MENU

2014年6月18日・バージョンアップ情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショッピングカートASP、FutureShop2のバージョンアップ情報です。

2014.06.03 2014年6月18日・バージョンアップ情報

【仕様改善・変更】

クーポン発行機能を改善[クーポン管理]

[機能概要]

クーポン発行機能(有料オプション)の一部機能を改善いたします。

[主な機能]


1.購入商品の合計金額より○%OFF(定率値引き)、○円引き(定額値引き)ができるようになります

従来のクーポン発行機能では1商品ずつ値引き計算を行う仕様でした。

この計算方式に加えて、かねてより多くのショップ様よりご要望いただいておりました
【商品購入金額の合計】から定率もしくは定額で値引きできる機能を追加いたします。

バージョンアップ後は、クーポン発行時に従来式の【商品個別に対する値引き】に加えて、
新方式の【商品合計金額に対する値引き】のいずれかをお選びいただけるようになります。

【商品合計金額に対する値引き】で発行したクーポンは、受注1回につき、1枚のクーポン利用となりますので、
「1会員が利用できる回数」の設定で、「おひとり様○回まで利用可能」というクーポンの発行が可能となります。

■ 従来のクーポン発行【商品個別に対する値引き】
例えば、、、
●クーポン発行内容
〔種別〕 全員クーポン
〔利用制限〕 無制限
〔1会員が利用できる回数〕無制限
〔商品に関する値引き設定〕【商品個別に対する値引き】 定額値引き「500円」
【購入商品】
・商品A ・・・5,000円
・商品B ・・・3,000円
このクーポンを利用した場合、商品個別500円ずつ値引かれます。

[商品A] 5,000円-500円=4,500円
[商品B] 3,000円-500円=2,500円
[合計額]4,500円+2,500円=7,000円

といった計算となりますため、結果的に値引き額は1,000円となっております。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今回追加される機能 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
■新方式のクーポン発行【商品合計金額に対する値引き】
例えば、、、
●クーポン発行内容
〔種別〕 全員クーポン
〔利用制限〕 無制限
〔1会員が利用できる回数〕 無制限
〔商品に関する値引き設定〕【商品合計金額に対する値引き】 定額値引き「500円」
【購入商品】
・商品A ・・・5,000円
・商品B ・・・3,000円
あたらしい計算方式で発行したクーポンを利用した場合、

([商品A]5,000円+[商品B]3,000円)-500円=7,500円

といった計算となりますため、単純に商品合計金額から500円の値引きとなります。
  • ※定率値引き(10%OFFクーポンなど)も同様に商品合計金額から計算いたします。
  • ※【商品合計金額に対する値引き】方式で発行したクーポンは他クーポンとの併用はできません。
      (送料無料クーポンを除く)
  • ※送料無料クーポンの計算方式には変更ございません。
  • ※受注CSVへの値引き額出力方式には変更ございません。

2.利用開始日を当日から指定できるようになります


クーポン発行時に入力する「利用開始日」は最短でも発行時の翌日日付しか入力できませんでしたが、
今回の機能改善により当日も指定できるようになります。(即日発行が可能)

発行してから利用できるようになるまで、今までは、最短でも1日待つ必要がございましたが本改善により、
当日設定→当日利用開始のクーポンが発行可能となります。

よりスピーディな販売促進プロモーションに、お役立ていただければと考えております。


3.利用開始日を過ぎた発行済みクーポンでも一部情報の更新・変更ができるようになります


利用開始日を経過したクーポンは管理画面上で一切の更新・変更ができない状態となりますが、
一部の設定情報におきましては更新・変更ができるよう改善いたします。


利用開始日を経過したクーポンでも変更可能になる箇所
・クーポン名
・モバイルクーポン名
・画像
・詳細説明(PC)
・詳細説明(スマートフォン)
・詳細説明(モバイル)

[対象管理画面ページ]

運用メニュー>クーポン管理

[本機能のご利用可能プラン]

クーポン発行機能ご契約時にご利用いただけます。

▲ページのトップへ戻る

「発送済」にした時点で、購入ポイントを有効にする設定 [ポイント管理]

[機能概要]

受注データの発送ステータスを[発送済]とした時に、 ポイントが有効になる機能を追加いたします。

[主な機能]

