MENU

商品データ一括登録

商品グループ・商品データをCSV形式のファイルで一括登録をする

商品グループ・商品データのアップロードタイプを選択し、一括登録ができます。

商品グループ・商品データの一括登録・取得マニュアル(PDF)は、下記よりダウンロードしてください。

<一括登録は、登録予約制です>
一括登録は、登録予約制です。反映までしばらくお待ちください。
※商品データ一括登録完了メール設定で更新完了結果を通知させることができます。

※一度にアップロードできる商品グループ数は、5000件までです

※一度にアップロードできる商品数は、5000件までです

※一度にアップロードできるファイル容量は、30MBまでです

※ファイル名は半角英数のみご利用ください。日本語ファイル名は利用しないようお願いいたします。

商品データ一括登録(アップロード)

アップロードタイプをラジオボタンより選択し、アップロードされるファイルをローカル(パソコン)から選択し、 「アップロードボタン」をクリックしてください。

「商品データ」一括登録のアップロード仕様は、PDFファイルのアップロード仕様をご確認ください。

>>一括登録マニュアル・データ仕様について(pdf)

3_106_ja03_2.gif

商品一括登録用データをアップロード

商品情報すべてを一括登録/変更する場合
※ コントロールカラム   n(新規)、u(更新)、d(削除)
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

在庫数登録用ファイルアップロード

→商品の在庫情報のみを一括登録/変更する場合
※ コントロールカラム d(在庫0にする)のみ 更新は空欄。
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

価格登録用ファイルアップロード

商品の価格情報のみを一括登録/変更する場合
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

商品画像登録用アップロード

→商品の画像を一括登録を行う場合
※ 画像は1ファイル300Kまで
※ モバイル画像は20kまで
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

※ 画像を削除する場合は画像名の項目を「-1」にしてください。
※ 登録は画像ファイル名のみを入力してください。
※ 「画像ファイルがありません。」のエラーの場合のみその他の画像は登録されています。

   

項目選択肢登録用ファイルアップロード

→商品の項目選択肢(在庫管理なし)の情報を一括登録を行う場合
※ コントロールカラム n(新規)、d(削除)のみ 更新はできません。
※ 一度に登録できる商品数は1000商品まで

※更新する場合は、一旦、削除して新規に登録してください。
※1選択肢の文字数は全角50文字(100byte)まで、1項目300選択肢登録可能(1項目最大16000byte)

バリエーション登録用ファイルアップロード

→商品のバリエーション情報(縦横在庫管理あり)を一括登録を行う場合
※ コントロールカラム d(削除)のみ 新規、更新は空欄
※ 一度に登録できる商品数は1000商品まで
※ 更新できる項目は、「バリエーション別選択肢(縦軸、横軸)」「調整在庫」「在庫閾値」です。

オプション価格(基本)登録用ファイルアップロード

→商品のオプション価格(基本)を一括登録を行う場合

※ コントロールカラム  n(新規)、u(更新)、d(削除)
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

オプション価格(選択肢)登録用ファイルアップロード

→商品のオプション価格(選択肢)を一括登録を行う場合

※ コントロールカラム  n(新規)、u(更新)、d(削除)
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

グループひもづけ用ファイルアップロード

→商品のサブグループの一括登録を行う場合

※ コントロールカラム n(新規)、d(削除)のみ 
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

商品追加画像登録用ファイルアップロード

→商品画像ホスティングオプション用の商品画像の一括登録を行う場合

※ コントロールカラム d(削除)のみ (新規、更新は空欄
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

Googleデータフィード登録用ファイルアップロード

→Googleショッピング連携用の商品データを作成する場合

※ コントロールカラム d(削除)のみ (新規、更新は空欄
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

商品タグ登録用ファイルアップロード

→商品と商品タグのひもづけを一括登録/変更する場合

※ コントロールカラム d(削除)のみ (新規は空欄
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

予約設定登録用ファイルアップロード

→予約設定登録用の商品データを作成する場合

※ 一度に登録できる件数は5000件まで

予約在庫数(バリエーション)登録用ファイルアップロード

→予約在庫数(バリエーション)登録用の商品データを作成する場合
※ 一度に登録できる商品数は1000商品まで

予定在庫設定登録用ファイルアップロード

→予定在庫設定登録用の商品データを作成する場合

※ コントロールカラム d(削除)のみ (新規、更新は空欄
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

予定在庫数(バリエーション)登録用ファイルアップロード

→予定在庫数(バリエーション)登録用の商品データを作成する場合
※ 一度に登録できる商品数は1000商品まで

商品グループデータ一括登録(アップロード)

