MENU

大手モールからの多店舗展開

さまざまな多店舗展開運営ツールで
本店運営の効率化・売上アップに貢献いたします。

ネットショップはやっぱり本店が一番面白い!

お客様の質が違う!

本店に来店されるお客様は、モール店舗に来店されるお客様よりもネットショップ上級者である場合が多く、購買単価も高い傾向にあります。
しっかりと貴社のショップ名を覚えてくださる確率も高く、精一杯のおもてなしをするにふさわしいお客様といえます。

自由な戦略でネットショップを盛り上げられる!

モール店の場合、戦略を練るにもさまざまな制約に悩まされたりすることが、しばしばあります。
注文受付方法やメルマガ配信時間を制限されたりなどで、思ったアイデアを実現できない場合がありませんか?
本店ならば、自由な戦略でネットショップを盛り上げることができます!

お得意様リストを自社の財産として保有する事ができる!

モール店の場合、モールから退店してしまうと、せっかく今までお付き合いしてくださったお客様ともお別れしなければなりません。
あくまでもモールのお客様だからです。
せっかく集客をして、おもてなしをして、リピートしてくださるようなサービスを一生懸命提供してきたにもかかわらず、です。それはとてもビジネスとして、リスクが高いとは思いませんか?
その点、本店ならずっと長くお付き合いをする事が可能なので、売上アップに繋がります。

自社ドメインを保有する事ができる!

万が一、モール店から退店した場合、今までのお客様が貴社のネットショップを探されても、モール店のアドレスはすでにありません。
本店ならば、自社のドメインをご利用いただけますので、永続的なネットの住所となります。
お客様に覚えて頂ければリピートして頂けるチャンスが広がります。

FutureShop2稼動店舗の、実に40%が多店舗展開です!

1.モールからの多店舗展開 2.ショッピングカートの乗り換え 3.サイトの新規立ち上げ

楽天ショップからの導入実績

ショッピングカートFutureShop2の稼動店舗には、大手モールの有名店舗が多数いらっしゃいます。

しかし、実際に本店運営となると、こんな悩みや不安がありませんか?

FutureShop2で全て解決できます。

立ち上げ時のお悩みや不安
ショッピングモールからデータを移行するのに、
非常に時間がかかってしまう。
解決する
運用時のお悩みや不安
今後商品数が膨大に増える事が予想される為、対応できるショッピングカートシステムが必要
解決する
集客のお悩みや不安
モールの時のようなリピーターが確保できるかわからない。
解決する

立ち上げ時・運用時のお悩みや不安
モールデータを有効に活用すれば、本店はすぐに立ち上げられます!

独自ドメイン店舗の運営が上手くいかなかった一番の理由は「管理が追いつかなかった」というもの。
複数ショップの商品を入れ替え、受注を管理するだけに追われてしまい、プロモーションを行う時間が持てずに売れないので閉店してしまっては、
本店を立ち上げた費用が無駄になってしまいます。
複数店舗を一括で管理し効率的な運用を目指すことが、多店舗運営の成功となります。ここでは多店舗運営を支援するツールをご案内いたします。

サイトのお引越しや多店舗展開の面倒な開店作業をサポート!

業界最多の納品実績!最短10営業日で開店可能です!

ECmovin'
http://future-shop.shopcopy.jp/

モールや他ASPからフューチャーショップへ展開する際に、一番のネックとなるのは既存サイトからのコンテンツ移行(データ)です。

慣れないシステムでの作業は、大幅に時間がかかります‥。
また、開店時にしかやらない作業ですが、重要な部分が多いため、調べながらの作業になり、余計に時間もかかります。
店長さんは、移転元サイトでの日常業務もあるため、なかなか作業は進みません...。

そこで弊社では、モールや他社ASPからフューチャーショップへの移転作業を代行し、早く・安く、開店できるサービスをご提案いたします!

対応大手ショッピングモール

  • 楽天市場
  • Yahooショッピング
  • 他社ASP

受注・商品管理、在庫連携を利用して、多店舗を一括管理!

CROSS MALLを利用した多店舗運営

CROSS MALL
http://cross-mall.jp/

CROSS MALLは在庫一括管理、商品一括管理、受注一括管理がオールインワン!

ショッピングカートFutureShop2に対応したオールインワン多店舗管理ツールです。
クラウド対応なのでデータをサーバに預けられ安心です。実店舗との連動も可能なので、ネットショップ+実(リアル)店舗の在庫も一括管理できます!
楽天市場・ヤフーショッピング・ビッダーズ・Amazon・FutureShop2で連携可能です。
月額利用料金9000円×サイト数~

対応大手ショッピングモール

  • 楽天
  • Yahooショッピング
  • bidders
  • Amazon 他...

