MENU

基本設定

メールマガジンを配信の基本情報、エラーメール削除設定

メールマガジン配信する際の、「送り主(From)名前」「送り主(From)アドレス」「送信完了メール」の基本設定。

エラーとなり配信ができなかったメールを削除する場合の条件の設定ができます。

エラーメール削除1

送り主(From)名前

ここに設定された「送り主(From)名前」が
メールマガジン作成時にデフォルトの送り主(From)名前として設定されます。

送り主(From)アドレス

ここに設定された「送り主(From)アドレス」が
メールマガジン作成時にデフォルトの送り主(From)アドレスとして設定されます。

また、各携帯キャリアの「迷惑メールフィルタ」機能について、「受信設定」をしていただく場合のアドレスになります。 迷惑メールフィルタの受信設定では「ドメイン」を指定します。 「お使いのスマートフォン(携帯電話)にて、@****.****を受信設定してください。」等と注意書きをご記載ください。

送信完了メール

ここに設定された「送信完了メール」が
メールマガジン作成時にデフォルトの送信完了メールとして設定されます。

メールアドレスクリーニング設定

メールマガジンの配信が行えなかったメールアドレスのエラー回数をカウントし、
設定された回数に達した場合に、メールマガジンの配信を停止します。
※入力ミスなどで配信が行えなかった メールアドレスに対して配信停止の処理を行います。 
※何らかのエラーがありメールマガジン配信されなかった場合も、配信数として加算されます。

ショップ署名

ここに設定された「ショップ署名」が、
メールマガジン作成時の「ショップ署名」の初期値となります。

空メール機能について

いわゆる空メール(宛先のみのメール)を送信することで、メールマガジンを申し込みできます。
管理画面に記載されているメールアドレスに「空メール」を送ると、「メルマガ申込用メール」が返信されます。
メルマガ申込用メールに記載されたメルマガ申込用URLにアクセスするとメールマガジンに登録されます。

店舗専用空メール送信先アドレスは「運用メニュー>メールマガジン>メールマガジン基本設定」画面でご確認いただけます。

空メール送信先アドレスへ転送する方法

空メールアドレスを自社のアドレスにしたい場合

空メール登録用のアドレスが「ml-店舗KEY@fshop.c※※.future-shop.jp」になってしまうのが困る場合は、サイトマネージャーでアドレスを作成して、上記の空メール登録用アドレスへと転送設定してください。

空メール送信先アドレスを自店舗のアドレスにするために、店舗用のアドレスから、空メール送信先アドレスに転送してください。

空メール登録用のアドレスをサイトマネージャーの「メール設定」にて作成

利用方法

下記のソースに作成したアドレスを挿入し、他、適宜、修正して、ページに貼り付けてください。

<a href="mailto:作成したアドレス">メルマガ登録</a>
©2014 FutureShop All Rights reserved.