MENU

2013年10月8日・バージョンアップ情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショッピングカートASP、FutureShop2のバージョンアップ情報です。

2013.10.08 2013年10月8日・バージョンアップ情報

バージョンアップ詳細

【機能追加】
 1.会員ステージ機能を追加いたします[会員管理]
 2.Google動的リマーケティングタグの設置が可能になります[ページ設定]
 3.ユーザログイン画面にメールアドレスの保持設定を追加いたします[ユーザログイン画面]
 4.ポイント有効期限の設定に「月」単位での設定を追加いたします[ポイント管理]
 5.「店舗(よく行くお店)一覧」設定を追加いたします[店舗公開情報]


【仕様改善・変更】
 1.メールマガジン・モバイルメールマガジン配信時における仕様を変更いたします[メールマガジン]
 2.グループページ・商品詳細ページに共通の上部コメント/下部コメントが設定できるようになります[商品管理]
 3.スマートフォン最適化表示ページの追加対応を行います[スマートフォン設定]
 4.商品詳細ページに出力されるHTML内容を一部改善いたします[商品管理]
 5.コメントパターンに利用できる置換文字を追加いたします[コメントパターン一覧]
 6.受注データ作成時のポイント計算設定を追加いたします[定期購入・頒布会]
 7.顧客登録項目設定に項目を追加いたします[顧客登録項目設定]


【CSVファイル変更点】
 会員一括登録ファイルに項目を追加いたします




【機能追加】

1.会員ステージ機能を追加いたします[会員管理]

[機能概要]

任意のステージ名称で会員ステージ(会員ランク)を設定できるようになります。

[主な機能]

たとえばプラチナ会員ならポイント10%、シルバー会員ならポイント3%・・・
といったように会員ステージごとに購入ポイントの付与率を設定できます。






(非ログイン状態では基本付与率で計算されたポイント数が商品詳細ページ上に表示されます)

またメールマガジン/モバイルメールマガジン/特別ポイント付与/特定会員クーポンの絞込条件に
会員ステージが追加されますので、各ステージ会員への個別アプローチも可能になります。



会員検索条件に会員ステージが追加されます。



検索結果をCSVで出力することも可能です。



構築メニュー>入力項目設定>顧客登録項目設定で「会員ステージ」を"使用する"にすると、
ユーザのマイページで現在の会員ステージをご確認いただくことも可能です。





会員編集・会員検索条件に「備考」を追加いたします。
本項目はユーザに公開されることはなく、管理画面からでないと確認できないクローズドな項目です。




[オプション機能でさらに便利に]

さらに「会員ステージ自動判定オプション」(有料)をご利用いただくことで購入金額ならびに購入回数条件を
あらかじめ設定しておき、条件を満たせばステージアップ、またはステージダウンの判定を自動化させることも
可能です。
※本オプションをご利用にならない場合はステージ判定・ステージ変更は管理画面より手動で行います。



[会員ステージ機能導入にあたってのご注意]

本機能を導入するにあたっては、自社の会員規約の見直しなどが必要になるケースも出てきます。
また会員ステージ運用を開始すると簡単に変更できない個所もでてまいります。

本格的にステージわけを行う前に、自社のお客様がどのくらいの購入頻度・回数・累積購入金額なのか、
優良顧客が全体のどれくらいの割合か、優良顧客候補がどの程度いらっしゃるのかなどを事前にしっかり
把握しておき、よく検討したうえでのステージわけ設定をおススメいたします。

[オプション費用・お申し込み方法について]

初期費用3,675円(税込)/月額費用1,575円(税込)です。
「会員ステージ自動判定オプション」のお申し込みは10月8日より承ります。


[対象管理画面ページ]

・構築メニュー>入力項目設定>顧客登録項目設定
・運用メニュー>会員管理>会員検索
・運用メニュー>会員管理>会員新規登録
・運用メニュー>会員管理>会員編集
・運用メニュー>会員管理>会員一括登録・取得
・運用メニュー>会員管理>会員ステージ基本設定
・運用メニュー>ポイント管理>基本設定


