Amazon本社会議室で⾃社ECの話?!そしてLINE社も登壇!!

Amazonとフューチャーショップの共催セミナー

脱モール依存。第二弾
だから自社ECは⾯⽩い!

脱モール依存第二弾

フューチャーショップは「Amazon Pay」の公式認定制度「グローバルパートナープログラム」の日本の「プレミアパートナー」

プレミアパートナーロゴ

Amazon本社会議室で⾃社ECの話?!そしてLINE社も登壇!!
そして売上を創っていらっしゃる4社のEC事業者様の最新Eコマース談義

見所

昨今、独⾃ドメインによる⾃社Eコマースのためのさまざまなマーケティングツールが、⼤変リーズナブルに提供される時代になりました。
それは、⼤⼿モールとも遜⾊のない利便性を、消費者に提供できる時代になったことを意味し、貴社のEC戦略を⾃由にデザインできる素晴らしい機会が訪れたということです。
今、まさに⾃社Eコマースで顧客を創り、ファンを創り、そして売上を創っていらっしゃる4社のEC事業者様と、その戦略を⽀える5社の⽀援事業者による最新Eコマース談義・・・必⾒です!

こんな人にオススメ


※ECプラットフォーム提供企業など、同業他社の方はお断りさせていただきます。
※参加申し込みは、1社あたり2名様までとさせていただきます。
※事前登録いただいていない方は、セキュリティーの関係上会場に入室いただけません。あらかじめご了承下さい。

定員に達しましたので、お申し込みを締め切りました。

セミナー概要

SESSION01まずは!集客

タイトル

モバイルファースト時代のキーワードをトリガーにする集客手法の変化

スピーカー

株式会社ハイブリッドマーケティング(http://www.hybridmarketing.co.jp/
代表取締役

徳山 寿吉(とくやま ひさよし)氏

概要
  • キーワードプロモーションからみるモバイルファースト時代の到来
  • 購買行動焦点化で過剰満足?
  • ユーザーのインサイトに応えるための疑似体験を!
  • 自社EC向上計画!サイトもプロモーションも"モノからコトへ"
スピーカー紹介
徳山 寿吉氏

1976年 大阪市生まれ。
大学卒業後、証券、商社、デジタル広告代理店を経て、ハイブリッドマーケティング設立。
関西学院大学専門職大学院 経営学修士(MBA)

SESSION02惹き込む検索!

タイトル

探しものは何ですか?から「コレを探してみませんか?」の導線でお客様をサイトに惹き込む術。

スピーカー

ビジネスサーチテクノロジ株式会社(http://www.bsearchtech.com/)
代表取締役社長

川邉 雄司(かわべ ゆうじ)氏


フューチャーショップ:八木 智仁
概要
  • 探したけれど「見つからない」は満足度の低下だけじゃない! "0件ヒットの悲劇"
  • まだ、「お客様まかせの検索窓」ですか?
    サイト内検索利用の実態から見るユーザーが本当に「探したいもの」
  • それより「コレを探してみませんか?」もっと惹き込む検索ナビゲーション
  • サイト内検索の改善事例を一挙紹介!
  • 雑貨ショップ「ブルーブルーエ」の検索窓にキーワードを入力したユーザーが「すげぇ!」とツイートした理由。犬派とネコ派の特長もキーワードから判る??
スピーカー紹介
川邉 雄司氏

2006年にビジネスサーチテクノロジ株式会社に入社。全文検索エンジンの新規市場開拓・拡販を担当し、WiSE EC(ワイズ イーシー)、probo(プロボ)をはじめ、ビジネスサーチテクノロジの主力商品・サービスの企画、新規ビジネスの立ち上げを行う。2014年7月、同社の代表取締役社長に就任。

SESSION03顧客の感情をAIで制す! ウェブ接客

タイトル

AIが、ユーザーの感情を予測し注文率アップを
実現!?ウェブ接客の現在と未来

スピーカー

Emotion Intelligence株式会社(https://www.zenclerk.com/)
代表取締役CEO

太田 麻未(おおた あさみ)氏


株式会社小島屋(http://www.kojima-ya.com/)
取締役

小島 靖久(こじま やすひさ)氏


フューチャーショップ:八木 智仁
概要
  • 今、なぜウェブ接客が注目されているの?
  • それって誰のため? やってはいけない接客手法
  • AI技術が、ウェブ接客の生産性を劇的アップ!
  • ウェブ接客の近い未来
  • 創業60年上野アメ横「小島屋」が、AI接客を導入した3つの理由
スピーカー紹介
太田 麻未氏

