MENU

2014年9月30日・バージョンアップ情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショッピングカートASP、FutureShop2のバージョンアップ情報です。

2014.09.30 2014年9月30日・バージョンアップ情報

【仕様改善・変更】

Googleデータフィードのカスタムラベルに対応

[機能概要]

2014年9月のAdwords仕様変更に伴い、FutureShop2から自動連携されるGoogleデータフィード内に、
カスタムラベル属性を含める対応をいたします。

[主な機能]

商品毎に設定可能なAdWords項目属性の一部を変更します。
グループ(adwords_grouping)が入力されていても、
2014年10月1日以降は、Googleデータフィードに連携されなくなります。
従来のラベル(adwords_labels)が、カスタムラベルに変更になります。
「custom_label_0」~「custom_label_5」の定義に沿った値を、チルダ(~)区切りで入力してください。

カスタムラベルの例

この例の場合、FutureShop2のAdWords項目>カスタムラベル設定はそれぞれ下記のようになります。

  • [item #1]:冬~売れ筋~~低利益率~
  • [item #2]:夏~~~高利益率~2013 年
  • [item #3]:~~在庫処分品~~2012 年
  • カスタムラベル値をご入力の際、
    カスタムラベル0値~ラベル1値~ラベル2値~ラベル3値~ラベル4値」の形式で入力し、
    値がない場合はチルダを省略せず「カスタムラベル0値~~ラベル2値~~ラベル4値」のように
    ご入力ください。
ご注意ください
  • それぞれのカスタムラベルの定義は、店舗毎に定義していただき、
    全商品で統一した運用を行っていただく必要があります。
  • Adwordsにて、カスタムラベル値の種類の合計値は1,000個までと制限されておりますが、
    FutureShop2から連携するカスタムラベル値には制限は設けられません。
    全体で1,000個以内になるようご調整ください。
  • 2014年10月1日の連携データより反映されます。
    未だ「Adwordsのショッピング キャンペーンへのアップグレード」を行われていない場合、このタイミングで行ってください。
  • 「Adwordsのショッピング キャンペーンへのアップグレード」の後、Google側の反映にタイムラグが発生し、
    広告が運用できない可能性がございます。
  • Adwordsに関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
    https://support.google.com/adwords/answer/8206

[対象管理画面ページ]

運用メニュー>商品管理>Google>AdWords項目

[本機能のご利用可能プラン]

すべてのプランでご利用いただけます。

▲ページのトップへ戻る
©2014 FutureShop All Rights reserved.