[本機能のご利用可能プラン]
会員ステージ機能は標準機能としてご利用いただけます。
会員ステージの自動判定はオプションサービスでのご提供となります。
※オプションサービスのお申し込みは2013年10月8日(火)より承ります。
本オプションサービスは2013年10月15日(火)よりご利用可能です。




2.Google動的リマーケティングタグの設置が可能になります[ページ設定]

[機能概要]

ショップに一度訪れて離脱した方に、ショップのバナーではなく、商品に関するバナーを表示する為の
GoogleAdWordsの動的リマーケティングタグが設置できるようになります。

■AdWords公式ブログ:顧客に合わせてカスタマイズされる動的リマーケティング
http://adwords-ja.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html

[主な機能]

AdWordsの動的リマーケティングタグを利用するに際して、各商品の情報を、商品詳細ページとカートページに
自動出力する必要があるため、今回、AdWordsの動的リマーケティングのタグにご利用いただける置換文字をご用意いたします。

商品詳細ページとショッピングカートページにて利用可能です。置換文字を利用して、該当画面に動的リマーケティングのタグを設定いただけます。

利用可能な置換文字の種類と対応ページ・設定方法は、下記をご参照ください。

[利用可能な置換文字一覧]

 ・ecomm_prodid...$GOOGLE_ADWORDS_PRODID$(商品詳細ページ、ショッピングカートのみ有効)
 ・ecomm_totalvalue(ショッピングカート)...$GOOGLE_ADWORDS_TOTALVALUE$
 ・ecomm_totalvalue(商品詳細ページ)...$GOOGLE_ADWORDS_PVALUE$
 ・ecomm_quantity...$GOOGLE_ADWORDS_QUANTITY$(ショッピングカートのみ有効)
 ・a...$GOOGLE_ADWORDS_AGE$(ショッピングカートのみ有効)
 ・g...$GOOGLE_ADWORDS_GENDER$(ショッピングカートのみ有効)


[対象管理画面ページ]

・構築メニュー>ページ設定>各ページ設定>商品タブ>「商品詳細」(全商品詳細ページに共通で出力します)
・構築メニュー>ページ設定>各ページ設定>カートタブ>「ショッピングカート」
・構築メニュー>ページ設定>購入画面>カートページ設定>「ショッピングカートページに表示する文言」

[動的リマーケティングタグの設置に関して]


■虎の巻:動的リマーケティングタグの設置方法
http://support.future-shop.jp/capability/cat130/dynamic_remarketing.html

■Googleヘルプページ:動的リマーケティングタグの設置について
https://support.google.com/adwords/answer/3103357?hl=ja#place_tag


※動的リマーケティングを利用するには、AdWordsアカウントとGoogleショッピングアカウントを連携させる必要がございます。
【連携のご依頼はこちらから】>>Googleショッピング×AdWords連携設定フォーム
https://business.form-mailer.jp/fms/33a971a419735

すでにAdWordsのIDを弊社にお知らせいただいている場合はご連絡は不要です。
AdWordsアカウントをお持ちでない場合は、AdWordsアカウントをご作成の上、
上記フォームよりIDをお知らせください。



3.ユーザログイン画面にメールアドレスの保持設定を追加いたします[ユーザログイン画面]

[機能概要]

ユーザログイン時のメールアドレスを保持し、次回ログイン時に初期表示させることができるようになります。


[主な機能]

管理画面にて「メールアドレスの初期表示設定」を「最終ログインメールアドレスを表示する」に変更することで、
ユーザがログインする際に「メールアドレスを保存する」にチェックを入れた状態でログイン成功となった場合、
次回ログイン画面表示時に、前回ログイン時のメールアドレスが初期表示されます。




[ログイン画面:PC]


