MENU

Amazonログイン&ペイメント GoogleAnalytics設定上の注意

Amazonログイン&ペイメントご利用時の画面遷移とURL

「Amazonアカウントでお支払い」時の画面遷移

Amazonログイン&ペイメントご利用時、図のような画面遷移となります。例は、共用SSLをご利用の場合です。

ショッピングカートは独自ドメインのURLですが、ショッピングカートにて「Amazonアカウントでお支払い」を選んだ場合、いったんAmazonログインのドメイン(https://apac.acount.amazon.com)に遷移します。

Amazonアカウントでログインに成功すると、ご注文手続き画面(FutureShop2の共用SSLドメイン)へ遷移します。「注文完了」後には、Amazonログイン&ペイメント専用の「ご注文完了」画面(独自ドメイン)に遷移します。

スマートフォンサイト「ご注文手続き画面」での画面遷移

スマートフォンサイトでは、「ご注文手続き画面」での「お客様情報の変更」「配送方法の変更」「包装方法の変更」「ポイントの変更」を行う際に、画面が遷移します。遷移先URLについては、「構築メニュー>その他>各ページURL・タグ一覧」に記載されています。
PCサイトでは画面遷移せずに各種変更ができます。

Google Analytics利用上の注意

ショッピングカートから注文完了までの間に、Amazonログイン&ペイメントのページへ遷移します。なお、Amazonログイン&ペイメントのページにはGoogleAnalyticsのトラッキングコード(測定タグ)は設置できません。測定・分析にあたってはご留意ください。

「このサイトでお支払い」時の画面遷移

Amazonペイメントを利用しない場合、図のような画面遷移となります。例は、共用SSLをご利用の場合です。

ショッピングカートは独自ドメインのURLになります。 ショッピングカートから次画面に遷移する場合、ECサイトにログインしていれば、「お届け先指定画面」または「お支払い方法選択画面」(FutureShop2の共用SSLドメイン)に遷移します。

お客様情報入力(ログインまたは会員登録を選ぶ画面)で、「Amazonアカウントでログイン」を選んだ場合、いったんAmazonログインのドメイン(https://apac.acount.amazon.com)に遷移します。
Amazonアカウントでログイン成功すると、新規会員登録または、ログイン画面(FutureShop2の共用SSLドメイン)に遷移します。

お客様情報入力(ログインまたは会員登録を選ぶ画面)で、「このサイトでお支払い」を選んだ場合、「会員登録」または「お届け先指定画面」または「お支払い方法選択画面」(FutureShop2の共用SSLドメイン)に遷移します。
ご注文完了画面では「独自ドメイン」になります。

Google Analytics利用上の注意

ショッピングカートから注文完了までの間に、Amazonログイン&ペイメントのページへ遷移します。なお、Amazonログイン&ペイメントのページにはGoogleAnalyticsのトラッキングコード(測定タグ)は設置できません。測定・分析にあたってはご留意ください。

Google Analyticsでコンバージョンを測定する場合

アナリティクス設定

Amazonログイン&ペイメントを利用した目標コンバージョンを取得する場合の設定例です。

GoogleAnalytics画面上部の「アナリティクス設定」から、設定する「アカウント」「プロパティ」「ビュー」を選択し、「目標」を選択します。「新しい目標」を選択して、目標を追加します。

目標設定例「Amazonアカウントでお支払い」

目標設定

「Amazonログイン&ペイメントを利用した注文」の目標設定例をご紹介します。

「テンプレート」から「注文」を選択して、「次のステップ」ボタンを押下します。

目標の説明

「名前」を入力し、「次のステップ」ボタンを押下します。

目標の詳細

「目標の詳細」にAmazonログイン&ペイメント専用の注文完了画面URLを入力します。「このサイトでお支払い」時(Amazonペイメントを利用しない場合)の注文完了ページと、URLが別になっています。
URLは管理画面の「構築メニュー>その他>各ページURL・タグ一覧」の「Amazonご注文手続きページURL」に記載されています。

Amazonログイン&ペイメント専用の注文完了画面は、URLは別ですが「Google設定」「任意アフィリエイト設定」「任意測定タグ設定」等の各測定タグは、Amazonログイン&ペイメントを利用しない場合の注文完了画面と同じタグが出力されます。

目標到達プロセスが「オフ」になっている部分を押下して「オン」に切り替えます。

目標到達プロセス

ステップ1に「ショッピングカート」のURLを入力します。「別のステップを追加」を押下します。
URLは管理画面の「構築メニュー>その他>各ページURL・タグ一覧」の「Amazonご注文手続きページURL」に記載されています。

ステップ2に「ご注文手続き」画面のURLを入力します。
URLは管理画面の「構築メニュー>その他>各ページURL・タグ一覧」の「Amazonご注文手続きページURL」に記載されています。
入力できたら「目標を作成」ボタンを押下します。

コンバージョンレポート

設定したら、後日、コンバージョンレポートを確認できます。「コンバージョン」の「目標-サマリー」を選択して、確認します。

目標設定例「このサイトでお支払い・Amazonアカウントでお支払い」をまとめて測定

目標設定・目標の説明・目標の詳細

「このサイトでお支払い(通常のご注文フォーム)」と「Amazonアカウントでお支払い(Amazonログイン&ペイメント)」をまとめて測定する場合の設定例をご紹介します。URLの違う注文完了画面をまとめて測定します。

GoogleAnalytics画面上部の「アナリティクス設定」から、設定する「アカウント」「プロパティ」「ビュー」を選択し、「目標」を選択します。
「新しい目標」を選択して、目標を追加します。
「テンプレート」から「注文」を選択して、「次のステップ」ボタンを押下します。
「名前」を入力し、「次のステップ」ボタンを押下します。(ここまでは上記と同じ)

「目標の詳細」で「正規表現」を選び、以下のように入力します。

独自ドメインが「www.example.com」、店舗Keyが「sample」の場合
^www\.example\.com/fs/sample/(Checkout|Order)Complete\.html

文頭に「^」(チルダ)を入力します(日本語106/109キーボードだと半角英数で「へ」のキーを押下)。またURL中の「.」の前にバックスラッシュを入力します(日本語106/109キーボードだと半角英数で「ろ」のキーを押下)。
ドメイン名、店舗Key部分は、ご利用の店舗に合わせて書き換えてください。

「このサイトでお支払い」「Amazonアカウントでお支払い」の注文完了ページURLは管理画面の「構築メニュー>その他>各ページURL・タグ一覧」の「購入手続きページURL」「Amazonご注文手続きページURL」に記載されています。

URLはそれぞれ別ですが「Google設定」「任意アフィリエイト設定」「任意測定タグ設定」等の各測定タグは、Amazonログイン&ペイメントを利用しない場合の注文完了画面と同じタグが出力されます。

目標到達プロセスが「オフ」になっている部分を押下して「オン」に切り替えます。

目標到達プロセス

ステップ1に「ショッピングカート」のURLを入力します。「別のステップを追加」を押下します。
URLは管理画面の「構築メニュー>その他>各ページURL・タグ一覧」の「Amazonご注文手続きページURL」に記載されています。
入力できたら「保存」ボタンを押下します。

設定したら、後日、コンバージョンレポートを確認できます。

Amazonペイメント・セラーセントラルのお問い合わせ窓口

「lpa-jpcontactsales@amazon.co.jp」までご連絡ください。

関連項目

©2014 FutureShop All Rights reserved.