MENU

割引設定

DISCOUNT 購入単価アップを狙える。

購入金額帯による5段階の割引設定で購入単価アップを狙う

FutureShop2では、割引販売機能を標準搭載。割引対象とする購入金額を5段階に分け、金額ごとの割引率をそれぞれ設定することで割引販売できます。

あらかじめ管理画面で割引対象金額(税込)と割引率を設定,商品の合計金額によって設定の割引率が適用されます。「現在の割引率は○%です。あと**円で割引率●%が適用されます。」を、【ご注文内容画面】に自動表示することでユーザの購買を促します。,商品の合計金額によって設定の割引率が適用されます。「現在の割引率は○%です。あと**円で割引率●%が適用されます。」を、【ご注文内容画面】に自動表示することでユーザの購買を促します。

割引サービスの名称を自由に設定

管理画面 割引サービスの名称設定例

割引サービスには任意の名称を設定できます。割引サービス名称は、ショッピングカートにて表示されます。

割引したくない商品は、割引対象外設定ができる

割引対象外の表示例

割引したくない商品は、商品ごとに「割引対象外」設定ができます。割引対象外に指定された商品は、ショッピングカートに入れた際に「割引対象外」と表示されます。

クーポン割引、ポイント値引きとの併用を設定できる

管理画面 クーポン割引 ポイント割引の併用設定例

クーポン割引を適用する場合や、保有ポイントによる値引きを適用する際に、購入金額による割引も適用するかどうか、それぞれ設定できます。

※クーポン機能、ポイント機能はLight300ではご利用いただけません。Goldプランは標準搭載。その他プランでは有料オプションとなります。

ショッピングカートが追加購入を後押しする「あといくらで割引」表示

ショッピングカート表示例「あと1580円で10%割引されます。」

まとめ買い割引機能で、購入金額に応じた割引率をあらかじめ設定。お客様がショッピングカートに入れた金額によって、「あといくらで割引」というメッセージを表示。 ショッピングカートを上手く使って、自動的に、お客様の購入単価を上げることができます。

「あといくらで割引」と「あわせて買われている商品」で購入単価アップ

ショッピングカート表示例「あと1400円で送料無料です。」

さらに「この商品を買った人は、こちらの商品も買っています」というあわせ買いを誘導するレコメンドと併用することで、さらに効果を発揮!
ショッピングカートページにレコメンド商品を表示できますので、例えばアパレル商材ならコーディネート商品を合わせ買い、コスメ商材なら組み合わせて使用する商品を同時購入など、お客様が自然と買い物してしまう仕組みを構築することができます。
レコメンド機能
ショッピングカート

もちろん、ショッピングカートのデザインもCSSで指定できますので、「あといくらで割引」メッセージの大きさや文字色などは自由に変更できます。

購入個数による割引なら「バンドル販売機能」

商品購入個数を5段階に分けて、それぞれに割引ができるのが「バンドル販売機能」です。「ソックス3足1,000円」「3着目は無料」「3本購入で合計金額より1000円OFF」など、複数セット購入での割引を実施できます。バンドル販売によって、お客様1人あたりの購入点数・単価をアップできます。
バンドル販売機能

定額固定×全商品合計金額 1足350円の靴下を3足で1000円

送料の高額購入割引もできる

定額固定×全商品合計金額 1足350円の靴下を3足で1000円

商品の購入金額に応じて、送料を割引することができます。一定の金額以上の場合に、送料を割引または送料無料にすることができます。「北海道」「沖縄」とそれ以外の都道府県で割引率を変更できます。ショッピングカートにて「あと1,400円で送料無料」といったメッセージが表示され、購入単価アップに役立ちます。
配送・送料計算機能

©2014 FutureShop All Rights reserved.