[ログイン画面:スマートフォン]


メールアドレス保持期限は最終ログインから30日(固定)。

対象端末はPC、スマートフォンのみ。モバイル端末は対象外となります。


[対象管理画面ページ]

・構築メニュー>入力項目設定>会員機能に関する設定

[本機能のご利用可能プラン]
標準機能としてご利用いただけます。



4.ポイント有効期限の設定に「月」単位での設定を追加いたします[ポイント管理]

[機能概要]

ポイント有効期限の設定に「月」単位での設定を追加いたします。


[主な機能]

これまではポイントの有効期限設定が、
「最新付与ポイントが有効になった日から○日」という日数での設定のみでしたが、
最新付与ポイントが有効になった日から○ヶ月」という月単位での設定が追加されます。


[ご注意]

ポイント利用期限の設定を変更した際に会員様全員に対して利用期限が即時反映されるわけではなく、
ポイント利用期限の設定を変更した後にポイントの付与・利用が発生した際に変更後のポイント利用期限が反映されます。


[対象管理画面ページ]

・運用メニュー>ポイント管理>基本設定>ポイント利用期限

[本機能のご利用可能プラン]
ポイントオプションご契約時にご利用いただけます。




5.「店舗(よく行くお店)一覧」設定を追加いたします[店舗公開情報]

[機能概要]

よく行くお店一覧を登録できます。実店舗(リアルショップ)も展開されている店舗様はご活用ください。




[主な機能]

店舗リストとして店舗コード、店舗名、表示順が設定できます。


顧客登録項目設定で「使用する」にすると、会員登録時などのアンケート項目として表示されます。




「よく行くお店」はメールマガジン/モバイルメールマガジン/特別ポイント付与/特定会員クーポンの絞込条件として活用できます。


[対象管理画面ページ]

・構築メニュー>店舗公開情報>店舗(よく行くお店)一覧
・構築メニュー>入力項目設定>顧客登録項目設定
・モバイル>入力項目設定>顧客登録項目設定


[本機能のご利用可能プラン]
標準機能としてご利用いただけます。


【仕様改善・変更】

1.メールマガジン配信時における仕様を変更いたします[メールマガジン]

[仕様改善・変更概要]

複雑化しがちであった現行のメールマガジン仕様をよりわかりやすくし、
メールマガジンの配信対象となる条件を以下の2パターンに変更いたします。


◎会員登録をしているメルマガ「可」のユーザ⇒会員
(会員登録時・マイページでメルマガ可で登録しているユーザ)

◎会員登録をしていないメルマガ「可」のユーザ⇒メールマガジン会員
(最新購入時にメルマガ可で購入、もしくはメルマガ申込フォームより登録したユーザ)



本仕様変更により、会員登録済みのメルマガユーザ・会員登録をしていないメルマガユーザが明確化されますため、
メールマガジン発行画面において両方の属性、もしくはどちらか片方のみの属性を指定した配信が可能となります。

[会員登録されているユーザのメルマガ受信可否について]

会員登録されているユーザのメルマガ受信可否は、会員登録時のメルマガ受信可否、もしくはマイページのメルマガ受信可否のみ参照されるようになります。

※バージョンアップ後に会員登録されたユーザで、マイページでのメルマガ受信可否が「」となっているユーザにはメルマガは配信されません。
(今まで受信されていた方が受信できなくなるということはございません)


[購入時のメルマガ受信可否について]

購入時のメルマガ受信可否は、会員・非会員問わず受注データごとに可否を判断しておりましたが、
会員として登録されていないメールアドレスからのご注文の場合、メルマガ会員データとして登録/削除する事に
より受信可否の判断を行うようにします。



現行

注文時(申込時)に選択されたメールマガジン受信可否を注文者の履歴として保持します。
同一メールアドレスで過去に一度でもメールマガジン受信可否が"可"となっている注文データがある場合、
メールマガジン配信対象アドレスとなります。



