MENU

FutureShop2OVERSEASのトップページを見る

クーポン利用期限ご案内メール設定

FutureShop2 Overseas

利用期限ご案内メールの基本設定ができます。

メール基本設定

クーポン種別

メールを設定しているクーポンの種別が表示されます。

差出人名

必須項目です。「利用期限ご案内メール」の送信元に表示される差出人名を入力してください。

From(メールアドレス)

必須項目です。「利用期限ご案内メール」の送信元(From)に使うメールアドレスを入力して下さい。

配信完了メールアドレス

必須項目です。「利用期限ご案内メール」の配信完了通知を送付するメールアドレスを入力して下さい。

メールの件名

必須項目です。「利用期限ご案内メール」の送信元に表示される件名(題名/subjecct)を入力してください。
以下の置換文字を使用することができます。

お客様(消費者)のお名前
$NAME$
お客様の利用可能ポイント
$POINT$
期間限定ポイント
$SPPOINT$
ポイント有効期限
$LIMIT$
期間限定ポイントの有効期限(最短)
$SPLIMIT$
ショップ名を挿入したい場合
$SHOP$
クーポン名
$COUPON_NAME$

本文

「利用期限ご案内メール」の本文を入力して下さい。
会員登録項目の「メールアドレス1」に登録されたアドレスに送信されます。

署名

「利用期限ご案内メール」の署名を入力して下さい。
会員登録項目の「メールアドレス1」に登録されたアドレスに送信されます。

本文・署名では以下の置換文字がを使用することができます。

お客様(消費者)のお名前
$NAME$
お客様の利用可能ポイント
$POINT$
期間限定ポイント
$SPPOINT$
ポイント有効期限
$LIMIT$
期間限定ポイント有効期限(最短)
$SPLIMIT$
ショップ名を挿入したい場合
$SHOP$
クーポン名
$COUPON_NAME$
クーポンID
$COUPON_ID$
クーポン利用開始日時
$COUPON_PERIOD_FROM$
クーポン利用終了日時
$COUPON_PERIOD_TO$
クーポンコード(クローズドクーポンのみ)
$COUPON_CODE$

配信予約設定

配信予約

自動予約しない

利用期限ご案内メールを自動では配信しません。「運用メニュー>クーポン管理>クーポン履歴一覧」から手動で配信できます。

一時停止の状態で予約する

配信予定日時になると、メールマガジン配信データを作成し、「運用メニュー>メールマガジン>メールマガジン配信予約・履歴一覧」に「一時停止」の状態で登録されます。メールマガジン配信予約・履歴一覧の「操作」欄で「復活」ボタンを押下すると、配信できます。

配信待ちの状態で予約する

配信予定日時に達した場合、メールマガジンは配信されます。
ただし、配信予定日時をクーポン開始日時より過去に設定した場合は「一時停止」の状態で登録される場合があります。

「配信待ちの状態で予約する」を選択した場合、メールマガジンの「無料配信数」を超える際に、警告メッセージ、警告メール等の通知はありません。 「運用メニュー>メールマガジン>メールマガジン配信予約・履歴一覧」の「メールマガジン配信状況」から、当月の「残り無料配信数」、「当月超過料金」をご確認ください。

配信予定日時

メールの配信予定日時を、「クーポン利用終了日から[ ]日前の、[ ]時[ ]分」の形式で設定できます。 日付は、1から9までのいずれかに設定してください。時間は0分か、30分のいずれかから選択できます。

自動配信予約を利用される場合は、上記設定をクーポン利用開始前に行っていただく必要がございます。

©2014 FutureShop All Rights reserved.