MENU

SEO

SEO 検索エンジンに最適化したEコマースサイトを構築できる

SEO対策の基本。TITLEタグ・METAタグ・BODY直下テキストを設定できる

商品ページ、商品一覧(商品グループ)のTITLEタグ、METAタグの「description」「keywords」、BODY直下テキストを設定できます。

TITLEタグの内容は検索エンジンで表示される検索結果に、METAタグの「description」はサイトの説明文として表示される場合があります。METAタグの「keywords」は検索キーワードとして、BODY直下テキストはページの最初に読み込まれるコンテンツとして、検索エンジンに参照されやすいデータとされています。

TITLEタグ、METAタグの「description」「keywords」、BODY直下テキストは、CSV形式ファイルによる一括登録・編集もできます。
また、商品ページ・商品一覧ページ以外は、ページ種類ごとにタイトルタグに記載する内容を設定できます。
商品管理

管理画面 SEO設定 の見本

商品ページは、HEADタグ内に追記できる

ヘッドタグ内に追記

HEADタグの内容を追記できますので、今後、新たなSEO用のタグなどが追加された場合にも対応できます。HEADタグの内容をCSV形式ファイルで一括登録・編集することもできます。

サイト移行時に。「.htaccessファイル」直接編集で
SEOパワーを引き継ぎできる

「.htaccessファイル」は、URLの転送・読み替えを指定できるファイルです。EコマースサイトのドメインはそのままFutureShop2に移行する場合、検索エンジンに登録されている元サイトのURLを、新たなURLに転送・読み替えすることで、検索エンジンからの評価を新しいEコマースサイトに引き継ぐことができます。

FutureShop2では、FTPにてドメイン直下に「.htaccessファイル」を配置できますので、Eコマースサイトの移行時に検索エンジンからの評価を引き継ぐことでができます。
詳しくはサポートまでお問合わせください

ページにアクセスされた場合 自動的にリダイレクト(ページを移動)する機能

強力な分類ができ、SEOにも有効な商品グループ機能。5段階の階層化ができ、
パンくずリストを自動生成

商品をグループに分類し、グループ毎に商品一覧を表示できます。1商品を15の商品グループに分類できますので、さまざまな軸で分類できます。商品グループを別のグループに含めることで5段階まで「階層」にすることができ、さらに自動的に「パンくずリスト」を表示します。例えば、「メンズ > トップス > シャツ > Tシャツ > 新製品」といった表示ができます。1商品が複数の商品グループに分類されていた場合、すべての「パンくずリスト」を並べて表示することも可能です。
階層化と「パンくずリスト」によって、検索エンジンがEコマースサイトの構造をたどりやすくなるため、SEOに有効です。
商品グループ

商品ページでのパンくずリストの表示例

商品説明を最適化でき、検索キーワード対策もしやすい商品ページ

商品ページでの独自の商品詳細の作成例

商品ページ、商品グループページにHTMLタグが使用できるコメント欄をご用意。商品の詳細説明文はもちろん、サイズガイドなどの表、素材や原産国など、様々なコンテンツを自由に表示できます。商品ごとにHTMLタグ付きで記載できるため、検索エンジンに登録したいキーワードが入ったコンテンツを掲載できます。
商品説明文やコメントなどは、管理画面の他、CSV形式ファイルで一括登録・編集することもできます。
デザイン機能

レビューポイントでお客様の「口コミ」を増やし、SEOに役立つレビュー機能

レビューを書いて100ポイントゲット

レビュー投稿時に、自動的にポイントを付与できる「レビューポイント」機能があります。SEOにも有効な「口コミ」コンテンツを増やすことができます。またレビューポイントは、ポイント数を変更できますので「レビュー投稿キャンペーン」などの施策を行うことができます。
レビュー投稿によって商品情報を増やすことができますので、SEOに有効な「口コミ」コンテンツを増やすことができます。
レビュー機能

ブログをEコマースサイトの独自ドメイン配下で運用できて、SEOにも有効

独自ドメイン配下にブログを設置しSEO上のメリットに

FutureShop2では、「ショップブログ」や「店長ブログ」などを作成する場合、Eコマースサイトの独自ドメイン配下にブログを設置できます。Eコマースサイトの「検索エンジン検索結果数(インデクス数)」が増えるというSEO上のメリットがあります。また、外部のブログサービスを利用する場合に比べ、ナビゲーションやメニューなどの導線をEコマースサイトと統一できたり、デザインイメージをブランド独自のものにあわせられるメリットがあります。
Movable Type・WordPress 利用オプション

©2014 FutureShop All Rights reserved.