仕様変更後

注文時(申込時)に選択されたメールマガジン受信可否を注文者の履歴として保持しますが
最新注文のメールマガジン受信可否が"可"となっていない限り、メールマガジン配信対象アドレスとなりません。

会員登録されているメールアドレスの場合、マイページで変更していただく必要があります。
会員登録されていないメールアドレスからのご注文の場合、配信可否については以下のようになります。



最新注文をメルマガ可で注文

⇒注文時のメールアドレスをメルマガ配信可能なアドレスとして登録します。すでに登録されているメールアドレスの場合は上書き更新されます。

最新注文をメルマガ否で注文

⇒これまでメルマガを受信されていたメールアドレスであっても、今後はメルマガ配信されなくなります。(メルマガデータより削除されます)



[メルマガ絞り込み条件の変更点について]

変更点.1

注文時に「メルマガ可」となっている受注は絞り込み条件に合致する仕様となっておりましたが
絞り込み条件にメルマガ受信可否を含めない仕様になります。



変更点.2

会員登録されていないメールアドレスは、一度でも「メルマガ可」となっていた場合は配信されていましたが
最新注文が「メルマガ可」となっている場合にのみ配信される事になります。



変更点.3

会員であるメールアドレスの受信可否は、会員/受注/メルマガ会員の受信可否がいずれかが可となっていた場合に配信されていましたが
マイページでメルマガ可となっている場合に配信される事になります。



変更点.4

会員が途中でメールアドレスを変更すると別ユーザとしてカウントされておりましたが、会員として購入された
過去のご注文メールアドレスは、最新の会員情報のメールアドレスに上書き更新されます。



変更点.5

絞り込み条件の「購入商品または会員情報を指定する場合」に会員ステージ・よく行くお店が追加されます。



[対象管理画面ページ]

・運用メニュー>メールマガジン
・運用メニュー>モバイルメールマガジン


[対象となるご利用プラン]
メールマガジンの仕様変更はすべてのご利用プランにおいて実施いたします。
モバイルメールマガジンの仕様変更はモバイル・スマートフォンオプションご契約時において実施いたします。





2.グループページ・商品詳細ページに共通の上部コメントおよび下部コメントが設定できるようになります[商品管理]

[仕様改善・変更概要]

全商品詳細ページ/全グループページに共通で表示する、上部・下部コメントを設定できるようになります。


[主な機能]

これまでは、商品毎・グループ毎に「個別に」設定する必要があった上部・下部コメントですが、
今回の対応により、全商品詳細ページ・全グループページに共通で表示したい上部・下部コメントを
コメントパターンの設定で、表示することができるようになります。

なお、バージョンアップ直後は上部下部コメントは未設定状態となります。

管理画面・設定箇所



ユーザ画面・グループページ

ユーザ画面・商品詳細ページ


[対象管理画面ページ]

・構築メニュー>ページ設定>各ページ設定>商品タブ の「商品詳細」「商品グループ一覧」

[対象となるご利用プラン]
すべてのご利用プランにおいて実施いたします。




3.スマートフォン最適化表示ページの追加対応を行います[スマートフォン設定]

[仕様改善・変更概要]

マイページ内のポイント履歴がスマートフォン最適化表示されるようになります。

また最適化追加ページの上部下部に任意のコメントを挿入できるよう、コメントパターン設定が可能になります。
なお、バージョンアップ直後は上部下部コメントは未設定状態となります。

[対象管理画面ページ]

・モバイル>スマートフォン設定>各ページ設定>アカウントサービスの「ポイント履歴」

[対象となるご利用プラン]
モバイル・スマートフォンオプションご契約かつポイントオプションご契約時において実施いたします。




4.商品詳細ページに出力されるHTML内容を一部改善いたします[商品管理]

[仕様改善・変更概要]