アップロードタイプをラジオボタンより選択し、アップロードされるファイルをローカル(パソコン)から選択し
「アップロードボタン」をクリックしてください。

「商品グループデータ」一括登録のアップロード仕様は、PDFファイルのアップロード仕様をご確認ください。

規定どおりに作成された「CSVファイル」から一括登録することが可能です。下記の手順で一括登録を行います。

    

>>一括登録マニュアル・データ仕様について(pdf)

商品グループ一括登録

一括登録用データをアップロード

→商品グループ一括登録を行う場合
※ コントロールカラム  d(削除)のみ新規、更新は空欄
※ 一度に登録できる件数は5000件まで

※ 「グループ名」は更新できません。削除して、新規登録しなおすか、管理画面より更新してください。

商品グループ画像登録用ファイルアップロード

→商品グループ画像の一括登録を行う場合
※ 画像は1ファイル300Kまで
※ 一度に登録できる件数は5000件まで
※ 画像の削除は画像名を「-1」にする

商品追加画像登録

「画像ホスティングオプション」(月額:3,675円~)をご利用の場合、商品画像を
あらかじめ決められたファイル名で、FTP上のフォルダにアップロードを行った後、「登録」することにより、
商品と、画像ホスティング用の商品画像のひもづけが行われます。
※各商品画像のATLのは、
管理画面、もしくは「商品追加画像登録用ファイルアップロード(CSV)」よりご登録ください。

    

>>一括登録マニュアル・データ仕様について(pdf)

商品グループ一括登録

サムネイル画像と連携する

→「画像ホスティングオプション」用の商品画像のひもづけを行う場合
※「ポップアップ:大画像(商品URLコード-m-01-pl.jpg)」をもとに
  FutureShop2(システム)側で、サムネイル画像を自動生成(作成)を行います。 
※「商品URLコード-m-01-pl.jpg」がFTPサーバーに存在しない場合は、  
 エラーになりますが、処理は継続して行われサムネイル以外の商品画像が登録されます。

サムネイル画像に指定した際の画像のサイズ(リサイズ)について

○ PCサイト用サムネイル  
  「構築メニュー>ページ設定>商品ページ設定」の「画像の設定」の「サムネイル画像」で設定されたサイズ
○ モバイル用サムネイル:100px(固定)

サムネイル画像の変更について

一旦、サムネイル画像の元となる「ポップアップ:大画像(商品URLコード-m-01-pl.jpg)」が登録された後、"サムネイル画像と連携する"のチェックを入れて登録ボタンを押してもサムネイル画像は作成されません。
画像ホスティングサーバーにて「ポップアップ:大画像(商品URLコード-m-01-pl.jpg)」を別の画像に変えた後、"サムネイル画像と連携する"のチェックを入れて登録ボタンを押しても、同じくサムネイル画像は作成されず、商品詳細ページに表示される画像のみが変更されます。
※個別にサムネイルを変更する場合は、管理画面もしくは、商品画像一括登録(CSVファイル)よりご登録ください。

商品追加画像登録では、前回の実行時刻よりも前にFTPサーバに配置された画像ファイルは、登録できません。

処理設定

「データチェックでエラーとならないレコードのみ処理を行う」のチェックを有効にすると、在庫数登録用ファイル、バリエーション登録用ファイルのアップロード時、エラーが発生した行以降のデータも登録処理を行い、正常登録可能な行のみを処理します。
この場合、ステータスは「完了(エラーあり)」となります。
管理者へのメールは「登録処理失敗」として通知され、エラー内容も添付されます。

>>一括登録マニュアル・データ仕様について(pdf)

商品価格データ一括事前チェック

「価格登録用ファイル」「オプション価格登録用ファイル(選択肢)」について、CSVファイルのエラーチェックのみを行います。
一括登録作業を行う前に、ファイル形式やデータのエラーについてのチェックが行えるようになり、登録時にエラーにより作業が滞ることを防ぐことができます。

事前チェック用途種類を選択してください

「価格登録用ファイル」「オプション価格登録用ファイル(選択肢)」のいずれかを選択してください。

チェック対象ファイルを指定してください

「ファイルを選択」を押下し、編集済みのCSVファイルを選択します。
「チェックする」ボタンを押下すると、チェックが始まります。

エラー確認

「商品データ一括登録履歴一覧」画面を表示し、エラーがあったかどうか、ご確認ください。
事前チェックの場合は、「種類」欄に「事前チェック」と表示されます。
「エラー」の場合はエラー内容(ログ)がダウンロードできます。チェックしてエラーがなければ、「完了」と表示されます。

事前チェックは、チェック時点での登録データで行われます。
事前チェック後になんらかの変更がされると、「事前チェック完了したCSVファイル」をアップロードした場合でも、エラーとなる可能性があります。

©2014 FutureShop All Rights reserved.