商品詳細ページに、取扱い店舗一覧のリンクが表示されます。

  • 「取扱い店舗一覧」の文字列は変更可能です。
会員情報として「よく行くお店」を登録されている会員にてログインされている場合、
対象店舗に在庫があれば、別途対象実店舗へのリンクを表示することが出来ます。

表示の制御も可能です。

  • 「〇〇店に在庫があります」の文字列は変更可能です。

機能.2:取扱い店舗一覧ページでは、実店舗毎の在庫状況が表示されます。

  • プルダウンで選択肢を変更することでバリエーション毎の在庫状況表示に切り替わります。
実店舗一覧をまとめて表示するか、エリア毎に表示するかを設定できます。

スマートフォンはエリア毎の「+」マークをタップすると対象エリアの実店舗が表示されます。

  • 在庫あり/なし表示、在庫僅少表示をご設定いただけます。

機能.3:詳細ページでは、店舗名や所在地の他、電話番号などの任意項目を5つまで表示できます。


本機能のご利用可能プラン

  • 有料オプションとなります。
  • FutureShop2への実店舗在庫数更新はAPIのみのご提供となります。
    導入には別途開発が必要となりますので、予めご了承くださいませ。
  • ご利用を希望される方は、フューチャーショップサポート(06-6485-6485)までお問い合わせください。
ご注意ください
  • 本機能のご利用にはお使いの商品管理ソフト会社様側の機能開発も必要になる場合がございます。
    詳しくはご利用商品管理ソフトの開発元にお問い合わせください。
  • モバイル(ガラケー)ページには対応しておりません。


FutureShop2X、CROSSPOINT連携をご利用の店舗様へ

店舗マスタにつきましては、 従来、CROSSPOINT管理画面にて追加・編集された内容が同期され、FutureShop2管理画面上の
店舗マスタを上書きしておりましたが、当バージョンアップ以降、自動での同期は行われなくなりますので、同期の廃止に伴い、
CROSSPOINT側で店舗追加が行われた際、FutureShop2管理画面上の店舗マスタとの紐付け作業が必要になります。
具体的には、FutureShop2管理画面上にて「販売店舗コード」の設定が必要になります。

▲ページのトップへ戻る

※キャプチャ画像はすべて開発中のものです。バージョンアップ当日までにデザインなどが変更になる場合がございます。

©2014 FutureShop All Rights reserved.