PC・スマートフォン商品詳細画面、会員価格表示部のHTMLソースにつきまして、出力内容を一部変更いたします。
基本的に表示に変更はございませんが、CSSでのデザインに影響がないか事前にご確認ください。


[変更となる箇所:その1](PC・スマートフォン共通)

会員価格を設定している場合のみ出力されるHTMLタグを変更いたします。


[変更となる箇所:その2](スマートフォンのみ)

スマートフォン商品詳細画面に、アイキャッチアイコンと「予約商品」アイコンを表示した際に、
縦並びにアイコンが表示されますが、表示されたアイコンの左側が揃わず、
ズレて表示されてしまう、という現象がありましたので、HTMLを修正することで改善いたします。





5.コメントパターンに利用できる置換文字を追加いたします[コメントパターン一覧]

[仕様改善・変更概要]

コメントパターンに利用できる以下の置換文字を追加いたします。本置換文字はアカウントサービストップにのみ利用できます。



[利用可能な置換文字一覧]

 ・お客様氏名...$NAME$
 ・お客様の利用可能ポイント...$POINT$
 ・会員ステージ名...$MEMBER_STAGE_NAME$(会員ステージがない場合は"未設定"と表示されます)
 ・会員ステージ表示順...$MEMBER_STAGE_ORDER_NO$

[対象管理画面ページ]

・構築メニュー>ページ設定>コメントパターン一覧
・構築メニュー>ページ設定>各ページ設定>「アカウントサービス」タブ
・モバイル>ページ設定>コメントパターン一覧
・モバイル>ページ設定>各ページ設定>「アカウントサービス」タブ
・モバイル>スマートフォン設定>コメントパターン一覧
・モバイル>スマートフォン設定>各ページ設定>「アカウントサービス」タブ
[対象となるご利用プラン]
すべてのご利用プランにおいて実施いたします。一部項目は有料オプションと連動する項目です。



6.受注データ作成時のポイント計算設定を追加いたします[定期購入・頒布会]

[仕様改善・変更概要]

定期購入・頒布会オプションかつポイントオプションをご利用の場合に、各受注データ作成時の
付与ポイントを申込時のポイント数をコピーして受注データを生成するか、
現在の設定に応じて再計算して受注データを生成するかを選択できるようになります。

現在の設定に応じて再計算するを選択された場合、受注データ生成時の該当会員の会員ステージ
ポイント付与率を参照してポイント計算され受注データが生成されるようになります。

※バージョンアップ時点では「申込時のポイント数をコピーする 現在の設定に応じて再計算する」が
選択されております。



[対象管理画面ページ]

・構築メニュー>定期購入・頒布会>定期・頒布会基本設定

[対象となるご利用プラン]
定期購入・頒布会オプションをご利用の場合において実施いたします。



7.顧客登録項目設定に項目を追加いたします[顧客登録項目設定]

[仕様改善・変更概要]

 顧客登録項目設定に以下の項目を新たに追加いたします。

  □................................................□

    よく行くお店
    郵便DM可否
    備考
    会員ステージ
    会員ステージ自動更新対象

  □................................................□

[対象管理画面ページ]

・構築メニュー>入力項目設定>顧客登録項目設定
・モバイル>入力項目設定>顧客登録項目設定


[対象となるご利用プラン]
すべてのご利用プランにおいて実施いたします。一部項目は有料オプションと連動する項目です。






【CSVデータ変更点】

会員一括登録ファイルに項目を追加いたします

以下の項目を新たに追加いたします。これらの追加項目はダウンロード時に必須項目としてダウンロードされます。

  □................................................................................................□

   よく行くお店
   郵便DM可否
   備考
   会員ステージ
   会員ステージ自動更新対象
   会員ステージ一時ダウン回数

  □................................................................................................□

   ※これらの追加項目は既存項目である「特別ポイント最短有効期限」の右列に追加されます


[対象管理画面ページ]

  運用メニュー>会員管理>会員一括登録・取得




©2014 FutureShop All Rights reserved.