通販する蔵を利用した多店舗運営

通販する蔵 for FutureShop2
http://www.softel.jp/campaign/
futureshop2/

「通販する蔵」は在庫一括管理、商品一括管理、受注一括管理がオールインワン!

ショッピングカートFutureShop2との相性もよく、「通販する蔵」の受注管理画面からF-REGIクレジットカード決済に連携できます。
(売上処理、金額変更、承認取消)
月額利用料金35,000円(3店舗)~
※4店舗目以上からは月額10,000円プラス

対応大手ショッピングモール

  • 楽天
  • Yahooショッピング
  • bidders
  • Amazon 他...

ネクストエンジンを利用した多店舗運営

ネクストエンジン
http://next-engine.net/

在庫連携・複数店舗の受注の一括管理

ネクストエンジンは、「ネットショップモールの受注管理だけでも大変で店舗は増やせない」「モール間の在庫がうまく管理できず機会損失が増えている」というショップ様に、低価格で導入できるおすすめの多店舗運営支援ツールです。

対応大手ショッピングモール

  • 楽天
  • Yahooショッピング
  • bidders
  • Amazon 他...

集客のお悩みや不安
本店ならではの売り方自社のファンをしっかり集めることが重要

来店されたお客様には、必ずまた来ていただけるような仕掛け作りが重要!

購読したくなるメルマガ登録ページを作成!

ECmovin'

メールマガジンの申込みページに、

  • メールマガジンの申込み特典の表示
  • バックナンバーを表示

など、メールマガジンを見てみたいと思わせる要素を表示可能。
また、「メールマガジン購読」などの見出しを「セール等のお知らせメール」などの文言に変更も可能です。

在庫がなくても、お客様を見逃さない入荷お知らせメール!

ECmovin'

在庫がない場合は、入荷お知らせメールにお申し込みいただき、在庫登録後に、簡単に入荷お知らせメールを配信することができます。
また、「入荷お知らせメールオプション」をご利用頂いた場合は、在庫がない場合、カートボタンを「入荷お知らせメール」のお申し込みボタンに変更することが可能です。

FutureShop2なら、集客からリピータ顧客育成まで
自由な戦略でネットショップを盛り上げられる!

大手モールからの多店舗展開に関するよくあるご質問

アクセス解析はどこまでできますか?
高機能アクセス解析Google Analyticsに対応しています。
詳しくは下記リンクをご確認ください。Google Analyticsの設定について
どのようなプランがありますか?
FutureShop2 は登録できる商品数によってプランが異なります。プラン・料金一覧はこちら
クレジットカード決済は、すぐに使えますか?
FutureShop2でご利用いただける決済オプションは、株式会社エフレジが提供する「F-REGI 決済代行サービス」となります。最短8営業日で、ご提供開始となります。決済代行サービス(F-REGI)について
多店舗の連携ツール(バックヤード管理)はありますか?
多くの「受注管理」「在庫連携」「商品管理」ツールに対応いただいております。対応連携ツールの一覧はこちら

多店舗展開運用までの流れ

STEP1 FutureShop2のお申し込みFutureShop2お申し込みページより、「フォーム」「ファクス」にてお申し込みいただけます。 FutureShop2のお申込み
STEP2 初期費用・月額費用のご入金FutureShop2お申し込みを確認させていただいた後、御見積のメールをお送りいたします。
初期費用・月額費用のお振込み完了後、アカウントの発行を行います。
※F-REGIオプションをお申込みの場合は、別途エフレジよりご案内のメールをさせていただきます。
初期費用・月額費用のご入金
STEP3 アカウント発行FutureShop2(ショッピングカート)、サーバーコントロールパネル(FTP、メールアドレスなど)の管理画面へのアカウントを発行いたします。 アカウント発行後は....
・DNSの移管申請 ご利用中のドメインを利用される場合は移管申請をいたします(ドメイン移管:ドメインの管理業者の変更)
・ネットショップ構築
・決済代行サービス(F-REGI)の審査申込
約3週間
アカウントの発行
STEP4 オープン送料、メール設定、デザイン設定、商品登録などの構築作業が完了次第、オープン!
ドメインを移管された場合は、DNSの切替えを行い、本店ショップのオープンとなります。
(DNSの切替え:ドメイン(ネームサーバー)をどのサーバーに設定するかの変更)
オープン
©2014 FutureShop All Rights reserved.