早稲田大学理工学部卒業後、楽天やリクルートで新規事業の立ち上げを経験し、開発案件からマーケティング、セールス案件まで事業に関わる様々な業務を横断的に経験。
2015年に機械学習・人工知能を用いて新しい価値を生み出すビジネスに惹かれ、Emotion Intelligence株式会社にジョイン。
2016年12月代表取締役CEOに就任。

小島様お写真

こんにちは。上野アメ横小島屋の3代目店主 小島靖久です。
僕はナッツとフルーツの卸問屋の子供として生まれました。大学を卒業後、SCEというPlayStationの会社に就職をし、営業と販売企画、マーケティング部署をへて退社しまして、実家である小島屋に入りました。販路拡大の為にインターネット通販を15年ほど前に楽天市場さんでスタートさせ、その後、ヤフー、アマゾン、自社サイトとやってまいりました。8年程前より自社サイトは保有しておりましたが、力を入れ始めたのはここ4年です。

SESSION04配送先入力と決済は、最大の山。

タイトル

初めて来訪したECサイトでも、3タップで購入完了!の顧客体験がもたらすもの。

スピーカー アマゾンジャパン合同会社
Amazon Pay事業本部
事業開発マネージャー

鈴木 保幸(すずき やすゆき)氏


株式会社ドラフト
D collection(http://clubd.co.jp/)
運営責任者(店長)

北山 太一(きたやま たいち)氏


有限会社セレクト
Pierrot (http://pierrotshop.jp/)
WEB事業部 事業副統括

山之内 智也(やまのうち ともや)氏


フューチャーショップ:安原 貴之
概要
  • Amazonの理念
  • 提供開始から2年。Amazon Payの現状
  • 自社ECにAmazon Payを導入する意味とは?
  • 最大の効果を出す「実装」へのこだわりをご紹介
  • 急成長するメンズファッション通販「D collection」のAmazon Pay導入インパクトとは!?
スピーカー紹介
鈴木 保幸氏

2006年にアマゾンジャパン入社。2015年より、Amazonログイン&ペイメント(現Amazon Pay)の日本での立ち上げに参画。

北山 太一氏 20歳から5〜6年ほど音楽活動のため上京し帰郷。
帰郷後営業職やECサイト運営、製作会社などを経て現在の株式会社ドラフト入社後店舗運営部に配属。
自社サイトの新規客リピート客の顧客分析をメインに、初回購入から次につながるサービスや仕組みづくりを行っている。
山之内 智也氏
経験も知識も人脈なし、社内も同様に「CVR?CPA?」と自社サイトが分かるスタッフも一切いない中、全てを独学で学び続け、自社EC立ち上げより現在まで2ケタ成長を記録し続けながら躍進中。
人手も予算もない中で、試行錯誤を繰り返しながらも月商3,000万規模にまで成長。

SESSION05それでもカゴ落ち!?
ECならではの挽回力。

タイトル

挽回力がCVRを押し上げる!カゴ落ちしたお客様をダイレクトにフォローする術。

スピーカー 有限会社セレクト
Pierrot (http://pierrotshop.jp/)
WEB事業部 事業副統括

山之内 智也(やまのうち ともや)氏


フューチャーショップ:安原 貴之
概要
  • カゴ落ちによる機会損失額は売上の2倍?!
  • なぜカゴ落ちは防げないのか?
  • 防げないからこそ必要な「挽回力」
  • 具体的なリカバリー施策と効果をご紹介
  • リカバリー率XX%!!売上に効くカゴ落ち対策の事例..レディースファッション通は「Pierrot」
  • 人手も予算もない中で、試行錯誤を繰り返しながらも「セールをせずにCVR2.0%、月商3,000万規模」という店舗に成長した「Pierrot」の、"たった1つの考え方"とは?
スピーカー紹介
山之内 智也氏
経験も知識も人脈なし、社内も同様に「CVR?CPA?」と自社サイトが分かるスタッフも一切いない中、全てを独学で学び続け、自社EC立ち上げより現在まで2ケタ成長を記録し続けながら躍進中。
振り返れば、特別な知識やテクニックは必要なく、大切なことは本当にたったひとつの考え方だけだったことに気付く。