従来の購入ポイント有効処理は、下記の3パターンでしたが、

・購入してすぐにポイントが有効になる「自動有効
・数日後にポイントが有効となる設定「○日後に自動的にポイントを有効にする
・管理者が任意のタイミングでポイントを有効にする「手動有効


あらたに、受注データの発送ステータスを「発送済」に変更した時点で、
ポイントが有効になる設定「発送ステータス連動」が追加されます。

運用メニュー>ポイント管理>基本設定にて、発送ステータス連動にチェック入れると、
「発送済」への変更に連動してポイントが有効となります。



 ※この機能を利用される場合は、ポイント有効処理を「手動有効」にされることを推奨します。

 ※ポイント有効処理で「○日後に自動的にポイントを有効にする」を選択している場合
   ↓
  「発送ステータス連動」にチェックが入っていても、「発送済」に変更する前に、
  設定していた日数が経過すると、ポイントは有効となりますので、ご注意ください。

    ・「〇日後に有効」の設定日数よりも先に「発送済」へ変更した場合
     →「発送済」になった時点で、ポイントが有効となります。
    ・「〇日後に有効」の設定日数より後に「発送済」へ変更した場合
     →「〇日後」の設定日数が経過した時点で、ポイントが有効となります。

ご注意ください
  • 受注管理ソフトで処理をしている店舗様は、フューチャーショップ上でも発送ステータスを
      変更していただく必要がございます。
  • ※ 複数商品を購入している受注データの場合は、
       「全商品」が発送済になっていることが、ポイントを有効にする条件となります。
       一部、「未発送」の商品が残っている場合は、ポイントは有効になりません。

[対象管理画面ページ]

運用メニュー>ポイント管理>基本設定

[本機能のご利用可能プラン]

ポイント管理機能ご契約時にご利用いただけます。

▲ページのトップへ戻る

スマートフォンでの画像ホスティングのAlt表示設定を追加[スマートフォン設定]

[機能概要]

画像ホスティングをご利用の場合、Altに設定している文言を、 画像の下部に表示することができますが、
これまでは「PCのみ」の対応でした。

今回、スマートフォンでもAltに設定した文言を表示することができるようになり、スマートフォンにて、
カラー名と画像サムネイルをセットで表示できます。

概要の説明

今まで、スマートフォン最適化ページでは画像ホスティング画像のAlt名を表示させることができませんでしたがスマートフォンでも、PCと同様にAltに記載している文言を表示することができるようになります。

[主な機能]

モバイル>スマートフォン設定>基本設定にて「画像[商品詳細]にALTを表示する」にチェックを入れると、
スマートフォン商品詳細ページ拡大画像表示画面にて、画像のAltが表示されるようになります。




●「FS2_additional_image_detail_alt」というclassが新たに付与されます。

----------------------------------------------------------
 例)
  <div class="FS2_additional_image_detail_alt">
   ブラウン
  </div>
----------------------------------------------------------

ご注意ください
  • ※ バージョンアップ完了時には、チェックは外れている状態です。
  • ※ 画像ホスティングオプションとモバイル(スマートフォン)オプションを利用中で、
      スマートフォン最適化ページの利用設定を「ON」にされている場合に有効です。

[対象管理画面ページ]

モバイル>スマートフォン設定>基本設定>画像ホスティング設定(オプション)

▲ページのトップへ戻る

商品一覧ページに「お気に入りに登録」ボタンを表示

[機能概要]

「お気に入りに登録」ボタンが、商品一覧ページに表示されます。(※PC・スマートフォンのみ)

[主な機能]

商品一覧ページに「お気に入り登録」ボタンが表示され、ボタンをクリックした際に、
別の画面に遷移しない為、次々と連続して「お気に入り登録」をしていくことができます。
(※非ログイン時は、「お気に入り登録」をクリックするとログイン画面に移動します)

「お気に入りに登録」「お気に入りに登録済み」ボタンは、
商品詳細ページ用・商品一覧ページ用と、それぞれに画像サイズを変えて、登録することができます。

【PC画面】


【スマートフォン画面】

[対象管理画面ページ]

