MENU

FutureShop2OVERSEASのトップページを見る

レイアウト編集

FutureShop2 Overseas

デザイン名

レイアウトパターン

「レイアウトパターン」によって、ページ全体のレイアウトを設定できます。

レイアウトパターンとして登録できる項目

  • 「ページ全体の幅およびテキストの寄せ(左・中央)」
  • 「ヘッダエリア、フッタエリア、左メニュー、右メニューの表示/非表示」
  • 「左右メニューエリアの幅」
  • ヘッダエリア、フッタエリア、左右メニューエリアの4エリアのHTML文

レイアウトパターンは基本レイアウトが1個、追加レイアウトが50個まで登録し、切り替えて使用することができます。

基本レイアウト

全てのページに(最初に)使用されているレイアウトパターンです。

追加レイアウト

ページによってレイアウトパターンを場合に、最大50のレイアウトを作ることができます。
「構築メニュー>デザイン設定>レイアウト指定」で各ページへ登録できます。

商品グループページ、商品ページでは「運用メニュー>商品管理>商品グループ上級デザイン」、「運用メニュー>商品管理>商品上級デザイン」画面からそれぞれレイアウトパターン指定を行うことができます。

切替ボタン

「レイアウトパターン」から、基本レイアウト/追加レイアウトのいずれかを選択し、追加レイアウトを選択して「切替」ボタンを押下すると、レイアウトパターンを編集することができます。

現在編集中のレイアウトパターン

レイアウトパターン名を変更できます。

変更前のパターン名

現在編集中のレイアウトパターン名が表示されます。

ページレイアウト指定

表示させるエリアにチェックを入れてください

ヘッダエリア、フッタエリアの幅はページ全体の幅に設定されます。

ページ全体の幅と寄せ

「pix(ピクセル)」か「%」のいずれかを選択し、設定するページ幅を入力してください。ページ幅を変更できます。

寄せ

「左寄せ」「中央」のいずれかを選択すると、ページ全体の(テキストや画像を)寄せを指定できます。

左メニューの幅

「pix(ピクセル)」か「%」のいずれかを選択し、設定するページ幅を入力してください。左メニューの幅を変更できます。

右メニューの幅

「pix(ピクセル)」か「%」のいずれかを選択し、設定するページ幅を入力してください。右メニューのを変更できます。

ページレイアウトのHTML

ページレイアウトに使用する画像は「構築メニュー>デザイン設定>画像ファイル管理」の「画像アップロード」からアップされたファイルのみお使いください。(画像アップロードから登録した画像ファイルは、SSLで表示されるページに使用してもセキュリティアラートが表示されません。)
画像アップロードに登録した画像をHTMLタグで表示する際の例
<img src="/shop/item/{店舗KEY}/design/img01/(画像ファイル名)"/>
※「img01」はアップロードしたフォルダによって「img01」から「img05」のいずれかに変更します。

ヘッダエリアに表示させるHTMLタグ

ヘッダエリアに表示させるHTML文を登録できます。

左メニューに表示させるHTMLタグ

左メニューに表示させるHTML文を登録できます。

右メニューに表示させるHTMLタグ

右メニューに表示させるHTML文を登録できます。

フッタエリアに表示させるHTMLタグ

フッタエリアに表示させるHTML文を登録できます。

©2014 FutureShop All Rights reserved.