SESSION06そして...
コミュニケーションで絆を創る。

タイトル

Webとメールだけ...はもう古い!? LINEでお客様との距離はもっと近くなる。

スピーカー LINE 株式会社 /LINE Business Partners株式会社
事業開発部

岡崎 想(おかざき そう)氏


株式会社JAM TRADING
古着屋JAM(http://jamtrading.jp/)
代表取締役

福嶋 政憲(ふくしま まさのり)氏


株式会社ドラフト
D collection(http://clubd.co.jp/)
教育課課長・LINE運営責任者

長岡 竜也(ながおか たつや)氏


フューチャーショップ:八木 智仁
概要
  • LINE@の最新活用事例
  • LINEと自社EC会員を連携する拡張機能とは?
  • LINEログインがEコマースにもたらす利便性。
  • アプリとLINE@、さてどうする?
  • 古着屋JAMのオムニチャネル戦略でLINEは重要な役割を果たしている
  • Eコマースでワントゥワンコミュニケーション!メンズファッション通販DcollectionがLINEでコーディネイト提案を行う理由
スピーカー紹介
岡崎 想氏

2014年にLINE株式会社に入社。
LINE@事業拡大のため、LINE Business Partnersのグロースマーケティングチームに所属後、現在は事業開発部にてLINE@の事業推進を行う。

福嶋 政憲氏 海外仕入れの古着屋さんとしては、国内最大規模を誇るWEBSHOPを運営しファンを拡大中。
また、実店舗とEC店舗のオムニチャネル化やSNSを使った来客イベントなどを積極的に取り組んでいます。
長岡 龍也氏
31歳 地元福井にて大学進学後、地元企業に就職。
27歳でドラフトに入社後、デザイン部署に配属。
LINE@導入を行い、翌年オシャレの教育を行う部署として『教育課』発足。
実際にオシャレの法則を理解したスタッフによる完全手動対応でアパレルネット通販の弱みを強みに変える企画を実施。

※ECプラットフォーム提供企業など、同業他社の方はお断りさせていただきます。
※参加申し込みは、1社あたり2名様までとさせていただきます。
※事前登録いただいていない方は、セキュリティーの関係上会場に入室いただけません。あらかじめご了承下さい。

定員に達しましたので、お申し込みを締め切りました。

プログラム

時刻 プログラム 講座内容
15:00-15:30 受付開始
15:30-15:35 始まりのあいさつ
15:35-16:05 SESSION:1
集客(30分)
モバイルファースト時代のキーワードをトリガーにする集客手法の変化
16:05-16:35 SESSION:2
検索(30分)
探しものは何ですか?から「コレを探してみませんか?」の導線でお客様をサイトに惹き込む術。
16:35-17:05 SESSION:3
接客(30分)
AIが、ユーザーの感情を予測し注文率アップを実現!?ウェブ接客の現在と未来
17:05-17:15 休憩(10分)
17:15-17:45 SESSION:4
決済(30分)
初めて来訪したECサイトでも、3タップで購入完了!の顧客体験がもたらすもの。
17:45-18:05 SESSION:5
追客(20分)
挽回力がCVRを押し上げる!カゴ落ちしたお客様をダイレクトにフォローする術。
18:05-18:35 SESSION:6
絆・コミュニケーション(30分)
Webとメールだけ...はもう古い!? LINEでお客様との距離はもっと近くなる。
18:35-18:45 質疑応答  
18:45 閉会  

開催概要

開催地 東京目黒:アルコタワー ※詳細は、受付完了メールにてご連絡差し上げます。
日程 7月28日(金)15:30〜18:45(開場15:00)
会場 アマゾンジャパン合同会社 会議室
定員 120名(1社2名様まででお願いします)
セミナー参加費 無料

参加に関する注意事項

※ご参加者様は名刺をご持参ください。名刺を1枚頂戴しております。
※下記に該当する同業の企業様の参加はお断りしております。
 ・弊社/共催社と同業の事業を展開されている企業様
 ・弊社/共催社と同業の事業を展開されている企業のパートナー様
 (貴社が公開されている情報で判断をさせていただきます。)
※事前登録いただいていない方は、セキュリティーの関係上会場に入室いただけません。あらかじめご了承下さい。



地図

アマゾンジャパン合同会社 会議室

〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
アルコタワー

※ECプラットフォーム提供企業など、同業他社の方はお断りさせていただきます。
※参加申し込みは、1社あたり2名様までとさせていただきます。
※事前登録いただいていない方は、セキュリティーの関係上会場に入室いただけません。あらかじめご了承下さい。

定員に達しましたので、お申し込みを締め切りました。