構築メニュー>ページ設定>商品ページ>商品一覧ページの設定>□「お気に入りに登録」表示

  • ※ 商品基本情報の編集画面にて、[□お気に入りに登録]表示 のチェックが入っている場合に、
      商品一覧ページでも表示
    されます。
  • ※ PC・スマートフォン は同一設定となります。
▲ページのトップへ戻る

カンタン会員登録機能

[機能概要]

新規会員登録時の入力項目設定を省略することで、簡単に会員登録を行っていただくことができ、
マイページ閲覧、お気に入り商品登録、クーポン取得などがご利用いただきやすくなります。

[主な機能]

氏名・Eメールアドレス・パスワードの最少3項目で、新規会員登録が行えます。

省略したい項目について、[ □省略する] のチェックを入れると、
新規会員登録時に項目が表示されなくなります。(※商品購入時は追加情報の入力が必要となります)


例)氏名・Eメールアドレス・パスワードの最少3項目の場合


カンタン会員登録を行われた会員様が、商品購入をされる場合

購入途中に、必要情報の入力画面が表示され、省略していた項目の入力が促されます。

ご購入手続きのタイミングではなく、次回ログイン時に不足項目を入力させたい場合

構築メニュー>入力項目設定>会員機能に関する設定>アカウントサービスの設定の「会員情報不足時の設定」に、 チェックを入れた場合は、2回目のログイン時に不足項目の入力画面が表示されます。


デフォルトではチェックは入っていないので、その場合は不足項目を入力しなくてもログインが可能です。

ご注意ください
  • ※「メルマガ受信可否」項目を省略している場合は、で登録されます。
      メルマガ受信可否を新規会員登録時に選択させたい場合は、省略しないようご注意ください。
  • ※「メルマガ受信可否」項目を省略する場合、”可”で登録される旨、
      コメントパターンなどへの説明を追記されることをおすすめいたします。

[対象管理画面ページ]

構築メニュー>入力項目設定>顧客登録項目設定
モバイル>入力項目設定>顧客登録項目設定
構築メニュー>入力項目設定>会員機能に関する設定>アカウントサービスの設定

▲ページのトップへ戻る

ご購入時の会員登録ボタン位置を変更

[機能概要]

ご購入手続き画面の[会員登録せずに購入]と[会員登録後に購入]のボタン上下を変更いたします。

[主な機能]

従来のご購入手続き画面は
[会員登録せずに購入]ボタンが
[会員登録後に購入]ボタンがでしたが、

ボタン位置の上下を逆にし、
[会員登録後に購入]ボタンが
[会員登録せずに購入]ボタンが に変更改善いたします。

PC端末での表示のみが対象となります。


ご注意ください
CSSやJavaScriptで既に上下を変更されている場合には、レイアウトが崩れる可能性がございますので必ずご確認ください。

[対象管理画面ページ]

構築メニュー>デザイン設定

▲ページのトップへ戻る

ご購入時の会員登録完了画面を省略

[機能概要]

購入途中で会員登録をした場合、会員登録完了時に、会員登録完了画面を表示せず、
そのまま「お届け先指定」のページに自動的に移動する画面遷移となります。
(※PC・スマートフォンのみ)

[主な機能]

購入途中に会員登録をする場合の画面遷移は、
①カート画面 → ②購入手続き画面 → ③会員登録 → ④会員登録確認画面と進みますが、

■バージョンアップ前  ④会員登録確認画面 → ⑤会員登録完了画面⑥お届け先指定画面
■バージョンアップ  ④会員登録確認画面 → ⑤お届け先指定画面

この画面遷移により、会員登録完了画面でのボタンクリックが不要となり、
スムーズに「お届け先指定画面」へと進んでいただけるようになります。
(※PC・スマートフォンのみ。モバイルは会員登録完了画面が表示されます。)

バージョンアップ前

①カート画面 → ②購入手続き画面 → ③会員登録
④会員登録確認画面⑤会員登録完了画面⑥お届け先指定画面

(⑤の会員登録完了画面にて「お届け先指定」をクリックする必要がありました。)

バージョンアップ後

①カート画面 → ②購入手続き画面 → ③会員登録 → ④会員登録確認画面⑤お届け先指定画面

ご注意ください
会員登録完了画面にアフィリエイトや解析タグ等を挿入されている場合には、
今後、購入手続き途中の会員完了画面のデータが取れなくなりますのでご注意ください。

[対象管理画面ページ]

構築メニュー>ページ設定>各ページ設定
モバイル>スマートフォン設定>各ページ設定

▲ページのトップへ戻る

受注検索の「受注日」範囲の仕様を変更

[機能概要]

各ショップ様の受注データの増加に伴い、管理画面において過去の全受注を対象とした検索を実行された際、
お客様がご覧になる商品ページの表示速度の低下や購入手続きページへの影響が懸念されます。

管理画面での受注検索の仕様を一部変更し、1年以上さかのぼった受注日付での検索を制限いたします。
また、検索条件の「受注日」の開始日に、デフォルト値(前年前月1日の日付)を設定いたします。

[主な機能]

検索条件の「受注日」の開始日と終了日付について以下の制限を設けます。

開始日(From)/終了日(To)が両方とも未指定の場合・・・エラーとなります。(全受注検索ができません)



開始日(From)/終了日(To)の期間の差が1年以上・・・エラーとなります。



開始日(From)だけ指定・・・デフォルト値(前年同月の1日)以前の場合はエラーとなります。


●エラーになる場合(2014/06/01に検索した場合)


●エラーにならない場合(2014/06/01に検索した場合)



終了日(To)だけ指定 ・・・エラーとなります。



指定期間が1年以内であれば、受注検索は平常通り行えます。
受注の全件検索が行えない仕様変更となりご不便をお掛けいたしますが、サーバ負荷軽減のため、
ご協力いただきますようお願い申し上げます。

[対象管理画面ページ]

運用メニュー>受注管理>受注一覧・管理(全件)
運用メニュー>受注管理>受注検索
運用メニュー>受注管理>売上管理(商品別)

▲ページのトップへ戻る

FutureRecommend2のレコメンドデータの文字化けを解消

[機能概要]

FutureRecommend2のアイテムデータが生成される際、サイトを閲覧したユーザーの環境により、
商品名が文字化けを起こす場合がありましたが、文字化けの要因となる行動履歴を制限することで、
アイテムデータ生成時に文字化けを起こす事象を解消いたします。

▲ページのトップへ戻る

【機能追加】

広告測定タグ設置機能を追加(クリテオに対応)[任意測定タグ設定]

[機能概要]

これまで設置ができなかった広告トラッキングタグ仕様に対応し、
ユーザ行動履歴に即した広告配信のさらなる活用が可能となります。
(「クリテオ(CRITEO)」の設置が可能となりました)

概要の説明

広告タグ設定の自由度が増し、下記の置換文字を利用して、
各画面に自由にタグを設置いただくことが可能となります。

今まで設置できなかった、商品一覧ページやショッピングカートページ等の
<head>タグ内に出力設定することが可能です。

「クリテオ(CRITEO)」の設置が可能となり、その他、
これまで設置できなかったDSPサービスに関しても、設置が可能となります。

[主な機能]

置換え文字について


【対応画面】
 ・商品一覧ページ /・ 商品詳細ページ / ・ショッピングカート /・ 注文完了ページ

商品一覧ページ用 置換文字一覧
共通置換文字1$REPLACEMENT_1$
共通置換文字2$REPLACEMENT_2$
共通置換文字3$REPLACEMENT_3$
会員ID$MEMBER_ID$
画面表示タイプ
(スマートフォン時"m"、それ以外"d")
$PAGE_TYPE$
商品情報(繰り返し)$ITEM_INFO$
商品一覧ページ 商品情報置換文字($ITEM_INFO$)用 置換文字一覧
商品ID$GOODS_ID$
商品番号$GOODS_NO$
商品URLコード$GOODS_URL$
商品名$GOODS_NAME$
商品単価(税込)$GOODS_PRICE_INTAX$
商品詳細ページ用 置換文字一覧
共通置換文字1 $REPLACEMENT_1$
共通置換文字2 $REPLACEMENT_2$
共通置換文字3 $REPLACEMENT_3$
会員ID $MEMBER_ID$
画面表示タイプ
(スマートフォン時"m"、それ以外"d")
$PAGE_TYPE$
商品ID $GOODS_ID$
商品番号 $GOODS_NO$
商品URLコード $GOODS_URL$
商品名 $GOODS_NAME$
商品単価(税込) $GOODS_PRICE_INTAX$
ショッピングカートページ用 置換文字一覧
共通置換文字1 $REPLACEMENT_1$
共通置換文字2 $REPLACEMENT_2$
共通置換文字3 $REPLACEMENT_3$
会員ID $MEMBER_ID$
画面表示タイプ
(スマートフォン時"m"、それ以外"d")
$PAGE_TYPE$
商品情報(繰り返し) $ITEM_INFO$
ショッピングカートページ 商品情報置換文字($ITEM_INFO$)用 置換文字一覧
商品ID $GOODS_ID$
商品番号 $GOODS_NO$
商品URLコード $GOODS_URL$
商品名 $GOODS_NAME$
商品JANコード $GOODS_JAN_CODE$
商品番号(商品番号 + バリエーション枝番号(横)
+ バリエーション枝番号(縦))
$GOODS_DETAIL_NO$
商品数 $GOODS_COUNT$
商品単価(オプション価格除く) $GOODS_PRICE_INTAX$
商品単価(オプション価格含む) $GOODS_PRICE_WITH_OPTION_INTAX$
注文完了ページ用 置換文字一覧
共通置換文字1 $REPLACEMENT_1$
共通置換文字2 $REPLACEMENT_2$
共通置換文字3 $REPLACEMENT_3$
会員ID $MEMBER_ID$
画面表示タイプ
(スマートフォン時"m"、それ以外"d")
$PAGE_TYPE$
商品情報(繰り返し) $ITEM_INFO$
受注コード $ORDER_ID$
初回購入フラグ(初回購入時=1or他=0) $FIRST_PURCHASE_FLAG$
商品購入金額合計(オプション価格除く) $TOTAL_BUY_GOODS_PRICE$
商品購入金額合計(オプション価格含む) $TOTAL_BUY_GOODS_PRICE_WITH_OPTION$
商品購入数量合計 $TOTAL_BUY_GOODS_COUNT$
注文完了ページ置換文字 内容
商品ID $GOODS_ID$
商品番号 $GOODS_NO$
商品URLコード $GOODS_URL$
商品名 $GOODS_NAME$
商品JANコード $GOODS_JAN_CODE$
商品番号(商品番号 + バリエーション枝番号(横)
+ バリエーション枝番号(縦))
$GOODS_DETAIL_NO$
商品数 $GOODS_COUNT$
商品単価(オプション価格除く) $GOODS_PRICE_INTAX$
商品単価(オプション価格含む) $GOODS_PRICE_WITH_OPTION_INTAX$
ご注意ください
  • ※ PC・スマートフォンは同一の設定になります。
  • ※ 「クリテオ(CRITEO)」タグの設定方法については、対応完了後、『虎の巻』でご案内予定です。
  • ※ 広告測定タグ設置機能は標準機能ですが、
      「クリテオ(CRITEO)」は、Futureshop2のサービスではございません。

[対象管理画面ページ]

構築メニュー>プロモーション管理>任意測定タグ設定

▲ページのトップへ戻る

【その他】

FutureShop2内のjQueryバージョンを更新

[機能概要]

画像ホスティングオプションご利用時に、システムから自動出力されているjQueryライブラリ(/shop/js/jquery.js)のバージョンをv1.7.1からv1.11.1へとアップします。

本改善に伴って、ショップ様側で行っていただく作業はございません。

ご注意ください
システムから自動出力されているjQueryライブラリを利用してjQueryプラグインなどを実行している場合は、動作に不具合が生じる可能性があります。

このような利用方法をされているショップ様はバージョンアップ後に必ずご自身のサイトをご確認いただきますようお願いいたします。
▲ページのトップへ戻る

ログインフォームのセキュリティを強化

[機能概要]

お客様(エンドユーザ)がログインフォーム(https://SSLページのドメイン/fs/店舗KEY/Login.html)から
ログインされる際に、よりセキュアな状態でログインできるようにセキュリティを強化いたします。

本改善に伴って、ショップ様側で行っていただく作業はございません。

▲ページのトップへ戻る
©2014 FutureShop All Rights reserved.